唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
経済産業大臣殿:青森県六ヶ所村再処理工場は閉鎖して下さい!Rokkasho Petition
私は以下のようなキャンペーンを始めました。
多くの方々のご署名をお願いします。

経済産業大臣殿: 六ヶ所村再処理工場は閉鎖して下さい。
The Minister of Economy, Trade and Industry: Please shut down Rokkasho Reprocessing Plant.


https://secure.avaaz.org/jp/petition/petition_5446254de2e34/

青森県六ヶ所村にある使用済核燃料の再処理工場が稼働すると、大量の汚染水を太平洋に垂れ流すことになり、
日本だけでなく、太平洋沿岸諸国の漁業・生活・観光などに大きな打撃を与えることになります。
このように危険な再処理工場は一日も早く閉鎖する必要があります。
六ヶ所村再処理工場から大気中と太平洋に放出される膨大な放射性物質の量については、Wikipedia をご覧下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

因みにトリチウムは年間1京8千兆ベクレルという天文学的な量が予測されています。

また、東京新聞に坂本龍一さんと「原発・環境・報道 いっしょに考えてみました」という坂本龍一プロジェクトの
第一回で「核のゴミ」が原発ゼロへの切っ掛けとなったとして、六ヶ所村再処理工場の問題を取り上げています。

http://www.tokyo-np.co.jp/feature/sakamoto/list/131226_4.html

唐澤豊@唐澤塾

[English]

If Rokkasho Reprocessing Plant in Aomori, Japan for Spent Nuclear Fuel started the reprocessing,
huge volume of radioactive elements would be discharged into the Pacific Ocean and could damage
fishing / sight seeing industries and living life along with the Pacific coast.

So, we have to shut down the Rokkasho Reprocessing Plant as soon as possible.

For more details, please refer below Wikipedia page although in Japanese:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

For example, Tritium is predicted that 18 Quadrillion Bq per year could be discharged.

Yutaka Karasawa
スポンサーサイト
2011年に出ていたドイツ放射線防護協会からの2つの提言
東電福島第一原発事故の直後の3月20日に、ドイツ放射線防護協会から提言が出ていた。

日本における放射線リスク最小化のための提言
:
http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a31.pdf

概要は以下のようなものであるが、当時、こうした情報が広く知らされることは無かったように思う。
チェルノブイリ事故を経験した結果を踏まえたこうした提言が出されていたのに、誠に残念である。

1.放射性ヨウ素が現在多く検出されているため、日本国内に居住する者は当面、
汚染の可能性のある*サラダ菜、葉物野菜、薬草・山菜類の摂取は断念すること
が推奨される。


2.評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kg
あたり 4 ベクレル〔以下
Bq:訳者注〕以上のセシウム 137 を含む飲食物を与え
ないよう推奨されるべきである。成人は、1kg あたり 8Bq 以上のセシウム 137 を
含む飲食物を摂取しないことが推奨される。


3.日本での飲食物の管理および測定結果の公開のためには、市民団体および基
金は、独立した放射線測定所を設けることが有益である。ヨーロッパでは、日本
におけるそのようなイニシアチブをどのように支援できるか、検討すべきであろ
う。



そして、11月には次のようなプレスリリースが出されていた。

ドイツ放射線防護協会より:
放射線防護の基本規則は、福島原発事故後も無視されてはならない

ドイツ放射線防護協会は問う:
原子力利用と引きかえにどれだけの死亡と疾病を許容するのか?

http://www.foejapan.org/energy/news/pdf/111127_j.pdf

その主要な内容は以下のようなものである。

放射線防護の国際的合意として、特殊措置をとることを避けるために、汚染された食品や
廃棄物を、汚染されていないものと混ぜて「危険でない」とすることは禁止されている。日
本政府は現在、食品について、および地震・原発事故・津波被災地からのがれき処理につい
て、この希釈禁止合意に違反している。ドイツ放射線防護協会はこの「希釈政策」を至急撤
回するよう勧告する。

日本ですでに始まっている汚染がれきの各県への配分、焼却、および焼却灰の海岸埋め立
て等への利用は、放射線防護の観点から言えば重大な過ちである。焼却場の煙突から、ある
いは海洋投棄される汚染焼却灰から、がれき中の放射性物質は必然的に環境に放出される。
ドイツ放射線防護協会は、この計画の至急撤回を勧告する。

ドイツ放射線防護協会は、少なくとも妊婦と子どものいる家庭について、現在の避難地域より
広い範囲で至急の避難・疎開が支援されなければならないと強く警告する。われわれは同時に、
子どもに年間 20 ミリシーベルトの被曝を強要することは悲劇的な過ちであると考える。
日本政府は、現在の避難基準になっている年 20 ミリシーベルトを直ちに撤回するべきである。

日本での現行の食品中放射性物質暫定基準値は、商業と農業を損失から守るためのもので
あり、人々を被曝から防護するためのものではない。ドイツ放射線防御協会は、この基準値
が、日本政府ががん死亡者数、がん発症者数の甚大な増加、およびその他のあらゆる健康障
害の著しい蔓延を許容する姿勢であることを意味するとして、厳しく指摘する。


これらのどれをとっても、正しい指摘であり、2011年の時点から日本政府が対処していればと
誠に悔やまれる。そして、日本国民と日本の専門家に対して、有難い提言をして呉れていたのだ!

ドイツ放射線防護協会は、日本の皆さんに強く訴える:

できるだけ、専門知識を身につけるよう努めてください。そして、食品における基準値の大
幅な低減と、厳密な食品検査を要求するのです。すでに各地に開設されている市民測定所を
支援してください。

ドイツ放射線防護協会は、日本の専門家の皆さんに訴える:

日本の市民のサイドに立ち、放射能とはどんなものか、どのような障害をもたらしうるもの
であるかを、市民に説明してください。


遠くドイツから日本人のことをおもんばかり、こうした提言・助言をして呉れていたにも係らず、
多くの国民も専門家も耳を傾けた人は少なかったのだが、このツケがこれから徐々に現れるのでは
ないかと危惧される。

唐澤豊@唐澤塾

皆で歌おう!「原発を許すまじ」
東電福島第一原発事故から10ヶ月が過ぎ、多くの日本人は何事も無かったかのように生活している感じがするが、
事態は予断を許さない状況であり、のほほんと生活している場合ではないはずだ。

原発事故対応の原則は「止める、冷やす、閉じ込める」のはずで、最後の「閉じ込める」について、
現在の東電、立法府、行政府、官僚、学者等の対応は酷いもので、それをマスコミも批判していないから、
汚染地域で農作物が作られ、全国に流通し、汚染瓦礫や腐葉土等も全国にばら撒かれている。

現状は福島の問題、東日本の問題だけでなく、全国の問題となっており、これから低線量被曝をしている
人々の中から様々な病状が出て来ると思われる。

そうした中で、国民投票により原発の存続を問うことが提言され、東京と大阪で署名を集めており、
大阪は規定数に達したが東京は苦戦している。そして、その内容について、全原発即時廃炉か徐々に廃炉
かといった細かなことで、内部の対立も多少あるようだし、規定数の署名が集まらなかった場合や、
集まっても投票で過半数に達しなかった場合のことを考えて、時期早尚ではないか、といった議論も
なされているのが現状だ。

しかし、今はそういった細かなことを議論している場合ではなく、これからの日本をどうするのか?
我々の子孫にどういった社会を、環境を残せるのか?という瀬戸際であることをもっと多くの日本人に
認識し、思考し、行動に移して貰わなければならない時である。

そこで、1954年3月1日の米国によるビキニ環礁での水爆実験で被災した第五福竜丸の事件から
当時の日本人が原水爆禁止運動を展開した時に歌われた「原爆を許すまじ」を私なりに替え歌にしてみた。

若い人たちは曲を知らないと思うので、下記サイトのメロディーを聴きながら歌ってみて欲しい。

「原爆を許すまじ」@二木紘三のうた物語:
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_6629.html

楽譜が無いと歌えない、という方は下記サイトで;

原爆を許すまじ/うたごえサークル:
http://bunbun.boo.jp/okera/kako/genbakuwo.htm

そして、署名集めの街頭で、デモ行進で、集会で、歌って貰えれば幸いである。

原発を許すまじコード付120225

YouTubeに初音ミクによる歌をアップした。
http://www.youtube.com/watch?v=etOsAal93fg&feature=youtu.be

二重唱バージョンも。
http://www.youtube.com/watch?v=j6rR5PK3zcA

唐澤豊@唐澤塾
異端を認め誰とでもコミュニケーションして相互理解を!
今度の東日本大震災とそれに起因する福島原発事故について様々な議論がされている。

そうした中で、どうも日本では異端の意見が無視されたり攻撃され、排除される傾向があるように思う。

多くの人が今回の地震・津波は想定外だった、と言っているが、以前から警告していた人もいたけれど、
それらは日の目を見ていない場合が多いように思う。

例えば、地震予知については、東海、東南海、南海地域で地震が起きるだろう、ということで行政も学会も
人材と資金を投入して色々なことをやって来たが、その他の地域は余り注意されていなかった。

しかし、琉球大学名誉教授の木村政昭氏は「大地震の前兆をとらえた!」(2008年第三文明発行)という著書で、
福島県東部沖、鹿島灘、千葉県北東部が危ないと予測していた。
逆に東海、東南海、南海ではしばらく起きないとの予測であった。

また、同氏が昨年10月に刊行した「地震の目で予知する次の大地震」(マガジンランド発行)の
「エリア別予測 東北・北海道の地震」の章では「今後は三陸沖を警戒すべき」とあり、
「福島県東方沖にも地震の目がはっきりと観測されていて周辺陸域の火山活動も加味して
算定すると2010年 +/- 4年に、M7.6前後の地震が発生する可能性がある」と書かれていた。

これらは今回の地震にかなり近い予測である。

こうした意見は地震予知連からは無視されたものと考えられるが、様々な意見があることは広く国民に
知らせるべきであろう。

またSBIの北尾吉孝社長の20011年の年頭所感が今回の地震を予側していたと話題になっている。
http://www.sbi-com.jp/kitao_diary/archives/201101042379.html

彼を異端と呼ぶかどうかは人によるだろうが、ここで彼が次のように書いている。

過去の辛卯の年をみると、自然災害など天変地異の異常や予期せぬ出来事が起き易い。特に地震である。
地下に蓄えられたエネルギーが地上に向かって動き出す。


ということで、彼は暦をベースにしているわけで、今時暦を信じるなんて、という人は多いだろう。
そういう意味では異端であろう。しかし、暦や占いは統計・確率の応用である。

木村教授も北尾社長も根拠にしているのは統計とそれによる確率である。
科学的に仕組みが解明されていない地震予知のような分野では統計・確率も十分考慮する必要があるだろう。

福島原発の開発前に、昔の地震や津波のことを上げて、現在の場所では危ないと警告した人がいたのに、
過去の2回や3回のデータだけで危険だと説得するのは難しい、と聞き入れられなかったそうだ。
過去20年間のデータにだけに基づき判断されたそうだが、それではまずいだろう。
1000年単位で起こる地震・津波・噴火などはあるわけだから。

また今回のような原発事故の可能性についても言及し、国会で証言していた人がいた。
http://www.stop-hamaoka.com/koe/ishibashi050223.html

神戸大学の石橋克彦教授は2005年の衆議院予算委員会公聴会で巨大地震の長周期振動は被害を大きくすることを
指摘されていたが、今回の東日本大震災も正に長周期振動であった。

そして浜岡原発での原発震災の可能性を指摘されていた。

普通、原発の事故というのは単一要因故障といって、どこか一つが壊れる。
で、その場合は多重防護システム、あるいはバックアップシステム、安全装置が働いて、
大丈夫なようになるというふうに作られているわけですけども、地震の場合は複数の要因の故障といって、
いろんなところが振動でやられるわけですから、それらが複合して、多重防護システムが働かなくなるとか、
安全装置が働かなくなるとかで、それが最悪の場合にはいわゆるシビアアクシデント、
過酷事故という炉心溶融とか核暴走とかいうことにつながりかねない訳であります。


と今回の事故を予測していたかのように証言されていたのだ。
今回はこうした地震だけでなく、大津波も襲った。
石橋教授は最後に次のように述べておられる。

で、そういうことからして、全国の原子力発電所の原発震災のリスクというものをきちんと評価してですね、
その危険度の高い物から順に段階的に縮小する、必然的に古い物から縮小されるということになると思います
ので、そういうことを考えない限り、大変なことが起こって、まあ世界が一斉に救援に来て、同情してくれる
でしょうけども、逆に世界中から厳しい非難を浴びるということにも成りかねないわけで、こういうことを
急いでやることは日本の責務だろうと思います。


国会で証言されたということで、石橋教授の意見は異端ではなかったとも言えるかも知れないが、
浜岡原発は稼働中であり、他の原発も停止・廃炉にはなっていないことから、この意見が何らかの形で
反映されたとは思えない。

この時点で、福島第一原発のような古いものは停止・廃炉にすべきであったのだろう。

さて、話は少し変わるが、福島原発からの放射性物質の漏洩・飛散により、東京に滞在していた諸外国の大使館員
や家族、外資系企業の従業員などが関西以西に避難したり、本国に帰国したりして、それに同調して東京から
関西以西や外国に疎開する人も現れたわけだが、それについて「逃げるのか!」「私は逃げない」といった批判が
出ている。
特に小さな子どもを持つ家族は少しでも安全なところに一時的に避難しよう、と考えることは親としては
十分あり得ることで、非難される筋合いではないが、福島原発から約250キロ離れた東京ではそこまでしなくても、
という意見が大勢であり、今のところ少数派であろう。

こうした状況を見ていると、異なる意見を許さない全体主義的な考え方が日本ではまだまだあると思われ、
残念である。もしかしたら(最悪の事態は想定したくないが)、東京からも脱出しないと安全ではないような
事態になった時に、1千万人以上が移動しようとしたら、パニックになることは、この震災と計画停電による
電車の運行削減で証明されているから、早く脱出した人たちの判断が正しかったということになるかも知れない。

またまた話は変わるが、日本ではベンチャー企業が育たないとか、世界に通用する技術やソフトウェアが
なかなか出てこない、という話がある。

例えば、マイクロプロセッサーはインテルが世界で最初に開発したわけであるが、実は日本の某社では
同じようなことを考え、提案した技術者がいたが、採用されなかったということである。
またこれは実際に私の部下が考案した個別暗号化案も会社が特許申請をしないことになり、
技術者が個人で申請したが、その後、インテルでは似たような技術で今の製品には組み込まれている。

こうしたことがなぜ起きるのかと言えば、異端の考えを認めない風潮が強いからだろうと思われる。

また、日本の大学では理系の学生にとって哲学は必須科目ではないが、欧米では必須であると聞く。
日本の技術者が技術バカになり勝ちなのは、人間としての根本的なところを広くきちんと学んでいない
ためではないかと私は考えている。

まあ、本当に異端はそんなことすら構わずに、ひたすら自分の考えで突き進む面があるのだろうが、
最終的には多くの人の理解を得なければ世界で使って貰える技術・製品にはならないから、
コミュニケーション能力も重要である。

Rubyとういうコンピューター言語が世界で使われているが、元々それを開発したのは「まつもとひろゆき」
という日本人青年(まあ既に45歳だが)である。それを世界中の技術者と共同で開発している。
彼はどうしてそうしたことができたのか?と考えると、彼はキリスト教徒であり、西欧人の文化・思想の
背景を理解し、コミュニケーションができるからだろうと思われる。

宗教の面から考えるとキリスト教、イスラム教、ユダヤ教などは一神教で、神道・仏教のような多神教が
母体となっている日本人の文化の方が異端を認めそうで、彼らこそ異端を認めず宗教戦争をして来たわけだし、
今も中東問題はそれが続いていると見ることもできるが、皮肉なことに、こと国際的コミュニケーションとなると、
我々日本人は不得手な人が多いように思われる。

異端を認めつつ誰とでもコミュニケーションをして相互理解を深めることができる

ということがこれからの国際社会では求められている。

唐澤豊@唐澤塾

企業の社会的責任(CSR)について
「非出会い系」被害の子供、GREEが突出「特定社が増やす」と業界怒り
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110218/crm11021800230000-n1.htm

という記事を読んで、私は成長している企業の中には社会的責任が欠如しているところもあると日頃感じていたが、
GREEだけでなく、過去にも様々な企業が問題視されて来た。

最近、法律変更により制裁を受けた形になったのは消費者金融がその一例であろう。

何年も議論されているのがゲーム業界、出会い系サービス業界などである。
GREEの場合、そのゲームをSNSで提供しているので、ふたつの業界を併せた問題を抱えていると言える。

私もカタパルトという会社でXBANDというネットワーク・ゲームのサービス提供に関わったことがあり、
そこで知り合い結婚したカップルが何組かあったし、仕事に煮詰まった時に単純なゲームをやることにより、
ストレス解消・リフレッシュなどで効果があったというユーザーがいたなどからすると、ゲームが全て悪いとは思わない。
程度の問題かと思う。やり過ぎないように歯止めを掛ける仕組みがあるか?といったことが重要だろう。

GREEなどの今のサービスの問題は基本が無料だがオプションは有料というところにあるように思う。
ゲームに没入して勝ちたいと思った時にどんどんお金を払ってしまうのは自制できないユーザー(子ども)の
心理を見越した商売の仕方ではないだろうか?
またそこに大人ユーザーが子どもユーザーに付け入る隙を与えることになるのではないだろうか?

別の業界では、米国で色々と裁判沙汰になっているにも関わらず、日本のビジネスは成長しているマクドナルドも、
ジャンクフードを若者や子どもたちにあの手この手で売り、不健康にしているという見方もある。
しかし、因果関係が明確ではない、ということで、グレーではあるが黒ではない、というのが現状だろう。
そうした企業の経営者が立派な企業人かと問われれば、私はそうではないと思うが、世間は認めているようだ。

判断が明確になるにはもう少し時間が掛かるのだろうと思うが、このように、企業の社会的責任の判断は難しい。
そうであるから、判断が難しいグレーなビジネスには手を出さないことが賢明であろう。

唐澤豊@唐澤塾
政府の迷走を憂う前に
沖縄の普天間米軍基地移設問題で、鳩山政権の迷走ぶりは困ったものだとか、
鳩山首相の指導力の無さが問題だとかいった見方がマスコミやブログなどに多く見られるが、
そもそも問題の根本はどこにあるのだろうか?

それは何あろう有権者の間で「この問題をどうしたいのか?」
ということについての合意が形成されていないということである。
政治家は有権者が投票して選出した代理人であるだけだ。

マスコミもジャーナリズムを代表すると主張するのであれば(最近はそうも思えないが)、
その点を指摘し、議論を深めなければならないだろう。
しかし現状は政権の評論家になり下がっている。

現行案は自民党政権の時に決めたわけだが、
沖縄県民が全て賛成したわけではないし、国民が全て賛成したわけでもない。
3割くらいの自民党支持者が数の力で押し切って決めただけである。

残りは反対派が同数かそれ以上いたかも知れないし、
無党派層・無関心層がかなりの数いただろう。

そこに政権交代があって、反対派が支持する民主党や社民党が
県外移設・国外移設ということから計画見直しとなったのである。
そして県外移設先の可能性が噂されている鹿児島県・長崎県・大阪府などの住民は
全て反対派が大勢である。
どの地域でも米軍基地の移設は歓迎されない。

大雑把に見れば、3割の現行案支持者、3割の反対派、そして3割の無関心派
に分けられると思われる国民の合意は得られていないのが現状である。

じゃあ、どうする?

鳩山首相でも小澤幹事長でもいいが、こうする!と言って、数の力で国会を通したら
国民の全てが賛成できるのか?
その方が、現在の迷走・結論が出せない状況よりも、もっと恐ろしいだろう。

だからこの問題は政権の問題ではなく、我々国民の問題であり、我々がどうすべきか
考えるべき問題なのである、ということを全ての有権者が強く自覚すべきである。

私がもし鳩山首相であるなら、

「国民の皆さんの合意が得られないから、この際米軍は国外に移転して貰いましょう。
皆さんそれで宜しいですね?」

と問うだろう。それによって、この問題はどうすべきかが明確になると考える。

唐澤豊@唐澤塾
想像力に欠ける今の子どもたち
高橋由紀子さんが主宰している徳談会で、児童文学作家の岩崎京子さんの講演をお聞きした。

先生のお話の中で、

「子どもたちにはそれぞれ個性がある。本にも個性がある。
どの本がどの子に合うのかは、自分で探すしかない。
本と子どものフィーリングが会った時、奇蹟がおこります。」


ということが印象に残った。

本を書くには想像力が重要で、今の子ども達にはそれが欠けているのではないか?
ということであった。

また、由紀子さんの旦那さんが講演後のコメントで、ある人の話を紹介されていたが、

子どもの時、本は何冊もの本を沢山読むよりも、好きな本を何回も読むことで、
言葉の深い意味や本当の意味が解るようになる。


ということも印象に残った。

それと、由紀子さんがコメントされていたことで、

今の若い日本人はコミュニケーション能力に欠けている

ということをサッカー選手の例で紹介されていたことも印象に残った。

これらの話は繋がっているように思う。

今の子どもや若者たちはテレビやゲームという視聴覚を刺激する
マルチメディアで情報を受け取るので、想像力を働かせる必要がなく、
そうした訓練がされていないために、言葉によるコミュニケーション
がうまくできないのではないか、自分の思いや考えをうまく伝えることが
できないのではないか?

と思う。

我々が子どもの頃は、本やラジオしか無かったので、
想像力を働かせなければ理解できなかったことが多かったと思う。
ラジオを聴きながらワクワクして想像するのは楽しいものだった。

テレビが始まった直後に「一億総白痴化」と批判したのは
社会評論家の大宅壮一氏であるが、

「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、
テレビばかり見ていると、人間の想像力や思考力を低下させてしまう」


という指摘をされたわけだが、その後はそういった批判すら出てこないようになり、
テレビ局はマスコミの寵児としてもてはやされてきた。
今、正に大宅氏が指摘した状態になってしまったのではないだろうか?

その後、ゲームも似たような状況になっている。

岩崎先生によれば、今の子どもはカサ地蔵の話が現実的でないと言う、とのことだが、
あれはお伽噺の世界の話であり、架空の話、空想の話、作り話なのだから、
何でもあり得る想像の世界である、ということを理解できていないのではないか?
お地蔵さんが歩いて荷物を運ぶことなど有り得ない、というのは
現実と仮想の区別がきちんとできていないからだろうと思う。

ある研究では現実と仮想の区別が明確になるのは12歳くらいからだという。
それまでは、もっと自然の中で遊び、自然を体感することが重要だろうと思う。

マルチメディアは想像力を育てる道具にもなるが、
想像力を奪うことにもなりかねないと思う。

マルチメディアを利活用するのは幼児期からではなく、
現実と仮想との区別が付くような年齢になってからに
すべきなのではないか?

唐澤豊@唐澤塾
英国の上半期のネット広告市場の規模が、初めてテレビ広 告を上回った:1H'09 Net Ad exceeded TV Ad in Britain
新聞によると、英国の上半期のネット広告市場の規模が、初めてテレビ広告を上回ったとのこと。
今年1月~6月のネット広告への英国企業の支出額は前年同期比で4.6%増え、広告市場全体に占める割合は、ネット広告が23.5%で、テレビ広告が21.9%だったということだ。

佐々木俊尚氏の「2011年 新聞・テレビ消滅」という本に書かれていることが段々と現実味を帯びて来た感じである。

Twitterで昨夜、徳力基彦さんが、

「今日、某テレビ局の制作会社から、テレビ番組の企画で取材をしたいというパターンの、記事広告の依頼が来ました。要は数十万円払えば番組内で取り上げますよ、という番組内広告の提案なわけですが、実は先月も同じ会社から同じ提案が来ていて、値段が半額になってました。」

とテレビ業界の内情をバラしてしまい、それに対して、

「制作費を浮かす今流行のやり方ですね。グルメ情報番組とか、ほとんどはその手法で作ってますよ。」

というコメントも重なり、その反響が大きかったようで、ハイボール飲み過ぎたかな?頭冷やして来ます、と書いてドロップアプトしましたが、テレビも新聞も雑誌もかなり昔から、記事広告・ペイドパブが多いことは、私も体験している。

一番びっくりしたのは某国営放送で、制作費出してくれたら、著作物の使用権をあげます、ということを言われたことだ。その金額もウン憶円で、あれ~、あそこは国民から取っている受信料で番組制作してるんじゃないのか?と思ったものだ。これは20年近く前の話だけど、今でもあるのでは?と疑っている。

こんなことだから、テレビ・新聞・雑誌が伝えている内容は信用できない。
お金を払っている側の立場でモノを言ってるわけだから。

2011年の消滅を期待したい気持ちだ。

唐澤豊@唐澤塾

According to a newspaper, net advertisement revenue exceeded TV's during the 1st half in Britain.

Mr. Toshinao Sasaki wrote a book titled "Newspapers and TV's will disappear in 2011" and this might happen but not just a dream or a joke.

There are so many paid publications in Japan on newspapers and TV programs, I feel.
Or actually I was approached from national TV to pay fairly large amount of money for producing a long series of program in return to allow free copyright usage of the whole video.
It's a big surprise for me since I thought they produce by the fees gathered from citizens.

Anyway, I don't trust what mass-media tells since they stand on sponsor's side.

It's OK for me even if they might disappear in 2011.

Y. Karasawa @Karasawa-juku
オバマ大統領がノーベル平和賞だって???:President Obama got Nobel Peace Prize???
オバマ大統領がノーベル平和賞に決まったそうだ。

まだ何もしてないだろう!と思うのは私だけだろうか?

核兵器廃絶という方針を打ち出しただけでノーベル賞が貰えるなんて、
ノーベル賞の価値も下がったものだと思う。

アフガン、イラク、イスラエル-パレスチナなど紛争山積だし、
イランと北朝鮮での核兵器開発問題もある。

これからどう対応して平和を実現するのだろうか?
うまく治めることができるのだろうか?
という時に、早々とノーベル平和賞とは如何なものかと思う。

結果を出してからのノーベル賞であるべきだろうに・・・。
風呂敷を広げるのは誰にでもできる。

唐澤豊@唐澤塾

Norway awards Barack Obama Nobel Peace Prize???

What he has done for peace making?

He has just made a speech that he would like to remove nucleus weapons, that's all.
There are lots of battles in Afghan, Iraq, Israel-Palestine etc. and nucleus weapon development issues at Iran and North Korea.
How Obama could resolve these issues to make the world peace?
It's just start but not seeing the results yet.

Nobel prize should be awarded to the people who made a visible result.

Y. Karasawa

韓国と米国のウェブサイトが攻撃されている
韓国では政府関連のウェブサイトを中心に攻撃を受けているというニュースがあったが、
その後、米国の政府系ウェブサイトも攻撃されていて、7月4日の独立記念日に起きていることから、
北朝鮮かその関係機関が関与しているのではないかとのうわさもあるようだ。

韓国と米国のWebサイトに大規模なDDoS攻撃,FTCなどがアクセス不能に:
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090709/333470/

私は以前から述べているが、これからの国防はこうしたサーバーテロ攻撃に対処できる能力を持つ
ことの方が、核爆弾・ミサイル・戦闘機・戦車・戦艦・武器・弾薬など、使わない・使えない武器より
ずっと重要だと考えている。

もうこうした旧式の武器で戦う時代ではなく、サイバー戦争の時代なので、
サイバー攻撃・防衛ができる人材を国家として養成することが国防には必須と考えている。

この点からすると、日本は世界で最も遅れている国のひとつなのではないかと危惧する。

唐澤豊@唐澤塾


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2017/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。