唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:112~116
【唐澤塾】112: 『COMZINE』がリニューアルスタート!

NTTコムウェアのCOMZINEというサイトの企画・編集に昨年上半期は関わっていた
のですが、下半期はその延長線で続いていたサイトが、先週末からリニューアルされ
ました。

後任スタッフの努力により、内容も豊富になって、明確なカラーも出ているサイトに
なっております。

一度覗いてみて頂き、ご感想などを編集部宛にお寄せ頂ければ幸いです。

下記は、その案内のメールです。

唐澤

以下転載*******************************

■■■‥‥‥・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━COMZINE INFO
┼ かしこい生き方を考える『COMZINE』がリニューアルスタート! ┼
┼ 一層充実、読み応え十分のクオリティマガジンに進化しました ┼
┼                      2003.5.23号 ┼┼
┷┷┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┷┷┷
 ■ TOPICS
 ┣ COMZINEリニューアルのお知らせ
 ┣ リニューアル第一弾のおススメコンテンツはこちら!
 ┣ あなたは読めますか、この漢字?---「束子」
 ┣ ITライフをお題に一句ひねってみました
 ┣ 【重要】今後のメール配信について
 ┗リニューアルスタート その舞台裏

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■『COMZINE』がリニューアルしました!
──────────────────────────────────
創刊から1年半。ITの先端情報や暮らしのIT事情などをご紹介してきた
『COMZINE』が、「かしこい生き方を考える」をコンセプトにした
クオリティライフ・マガジンとしてリニューアルスタートしました!
今回のリニューアルでは、『COMZINE』を「Web上の雑誌」と
銘打ち、月刊誌のように、仕事の合間やネットサーフィンの合間に
ぱらぱらとめくって楽しんでいただけるような内容を目指しました。
コンテンツもIT関連だけでなく幅広い内容をご用意しています。
よりよく生きるヒントがぎっしり詰まった『かしこい生き方のススメ』、
身近な暮らしを支えるIT事情を特命捜査する『IT大捜査線』、
専門紙におけるITニュースをレポートする『業界ウォッチング』、
さらには占いやイベントカレンダーなど、「雑誌」ならではのコーナーも
ふんだんに用意して、皆さんのご訪問をお待ちしています。
今後ともよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■リニューアル第一弾のおススメコンテンツはこちら!
かしこい生き方のススメ『営業成績とユーモアは比例する』
──────────────────────────────────
リニューアル第1号の巻頭インタビューを飾るのは社会言語学者の
大島希巳江さん。コミュニケーションにおけるユーモアを研究テーマに
されています。今回は、ビジネスにも役立つユーモアセンスについて
豊富な実例を交えてお話いただきました。
例をひとつ。支払いの悪い顧客に悩むクレジット会社が、
ユーモアコンサルタントに相談しました。コンサルタントが、ある一文を
請求書に掲載するようにアドバイスしたところ、
なんと回収率が90%向上したそうです。
さて「掲載するようにアドバイスした一文」とは? 

→→かしこい生き方のススメ「第1回 社会言語学者 大島希巳江さん」
  営業成績とユーモアは比例する 
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no001/wise/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■あなたは読めますか、この漢字?---「束子」
────────────────────────────────
「たわし」と読みます。『COMZINE』に、たわし? とお思いかも
しれませんが、新コーナー「ニッポン・ロングセラー考」では
古くから日本人の生活を支える逸品をご紹介。その底辺に流れる技術や
ロングセラーの秘密を取材しました。第一回「亀の子束子」は
100歳になろうかという長寿。不況の影響も少ないという、日本の家庭に
なくてはならない必需品というわけですね。

→→ニッポン・ロングセラー考 第1回「亀の子束子」
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no001/long_seller/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■ITライフをお題に、ひねってみました
──────────────────────────────────
世の中川柳が大流行。『COMZINE』でもIT川柳コーナーが
登場しました。一句ひねらずにはいられない、上司のIT音痴ぶりや
IT時代を鋭くえぐるような洞察力満点の一句など奮ってご応募ください。
毎月、特選、入選作合わせて6本を掲載、特選の方には
句作の友「短冊と筆ペン」を進呈いたします。

→→IT川柳
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no001/senryu/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■【重要】今後のメール配信について
──────────────────────────────────
リニューアルに伴い、これまでCOMZINEに会員登録をしていただいた
方々全員にこのメールを送信しております。
COMZINEではこれまで、各国のIT事情などのメールマガジンを配信して
おりましたが、今後は、毎週1回ウェブコンテンツのご紹介や
取材の裏話などを中心にした内容に替えてお送りいたします。
これまで週4回配信しておりましたメールマガジンは終了となりました。
ご愛読有り難うございました。
今後も引き続き、ご愛読のほどよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■リニューアルスタート その舞台裏
──────────────────────────────────
企画会議では、「かしこい生き方を考える」というコンセプトのもとに、
あれこれアイディアを出し合う日々が続きました。
各界の知のフロントランナーにお話を伺うということでは一致したものの、
その他の楽しめるコーナーも考えなくてはいけません。
「川柳は?」「いいね、流行ってるし」
「じゃあ、画面は、うんと和風にする?」「柳の絵とかもあって
風が吹いてるみたいに動くのがいいな」
「扇子に川柳が書いてあるなんてどうだろう?」「それがフラッシュで
バンと立ち上がったり」と、みんなどんどん悪ノリ。ようやく最後には短冊と筆ペンを
賞品として差し上げることでひとまず落ち着いたのでした。
こうしてひとつひとつのコーナーを必要以上に(?!)練り上げた新COMZINE。
ぜひご一読ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 COMZINEへのご意見・ご感想・ご要望などは以下のメールアドレス宛に
 どしどしお寄せ下さい。 info@comzine.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行:COMZINE編集部
http://www.nttcom.co.jp/comzine/

***************************以上転載終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】113: 増田俊男の新著「目からウロコのマーケットの読み方」

以前にもご紹介した増田俊男氏のメルマガで、新著がベストセラーになったというので、
早速買って、まず上巻を読み終わりました。
今まで米国でビジネスをやって成功したという氏の経済論の集大成だということです。
従来の資本主義が正しいという前提で考えるならば、増田氏の経済論は確かに正しい
ように思います。

これがこれからの地球社会にとって、正しい道なのか?というと、答えはまだわかりませ
んが、一読の価値はあると思います。

増田氏のWebは下記URLにあります。
http://www.luvnet.com/~sunraworld2/
http://www.ipocket.ne.jp/masuda/

ご参考まで。

唐澤

以下増田俊男の時事直言より引用**********************

                          感謝します

 たった今、アスキー(出版社)から拙著「目からウロコのマーケットの読み方」(上下巻)
がベストセラー一位、二位になったとの連絡が飛び込んできました。本当にありがとうご
ざいます。妻眞理子と共に心から感謝いたしております。この二巻は私の経済について
の集大成とも言えるものです。国会議員の皆様全員に贈呈させていただきましたのも、
少しでも日本経済の「違い」を理解していただいて、アメリカの模倣ではなく、日本に合っ
た適切な経済政策をお願いしたいと思ったからです。イギリス、フランス、スイス、ベルギ
ー等欧州で多くの経済人にお会いしていますが、益々「増田経済」は正しかったのだと
確信が持てるようになりました。「日本人が自らを知り、自らに合った道を歩む」の精神
で多くの具体的事実をベースにズバリ増田経済を直言しました。「ソロバン片手に、お経
を読む」。日本経済の繁栄があってはじめて、永遠の日本の為に立ち上がる力が湧い
てきます。冷たい事実を基本に熱く日本を思いながら時間を掛けて書きました。この二
冊の本を私だと思って、出来ましたら、大事にしてやってください。

*****************************以上引用終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】114: 第一回「企業ホームページマネジメントセミナー」のお知らせ

いつもユニークなことに挑戦されているGCOとイー・マーケティング代表の澤井さん
を中心に、ホームページ・マネジメント協議会を設立し、WebマスターやWeb企画・
管理者などの地位確立に向けた活動を計画されております。
GCO:http://www.gcoj.com/
イー・マーケティング:http://www.e-marketing.co.jp
クロスメディア・コミュニケーションズ:http://www.crossmedia.co.jp/

その最初として、第一回のセミナーが下記のように開催されることとなりました。
急なお知らせで、時間も余りありませんが、時間と興味のある方は、是非ご参加
下さい。

唐澤

以下転載------------------------------

クロスメディアの雨宮さんによる第一回「企業ホームページマネジメントセミナー」

「解決策を見出す考え方を明示する」企業ホームページ診断を行います。

日時: 平成15年5月29日(木)
時間: 開始: 15:15
場所: 東京国際フォーラム会議室 G-507
参加費:3千円

「SIPSから見た企業ホームページ開発の実情」(3時40分~4時10分)
企業コミュニケーションコンサルタント 安藤 雅之 

「企業経営との関連性から見るホームページ診断」(4時45分~5時30分)
クロスメディア・コミュニケーションズ 雨宮 和弘 

主催: ホームページ・マネジメント協議会
お申し込み:クロスメディア・コミュニケーションズ有限会社内  
担当:小山 Tel: 03-6418-xxxx Fax: 03-6418-xxxx
e-mail : xxxxxx@crossmedia.co.jp

----------------------------以上転載終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】115: ケイタイ2題

ケイタイが普及し、進化しているわけですが、それに連れて社会問題化する可能性も
出て来ているようです。

ひとつは、アメリカでの調査の結果では、10代の若者が「携帯電話依存症」とでも言う
べき状況に陥りつつあるということです。日本では既知のことだとは思いますが、単に
携帯電話なしではいられない、というだけではなく、話す相手は会ったこともないが、面
識のある友達と同等か、もし携帯電話も持っていないと友達として認められないといった
傾向にあるとして危惧されているとのこと。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030520206.html

また、日本ではタレントの真木蔵人がファンとの間で暴力沙汰で問題になっていますが、
カメラ付き携帯の普及で、相手に断りもなく勝手に写真を撮ることができるようになって、
今後ますますトラブルが増えそうです。

初期の頃には、女性のスカートの中を盗撮することが問題となり、現在販売されている
機種は、撮影時にはシャッター音が必ず出るようになっているようですが、雑踏の中で
は、それもかき消されてしまうのかも知れません。

イギリスでは、スポーツ施設へのカメラ付き携帯の持込を禁止した町があるということで
すが、理由は、小児性愛者が更衣室・トイレ・シャワー室などで子供の写真を盗撮するこ
とを防ぐためだということです。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030523205.html

カメラ付き携帯の普及でプライバシーの新たな脅威となる可能性は、世界中で話題にな
りつつあるようです。一方では、ケイタイで撮影した写真の投稿をBBCは受け付けている
とのことです。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20030221203.html

メーカー側は、デジカメでも同じことは起きるわけで、ケイタイだけの問題ではないし、シャ
ッター音を出すようにしていると言っているようですが、ケイタイの場合は、メールでも読ん
でいる振りをして写真を撮るということが出来てしまう点がデジカメとは違うのだと思います。

さて、これは将来、大きな問題となるのか、何にでもあるマナーと仕様が確立するまでの
初期的な問題なのか、どちらなんでしょうね?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】116: 過剰冷房を止めて今夏の電力危機を乗り切ろう!

やっと初夏らしくなって、今日も東京は夏日になりそうですね。

既に様々なメディアで報道され始めていますが、東京電力の原子力発電所のほとんどが
止まっているため、今夏、関東地方で電力不足が起きるのではないかと危惧され、様々な
議論が始まっております。

現在、議論されているのは、下記の例のように、電力不足にどう備えるか、というものが
ほとんどです。まあ、この例では、無停電電源・安定化電源を売っている会社ですから、
カリフォルニアでの経験を生かしてとは言っても、ここぞとばかりに売りたいというのが見え
見えの感じは否めません。

◇夏の電力不足に備えよ――APCがレポートを発表
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/SI/NEWS/20030521/1/

しかし、対策も重要ですが、そもそも需要を減らすことが最も重要なことではないかと考え
ており、ここに私の考えをご提案したいと思います。

結論から言えば、「過剰冷房など無駄な電力消費を止めましょう!」ということです。

例年、電車や人の集まる施設などの冷房は利き過ぎていると感じている方は、特に女性
には多いのではないかと思います。
その原因を考えると、男性がくそ熱い夏でもスーツにネクタイという格好でビジネスをする
からだと思います。

ハワイ、フィリピン、インドネシア、マレーシア等の暑い国々での男性の正装は、開襟シャツ
スタイルのものが多いわけで、日本もここのところ35度にも達するような猛暑が続いている
ことでもあり、特に今年は、スーツとネクタイを止めれば、冷房温度も、もっと高くできると
思います。

従って、私の提案は;

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★
         2003年夏の関東地方の電力危機を乗り切るための提案

東京電力から電力供給を受けている地域では、夏日(25度以上)・真夏日(30度以上)に
はスーツとネクタイの着用を禁止し、冷房の設定温度を26度以上にする。

また、6月から9月の間、救急設備(病院・警察・消防等)と薬局を除くネオンサイン、屋外
スクリーン(あらゆる競技場も含む)、各種設備のライトアップを禁止する。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

というものですが、如何でしょうか?
26度ではまだ甘い、というご意見もあるかも知れませんが、従来、20度くらいに設定して
ありそうな電車などからすると、最低で26度ということで、それ以上はそれぞれの施設管
理者が決めて頂ければ良いかと思う次第です。

工場の生産を自粛するといったことも検討されているようですが、不景気の折、それは止
めた方が良いと思います。
それよりは、上記提案のように、無駄な電力を使わないようにするべきではないでしょうか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


スポンサーサイト
【唐澤塾】バックナンバー:107~111
【唐澤塾】107: 高橋さんのWebに私の「空の路地」を掲載して頂きました!

前号でもご紹介した高橋由起子さんは、「空の路地」の命名者ですが、
私もその虜になって、いつも気にして探していました。

昨年は以前何度か行ったことのある筑波山神社なら大きな樹もあり、
沢山見つかるだろうと思って行ってみました。
結構見つかって写真を撮ったのですが、
これは!というものはなかなか撮れませんでした。

今月、近くの公園で見つけて100枚以上の写真を撮り、自己満足の数点を
お師匠さんに見て頂いたところ、拙い私の写真を高橋さんのWebに掲載して
頂けるという有り難いお言葉を頂きました。

これを機会に、もっと多くの人達に「空の路地」を認識して頂き、
世界にその輪を広げ、木の力を借りて繋げて行かれたいということです。
そのために、多くの皆さんからもご自分で発見した「空の路地」を写真に撮り、
投稿して頂こうということで、

”皆さんからの「空の路地」の写真を募集中!”

です。

その最初の布石になれるのでしらた、誠に嬉しい限りです。

触ることからはじめよう・WATCH&TOUCH;
http://www.juno.dti.ne.jp/~uto/index.html

「散歩で発見」に掲載されています;
http://www.juno.dti.ne.jp/~uto/watch_touch_sanpo.html

皆さんも散歩の途中に林や森があったら、中に入り、
ちょっと空を見上げてみて下さい。

きっと、「My空の路地」が見つかると思いますよ!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】108: 前野さんの今人(イマジン)論「コロンビア号からの最後のメッセージ」

以前もご紹介致しました京増さんのメルマガ「かわら版」に、「赤ひげななちゃん」こと北海道
の獣医師・前野七彦さんの「今人(イマジン)」というお話がありましので、許可を頂いて転載し、
ご紹介したいと思います。

亡くなられたコロンビア号の乗務員の方々の思いを無にしないよう、またジョン・レノンの遺志
もひとりでも多くの人達に理解されるように、「地球はひとつ・世界はひとつ」というコンセプトを
微力ながら広めるお手伝いができればと思います。

唐澤

以下転載**********************************

メキキの会の前野七彦さんから「今人(イマジン)」というお話をお送り戴きました。

ーーーーー前野さんからお送り戴きました内容ですーーーーーーーーー

ルンルン赤ひげななちゃんです。
スペースシャトル「コロンビア号」の事故は、まだ記憶に新しいですよね。
コロンビア号が空中爆発する前にNASAと交わされた交信記録があります。
NASAは地球に帰還直前のシャトルへ乗組員の子供たちの学校の校歌を送りました。

シャトルからは・・・ ジョン・レノンの「イマジン」という曲とともに、こん
なメッセージをNASAに送ったそうです。「これから地球に帰ります。シャトルか
ら見る地球は本当に美しい・・・」「イマジンという詩のように、ここから見る
地球にはどこにも国境なんかありません。」

「なのに・・・どうしてこの地球上には悲しみや苦しみがうずめいているんだろ
う。」「わたしたちの故郷である地球・・・」「争いのない平和な星になってほ
しい・・・」詳しくは分からないけれど、こんな言葉をNASAに送ったそうです。

そして・・・ その直後に・・・ スペースシャトルは爆発しました。これは、
とても大切なメッセージだと思います。地球はひとつなんです。
そろそろ・・・ 心もひとつにしなさいよ・・・ 自分の正しさを主張するので
はなく・・・ 人を責めるのはもうやめようよ・・・ 真剣になって・・・

平和な世界を創っていこうよ・・・ みんなで手をつないで・・・
この地球を光の星にしようよ・・・ そんな声がななちゃんの心の中から聞こえ
てきます。「イマジン」・・・

この「イマジン」にはもうひとつ素敵なメッセージが秘められています。
20世紀は平和な地球をイマジンから創造しました。21世紀は、今ここに生き
る「今人」になることが求められています。過去に囚われたり、未来に囚われた
りするのではなく・・・ 幻の過去・未来(過未 カミ)は存在しません。

この宇宙は、永遠の今しかありません。今、ここ・・・ 今、ここ・・・
今、ここがすべてなんです。だから・・・ 今を大切にしてほしい。今にエネル
ギーを注いでほしい。今をたんたんと生きる人・・・ 今人(イマジン)・・・
みなさんもそろそろ・・・ 今人の仲間入りをしませんか!!!

楽しいですよ。気楽ですよ。面白いですよ。
今人・・・ 待っていますね。ななちゃんは・・・ 暇人な今人・・・
ははは・・・ ありがとうございます。

無限の無限の・・・ 素直で明るくあたたかく・・・
うれしい・たのしい・しあわせ・だいすき・あいしてる・ついてる・ありがとう
ありがとう ルンルン ありがとう ルンルン ありがとうございます
今人になられたみなさまに感謝いたします   前野 七彦 拝  合掌

*******************************以上転載終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】109: 人々を共鳴させる木の力+ジャズライブのお知らせ

107号で、木々がコミュニケーションしていることを証明している結果生まれる「空の路地」
を、私が写真に撮り、高橋さんのWebに掲載して頂いたことをお伝えしたところ、

あたかもそれに呼応するように2人の方から、ほぼ同時に、90号でご紹介した”早稲田大
学が日本初の「アートマネジメント講座」を開設”を読んで興味を持たれ、コースに通って
ます!というメールを頂き、びっくりしました。

更には、日立公共システムエンジニアリングの前田さんからは、

>写真の件 おめでとうございます 私もチャレンジしてみようかなと思います。

というメールも頂きました。

「縁尋奇妙」メルマガ発行者で久米繊維工業社長の久米さんからは、

>わ、素敵な展開ですね。
>
>いずれ、Tシャツにして販売されるのでは???

というメールを頂きました。
流石に久米さんは、さりげなく潜在需要を掘り起こす(くすぐる?)営業をされているなあ!?
と感心しましたが、これは私の考え過ぎでしょうか?
こう言われると、「では作りましょう!」と言いたくなってしまいますよね。

実は高橋さんから、写真掲載のご提案について、以下のようなメールを頂いておりました。

>「空の路地」のよいところは
>その視点を今まで誰も持っていなかったとしても
>一度気づけば、誰でも、どこでも、見つけられる
>そしてそれを伝えたくなる、という不思議な魅力です
>
>木の力です
>
>そんな展覧会、あるいは本を、と考えています
>さまざまな人の捉えた「空の路地」
>日本中、世界中からも集められたら、と思います
>そのことで、人がつながっている実感を持てる、と確信しています
>木が世界中つながって、交信しあっているように

その結果がこうした縁者の方々からの共鳴という結果になり、
なるほど、これが木の力か!とびっくりするやら、うれしいやらで、

本日発は3連発になりますが、

鉄は熱い内に打て!

と言いますから、3通目を配信しま~す。

以下後藤さんのメールを転載************************

唐澤さん

ご無沙汰しています。
ライツバンクの後藤です。

すっかり連絡するのを忘れていました!
唐沢さんのメールで
早稲田のアートマネージメント講座を知ったのがきっかけで
実は今、仲間と通っているんです。

著名な講師陣がズラッと並んだスケジュール表を見て
最初は正直、アートにミーハーな連中が修了書欲しさに
来るんだろうと半信半疑でしたが(笑)、
講座が始まってみるとなかなかすばらしく、
私のようにまだ社会人として若く
またネットワークが少ない人間にとっては
とっても役に立つ講座になりそうです。

ファンドレイジング(資金調達)に関心をもって
来ている方はまだ少ないようですが、
もとは十分取れると思います(笑)

ということで、お礼を言うのを忘れていました。
どうもありがとうございました。

-------------------------------------
後藤 一平
GOTO IPPEI / goto@rightsbank.com

株式会社ライツバンク
〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-18 ビラモデルナ5F
TEL 03-5766-7012
FAX 03-5766-0713
Mobile 090-7827-9888
URL http://www.rightsbank.com
-------------------------------------
*****************************以上転載終わり

後藤さんは大学卒業後、すぐに現在の会社を設立し、「著作権の証券化」という新しい
ビジネスに取り組んでいます。詳しくは、Webでご覧下さい。
近々、第一号のミュージック・ファンドの募集があるようです。
発表されたら、皆さんにご紹介したいと思います。

以下紫竹さんのメールを転載************************

唐澤様

いつも貴重な情報ありがとうございます。

先日早稲田大学でアートマネージメントのビジネススクールがスタートするとの情報
をいただき、早速申し込み5月8日から欠かさず参加させていただいています。
昔からアート全般に非常に興味がありましたが、自分がアートで食べていくには厳し
い現実があることがわかり断念していました。

今回このコースに参加し、講師陣の非常に楽しいお話に加え、参加者の方の様々な経
歴、ユニークな人柄等に久々に毎回興奮を覚えています。

これから私に何ができるかわかりませんが、私の人生にとても有意義なページを付け
加えることができたことは確かです。

本当にどうもありがとうございました。

ジャズライブのお知らせも添付させていただきます。

紫竹由美子
パープル・インターナショナル
http://www.purpleinter.co.jp/

******************************以上転載終わり

ということで、紫竹さんは、外資系専門の人材紹介会社を経営される傍ら、ジャズを勉強
され、毎年ライブをされていることは、14号でもご紹介致しました。

以下、頂いた今年のライブのお知らせです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                     JAZZ LIVEのお知らせ


イラク戦争にSARSと今年もいきなりダメージを受けるような事件が続発で経済にも相当
影響がでているようですね。 さすがの私も連休は国内でゴルフ三昧(?)でした。

5月というのにお天気も入梅のような日々ですっきりしませんね。
そんな時はJazzを聞いて身も心も晴れ晴れとさせたいですね。 
今年は予約がいっぱいで昨年とは少し日程が遅くなりました。

1. 日時: 6月29日(日) 13:00pm開場 13:30pm開演

2. 場所: 赤坂Bフラット
      www.bflat.jp
      住所: 港区赤坂6-6-4 (最寄り駅千代田線赤坂駅下車徒歩3分)
      電話: 03-5563-2563

3. ミュージック・チャージ ¥3,000.-(ワンドリンク付)

4. 出演者: 岩崎圭子トリオ
ボーカル 紫竹由美子、高木順子
マリンバ演奏 トマト

どうか皆さんお誘い合わせの上、お越しください。
参加ご希望の方は下記まで連絡を御願いします。

紫竹由美子 e-mail: shichiku@tkk.att.ne.jp
会社電話:03-5261-4367 携帯:090-3349-6253

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、ジャズ・ライブのお申し込みは、直接、紫竹さん宛にご連絡下さい。
去年、初めて聴きに行きましたが、なかなか本格的なものですよ。
御用とお急ぎでない方は是非お出掛けになっては如何でしょうか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】110: 「ナイジェリアの手紙」詐欺

皆さんは、「ナイジェリアの手紙」と呼ばれている詐欺について、ご存知でしょうか?

私は、3年ほど前にも1度これに類似した電子メールを受け取りましたが、その時はまだ、
大きく報道されたりはしていなかったので、「これは一体何なんだ?」と考え込んでしまい
ましたが、幸いにして、「こんなおいしい話はあるはずがない!」と削除したので、詐欺に
引っ掛からずに済みました。アフリカのマフィア達がやっているとも言われておりますが、
1億円も騙し取られた日本人もいるそうです。

この例では、何もしなくても36億円の20%と言えば7億2千万円ですから、その必要経費
だけど、後で払うから取り敢えず貸してくれ、と言われて1億円も出した金持ちがいる、
ということです。

今日また、下記のような類似のメールが来ましたので、ご存知ない方のため、実物はど
ういうものかを読んで頂こうと思います。丁度110号という警察への通報番号と一致した
号なので、転載しました。

相手と連絡が取れるのかどうか、確認のためにメールを返したり、電話をしたりすること
も止めた方が良いようです。この手のメールを受け取ったら、削除することです。

ネット上でも様々な詐欺行為や新種ウィルスが次々と出て来ますので、皆さんもくれぐれ
もご注意下さい。

ご参考まで。

唐澤

以下転載********************************

-----Original Message-----
From: JOSEPH MOBUTU SESE-SEKO [mailto:josephmobutu23@rediffmail.com]
Sent: Thursday, May 22, 2003 4:36 AM
To: ykarasawa@datamedia.co.jp
Subject: URGENT ASSISTANCE


You may be surprise to receive this email since you do not know me.
I am the son of the late president of Democratic Republic Of Zaire,
President Mobutu Sese Seko, ( now The Republic of Congo, under the
leadership of the son of Mr. Laurent Kabila). I presume you are aware
there is a financial dispute between my family ( THEMOBUTUS ) and the
present civilian Government. This is based on what they believe as bad and
corrupt governance on my late father's part. May his soul rest in perfect
peace. As you might have heard how a lot of my father's bank account in
Switzerland and North America have been frozen. Following the above named
reasons, I am soliciting for your humble and confidential assistance to
take custody of THIRTY Million United States Dollars ( US$30,000,000.00 ),
also to front for me in the areas of business you desire profitable.
These funds have secretly been deposited into a confidential Security
Company, where it can easily be withdrawn or paid to a recommended
beneficiary. The funds will be released to you by the Security Company,
based on my recommendations, on that note, you will be presented as my
partner who will be fronting for me and my family in any subsequent
ventures. Myself and my mother have decided to give 20% to you if you are
able to help us claim this consignment. We have also decided to give you
any money spent on phone calls or traveling expenses in the course of this
transaction at the end of the transaction.
Please, I need your entire support and co-operation for the success of this
transaction, your utmost confidentiality and secrecy is highly required,
due to my family's present predicament.
I sincerely will appreciate your willingness to assist us as soon as
possible. I am presently in the refugee camp here in the Netherlands under
the united nations refugee camp in Netherlands and I can be reached on
phone number +31-645-238-205 or E-mail me at jmobutu12730@rediffmail.com
for more information on how we can proceed in this transaction. Please
indicate your interest by sending your telephone and fax number or call me
up at anytime. I sincerely will appreciate your acknowledgement as soon as
possible.
Warmest regards,
Joseph Mobutu Sese-Seko.
******************************以上転載おわり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】111: 『金で買えるアメリカ民主主義』のご紹介

71号で、アメリカ製品不買運動についてお知らせしましたが、運動は思ったほどには広
がらなかったようです。その団体からの下記最新情報では、グレッグ・パラストというジャ
ーナリストの新刊が紹介されており、WebのURLも紹介されております。

ちょっとWebを覗いてみましたが、なかなか精力的に書いているようで、膨大な英語情報
ですから、腰を落ち着けて読まないとなかなか、という感じで、まだ読んでいません。
タイトルからすると、興味深いものばかりです。

ご参考まで。

唐澤

以下転載********************************

「Peace Choice-平和のための選択」
ピースチョイス情報(22)

2003年5月21日

★ 推薦新刊本案内
ピースチョイス賛同者の方から、推薦新刊本の案内が届きましたのでお知らせしま
す。

"The best democracy money can buy" by Greg Palast.
『金で買えるアメリカ民主主義』(角川書店/1800円)
グレッグ・パラスト著/貝塚 泉・永峯 涼訳

米国生まれのグレッグ・パラストは、現在、英国BBCとオブザーバー紙(ガーディア
ン・メディア・グループによる日曜新聞)の事件調査レポーターをしています。その
彼が米国のメディアが決して取り上げない事件の真相追究のために、資料と取材を駆
使して書き上げた本が、『金で買えるアメリカ民主主義』です。

内容は、――ブッシュは2000年大統領選の勝利をどのように盗んだか?フロリダ不正
工作の徹底解明、IMFと世界銀行は第三世界をどのように騙しているか?グローバリ
ゼーションの罠、政治家と大企業が一緒になって世界を混乱に陥れているその実体、
ウォルマートの恐怖、ブッシュ一族金権図、フロリダ電力民営化の闇、ブッシュの福
音導師の正体、エクソン社アラスカ座礁事件の顛末、英国を売り払うブレア内閣、
etc. 

ピースチョイス賛同者の方々からは、「これはとてもおもしろい本です。今まで私が
未知だった世界について知ることができました」、「いまの米英を考え、ジャーナリ
ズムの惨状を知るには必読!訳もこなれています」と推薦の言葉が送られて来ていま
す。

また、グレッグ・パラストのウェブ・サイト www.gregpalast.com には、さらに多く
の大企業の不正行為についての記事が掲載されていますので、是非ご覧下さい。

(以上)

「ピースチョイス連絡会」
URL: www.3chan.net/~peacechoice
E-mail: peace@3chan.net

*****************************以上転載終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


【唐澤塾】バックナンバー:106
【唐澤塾】106: 高橋由起子写真展「木・喜・生・希・肌・季展」続報

73号で、4月4日から経堂のイタリアン・レストランRezzoで始まった高橋由起子さんの写真展
について、ご紹介致しましたが、覚えていらっしゃるでしょうか?

開催から早くも1ヶ月以上が過ぎて、5日から5月の展示に模様替えされております。

そして、これから毎月1度、パーティーも開催されるとのことで、今月は13日の火曜日という
ご案内を頂きましたが、残念ながら別件で参加できませんでした。

すると今日、高橋さんから、次のようなメールを頂きました。

以下転載**********************************

こんにちは
よいおしめりです

REZZO 初夏のパーティは
おかげさまで和気藹々終えました
パーティの模様を
「散歩で発見」に載せました
どうぞ見てください
お知り合いにもご紹介いただければありがたく
ご案内します


WATCH + TOUCH
takahashi yukiko
uto@juno.dti.ne.jp
http://www.juno.dti.ne.jp/~uto/index.html

*******************************以上転載終わり

早速上記のWebで ”5月14日更新 展覧会”「散歩で発見」をクリックして読んでみました。

いつもながら、木にまつわる素敵な出会いが今回もあったようです。
ここで、私が書いてしまうと、面白みも感動もうまく伝えられないと思いますので、是非上記
URLをクリックして読んでみて下さい。

私も先週末に、近くの公園に行き、「空の路地」を発見したので、家に引き返してデジカメを
持って再度公園を訪れ、高橋さんの真似をして写真を撮ってみました。
今回はなかなか良く撮れたと思って自己満足していたものを、いざプリントアウトしてみると、
今ひとつのものばかりでした。

高橋さんの木の写真を見ると、やはり木を愛する心意気と年季が違うのだなあ、
と改めて思い知らされました。

【唐澤塾】バックナンバー:103~105
【唐澤塾】103: 音楽のネット配信は商売になる!?

99号で、音楽のネット配信をアップルが米国音楽業界と一緒に始めたとお伝えしました。
その後の経過が日経BP社のITProに掲載されておりましたので、以下にご紹介します。

結論から言いますと、発売1週間で100万曲以上売れたということで、シングルとアルバム
の比率も半々ということで、以外に好きな曲だけ買うのではなく、アーティストとそのスタッフ
がその思想を込めて創ったアルバムの価値を認めている利用者も多いということのようで
す。

Windowsでの対応は年末とのことですが、日本ではどうするのか、注目されるところです。

なお、下記、ITProのページを見るには、無料ですが会員登録をする必要があると思いま
すので、アクセスできない、という方は、ID(メールアドレス)、パスワードの入力という簡単
な登録手続きをして、詳細をご覧下さい。

唐澤

以下、日経BP社ITProより引用************************

「米Appleの「iTunes Music Store」,サービス開始後1週間で100万曲以上を販売」

 「米Apple Computerの有料音楽配信サイト『iTunes Music Store』では,サービスを開始
してから最初の1週間で,100万曲以上を販売した」---Apple社が米国時間5月5日に発表
した。

 そのうち半数はアルバム購入された楽曲であり,「1曲ずつ販売するオンライン音楽サー
ビスがアルバム販売にダメージを与えるという懸念を取り払うものだ」(Apple社)。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20030506/1/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「『モノ』が消えればすべてが変わる――米Appleが始めた音楽配信ビジネスの衝撃」

CD消滅への第一歩――。米Apple Computerが開始したオンライン音楽配信ビジネス
は,そんな予感を抱かせるほど強い「手ごたえ」と衝撃を関係業界に与えた。Wired News
によれば,AppleのiTunes Music Storeは初日(4月28日)だけで推定20万曲を売り上げた
という。
これはMusicNetやPressplayなど先行する音楽配信サービス全体が,半年かけて売り上
げた曲数の半分に匹敵する。初めてオンライン音楽が,「商売」らしい商売になったので
ある。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ITPro/USIT/20030505/1/

以上引用終わり******************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】104: ようやくHALに近づいた?

SF映画が好きな人だけでなく、様々な職業の人達に影響を与えたという「2001年宇宙の旅」
をご覧になった方は多いと思います。何十回も見たという話を色々な人から聞いたり、そうい
う文章を読んだりしたことがあります。

あの映画に出て来る宇宙船を制御していたのがHALというコンピューターです。音声認識の
機能を備えていたため、HALには知られたくないので、別室でひそひそと相談していたのに、
2人の乗組員の会話がバレてしまい、船外に出て修理をしていた乗組員を宇宙船から暗黒の
宇宙に放り出してしまうわけですが、どうして話の内容がわかったのかというと、唇の動きか
ら会話の内容を理解する「読唇」技術を備えていたからということでした。

米国インテル社は、「読唇」機能を組み込むためのソフトウェア・ライブラリーをオープンソース
でリリースしたとのことです。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030506306.html

これが、どの程度の精度のものかは判りませんが、ようやくパソコンもHALに近づきつつある
ということでしょう。

映画では、その後、残された乗組員がHALを停止させるために、ボードを1枚づつ抜いて行く
わけですが(もしかしたら、私の記憶違いでストーリーは前後しているかも知れませので、間違
っていたらごめんなさい)、最後の1枚になった時に、それを抜いてしまうと眠りにつくわけで、

「コンピューターも人間のように夢を見るでしょうか?」

とHALが聞くところでホロッとさせられました。この言葉は、なかなか深い意味があると感じて
いて、今でも何かにつけては、思い出すことがあります。これについては、人間の夢とはどうい
うものかが解明されていないので、答えはまだまだ先のように思います。

聞かれた乗組員の返事も、子供に対する母親のように、

「大丈夫、多分見られると思うから安心して眠りなさい」

というものだったと思います。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】105: 早稲田建学の精神

早稲田の新総長には、理工学部・電気工学科教授であった白井克彦さんが就任された
のですが、私が在学中に、実験などの指導で多少お世話になった白井さんは、まだ助手
でした。あの白井さんが総長とはねえ、と悪友と話しておりました。それだけ我々も年取っ
たということにもなるのでしょう。

さて、その新総長が11,607名の卒業生を送り出す式辞が、交友会誌「早稲田学報」に
掲載されており、普段は読まないのですが、白井さんはどんな話をしたのだろう、とちょっ
と興味もあり、全文を読んでみました。なかなか立派な式辞だと思いましたが、その中に、
皆さんにもお伝えしたいことがありましたので、以下にご紹介致します。

以下引用*********************************

本学は、明治15年に東京専門学校として設立されましたが、その前年、いわゆる明治14
年の政変により、大隈重信は野に下っていましたから、官憲からいわば謀反人の学校と
見られていました。したがって、その開校式にも大隈さんは意図して表に出ることなく、
小野梓が代わって演説を行います。当時、小野先生は若干30歳にして、すでに立憲改進
党の結成に主導的役割を果たすなど、大隈さんの右腕として獅子奮迅の活躍を見せてお
りました。小野先生の演説は、「一国の独立はその国民の独立に、国民の独立はその精
神の独立に、精神の独立はその学問の独立に由る」ことを宣言したもので、今日に至るま
で、本学の理念上の根幹を成しております。時の政情がどうあろうと、本校は不偏不党で
あり、ただ真正の学問を修める本分を全うしてほしいという心底からの言葉でした。事実、
小野先生は当時の日本人が西洋の知識を急速に導入するのに際して、ただそれにのめ
り込み奴隷のようになる風潮を批判して、その考え方の根本こそを導入することに努めて
おられました。

******************************以上引用終わり

大隈重信は誰でも知っていると思いますが、小野梓は知らない方も多いのではないかと
思います。かく言う私も入学するまでは知りませんでした。どうも、実質的には大隈重信
よりも小野梓が創立から運営にその手腕を発揮したようです。

校歌にもあるように、「進取の精神」と「学の独立」が早稲田の久遠の理想のわけですが、
先の見えない現代に於いても、こうした明治の先人達の知恵を、もう一度良く考えてみる
必要があるのではないかと思う次第です。

【唐澤塾】バックナンバー:96~102
【唐澤塾】96: 5月18日♪草野政眞ピアノ&トーク・コンサート@国分寺「泉の里」♪

妹が、下記のように小さなピアノ・コンサート開催のお手伝いをしておりますが、知る人ぞ知る
という演奏者の知名度も、一般にはまだ低く、チケットの売れ行きが今ひとつとのことです。
皆さんの応援をお願いしたいと思いまして、ご紹介致します。

草野政眞(くさのまさちか)さんのピアノ演奏は一度生で聴いたことがありますが、リストなどの
難しい曲をいとも簡単に弾いてしまい、テクニックでは日本で彼の右に出るピアノ奏者はいな
いだろうと言われているようです。

日曜日の午後に、ご家族で、お仲間と、あるいは親しいパートナーと、是非一度、その華麗な
技による美しいピアノの音をお聴きになり、演奏家にしては珍しい軽妙なトークをお楽しみ頂け
ればと思います。

宜しくご支援の程をお願い致します。

**************************************

◆◆◆コンサートのご案内◆◆◆

   ♪草野政眞ピアノ&トーク・コンサート♪

           ~真珠の響きとミュージックストーリー~

  。’* + ☆°・ ‥.゜★。 ゜・ 。 *゜・:゜☆。’* +

           素敵な演奏と
    音のきれいさ、音楽性、曲・作曲家等についてのお話
              是非お出かけ下さい!

           ’:★ ,* +゜. ☆。.: ’* :・* + ゜。.★・。’* +

  ■演奏者紹介:草野政眞■

 国立音楽大学付属高校、桐朋学園大学ピアノ科に学ぶ。
1967年日系ロサンゼルス交響楽団主催コンクール第1位。
1973年日本でのデビューリサイタル以来、卓越した技巧と豊潤な音楽性を併せ持つ、
大型ロマンチックピアニストとして注目され、その演奏は故シューラ・チェルカスキー氏にも
絶賛される。

リストを得意とし、難曲で知られるJ・シュトラウスのワルツ3大編曲

<人生は一度> <美しく青きドナウ> <芸術家の生涯>

をレパートリーに持つ唯一の邦人ピアニストである。

昨年暮れには、パリでコンサートを開き、

ドビュッシー<子供の領分>、シューマン<謝肉祭>、リスト<コンソレーション第5番>、
<トリスタンの愛と死>、シュトラウス・エブラー編曲<美しく青きドナウ>、等を演奏、

パリ・コンセルバトワールの名誉教授レミー・ストリツケール先生をして、 

<普通の演奏家ならばメインに据えるショパンの英雄ポロネーズをアンコールで披露する
とは>

と評され、聴衆を圧倒しました。  

***************************************************************************
コンサート概要

日時:2003年5月18日(日) 開演14:00 (開場13:30~)
会場:泉の里コンツェルトザール(JR国分寺駅南口より徒歩5分)、(駐車場はありません)
住所:〒185 東京都国分寺市東元町3-28-2
TEL/FAX: 042-323-8596
会場周辺地図: http://members.jcom.home.ne.jp/izuminosato-kzs/map.gif

   ♪♪ 演奏予定曲目 ♪♪

★シューマン :子供の情景      ★ゴドウスキー:アルトウィーン
★ドビュッシー:ベルガマスク組曲   ★シューマン~リスト:献呈
★シューベルト:即興曲0P15 ★レスピーギ :ノクターン
★A.ルビンシティン:へ調のメロディー ★シューベルト~リスト:ウィーンの夜会op,他

チケット代:\4,000(全席自由席)、♪♪但し、これをご覧になった方は\3,000♪♪        

申込み〆切り: 5月11日(日)、 (詳しくは下記メールアドレスまでご連絡下さい)
担当:渡辺
E-mail: oto-tomo@s3.ocv.ne.jp
TEL/FAX:03-3430-8854  

**************************************

以上、ご案内迄。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】97: コンピューター・ウィルスを持っているだけでも罪になる?

******************************************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々に不定期にお送りしております。
テーマは特定しておらず、これは皆さんにお知らせしたいと思ったこと、私の意見など、雑多な
内容です。ご不要の方は、その旨ご連絡下さい。
******************************************************************************

コンピューター・ウィルスもますます複雑なものが出て来るになり、皆さんも注意されていること
と思われます。

そこで、ウィルスを作成してばら撒くような人間を犯罪者として罰することが出来るような法律
を作ろうという法案が、今年の秋の国会には提出される予定とのことです。

しかし、その法案は、作成者だけでなく、持っているだけでも犯罪になるのではないかとのこと
で、自分のパソコンに送られて来たウィルスへの対応責任が問われそうということです。

これに関する記事の冒頭部分を引用しますので、詳しくは、日経BP社のITProというサイトの
4月23日付け「記者の眼」をお読み下さい。

日経BP社:http://www.nikkeibp.co.jp/
ITPro:http://itpro.nikkeibp.co.jp/


以下引用**********************************
                         記者の眼
[2003/4/23]

◇持っているだけでも罪になる? “ウイルス作成罪”の効能とは

 法務省が2003年3月に公開した「ハイテク犯罪に対処するための刑事法の整備に関
する諮問」と題した法案によれば,通称“ウイルス作成罪”と呼ばれる罪でウイル
スの作者や所持者が逮捕される可能性がある。早ければ2003年秋の国会に提出され,
2003年末にも施行される。

 ウイルスを作るだけではなく,持っているだけでも犯罪になるというのだ。私た
ち一般ユーザーも関係するのだろうか。

感染させる意図があると罪になる

 今でもウイルス作者を罰する法律として,「電子計算機損壊等業務妨害罪」があ
る。しかし,この法律では,業務で使っているパソコンに被害が出ないかぎり,作
者などを罰することができない。単に増殖するだけで被害を与えないウイルス(ワ
ーム)の作者には適用できないケースが多かったのである。また,業務以外で使っ
ている家庭のパソコンは対象外だった・・・


続き(全文)は、
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20030422/1/
でお読みいただけます。

*******************************以上引用終わり

結論だけ申し上げますと、ウィルスに感染したことを認識していて、対処していないと、他人
に感染させることを知っていながら放置して感染させたということになり、罪になるようです。

これは、現在中国から世界中に広がっているSARSの場合も同じで、北京など、WHOからも
警告だ出ている地域に行けば、自分が感染して他人に感染させる可能性があるわけです。
帰国しても行ったことを黙っていて、潜伏期間中に他人に会い、感染させて、最悪の場合に、
死に至らしめたとすると、その場合は、未必の故意で殺人罪になるということです。

皆さん、どちらのウィルスにも気をつけましょう!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】98: 地政学って何?

******************************************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々に不定期にお送りしております。
テーマは特定しておらず、これは皆さんにお知らせしたいと思ったこと、私の意見など、雑多な
内容です。ご不要の方は、その旨ご連絡下さい。
******************************************************************************

最近頻繁に使われている言葉のひとつに「地政学」、「地政学的」というのがあります。

言葉から連想すると、地理学+政治学かな?と思いますが、どうもよくわからないので、取り
敢えずインターネットで検索してみました。

そうすると、検索結果は1万件以上と山の様にありました。
やはり頻繁に乱用されて(?)いるということのようです。

それらの中で、参考になりそうなものを2つご紹介します。
詳しくはそれぞれのWebをご覧下さい。

まずは、学術的なところから;

地政学 Geopolitics: 池田光穂(熊本大学文学部)
http://le081.let.kumamoto-u.ac.jp/000817gpo.html

以下引用**********************************

● 地政学(geopolitics)

Rudolf Kjellen (1864-1922)[チェーレンと読む]によって考案された用語で、政治地理学に対抗
した動態的な権力政治論として構想された。国家を領土を維持・開拓・進展させようする有機的
形態(Lebesform)とみるところは、この時代の国家観を反映している。

地政学理論は、ナチスによって採用され(Haushofer, Karl を介して)、排他的な(すなわち全的
支配が完了するまでは終わらない)植民帝国圏の発想を具現化した<生命圏>Lebensraum
(→大日本帝国では「大東亜共栄圏」でお馴染み)に採用されたために、日本では戦後の戦争
アレルギー(あるいは反戦万歳)の風潮のなかで、復古主義の右翼しか覚えていないようなアナ
クロ的死語となった。

もっとも国家をアクターと読み替えて、全地球的なシステムにおける局所動態の把握の理論と
いうふうに理解すれば、地政的(geopolitics)という用語は、それを形容する概念として適当で
あり、軍事研究つまり歴史や経済の研究においてはけっしてアナクロ(時代錯誤)的ことばで
あるとはいえない。

チェーレンによる解説(金生訳:かなづかいや漢字は改める)

「地政学は、国家を地理的有機体、すなわち、地域における現象として考察するところの国家
論である。つまり、国土を、国土、版図(=領地)、領域、もっとも特徴的にいえば、領土(Reich)
として考察する国家論である。/地政学は、政治科学としてその目標を国家の統一に向ける、
そして、国家の本質が何であるかを理解するための貢献を求めている」(『領土・民族・国家』
p.61)

********************************以上引用終わり

次に少し柔らか目で毒舌的な;

地政学って何?: 笠原 俊夫(漫画家)
http://homepage1.nifty.com/kasatosi/column005.html

以下引用***********************************

 「旭日の艦隊」の漫画化の話をうけて、原作をざっと読んだとき、一番引っかかったのが地政
学への過剰なまでのこだわりだった。荒巻先生の論によると、まるで地政学こそが混迷する現
代を救う救世主のような存在かのように思えてくる。

 しかし、地政学の解説書をちょっとでもかじれば、その発想自体はけして新しいものではなく、
今世紀の初め頃にはすでに存在していたことが判る。その分析法にはいくつかのパターンがあ
るが、基本的にはゲオ(地理)+ポリティクス(政治)つまりは政治的視点で地理学を見直す、とい
った手法が一般的である。ちょっと考えれば判ることだが、こうしたアプローチの仕方は恣意的
に流れやすく、イデオロギーのバイアスがかからない「学問」としての地政学のあり方を難しくし
ている。純粋な学問と言うよりは、むしろ一種のイデオロギーとして脈々と生き続け、現在に至
っていると言った方が良さそうだ。この危険性は、地政学の解説者を自称して、とんちんかんな
本ばかり書いていた蔵前盛道あたりの著作を読めばよく判る。

********************************以上引用終わり

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】99: 米国音楽業界が有料でネット配信開始!

エンコードが通常と異なり、一部文字化けがあったとのことですので、再送致します。
ご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。

******************************************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々に不定期にお送りしております。
テーマは特定しておらず、これは皆さんにお知らせしたいと思ったこと、私の意見など、雑多な
内容です。ご不要の方は、その旨ご連絡下さい。
******************************************************************************

音楽や映画などがインターネット上で配信されるようになるだろう、ということは、かなり前から
言われていたわけですが、現実的にはなかなか実現されておらず、無断コピーが増えて、それ
が問題視されておりました。

ところが、アップル・コンピューター社は米国5大レコード会社と本格的な有料配信に合意したと
いうことです。また、同社はウォークマンのような携帯端末iPodの新型機を5月9日から発売する
ことも同時に発表しておりますが、最大で7500曲も収容できるということです。

これをきっかけに、コンテンツ流通が「革命」と呼べる程、大きく変わる可能性があると思われ、
今後の動向が注目されます。

この有料配信は、米国に課金住所のあるクレジット・カードでないと契約できないようなので、
残念ながら、日本人には利用できないようですが、早く日本でも同様のサービスを始めて欲し
いものです。

詳しくは下記をご覧下さい。

日経BizTech:http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ex01/244551

アップル・コンピューター/ホットニュース:http://www.apple.co.jp/news/2003/apr/29ipod.html

唐澤

以下日経BizTechより転載**************************

米Apple、有料音楽配信サイト「iTunes Music Store」開設

 米Apple Computer社は、オンラインのミュージック・ストア「iTunes Music Store」の開設を
米国時間4月28日に発表した。同ストアの利用には、デジタル音楽のジュークボックス・ソフト
「iTunes 4」が必要。1曲99セントでダウンロードできる。

 同ストアが提供する曲は、個人利用権を拡張している。個人利用を目的として、ダウンロード
した曲の複数CDへの焼き付け、複数iPodsでの再生、最高3台までのMacintoshコンピュータ上
での再生、「iPhoto」「iMovie」「iDVD」を含むMac上のアプリケーションでの利用などが認められ
る。個人で利用することを条件に、焼き付け可能なCDの枚数、再生に利用するiPodsの数は規
制を受けない。

 同ストアには、BMG、EMI、Sony Music Entertainment、Universal、Warnerからの20万を越え
る楽曲が用意される。ユーザーは、タイトル、アーティスト、アルバム名から検索できるとともに、
性別、アーティスト、アルバムでコレクション全体をブラウズできる。ユーザーは、購入前に無償
で30秒間試聴できる。曲は、業界標準のAACオーディオ形式を採用している。同形式は、
MPEG-4ビデオ形式にも採用されている。

 同ストアは、同社のデジタル音楽のジュークボックス・ソフト「iTunes 4」に統合されており、
1つのアプリケーションから購入、ダウンロード、整理、再生ができる。同ソフトが提供する
「Rendezvous」により、Mac間でファイルを複製する必要なく、音楽の共有ができる。

 iTunes 4は、無償にて同社Webサイトからダウンロードできる。iTunes Music Storeを利用す
るためには、米国内に課金住所を持つクレジットカード、iTunes 4とMac OS X 10.1.5以降を
搭載したMacが必要。

*******************************以上転載終わり

以下アップル社ホットニュースより引用**********************

News Release

アップル、iPodの新ラインアップを発表

7,500曲を保存可能で、CDパッケージ2枚分より軽量

2003年4月29日―アップルは本日、第3世代の「iPod?(アイポッド)」を発表しました。CDパッケ
ージ2枚分より軽量で薄型というコンパクトな本体に、7,500曲※を保存することができます。ウ
ルトラポータブルな新iPodは、完全なソリッドステート方式で「可動部分のない」ナビゲーション
ホイールやボタンを搭載しています。オーディオ出力のついたエレガントな新しいDockは、コン
ピュータやステレオに素早く簡単に接続することができます。また、「On-The-Go(オンザゴー)」
プレイリストにより、ユーザはiPod上で直接プレイリストを作成することが可能です。メインメニュ
ーはカスタマイズ可能で、最も頻繁に利用する機能をトップメニューに移動させることができます。
さらに、アップルが特許を出願中の独自のAuto-Sync機能により、コンピュータの音楽ライブラ
リとiPodを自動的に同期させることができます。ウルトラポータブルな新iPodは10GBモデルが
36,800円、15GBモデルが47,800円、30GBモデルが59,800円です。

【以下省略】

*******************************以上引用終わり

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】100: 全米で話題のカントリー娘「ディクシー・チックス」

私の出身高校である飯田高校同期生のことを今まで何度かご紹介したことがありますから、
メーリング・リストがあることは、皆さんも薄々感じておられたのではないかと思います。

そのMLに、下記のような投稿がありました。
大賀さんは、銀行勤務の傍ら、日本で開催される国際スポーツ試合に参加する外国人選手
を成田空港でサポートするボランティアをやっています。そのため、ユネスコの英会話教室に
通っているそうです。そこのアメリカ人の先生から、この「ディクシー・チックス」というカントリー
ソングを歌う3人娘(ナタリー、エミリー、マーティ)が、今年のアカデミー賞を受賞した「ランド
スライド」という曲のことを紹介されたとのことです。

以下転載**********************************

今アメリカで何週間もチャートNO.1を続けているDixie Chicksという女性3人のグループが歌う、
Landslideという歌を紹介します。

メンバーの一人であるNatalie Maineがロンドン公演の際、自分がブッシュ大統領と同じテキサ
ス出身であるのが恥ずかしいとの発言をしたため、二つのラジオ局が彼女達の曲を流すのを
取りやめ、また、ナタリーの家族や本人はボディーガードをつけなければいけないほど危険な
状況になってしまったようです。

この曲のC.Dはすでに日本でも発売されていますので、もう聞いた方もいるかもしれませんが、
人生を歌ったカントリーソングです。

今、アメリカでは大統領に反対することが難しい状況にあるようで、とはいえ、イラク戦争に反
対したアメリカ人もかなりいたのですが、自由の国アメリカが本当に自由に意見を言えるよう
になるのはいつのことになるのか。

戦争を経験したことの無い私達は、お国の意見に背いたためなんていう厳しい状況を理解す
るのは難しいことで、そんなことが起きないことを願います。              大賀宣子

*******************************以上転載終わり

そこで、私はまず、アマゾンでCDを調べてみました。
そして、この曲が入っているCDはいくつかあることがわかりました。
以下に主なものをリストアップします。

Landslide [FROM UK] [IMPORT] [MAXI] [SINGLE]
Dixie Chicks CD (2003/04/07) Columbia
U.K. 定価: £4.25
価格:¥812

03’グラミー・ノミニーズ
オムニバス CD (2003/02/13) ワーナーミュージック・ジャパン
価格:¥2,400

ホーム
ディクシー・チックス CD (2002/09/11) SMJ
定価: ¥2,400

Home [FROM US] [IMPORT]
DIXIE CHICKS CD (2002/08/27)
U.S. 定価: $18.98
定価: ¥2,277

Home (Ltd ed) (Bonus DVD) (Special Packging) [FROM US] [IMPORT]
DIXIE CHICKS CD (2002/11/26)
U.S. 定価: $24.98
定価: ¥2,997

ディーヴァズ・ラス・ヴェガス
オムニバス CD (2003/03/26) SMJ
価格:¥3,400

Landslide (Enhanced) [FROM US] [IMPORT] [MAXI]
DIXIE CHICKS CD (2002/12/17)
U.S. 定価: $12.99
価格:¥1,559

そしてついでに、買った人の推薦文で、これは、と思うものを2つ見つけました。

以下引用**********************************

カスタマーレビュー・ピックアップ

勇気ある戦士たちのアルバムです。, 2003/03/28
レビュアー: カスタマー   東京

最近では、このCDは、アメリカでは、捨てられているそうです。しかも兵隊の家族に対して謝罪
のパフォーマンスまでさせようとする政府の考えは、どっかの国の政府と同じような気がします。
アカデミー賞で、マイケルムーア監督が、スピーチしたとおり、dixie chicksを聞かなくなったらお
しまいです。だけど、アメリカ政府を敵にまわしても、アルバムチャート4位維持というのはかなり
かっこいいですよねぇ~。本格カントリーで、オーガニックな感じで、最高のアルバム。今の時代、
これだけメッセージ性のあるアルバムはないですね。こんな時だからこそ聞いてほしいアルバム
です。

私は、デキシィーチックスを支持します。, 2003/04/04
レビュアー: cba30310   福島県 Japan

今回の様な問題で、デキシィーチックスが謂れもない誹謗中傷をアメリカ本国に於いて受けるこ
とに、私は腹立たしい思いを感じないではいられません。何故と言って、彼女たちは明らかに現
時点のアメリカ大統領の何倍もの愛国心を持っていると思われるからです。せめて日本では彼
女達を応援してあげましょうよ日本の皆さん、マイケル ムーアと共に。

********************************以上引用終わり

私は、彼女達のアルバムである「ホーム」を買おうか、今年のアカデミー賞候補作品が全部入
っている「03’グラミー・ノミニーズ」を買おうか、迷ったのですが、やはり彼女達の曲をなるべく
沢山聴いてみようということと、彼女達を支援するには、1枚でも多くのCDを買ってあげること
だと思い、取り敢えず「ホーム」を買って聴いてみました。

このグループは98年にメジャーデビューして、それが既に2,100万枚も売れたという驚異的な鮮
烈デビューを果たしたようですが、今まで全く知りませんでした。

911以降、アメリカは愛国主義や回顧主義傾向が強くなり、その結果としてカントリーがヒットし
ているということもあるようです。

メジャーボーカルのナタリー・メインズの声が何とも言えず心地良い感じです。カーペンターズの
カレン・カーペンターやPPMのマリー・トラヴァース等と共通する、女性としてはやや低めで倍音
の多い声が魅力的です。

昔、アリゾナ州に出張で何度か行ったことがありますが(最長で1ヶ月位の滞在で、スコッツデ
ールより南でツーソンより北の、テンピ、メサ、チャンドラー辺りに泊りました。)、ビヤホールの
ようなところでは、生バンドの演奏をやっていることが結構あり、どんな曲も結局カントリー調に
聞えました。そして元気が良いものが多かったと記憶していますが、それに比べるとこの「ホー
ム」というアルバムは静かでスローな曲が多いようで、それが不満というコメントも初期のファン
にはあるようです。私には丁度良い感じです。

因みに、ナタリー・メインズのお父さんはカントリー界ではスチールギターの大御所とのことで、
今回のアルバムのプロデュースをやっているそうです。それで、我々の年代にも心地よく聴ける
のかなとも思います。

バッシングを受けているカントリー娘「ディクシー・チックス」を支援するために、是非CDを買って
聴いてみて下さい。
因みにアマゾンでは、「ホーム」日本版はディスカウントで¥2,160となっていました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】101: 米軍はイラクに電磁波爆弾を使用したのか?

イラク戦争が始まる前の情報のようなので、真偽の程はわかりませんが、米国はイラク戦に
おいて、強力なマイクロ波パルスを放射する「電磁波爆弾」を使用する可能性があったという
ことです。国防総省はこの兵器の存在を公式には認めていませんが、イラク軍が、余りにも
あっけなく敗退した原因は、この爆弾が使われたのかも知れません。

これを放射すると、イラク軍のコンピューター、レーダー、無線を破壊し、車両や航空機のエン
ジンの電子点火装置などを機能しないようにさせ、停電を引き起こしたりすることもできるとい
うことです。

詳細は以下のWebでご覧下さい。
http://www.hotwired.co.jp/news/news/20030501307.html

今、日本で話題になっている白装束集団は、電磁波攻撃を受けているので、それから逃れる
ために、あちこち移動しているといったことが報道されています。白い布は、木綿や化繊では
なく、シルクではないかと私は思っております。というのは、シルクには、電磁波を通さない特
性があるという話を以前、聞いたことがあるからです。

何年か前に、元NASAの研究員だった人の話を聴いたことがありますが、米軍は密かに低周
波による攻撃ができる高エネルギー装置を開発しているということでした。これを宇宙に打ち上
げて、そらから照射すれば、世界中どこでも攻撃できるわけです。この高エネルギー低周波は、
高周波のように機械ではなく、無差別殺人が可能になるとのことでした。例えば心臓は、8Hzで
共振するので、高エネルギー波を照射されると、機能停止あるいは破壊されてしまうということ
でした。

高周波といい、低周波といい、エネルギーが大きいと、目には見えない兵器となるので、恐ろし
いわけですが、こうしたものこそは、大量破壊兵器として開発を禁止すべきだと思います。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】102: 善光寺御開帳

以前にもご紹介したことがある、京増さんのメルマガ「かわら版」に、その読者である井出さ
んから、善光寺の御開帳についてのご紹介がありましたので、許可を頂いて転載致します。

皆さんもご存知のように、私は信州の出身ですが、実家は長野の善光寺の近くではなく、
飯田の元善光寺の近くです。子供の頃は、春・秋のお彼岸に、4~5Kmの道を、歩いて
元善光寺にお参りに行ったものです。

昨年、久しぶりに行ってみたのですが、こちらが年を取ったためか、子供の頃の印象と違う
部分がありましたが、門前の座光寺饅頭(元善光寺のあるところは座光寺という地名で、
子供の頃はお寺は座光寺とか如来様と呼んでいたように思います)は、昔ながらの味でした。
どこの温泉地にでもある茶色の饅頭ですが、黒砂糖入りの皮が美味しいので、帰省すると
よく買って帰ります。おいしいですよ!

長野の善光寺は「牛に引かれて善光寺参り」ということで全国的に知られておりますが、長野
だけでなく、飯田の元善光寺もお参りすることを両参りと言って、ご利益が倍増すると言われ
ております。

甲斐にも善光寺があることをつい最近知りました。これを含めて3ヶ所参りをするともっと
良いという話もあります。この甲斐善光寺は武田信玄が長野善光寺の仏像を無理矢理持っ
て行ったのではないかとの話もあり、信州人としては、甲斐善光寺は認めたくない気持ちが
ありまして、両参りでいいのではないかと思っております。

また実家の近くの南条・田中八幡宮の境内には、小さな池がありますが、本田善光が、片目を
矢で射られて怪我をして辿り着いたのがこの池で、その水で眼を洗ったら怪我が治って、眼が
見えるようになったということですが、それ以来、そこに棲んでいるイモリは片目が潰れている
との言い伝えがあります。

子供の頃、本当にイモリは片目かどうか確かめようというので、悪ガキと一緒に網ですくって
みたことがありますが(神様ごめんなさい)、ちゃんと両目とも正常でした。

御開帳は6月1日までですので、連休に予定のない方、連休後の空いている時に旅行された
い方など、一度「おいでなんしょ!」(飯田地方の方言でお出掛け下さいの意味)。
長野も飯田も今ごろが一番良い季節だと思います。

唐澤

以下転載「かわら版」からの**************************

★~北から南から~

 かわら版の読者の井出さんから、善光寺御開帳記念「とっておきの情報」を
お送り戴きました。家族で穂高に旅行したとき長野で御開帳を見ましたが、もう
7 年になるんですね。同じ敷地内には、東山魁夷の作品が展示された記念館も
見学しました。

ーーーーー井出さんから戴いたメールの内容ですーーーーー

 ご無沙汰をしております。長野の井出です。
善光寺の御開帳が始まりました。皆様、ぜひお出かけください。

 皆さんは極楽浄土に行けそうですか?

これは、この世で如何に過ごしたかの「ザ・ジャッジ」によって決まってきます。
でも如何にせん、過去を修復することはもう出来ません。ではどうすれば良いの
でしょうか? それは善光寺)阿弥陀如来さまと結縁することです。これが出来
るのが、ご開帳です。わざわざ阿弥陀世来さまから、7年に一度、手がさしのべ
られているのです。ありがたい事ではありませんか? ご開帳で善光寺が凄いの
は、ご本尊様が見れるだけでなく、触ることが出来る事です。どのような「触り
(さわり)かた」か、そのサワリをお教えします。
 それは、境内の石畳の中央に建てられた、高さ約10mの回向柱に触ればOK!
この柱とご本尊さまが糸で結ばれているのです。ですから、この柱に触ることは、
ご本尊さまに触れる事になるのです。善光寺御開帳記念として、あまり知られて
いない、とっておきの情報を紹介します。

1.善光寺という名前の由来は?

 善と光、大変良い字が使われていると思いませんか?仏は人を「善」の道に導
きます。「光」は仏の世界(善の世界)そのものであります。きっと、徳のある
僧侶がお付けになったと、おもいませんか? では、誰がつけたのでしょうか?
 これはこのお寺を建立(西暦654 年)した、信州は伊那の商人「本田善光さん」
が自分の名前をそのまま、寺の名前にしたのです。飛鳥時代にです。中大兄皇子、
聖徳太子(法隆寺を建立)の時代に、信州は伊那の一商人が建立したのです。

2.善光寺はなぜ有名なのか?

 それは仏教が日本に伝来した、最初の仏様であるからです。善光寺のご本尊さ
まは、阿弥陀如来さまで、印度のおられ、百済の国(今の韓国)を経由されて、
飛鳥時代に日本にお着きになられました。法隆寺のご本尊さまより古い、日本最
古の仏さまが善光寺にあるのです。奈良、京都には都があり、天皇家保護のもと
で沢山の有名なお寺が残っておりますが、庶民が建立したお寺ということで、
沢山の信仰者が多く、この事が善光寺を全国に広く知らしめたのであります。

3.そんな立派なご本尊が、なぜ商人の手に渡ったのか?

 おりしも日本(大和の国)は神様を信仰していた国でありました。そこに、
異国から仏教なるものか入り込んできたのです。日本の中で信仰の覇権争いがあ
り、物部氏による「廃仏運動」が起こりました。この時、日本最古の仏様は捨て
られ、難波の堀江(淀川)に流されていたのです。
 これを、信州は伊那の商人)本田善光さんが、拾い信州に持ち帰ったのです。
そして故郷の伊那(現在の飯田市元善光寺)に寺を建てたのです。その後、善光
さんの夢枕に、阿弥陀如来さまから、北の方角にとのお告げがあり、今の長野市
に、善光寺が移され、建立されたのです。そこで、最初の善光寺を元善光寺と呼
び、今回も、同時に御開帳が行われております。

4.では善光寺の宗派はなんでしょうか?

 真言宗、曹洞宗、日蓮宗、天台宗??・・・ いえいえ、そうではありません。
まさか、長野県だから「信州」とか、庶民が創ったので「皆の衆」とか言う洒落
は頂けませんヨ! ヒントを差し上げます。
 第一ヒントは、日本最古の仏様であることから、考えましょう・・・・・。
 第二ヒントは、宗派は何時ごろの時代に生まれてきたのでしょうか?
 これで50%のかたは、正解がでます。皆さんはどうですか? 答えは、「宗派
はなし」であります。宗派の出来る前に既に存在しましたので、無宗派でどの宗
派の方もOKです。まさに私のビジネスである、ITの世界と同じ「オープン」
なんであります。

5.秘仏のご本尊

 7 年に1 度の御開帳。正式には、前立本尊御開帳と言います。実は、本田善光
さんが持ち帰った日本最古の仏様に、お会い出来るのではありません。
 この仏様は、白雉5 年(654 年)以来の秘仏であり、見ると目がつぶれるそう
で未だ見た人はないそうであります。で、ご本尊さまが見れないのは寂しいこと
でありますので、鎌倉時代にご本尊の御身代わりとして、前立本尊さまが造られ、
拝されるようになりました。一方では、ご本尊は実在しないとの説がありますが、
これは間違いです。ご本尊は善光寺本堂の正面やや左手奥の瑠璃壇に、天皇家か
ら賜った、西陣織の布に幾重にも包まれた箱の中に安置されております。ここま
では知られていますが、この中は、実は空との説が多いのです。一説には、武田
信玄が持ち去ったと言う説です。甲斐の善光寺にです。これは正しいのですが、
徳川家康により信州善光寺に戻されております。この西陣の布は60年に一度取替
えがあり、昭和の後半にこの時がありました。一部の僧侶からこの時、ご本尊を
拝したいとの声が上がったそうです。結果的にはそれはならず、学術的見地から
X線調査が行われ、それによると間違いなく存在していたとのことでした。
(小さく新聞報道されました)ただこのこと自身、不謹慎との声があがり、以降
内密にされております。なかなか、由緒あるお寺ではありませんか、是非是非、
皆様お出かけください。お待ち申し上げております。

                        IT戦略研究所)井出勝利

*******************************以上転載終わり




PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    04 | 2003/05 | 06
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31



    RECENT ENTRIES
  • お陰様とお互い様(11/08)
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (98)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH