FC2ブログ
唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
インテル中興の祖「アンディ・グローブの世界」はお勧めです
加茂純+大谷和利 著 インテル中興の祖「アンディ・グローブの世界」 同文館出版 発行 を読みました。

Andy Grove World

私も在職中には何度かアンディーとはやり合ったことがあり、この本にも書かれているように、私はナショナリストだというレッテルを貼られて、それが払拭されることは無かったように思います。

それでも、品費・信頼性の議論の中で「氷山の一角」という言葉を英語で説明しながら話した時には、目を輝かせて興味深く聞いてくれたことは鮮明に覚えています。

彼がインテルでやって来たことの良い点はこの本に色々と書かれていて、変化の激しい情報通信業界で、これから起業しようとする人、経営者を目指す人、社内改革を目指す人、今の会社の上層部に不満を持ち、転職を考えている人などには、経営者はどうあるべきかを示すものだと思いますから、お勧めです。そして、この本の中にも書かれているように、他の業界でも、インターネットにより激変することが予想されるので、どの業界にも通じる経営の教科書になり得ると思います。

今、政府主導で「働き方改革」が叫ばれていますが、私から見ると、日本企業が今やっていることは、ITツールの開発や導入など、表面的なことばかりで、それでは本質的な生産性向上には繋がらないと考えています。
1990年頃にも「ホワイトカラーの生産性向上を!」ということが叫ばれていましたが、あれから30年になろうとしていますが、日本の生産性は諸外国に比べると、低下の一途です。いわゆる「失われた30年」になっている訳です。
もっと本質的なところまで踏み込んで、日本の常識とか商習慣だとか言っているものを打破しないと革新的な生産性向上は見込めないでしょう。いつまで、紙の稟議書にハンコを押すようなことを続けるのか?それを単にデジタル化すればいいと思っているのか?それでは1.5倍にはなるかも知れないが、アンディーの言っていた、10倍にはならないでしょう。
こうした点についても、アンディーがやって来たことは非常に参考になると思うので、この本は「働き方改革」を考えるひと、携わる人、推進する人にとっても必読書です。

インテルが品質・信頼性で低迷していて、品質改善運動を始めた時の最初の上層部のトレーニングに、私も参加し、アンディー他、半数くらいの副社長や事業部長が居るところで、UCバークレーの教授が、トヨタとGMの合弁会社で如何に品質を上げたか?という調査報告を聞いたアンディーは「そんなこと言ったって、売れない車の在庫を増やしているだけで、経営は悪化しているだろ?」というコメントをして一同、びっくりしたことがあり、おお、成る程、言われてみればそうだと感心したことを強烈に覚えています。売れる車を設計することと、品質を上げ、生産性を上げることとのバランスが重要だということですね。

強いて彼のやって来たことで、問題点を挙げるとすれば、後継者を育てるという点においては、結果的に必ずしも成功したとは言えないと私は考えています。
この本にも書かれているように、インテルはメモリー中心のビジネスからマイクロプロセッサー中心にシフトしましたが、そうなると、それまでにマイクロプロセッサーを押し上げて来た副社長が次期社長になるのは当然と社内では見ていましたが、コンピューターには疎かった彼は、マルチメディア事業にも進出すべきという副社長には反対でしたが、首を掛けてもやるか?と聞いて、そこまで言うならやってみろと、失敗を見越してやらせたという噂でした。
そしてその副社長は引責辞任しました。
アンディーの後を継いだのは、品質管理の専門家、経理の専門家で、在職中に、議論したことのある人ですが、社長としては、どうかな?という人たちでした。

その後の社長は若い頃、アンディーに見初められた人のようですが、私は一緒に仕事をしたことがない人たちなので、彼らの資質はわかりませんが、結果論からすれば、イマイチだったように思います。
その理由は、昨年の売上ではとうとうサムソンに抜かれてしまったのですが、もっとやりようはあっただろうと思うからです。

サムソンにしても、ここまで成長した発端は、インテルがメモリーで日本企業に攻勢を掛けられて、厳しくなった時「敵の敵は味方だ、だからサムソンを助けて強くするんだ」というメモリー担当副社長の意見で、1985年頃から、インテルの技術者を送り込み、技術供与して、メモリー事業の立ち上げを強力に支援したのです。
これに対して、我々、インテル・ジャパンの人間は、そんなことをしたら、将来は絶対しっぺ返しを受けることになるから、止めた方がいい、と言ったのですが、聞き入れられませんでした。
そしてサムソンの躍進が続き、メモリーだけではなく、半導体の総売り上げでインテルを追い越すことになったのです。
その間、約30年です。

アンディーの言葉で、私が思い出すのは;

Quick or dead!(短期決断、さもなくば亡ぶ)
Our competitors are ourselves!(我々の競合は我々自身だ。トップを走っている企業の最大の敵は自分自身の慢心だ。)
Only paranoia survives!(パラノイア的な企業だけが生き残る。)

といったところですね。

そして、インテル・ジャパンを立ち上げた社長・副社長からよく聞かされたことは;

「アンディーからは、生産性を上げる方法は学生の時にカフェのバイトをしていた時の経験が基になっているんだ、それで私は店長になったんだ、と言って、タバコを取り出して、テーブルの上に並べながら説明してくれたよ」
「朝のカフェのお客は皆急いでいるから、如何に早く注文されたをもの出し、お客の回転を早くするかで、売上が増えるんだ。そして、殆どの注文は、コーヒー・トースト・目玉焼きだから、調理時間の長いものから調理するんだ、それは、半導体の工場でも基本は同じだ、と言ってたよ」

ということで、素人にも解りやすく説明することは上手だったように思います。

唐澤豊@唐澤塾

スポンサーサイト
【2018/08/30 12:41】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
原発ホワイトアウト
東大法学部卒の霞ヶ関キャリア官僚が若杉冽というペンネームで書いて話題になっている
原発ホワイトアウトを読了した。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062186179/ref=oh_details_o01_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

ひとことで言えば、霞が関と永田町が如何に腐りきってどうしようもない状態であるか!
が良く理解できるものである。

小泉元首相がどうやって政敵を抹殺して来たかも生々しく書かれていて、小説ということに
なっているが、これはドキュメンタリーと言っていいものだ。

霞が関と永田町の中枢部にいないとわからないだろうと思われることが満載である。

本書の発行が9月11日だから、書かれたのはそれより少なくとも1か月以上前だろうと思うが、
それ以降のことも書かれており、それらは、このままで行けばこうなるだろう、という
著者の推測であるが、新潟県(小説では新﨑県)の泉田知事(小説では伊豆田知事)が、
官僚と電事連により、政府、警察、検察、マスコミを巻き込み、スキャンダルをでっち上げ、
逮捕されるという筋書きになっており、背筋が凍る思いで読んだ。こうならないことを
祈るばかりだ。

そして意外なことから原発ホワイトアウトになるわけだが、その辺りも、かなり詳しい
ことを知っていないと書けないので、著者は経済産業省辺りの官僚なのかと推測する。

原発再稼働を阻止しようとするNPOの女性と、それに同調する官僚が原子力規制委員と電事連
企業の人間が密談・密会をしているところを盗聴録音・盗撮録画し、マスコミに暴露する
わけだが、その相談や情報のやりとりに、ひとつのGmailアカウントを使うとか、その送信通知
としてLINEを使うといったところも、著者は現在のICTに詳しい感じがするが、それを警察が
証拠を固めて暴露した二人を逮捕するところも、今はもう何も隠すことはできなくなって
いるのだと、改めて思い知らされる。

これに機密保全法が通れば、更に内部告発は困難になるし、取材も情報発信も困難になりそうで
治安維持法と特高警察の時代に逆戻りするのではないかと思う次第である。

もう、今の日本はどうしようもないところまで来ていて、こうすれば良い方向に変えられる
ということが思い浮かばないくらい酷いのだということが解ったというのが私の感想である。
太陽風・磁気嵐も最大規模になっているという昨今の状況からして、映画「ノウイング」のように
なることも近いのではないかと想像してしまう。

唐澤豊@唐澤塾


【2013/10/06 10:06】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
私の人生観を変えた本
以下は日本躾の会の広報誌「ふれあい」の2012年9月号に寄稿したものである。

私の人生観を変えた本

私は四十代後半になるまでは、仕事に必要と思われる技術雑誌やビジネス書以外に、余り本は読んでいなかった。五十歳直前になって、会社を辞め、半年くらい充電しようと思い、毎日1冊を目標に、ノンフィクションを中心に様々なジャンルの本をかなり読んだ。それで人生とは、宇宙の仕組みは、といったことが大体理解できたつもりになっていた。
六十歳前になって、池田晶子さんの「十四歳からの哲学」を読んで感銘を受け、彼女の本は数多く読んだ。そして彼女の語る哲学が、それまでに読んだ、「ラムサ-真・聖なる預言」(ヒンズー教のラムサ神の生まれ変わりという米国人女性の後退催眠口述)、サンスクリット語から英語に翻訳された「般若心経」の日本語翻訳(漢文からの日本語訳は間違っていると思う)、「プレアデスの科学」(NASAの研究員の体験録)などと、宇宙の成り立ち等について、共通する点が多く、宗教も哲学も突き詰めれば同じところに行き着くと思っていた。
そして最後に出会ったのが、都留晃一さんの「多くの人が、この本で変わった」という本で、タイトル通り、今までモヤモヤしていたものが晴れてすっきりした。
今までの宗教が教えて来たことは全て間違っている、人生の目的は体験することであり、やらなければならないことも、やってはいけないこともない、なるべく多くのことをただ体験すれば良いのだ、過去でも未来でもなく「今」が大事だ、という考えである。何をやっても良い、何もしなくても良い、という考えは、今まで家庭、学校、企業や組織などで教えられたこととは正反対であり、なかなかこの考えを受け入れることは難しい、というのが、都留さんの講演を聴いた人の反応であり、最初は私もそう感じた。
人生は平穏に生きたい、という考え方が今までの日本人には多かったように思う。ところが最近は、人生は一度きりだから、太く短く、楽しく生きれば良い、という考えが蔓延り、面白可笑しく生きなきゃ損だ、という困った風潮になっている。そのどちらでもなく、ドラマで観るような、波乱万丈の人生が本来の目的に合っているのだ、ということになる。これには目から鱗が落ちる思いであり、それから都留さんの他の講演録を読むうちに、この考え方が私には一番しっくり来ると思うようになった。この本に出合えて本当に良かったと思っている。


唐澤豊@唐澤塾
【2012/09/01 23:04】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
宮台真司著「日本の難点」


宮台真司著「日本の難点」幻冬舎新書を読んだ。

内容は多岐に渡り、

1章:コミュニケーション論・メディア論
2章:若者論・教育論
3章:幸福論
4章:アメリカ論
5章:日本論

の5つのテーマについて書かれている。

社会学などの専門用語も多く、ちょっと難解な感じもするが、なかなか鋭いところを突いている。
著者は頭がいいのだろうと思うが、他者の言論を一蹴する独断的な面もあって、
そこまで自信を持って言えるのか?と思うこともある。

また、今、政治的に問題になっている霞ヶ関官僚について、著者は東大出身であるから、
東大出身の現役官僚を結構多く知っているようだが、トップクラスの官僚は皆、利他的である、
決して利己的ではないと述べている。
本当にそうなにか、そういう官僚に会ってみたいものである。

先に読んだ佐々木俊尚著「2011年新聞・テレビ消滅」はマスメディアの将来について述べているが、
この第1章「コミュニケーション論・メディア論」を併せて読むと現場からの感性的見方である前者と、
学者からの論理的・社会学的な見方である後者との違いと類似性から、日本のメディア業界についてより広範囲に理解できると思う。

日本をどうするか?という日本論では柳田國男の遺志を実現したい、
という意外な発想に少し驚いたが、後戻りできないのが人間かと思うので、
実現性については、もう少し具体的な方法について言及して欲しいと感じた。

これからの日本について考える上で、この本は一読すべきものである。

唐澤豊@唐澤塾
【2009/08/30 14:11】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(2) |
佐々木俊尚著「2011年 新聞・テレビ消滅」


佐々木俊尚著「2011年 新聞・テレビ消滅」文春新書発行を読んだ。
元、事件記者だったということで、タイトルはちょっと過激だが、
マスメディアは消滅する、という意味で書かれている。

要するに、メディアはこれから特定のセグメントに的を絞って発信する
「ミドルメディア」になると述べている。

2011年はアナログテレビ停波の年である。
それと既に米国ではマスメディアの崩壊が始まっているので、
日本でも3年遅れで起こるだろうという予想であるが、
テレビ広告費をネット広告費が超える年になるかどうかが、
ターニングポイントであろうから、予想通りになるかどうかは微妙であろう。

私も仕事で新聞・テレビ・広告代理店の人たちとは20年くらいのお付き合いがあるが、
マスコミ出身の著者の述べていることには「そうだそうだ、そうなんだよね」
と同調できることが多々書かれている。

2011年かどうかは難しいところだが、
いずれにしても新聞・テレビは今の様子とは随分変わって、
ネットと主役交代の時期は遠からず来るだろうということについては同意である。

唐澤豊@唐澤塾
【2009/08/22 08:40】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
久米信行著「すぐやる!技術」日本実業出版社発行

「メール道」、「ブログ道」に続く久米さんの第三冊目の本である、

考えすぎて動けない人のための“「すぐやる!」技術”が8月22日に出版されたことは知っていたが、本人も書くつもりは無かった自己啓発本なので、という控え目な紹介だったから買わないでいた。

9月13日に、クロス・カルチャー・コミュニケーション・フォーラムを主宰されている一楽先生から、9月25日に出版記念講演とパーティーをやるという案内を頂いたので、じゃあ、読んでから出席しなくては、と思い、アマゾンで注文したところ、なかなか届かなくて、ついに当日になってしまった。

当日、出版社の人から話を聞いて、売れているということだった。それでアマゾンにも在庫が無かったらしく、届いたのは9月28日の夜だった。新刊で2週間も待たされた本は初めてだと思う。

元々は「見る前に跳ぶ」という題で出版する予定だったのだそうだ。その元となっているのは

“Look before you leap” 「跳ぶ前に見ろ」

という英語の諺で、
日本の諺では「転ばぬ先の杖」に相当する
と言われているのを逆にしたものだそうだ。
慎重に成り過ぎる若者が多いと久米さんが明治大学の講義で感じたことから端を発しているのだ。

そう言えばヨーロッパで国民性の違いを語る時

「ドイツ人は走る前に考える、イギリス人は走りながら考える、 スペイン人は走ってから考える」

というのがあるが、
このイギリス人のところがイタリア人であったり、
フランス人であったりするバージョンもあるようだし、
「イギリス人は走らないで歩きながら考える」とか、
「アメリカ人も走るの?と気にする」ロシア人、
「西洋人は走るという愚かなことをする」と言う中国人、
などもあるようだ。

確か「日本人は考えても走らない」(石橋を叩いても渡らない)
というのも聞いたような気がする。

我々は先輩たちからは、
起業しようとするなら事業計画を「よく考えてから始めよ」
と言われたものだが、
既にWeb1.0の時代から「考えながら始める」ようになっていて、
今のWeb2.0の時代は「始めてから考える」ようだ。
米国のeBayとか、日本のMixiなどは事業化を考えて始めたわけではないと
先週の世界ICTサミット2008で聞いた。

そういう世の中では「見る前に跳ぶ」という行動力が必要なのだ。

ゲームデザイナー、証券マン、中小企業経営者といった久米さんの経験から
31のすぐやる技術にまとめられていて、読みやすく、わかりやすいので、
本来の対象である20代から30代前半くらいの人にはもちろん、
そういう部下を持った中間管理職にも役に立つだろう。

また我々のような中高年も、基本的にはわかっている!と思っていても、
ICT環境の変化もあり、再確認するには良い機会である。

これら31項目がいつでも出来ているか?
となると私もそうではないことも結構あるなあ・・・
と改めて感じた次第でもある。

まあ、この齢になって、いつも跳んでばかりいると
怪我をするかも知れないので、そこそこでいいか・・・
とも思う。

「すぐやる!技術」 応援ブログ:http://blog.canpan.info/suguyaru/

唐澤豊@唐澤塾
【2008/10/05 22:45】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
武田双雲著「ひらく言葉」河出書房新社発行

武田双雲著「ひらく言葉」河出書房新社発行を読んだ。
というか、まだ観た程度である。

209頁あるが、大きな文字で1頁に2~3行の文章が書かれているので、
読むだけだったら10分もあればいい。
文字が大きいのは私のように老眼になると眼鏡が無くても読めるから有り難い。

この本には珠玉の言葉が満載である。
読む人によって、またその時の心理状態によって、
どの言葉に共感するか、心に響くかは違うと思うので、
これは常に手元に置いて、時々開いてみるといいだろう。

今日の私が共感した言葉は;

楽しいことをやるんじゃなくて、
起こることを楽しむんだ。

なかなか思い通りにはいかないもんだ。
そうか。
思い通りにしようとするからいけないんだ。

戦争なんて絶対なくならないと言う人よりも、
なくそうともがいている人のほうが好きだ。


唐澤豊@唐澤塾
【2008/09/10 22:50】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(4) |
河野義行著「命あるかぎり」第三文明社発行

河野義行著「命あるかぎり」第三文明社発行を読んだ。

編集したのが高校の同級生だったので「読んでみて!」と贈られたから読んだようなもので、もしそうでなかったら、この本のことは知らなかったかも知れないし、本屋さんで買って読むことはなかっただろうと思う。

そういう意味では先ず同級生の佐々木君に感謝だ。

河野さんは松本サリン事件の犯人ではないかと疑われたわけで、大変な思いをされたことについての恨みつらみが書かれているかと思っていた。

“私は、麻原被告も、オウム真理教の実行犯も、恨んではいない。恨むなどという無駄なエネルギーをつかって、かぎりある自分の人生を無意味にしたくないのである。”

と書かれているように、常に前向きで、楽観的であるところにびっくりした。

私も長野県の出身であるが、あの田中康夫知事の時に、河野さんが長野県公安委員になっていた、ということも不覚ながら知らなかった。任命した知事も、引き受けた河野さんも常人ではなかなか出来ることではない。

3人の子どもさんたちもこの父親にしてこの子あり、という感じのようで、奥さんの看病をしながらの子育ては大変だっただろうと思うが、立派なものである。

あとがきに、

“人生はかぎられており、しかもいつ終わるのかわからない。将来を心配するよりも、いまここにある幸せを見つけ楽しむ。人を恨まず、たとえ今日死んでも「あーおもしろかった」と言いながら自分の人生を閉じることができるように生きたいものである。”

とあるが、これが彼の基本的な考え方なんだろう。
なかなかこの境地に達するのは難しいと思うが、河野さんはこういう考え方だから、難局に立ち向かっても、人や社会を恨まず、前向きに生きてこられたのだと思う。

昨今、尊属殺人や無差別殺人など、殺伐とした悲惨な事件が多いが、ああした事件を起こした犯人たちも河野さんのような考え方があることを知っていたら、救われたのではないかとも思う。

より多くの人にこの本を読んで貰いたいものだ。

唐澤豊@唐澤塾

【2008/08/03 16:48】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(5) |
宮沢賢治著「ビジテリアン大祭」角川文庫

宮沢賢治は明治29年(1896年)に生まれ、昭和8年(1933年)、37歳で亡くなっている。
その時代に既に菜食主義という考え方があったことは、ちょっと驚きだが、
それをニュウファンドランド島の小さな村に、世界中の菜食主義者(賢治はビジテリアンとしている)
の代表が集まり、お祭をやるという想定の物語がこの「ビジテリアン大祭」である。

菜食主義者と混食主義者が議論するというもので、どちらもありそうな議論であるが、
賢治の博識ぶりが伺われてなかなか面白い。

唐澤豊@唐澤塾
【2008/05/15 21:22】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |
斉藤芳宜著“「セミナー営業」の上手なやり方”同文館出版

船井総研の斉藤芳宜さんは、入社以来、数多くのセミナーを実施されて来られたということで、
そのノウハウを全部書いてしまったという本が;

“お客をまとめてつかまえる「セミナー営業」の上手なやり方”、同文館出版発行、1400円

である。

その章だけを紹介すると;

1章 セミナー企画の立て方
2章 成功の8割を握るセミナー準備
3章 行列ができるセミナー集客法
4章 満足を最大化する運営法とは
5章 受注につなげるアフターフォロー
6章 継続するための仕組み作り

ということで、企画から準備、運営、そして受注のためのフォローアップと
セミナーの全てを細かく網羅している。

私も昔は結構セミナーをやった経験があるが、この本を読んで、
次にやる時には、中に書かれているチェックリストを活用し、
更にブラッシュアップしたセミナーを実施したいと思う。

私は外資系企業に長く勤務しているので、
セミナーについては、トレーニングを受けたり、
アンディー・グローブやデーブ・ハウスといったインテルでもピカイチの
プレゼンテーションのリハーサルから本番まで立ち会ったこともあり、
何をどうするか、企画、準備、運営、プレゼンテーションについては、
ある程度は理解しているつもりである。

それでもこの本で1から10まで細かく説明されると、
ああ、これは考えていなかったなあ、といったことも色々とある。

しかし、日本の企業で働いている人は、
セミナーのことをちゃんと教えられる人がいるかどうかもわからないし、
トレーニングの機会は余り無いのではないかと思うので、
この本をよく読んでみるといいだろう。

斉藤さんのセミナーは2度ばかり聴いたことがあるが、
プレゼンテーションの仕方もなかなかのものである。

次はその辺りについても書いて貰うといいのではないかと思う。

唐澤豊@唐澤塾
【2008/05/06 22:03】 推薦図書 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2018/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -



    RECENT ENTRIES
  • インテル中興の祖「アンディ・グローブの世界」はお勧めです(08/30)
  • 半減期約1570万年のヨウ素129がフクイチからヨウ素131の31倍の量が放出された(08/21)
  • AI(人口知能)は人間を超えるか?(06/27)
  • お陰様とお互い様(11/08)
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年06月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (357)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (99)
  • 推薦図書 (34)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。