唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
かにひら
今日は節分ですね。

豆まきをして自分の年齢の数だけ食べる、というのは全国、どこでもやっていると思いますが、
正しくは、今年1年の無病息災を願って、現時点の満年齢+1を食べるのだそうです。

さて、節分には柊の枝と鰯の頭を玄関などに飾るのが一般的なようですが、
私の生まれた南信州では「かにひら」と和紙に書いて、家のあらゆる出入り口に貼ったものです。
かにひら四角

かにひら縦

子どもの頃は書かされましたが、何の意味か知らずに書いていました。
調べて いると「かに」はサワガニのことで、昔はサワガニを枝に刺して、柊の枝と一緒に玄関などに飾ったそうです。
毎年、今の時期に、サワガニと柊の枝を探すのは大変なので、紙に「かにひら」と書いて省略したようです。

今、ベランダには、30センチ位になった柊の木の鉢植えがありますが、元々は、柏に住んでいた時、
鳥が運んだ種から芽が出たらしく、数センチのものを鉢に植えていたもので、松など、他の盆栽は大き過ぎるので、
置いて来たのですが、これだけは小さいからと西浅草に持って来たものです。

170203柊LRS

我が家では、年中、柊が邪気の侵入を防いでくれている訳です(と思い込んでいます)。

最近は関西の風習だった恵方巻を食べるというものがコンビニやスーパーの商戦に乗って関東にも広がっていますが、
これは鬼とは関係がない感じで、関西らしい、商売繁盛という考えが背景にあるような気がしますね。

唐澤豊@唐澤塾

スポンサーサイト
放射能というものは
放射能というものは

作詞・作曲 唐澤 豊 @2013/10/16

放射能というものは
魚や野菜や穀物や
きのこの中に溶けている
放射能というものは
海や山川、田畑にも
空気や水にも忍び込む

放射能というものは
家族や友だちも引き離し
悲しくさせてしまうもの
放射能というものは
人の心の優しさと
愛しさまでも奪い去る

放射能というものは
見慣れた景色のその中に
静かにそっと隠れてる
放射能というものは
見えずにずっと消えないで
昼間も夜も生きている

この歌も初音ミクに唄わせてYouTubeにアップしました。
http://www.youtube.com/watch?v=vdvnVbtKINM

唐澤豊@唐澤塾
フクイチに雨が降れば:When rain falls on F1 NCPP
フクイチに雨が降れば

原作:雨が空から降れば

作詞: 別役 実
作曲: 小室 等

替歌作詞: 作者不詳
替歌補作: 唐澤 豊

雨が空から降れば
放射能は地面に浸み込む
雨がしとしと降れば
放射能はしとしとにじむ

黒い放射能が噴き出し
雲に乗れば
あの街の雨の中
この街の雨の中
運動場や公園に
降りしきる雨の中
しょうがない
被曝してもしょうがない

桟橋のベンチでひとり
おさかなをつれば
おさかなもまた
雨の中
しょうがない
被曝してもしょうがない

しょうがない
雨の日はしょうがない

しょうがない
被曝してもしょうがない

以上を初音ミクの唄でYouTubeにアップした。
http://www.youtube.com/watch?v=cMsOJHivmLo

唐澤豊@唐澤塾
初音ミク”恐怖の放射能「千の風に乗って」
Twitterで、

恐怖の放射能のうた 「千の風になって」 作詞作曲東電保安院
http://pfx225.blog46.fc2.com/blog-entry-423.html

というサイトを知り、コンタクトを取って、替歌に手を加えて、初音ミクに歌わせてYouTubeに上げたいので
許諾して貰えるかと問い合わせ、快諾頂いたので、替歌の原作者としてクレジットを入れるに当たり、
ペンネームか実名か、どういう名前が良いかと伺うと、あれは自作ではなく、2チャンネルで複数の人が
書いて出来たものだ、ということだった。

それと、作曲者の新井満さんにも許諾を取ろうと思って、コンタクト先を色々調べたり、知っていそうな人に
聞いてみたりしたが、わからなかったので、とりあえずクレジットだけ入れることにして、下記のような歌詞
にしてYouTubeに上げた。


千の風に乗って 

英語詩原作:作者不詳
日本語訳詞:新井満
替歌作詞:作者不詳
替歌補作:唐澤豊
作曲:新井満
唄:初音ミク

私のお釜の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
爆発して
千の風に乗って
東日本の空を
吹きわたっています

春には花粉と共に 畑にふりそそぐ
夏は海に流れこみ きらめく魚になる
朝はミルクになって あなたを目覚めさせる
夜は食事になって あなたを被曝させる

私のお釜の前で 泣かないでください
そこに私はいません 冷えてなんかいません
千の風に
千の風に乗って
東日本の空を
吹きわたっています

千の風に
千の風に乗って
東日本の空を
吹きわたっています

東日本の空を
吹きわたっています

http://www.youtube.com/watch?v=PTE-mmW3PFA

ご視聴頂ければ幸いである。

唐澤豊@唐澤塾
初音ミク「ありがとう」
毎日ありがとうを3000回以上言うと幸運に恵まれる、
と郷右近丸彦さんの超ラッキーサロンで教えて頂いた。

人生冒険企画塾 郷右近丸彦の感動日記:
http://ameblo.jp/gogo-pro/

毎日ありがとうと言っているうちに、いっそ歌を作って歌えばいいんだ、
と思い「ありがとう」という歌を作詞・作曲し、ボーカロイドの初音ミク
に歌ってもらい、古い写真などでスライドショーを作り、
YouTubeにアップした。

http://www.youtube.com/watch?v=ieIuQ6DtKxU

ありがとう

作詞・作曲 唐澤 豊 @2012/5/17

ありがとう ありがとう かあさん
産んでくれて ありがとう
ありがとう ありがとう かあさん
育ててくれて ありがとう

ありがとう ありがとう ばあちゃん
色んな知恵を ありがとう
ありがとう ありがとう じいちゃん
いつもにこにこ ありがとう

ありがとう ありがとう とうさん
大きな背中を ありがとう
ありがとう ありがとう とうさん
時には厳しく ありがとう

ありがとう ありがとう 先生
叱ってくれて ありがとう
ありがとう ありがとう 先生
励ましてくれて ありがとう


ありがとう ありがとう 友よ
教えてくれて ありがとう
ありがとう ありがとう 友よ
悩んでくれて ありがとう

ありがとう ありがとう 恋人
優しさいっぱい ありがとう
ありがとう ありがとう 恋人
幸せいっぱい ありがとう

ありがとう ありがとう みんな
明るい笑顔を ありがとう
ありがとう ありがとう みんな
支えてくれて ありがとう

ありがとう ありがとう みんな
手をつなごうよ 肩組もう
ありがとう ありがとう みんな
語り合おうよ 輪になろう

【追伸】

アラフォーになった初音ミクにもう少し個人的なことを歌詞にした
「ありがとうパート2」
を歌って貰いました。
http://youtu.be/-sh9m288Zsg

ありがとうパート2

作詞・作曲 唐澤 豊@2012/6/3

ありがとう ありがとう かあさん
百人一首と 卓球を
ありがとう ありがとう かあさん
花鳥風月の 愛で方を

ありがとう ありがとう ばあちゃん
やさしい言葉を ありがとう
ありがとう ありがとう じいちゃん
いつもにこにこ ありがとう

ありがとう ありがとう とうさん
日記を続ける 習慣を
ありがとう ありがとう とうさん
計画性を ありがとう

ありがとう ありがとう 先生
温かな指導 ありがとう
ありがとう ありがとう 先生
励ましてくれて ありがとう


ありがとう ありがとう 友よ
遊んでくれて ありがとう
ありがとう ありがとう 友よ
教えてくれて ありがとう

ありがとう ありがとう 恋人
やさしい眼差し ありがとう
ありがとう ありがとう 恋人
振られたけれど ありがとう

ありがとう ありがとう みんな
明るい笑顔を ありがとう
ありがとう ありがとう みんな
支えてくれて ありがとう

ありがとう ありがとう みんな
手をつなごうよ 輪になろう
ありがとう ありがとう みんな
元気に生きよう いつまでも

唐澤豊@唐澤塾
ツイッターとブログの違い
ツイッターが話題になっている。
私もしばらく様子見をしていたが、iPhoneを買ったのをきっかけに始めてみた。

そこで感じたことは、スピード感や臨場感がブログとは格段に違う、
ましてやウェブサイトとは比べ物にならない、ということである。

ブログと同じように、他人にとってはどうでもいいことをつぶやいている人もいるが、
だからと言って、それが全く無意味なものではない。

140文字と限られていることから、自分の経験でもそうだが、
書く場合はちょっとした合間に短時間で書くことが多いから、
本音が出易いし、言いたいこと、伝えたいことを単刀直入に表現することになる。

興味を持ったある人のつぶやきをフォローしている場合、
一連のつぶやきを読んでいると、その人となりがわかって来るように思え、
なかなか面白いのである。

従来の表現方法に例えてみると、凝縮の仕方の順に以下のようにあるが、

俳句 < 和歌 < 詩 < 散文・エッセイ < 小説・論文・ドキュメンタリー

電子メディアの場合も、

ツイッター < ブログ < ウェブ

となっている。

従って、良いツイッターの文章は凝縮されて無駄の無い俳句や和歌のようなものが
リアルタイムに流れて来るから、臨場感と共感・感動がより大きいと考えられる。

また、最初からブログの原稿として意識してツイッターで書いている人もいる。
そしてブログの文章を編集して1冊の本にしようと最初から計画している人もいるようだ。

そして、ブログのトラックバックやコメントとか、ウェブのリンクのように、
相手の承諾を取るとか、拒否されるということもなく誰でも勝手にフォローすることができるので、
全く知らない人からも即座に反応が来ることもあり、人との繋がりをどんどん広げられる可能性が
従来のどのメディアよりも高いようだ。

企業でも、ツイッターを読んでいることで、クレームになる前に「こんなことがあったんだよね。
メーカーにクレームをつけようかな?」というつぶやきの段階で発見していれば、
2チャンネルなどに書かれて、大きなクレームになる前の小さな芽のうちに発見し対処できるわけで、
既に網を張っているところもあるということだ。

クレームにならなくても、新製品のアイディアとか、製品改良の要望とかも発見できる可能性は高いだろう。

ということで、これからますますツイッターは拡がりを見せるだろうと思われる。

因みに、ツイッターをやるなら、iPhoneがベストだと思う。画面を斜め読みどころか
どんどん飛ばして眺められるから、パソコンよりも便利なのだ。
そしてカメラもあるから、写真を撮って、すぐにコメント書いてアップすることも簡単にできるし、
そのタイミングはリアルタイムに近いことが意味があるからモバイル端末である必要性は多いのだ。

唐澤豊@唐澤塾



イザナギTAROの「百億の星、千億の愛」は素晴らしい!
イザナギTAROという名前はまだ知らない人がほとんどだろう。

彼は私が1997年に設立した日本ジェネシス研究所のプロフェッショナル
サービス技術者として採用し、しばらく一緒に仕事をしたのだが、
途中で辞めてしまった。

その後、自分で技術者の派遣会社を設立し、
結構大勢の技術者を抱えてやっていたのだが、
しばらくして、学習塾を始めたと知らせを貰った。

それからは余り連絡をしていなかったが、
先週、以下のようなメールを貰った。

私の方ですが、
ほとんどITから身を引き学習塾の展開、
投資システムコンサルなどで生きています。

今回は音楽の趣味が昂じ
アーティストになりましたというご連絡です。

10.28に「イザナギTaRO」アーティスト名で
CDデビューします。遅咲きシンガーで、
「百億の星、千億の愛」というオリジナル曲で
ハイトーン&テノールをあわせたPOPSです。
ボランティアで歌っている中、お呼びがかかっての
インディーズデビューです。

発売日: 2009/10/28
タイトル:百億の星、千億の愛
アーティスト:イザナギTaRO
規格品番: CWCA-88 レーベル: G-WAVE Factory

ネットでの購入(百億の星、千億の愛で検索をすると
沢山でてきます)を含め、HMV 山野楽器 アマゾン
新星堂 などなどで大手ショップで予約購入できます
もしよかったらCD予約・買ってください。


早速アマゾンで注文し、聴いてみた。

ええ~っ、これが彼の声!?

と最初の出だしで度肝を抜かれるハイトーンだった。
米良美一さんより更に高音の感じだ。

彼のブログでは、聴いた人からは二人で歌っているのでは?
と聞かれるが、正真正銘ひとりで歌っている、と書いてあったが、
確かに聴いた人がそう思うのも無理はないと思う。

CDの帯には;

五線譜を超越したボイスアレンジ!
 オペラ、クラシックアリアの毛是が薫る
  New Style Pops World


と書かれているが、自作の歌詞もなかなか良い。

これはヒットするのではないかと思う。
ラジオでは既にあちこちでかかっているし、
出演のお呼びが掛っているそうだ。

以下、メディア出演情報です。
-------------------------------------------------
11月から~AM中波 ラジオ日本で(1422ヘルツ)
http://www.jorf.co.jp/ 毎週 木曜日 深夜 24:15-30

=>「TaROの大人のラジオ」

というレギュラーラジオ番組が決まりました。

お時間あったらAM 1422 ですが深夜
聴いてください。 
各界の著名人やユニークな人をお呼びしての大人テイスト
トークです。

★それと11月から月-金でテレビなのですが、
テレ玉・千葉TV・神奈川TV(TVK)放送
3局、関東圏で朝早いので
すが、AM6:50~7:00
「朝まるJUST」という
TV番組のエンディングで1ヶ月毎日PV
が掛かる予定です。
もしご視聴可能でしたらご覧下さい。(照)
ゲストで出演するのは12日の番組内です。

★栃木エリアでのメディア出演は
●11月9日 NHK-FM 栃木に 生出演します。
確か夕方の番組だったと思いますがこれはまたご連絡
させてください。
●11月9日~13日 23:00~30内 
栃木TV番組「sound30」内で連日PV放映されます。
●11月19日ラジオベリー(FM栃木)僕の歌が
週刊naniコレクション
23:30~55内結構ながく紹介されます。

★他 NHK関連もいろいろ出演しないといけませんが
またご連絡をさせていただけると嬉しいです。

~イザナギTaRO~~~~~~~~~~
アメブロBlog(アメブロはじめました)
http://ameblo.jp/asknom/
イザナギTaRO Blog(楽天)
http://plaza.rakuten.co.jp/midoru7/
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


3曲入ったCDが1,260円なので、CDを購入して聴いてみて頂きたい。

唐澤豊@唐澤塾
フレブル?
今朝の日経新聞の朝刊一面の下にある本の広告欄にWanという雑誌の広告があった。

「フレブルにまつわるA to Z」という文字が目に入った。
えっ「フレブル」って何だ?フレキシブルの短縮語か?いやそんなことはないだろうと思うと、
「フレブル百面相」、「フレブル・夏を乗り切る3つのヒント」とある。
さっぱりわからないが、もうおわかりの方もいるだろうか?

老眼の角度を調節して小さな解説文を見てやっとわかった。
フレンチ・ブルドックを短縮したものなのだ。
こんなものは余程の犬好きでなきゃわからないだろう!

日本人は3文字~4文字のカタカナに短縮するのが好きである。
最近の若者たちの短縮語は難解である。
若者でなくても「アラフォー」「アラサー」そして私のような「アラカン」などもあるが、
では50歳前後は何と言うのだろう?と思っていたら、
今朝、駅までの車の中で聞いていた東京FMでリサ・スティッグマイヤーが「アラフィー」と言っていた。
半世紀だから「アラハン」かな?とか「アラフィフ」かと思っていたのだが・・・。

何でも短縮して全く困ったものだ、と思ったが、良く考えてみれば、我々もお客様や業界外の人から
「IT業界の3文字略語は全くわからない」と言われることがある。
CRM、SFA、ERP、SCM、CTI、VoIP、BPO、BPR、・・・わかりますか?

米国人もアルファベットの頭文字だけ取って3文字~4文字の短縮語を作るのが好きなようである。
私は20年くらい米国企業で働いたから、長い英文は短縮語を使うクセが染み付いているし、
無ければ自分で作ってしまうことも多かった。
インテルは米国人でもわからないくらい沢山あったから、新入社員用に「インテル・シクショナリー」
があったほどである。

今の会社はフランスが本社なので、様子がちょっと違う。
彼らは短縮や省略を嫌うようなのだ。
フランス人が文化を大切にしていることはご存知のことと思う。
彼らは文化の根源は言語即ちフランス語だと考えているので、正しいフランス語を使うことを
常に心掛けているフシがあり、私のように直ぐに短縮語を使うのは好きではないようなのだ。
またフランス語にはひとつの言葉にはひとつの意味しかないというのが原則だそうで、
誤解のしようが無いとういうか、日本語や英語に慣れている人間からすると、一々細かい。
だから国際法は間違った解釈がされないように、フランス語で書くのだと聞いたことがある。

まあ、できるだけ正しい言葉を使いたいものだと、今朝は改めて感じた次第である。

唐澤豊@唐澤塾
新宿エル・フラメンコでの本格的フラメンコに一同感涙!
今日、新宿の伊勢丹会館6階にあるエル・フラメンコのディナー・ショーにグルメ仲間の男4人で行った。
その中の一人はスペインで観たことがあり、もう一人は遠い昔に多分同じ場所で観たということだったが、私ともう一人はライブのフラメンコは初体験だった。

運良く最前列の席で、舞台はテーブルの先にあるという近さであった。
観客は圧倒的に女性が多く、ショーが始まる前は、我々も両サイドから観られているような感じがした。多分、あの最前列の男4人はどういう連中なのだろう?と思われていたのかも知れない。

食事も美味しかったが、ショーが始まったらそんなことはどうでもいいくらいに、本物のフラメンコはテレビで観るのとは違い凄い迫力であった。

カスタネットを叩きながら踊るのかと思ったら、手拍子、タップ、指を鳴らす、舌打ちなどをしながら踊る女性は時に逞しく、荒々しく、時に優しく、しなやかで、想像していたものとは違い、芸術的かつ野生的であった。

舞台の床は能舞台のように作られているのか、タップがかなり響くような感じで、かき鳴らすギターの音を凌ぐ音量の時もあった。

また、タップの早さにはびっくりしたが、どれくらい早いかと言うと、5本の指でカスタネットを鳴らすくらいの驚異的な速さであった。

飛び散るダンサーの汗も相当な量で、最前列だったから、飛んでくるかと思うくらいで、床の振動が観ている我々の椅子にまで伝わって来た。本物のフラメンコはアフリカの踊りとか、アメリカ・インディアンの踊りと共通するような野生的で情熱的なものであった。

今月からダンサーが替わったようで、下記URLに詳しい紹介があるが、それもそのはず、踊っていたのは偉大なフラメンコ・ダンサーと言われるカルメン・アマジャの姪のメルセデス・アマジャとその娘のカリメ・アマジャだったのだ。
http://www.gt-net.co.jp/show/elflamenco/e2.htm

この二人のフラメンコは一度は観ておくべきだと思う。
カリメ・アマジャは背も高く、ボン・キュッ・ボンとスタイルも良く美人である。
12歳で初舞台ということだが、あのタップの足技は子どもの頃からやっていないとできないだろう。

また、男性の歌も朗々と歌い上げるかと思えば全身から搾り出すような大迫力の時もあり、これもちょっと今までの印象とは違う感じで、歯切れの良いギターも生演奏ならではの音量とダイナミック・レンジであった。

ショーは入れ替え制なので、余韻冷めやらぬ内にエル・フラメンコを出された4人であったが、

「いや~、感動した!」
「観ていて涙が出た」
「今まで観たショーの中で5本の指に入る」

と喫茶店でお茶をしながら余韻に浸った次第である。
いや~、いいものを魅せて貰い、ちょっとハマリそうである。

唐澤豊@唐澤塾
母に捧げるエレジー
母の初七日に当り;

人知れず歌詠みし母微笑みて黄泉の国に旅立てり --- 豊

母は先週、5月15日、16時35分に、享年93歳で永眠しました。
死に目には会えませんでしたが、うっすらと微笑んでいるような感じで、
皺も無く、つやつやとして、とてもきれいな死顔をしていました。

弔問客は誰も「とても93歳とは思えない、きれいなお顔ですねえ・・・」と言ってくれました。

家族も誰も知らなかったのですが、
遺品の中から、鉛筆、万年筆、ボールペンなどで
ノート1冊とメモ帳2冊に書かれた和歌が見付かりました。

終戦後から昭和の終わり頃まで作っていたようです。

私が代表的なものと思ったのは;

文明生活何ぞ終日を子を負ひて働く百姓我は --- チホ

という歌で、農作業など嫁ぐまで全くやったたことが無かった母にとっては
それはそれは大変なことだったのだろうと思うと、その心情は察するに余りあり、
そんな母に十分な親孝行をしてやれなかったことを悔いて止みません。

作品は整理・編集したら、印刷・製本して親族に配布したいと思っています。

唐澤豊@唐澤塾


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH