唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
【唐澤塾】バックナンバー:171
【唐澤塾】171:臨時増刊号:「ブッシュの手の平で踊る小泉の日本」

*******************************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々に不定期にお送り
しております。テーマは特定しておらず、これは皆さんにお知らせしなければと思
った情報、私の意見など、雑多な内容です。ご不要の方は、その旨ご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
*******************************************************************

皆さん、ご無沙汰しております。

イラク情勢は混迷を極め、イスラエルがパレスチナ幹部を暗殺し、アラファト議長
暗殺まで仄めかす状況で、いよいよ中東戦争に突入する可能性が高くなったの
ではないかと憂慮されます。
また311テロの結果、スペイン政権が反転したことによりスペインに次いでポーラ
ンドもEU加盟の方向に動き初め、EUの結束は強まり、対米摩擦の可能性もあり
そうな感じです。

時事評論家・国際金融スペシャリストの増田俊男氏は「時事直言」最新号で以下の
ような不気味なことを書いています。
http://www.chokugen.com/opinion/frame_new.htm

以下抜粋******************************

百年後の世界史の教科書を見ると、2004年に最も多くのページが割かれているは
ず。

今年は「ものすごい年」になる。人類は新たな対立の世界に突入する。アメリカの力
とヨーロッパの知恵。またもや中国、アジアが草刈場になる。今度こそ日本は選択を
誤ってはならない。2004年は日本にとって運命の年になるだろう。

以上抜粋******************************

さて、マスコミに紹介されない国際情報を翻訳・配信しているTUPの最新号には、
国際基督教大学の客員教授で、オーストラリア国立キャンベラ大学のガバン・
マコーミック教授の論文が翻訳されております。

日本の政情を外国の学者が論じている貴重さもありますが、その鋭い分析力は
傾聴に値すると思いますので、長文ですが、転載します。

時間のある時にじっくりお読み下さい。
前書きの部分も長いので、時間の無い方は飛ばして本題を読まれても結構です。

TUPを購読されたい方は、末尾に申込先がありますので、そちらで申し込んで
下さい。

唐澤

以下転載******************************

TUP速報276号 ブッシュの手の平で踊る小泉の日本 04年3月24日

◎マコーマック、イラク南部に掲げられた日章旗の意味を語る
トム・ディスパッチ 2004年3月16日

//////////////////////////////////////////////////////////////
例えば、帝国主義全盛の時代、大英帝国はインドやネパールなどの植民地軍や
傭兵たちを両世界大戦のヨーロッパ戦線に投入しました。現代の“自由と民主
主義”を守る対テロ世界戦争に、ついに日本も参戦し、イラクに派兵しました
が、これは往時の英領インド軍やグルカ傭兵部隊と、どこがどう違うのでしょ
うか? ごく当然の疑問が、国政の場で説明されていないし、マスコミや論壇
でも、まともな形の議論にはなっていないようです。それでは、東京、国際基
督教大学の客員教授の講義に耳を傾けてみましょう。TUP 井上
凡例: (原注) [訳注]
==============================================================
[トム・エンゲルハートによる前書き]

アメリカのマスコミ業界では、だれも考えさえもしなかったようだが、国際社
会の目に映るイラク駐留“連合国軍”は、かなり大世帯の英軍部隊は別にして、
はなからブラックユーモア以外のなにものでもなかった。占領地に展開する奇
妙な帝国軍戦力に加算されているのは、カザフの兵員27名、エストニア46
名、フィリピン96名、モンゴル130名、アゼルバイジャン150名、タイ
451名、スペイン1300名、ポーランド2500名、イタリア2950名、
その他である。これら、象徴的ないしミクロ規模の兵力のほとんどすべてが、
当のイラクにまったく無関係、しかも新時代の中東建設によせる貢献としても
無意味そのものであり、もっぱら各国の利害関係を背負っているだけだった。

ただ単に帝国から無理強いされ、また賄賂で釣られて、駐留軍に加わった部隊
もある。あるいは超大国アメリカのご機嫌をとりたいと切に願い、それにもち
ろん、ハリバートン社、ベクテル社、その他同類といった帝国本国籍・豪華ク
ルーズ船団が大金の流れに乗るのを目にして、まぎれもないトリクルダウン経
済理論[*]を標榜するイラク再建事業(ならびに将来の石油関連契約)のおこ
ぼれで、めでたく海に漕ぎだせるボートも少しはあるかもしれないと哀れな望
みにかけて、兵をさしだした“二等”国の二流指導者もいた。
[*政府資金を大企業に注入すれば、景気を刺激して、中小企業・消費者を含
めた経済全体を潤すという説]

ここで各国がこうむる流血の犠牲規模には触れないにしても、この“有志連
合”のもっとも際だった特徴は、開戦前のさまざまな世論調査結果を見ると、
例外なくと言っていいほど全ての参加国で、アメリカの戦争と占領を支持する
国民が半数に届いていないという事実にある。開戦直前に数百万の人波が街頭
デモを繰りひろげた、あの光景を思いだしてみよう。特にスペイン国民の熱狂
と団結は群を抜いていた。世論調査によれば、スペイン人の91パーセントが
戦争に反対していた。考えてもみよう。戦争賛成のスペイン人は9パーセント
しかいなかったのだ。(この数値には“わからない”層も含まれているはず)

今週(3月14日)、考えられるかぎりで最悪の恐ろしい状況下で挙行された
総選挙で、スペイン国民は政府与党の戦争・占領支持政策を拒否する審判をく
だした。ブッシュの忠実な同盟者、ホセ・マリア・アスナール首相の政府を退
場させた投票に先立つ日々の抗議デモで、人びとが「われらの死、おまえの戦
争!」と叫んでいたと伝えられる。なかでももっとも率直な言葉であり、いつ
の日か、アメリカのあちこちの街の大通りでも聴くに違いないのは、「ウソ
だ!」という叫びだった。

アメリカで言われているように、スペインの政変はアルカイダがまんまと成功
した初めての体制転覆であるという解説にも、一部の理があるだろう。しかし
ちょっと振り返って、現実に起こったのは何だったのか、じっくり考えてみた
い。アスナールの政府は民主的に選ばれたスペインの代表のはずだったが、国
民の90パーセントを占める多数派の意志を代弁しないどころか、平然と無視
し、裏切る決断を下した。これが最初の“体制転覆”だった。次いで危機の瞬
間のさなか、ヨーロッパを直撃した、一生のうちにも滅多にない最悪のテロ行
為の背景説明で、政府がウソで通そうとした。これも裏切りだった。

今が決定的瞬間であり、おそらく“危機の絶頂”と言ってもいいだろう。昨年
の4月、数百万単位で世界の人びとが大規模なデモに参加したのに、イラク戦
争を阻止できず、運動は失敗だったと見なされるしかなかった。だが少なくと
も一国では、デモに参加した人たちは、実質的に、解散しなかった。いざとい
う時に、かれらは毅然として立派に行動した。そういうことは別の場所では起
こりえないなどと、いささかでも思いこんではいけない。(あのテキサスにお
いてさえも、徐々にだが世論が動いていて、地元のスクリップス・ハワード・
テキサス調査会社による集計では、60パーセントに迫る数の回答者がイラク
の“現状に不満”と評価している)

スペインの審判はイギリスのブレアを直撃し、ポーランド政府をギリギリの崖
ぷっちまで追いつめているが、(やはり反戦を願う国民を裏切っている)ベル
ルスコーニ首相のイタリアを始め、他のヨーロッパ諸国も揺さぶるに違いない。
スペイン総選挙の結果は、国民が反対票を投じても不思議ではなく、またその
ように予測されていた時に、ウソとゴマカシで押し通そうとした政府与党に、
国民が拒絶の形で審判を下したものなのだ。スペイン国民の決断を目のあたり
にして、さすがに、わがアメリカの政権部内にも動揺がうまれている。

(こういう状況にたちいたっても、ブッシュ政権はあくまでも真実を語る気が
ないようである。英紙グラスゴー・サンデー・ヘラルドの信頼できるニール・
マッケイが「当初から複数のアメリカ諜報機関はアルカイダがマドリード爆弾
事件の背後にいると信じていたが、スペインの総選挙が終わるまで、ETA
[バスク祖国と自由]の犯行であるとするスペイン政府の主張に追随していた」
と報告している)

ウィリアム・リバース・ピットがオルターネット・サイトに書いた――
「2日間だった。真実を語れと自国政府に迫るスペイン国民の堪忍袋の緒が切
れるまで、それだけの日数しか持たなかった。真相解明は望めないと分かった
とたん、民衆は政府を摘み出した。アメリカでは、政府が9・11事件の真実
を明かさないまま1000日に達しようとしているが、米国民はスペインの教
訓を深く心に刻まなければならない」

スペインの事態は、ヨーロッパから遠く離れた東アジアでも、韓国はもちろん、
日本の政府を揺さぶるはずだ。両国とも、中東とはまったく関係がない理由に
より、しかも民意に反して、イラクへ派兵している。

イラク駐留“連合国軍”が形成され、派兵が続く経緯と背景については、驚く
ほど注目されてこなかった。ここで、オーストラリアの学者ガバン・マコーマ
ックを紹介したい。以下に掲載する記事は、日本政府の対イラク政策決定を左
右した世界的および地域的要因を、明瞭で絶妙に説明してくれる、まれにみる
有益な論文になっている。しかもマコーマックは、(空想にすぎないにしても、
トニー・ブレアのイングランドを念頭に置く)アメリカ政府の膨れるいっぽう
の願いどおり、日本が“極東における大英帝国”になるための枠組みを分析し
て見せ、緊密でありながら不安定な日米同盟関係を掘り下げている。さらに、
日本が担う縁の下の役割、すなわち、帝国政策の無理が祟って、いよいよ危な
っかしくなっているアメリカ財政を下支えする、不可欠な使命に切れ味鋭いメ
スを入れている。

ところで、つい先日、わたしは第2期ブッシュ政権についての推測記事をもの
にした。もしもブッシュの続投が現実になるなら、その4年間における対外政
策の大変な危機は、闇に包まれた国家の“親愛なる首領”と呼ばれ、核開発計
画を持つキム・ジョンイル(金正日)の体制をどうするかという第2期政権の
政策をめぐって訪れるはずだと思う。

迫りくる朝鮮半島の危機に備えて、わたしたち皆で用意していなければならな
い。流血によってであれ、平和裏にであれ、危機が決着するとき(ケリー上院
議員がホワイトハウスの主になっているとしても)、これからの何十年にわた
り、新時代のアジアと世界の構造が変動することになるだろう。心構えを造る
手始めとして、ガバン・マコーマックの新著『標的・北朝鮮』が最適の読み物
である。現代世界の情報に遅れないためには、資料が手軽であることも大きな
長所になる。この本は分厚くないが、深い良識と分別を備えている。知るべき
ことが余さず書いてあり、歴史背景もふくめて明瞭かつ複雑多岐にわたる記述
である。それでたったの250ページ足らずだ。トム(署名)

==================================================================
BOOTS(軍靴)BILLIONS(資金)BLOOD(血の貢献)
『ブッシュの手の平で踊る小泉の日本』
――ガバン・マコーマック
-------------------------------------------------------------------

BOOTS(軍靴)

今年2月、国連コフィ・アナン事務総長の来日を1週間先に控えて、小泉純一
郎首相は、米国の「信頼できる味方」であることを示すことが、日本にとって
決定的に重要であると明言した。最後にかれは、日本が攻撃される事態になれ
ば、助けに来てくれるのは米国であり、国連でも、ほかのどの国でもないと説
明した。攻撃してくるのはどの国か、あえて言う必要もなかった。北朝鮮を指
して言っていることは、日本人みなに分かっていたからである。2003年3
月時点で、米国主導のイラク侵攻を支持すると宣言した時、そして、今年の1
月、占領を助けるために日本軍が南部イラクに派遣された時、日本が視野に入
れていたものは、イラクのスンニ派でもシーア派でもなく、ここ数年来、国内
の恐怖と憎悪が急激に集中されるようになった国、北朝鮮に他ならなかった。

かねてから大陸の近隣諸国に感じる心理的な距離を考えると、小泉の下での日
本としては、60年間にわたり庇護を受けて来た米国に擦り寄ること、すなわ
ち、たとえアジア諸国との和解と協調をさらに阻害することになるにしても、
米国がより強く抱きしめてくれるように仕向ける立場を示す以外には選択肢が
見当たらなかった。2003年11月23日の国会で、小泉は「わたしはブッ
シュ大統領が正しいと信じているし、かれは善人です」と語った。かれは、ジ
ョージ・ブッシュが個人的な温情を示した数少ない世界の指導者の一人であり、
“友情”をちらつかせた要請にからきし弱いようだ。経済規模でみれば、日本
はドイツ、フランス、イギリスを合わせたものとほぼ等しい大国であるのに、
この首相は主要な問題について、「フランス的な」あるいは「ドイツ的な」立
場を取ることで、ワシントンに反抗するような危険を犯そうとはしなかった。
世界を見渡して、日本の首相ほどブッシュ政権に忠実な信奉者はいないと言っ
ても間違いないであろう。

9・11攻撃の後、リチャード・アーミテージ国務副長官が、露骨な言い方で、
日本は砂に頭を突っ込んでいないで、アフガニスタン戦争では、他人事だと知
らぬ顔をせず、日の丸の旗を高く掲げて(ショウ・ザ・フラッグ)同盟国であ
ることをはっきり示せと釘をさし、小泉としても、すぐさまその言葉を重く受
けとめた。平和憲法を持つ国であり、また中東の紛争にいっさい関わりをもた
ないにもかかわらず、日本は、連合軍に対する支援と給油のために、イージス
駆逐艦を含め相当な規模の海上自衛隊(日本国海軍の別名)艦隊をインド洋に
派遣したのである。

さらに2003年3月、開戦前夜の状況になって、小泉はイラク侵攻に対する
“無条件”支持を公約した。かれは、支持の約束を“ブーツ・オン・ザ・グラ
ウンド”すなわち地上部隊の派遣の形で実現するようにとの圧力を受けて、言
われたとおりに部隊派遣にも同意した。かくして2004年1月、日本国自衛
隊の尖兵部隊が飛びたった。

日本は、従属的であり、しかも公式には“非戦闘的”な役割を果たすにすぎな
いとしても、敗戦後60年の歴史で始めて、非合法な侵略戦争に荷担すること
になった。論議されるべき懸案が山積している状況にあるにもかかわらず、最
近の国会では、まともな票決すらも稀にしかなされていない。“自衛隊イラク
派兵”承認決議案を審議するために、国会が1月末に召集されたが、決議にさ
いし、憲法違反を主張する野党はこぞってボイコット、さらには政権与党・自
由民主党の重鎮たちまで何人かが欠席[または退席]した。

閣僚経験がある保守的な元議員が、政府の行為は憲法違反であるとして裁判に
訴えた。また、ある経験の長い[駐レバノン]大使は、小泉の政策に異議を唱え
たとして召還され、あげくのはて首を切られた。大量破壊兵器を見つけるため
に捜索を続けていた米国のイラク調査団の長デイビッド・ケイが、米下院委員
会の証人席で、そのような武器の存在は「きわめて疑わしい」と陳述した時で
さえも、小泉の姿勢は揺るがなかった。かれにしてみれば、ワシントン向けの
“信義”のほうが、日本の憲法、法律、あるいは道義よりも重い値打ちがあっ
たようだ。

戦後、米国の占領下で制定された日本国憲法の第9条が謳う、国による「戦力
の保持」および「武力の行使」の制約は、今や西洋世界からは厳しい攻勢にさ
らされているが、アジア諸国からは、戦後の地域安定に貢献してきた要因のひ
とつとして評価されている。北朝鮮に対する敵意と恐怖の風潮という国内情勢
と、イラク派兵を求める米国からの外圧とが結びついて、小泉の追い風になり、
憲法の原則を遵守してきた半世紀の歴史を投げ捨て、自衛隊を正規軍に改変す
る絶好の機会を提供している。

小泉が自衛隊のイラク派兵を決定したときには、あえて国民世論の根強い反対
を押し切る必要があったが、たった数ヵ月のうちに、かれは、みずから訴えた
愛国心が奔流になって湧きあがり、それが憲法上の懸念の声を押し流し、まん
まと世論の動向を転覆させるのを見ることができた。2003年上半期では、
国民世論の7割から8割が、いかなる形であれ自衛隊を派兵することに反対し
ていたが、2004年初めには、賛成意見が(53パーセントになり)過半数
を僅差で上回るようになった。目先のことだけを考えれば、小泉は賭けに勝っ
たのである。小泉は思っていたよりも簡単に任務を達成し、アメリカのマスコ
ミで、またある程度はヨーロッパでも、その仕事ぶりが評価されて、いわく、
日本は“現実的”に行動し、“世界的な責任”を担い、着古した“偽善的な道
徳主義”の衣を脱ぎすて、米国の“真のパートナー”として振舞っていると報
道された。国内外で認められて、小泉はご満悦である。

BILLIONS(資金)

アメリカ経済は、慢性的赤字の重圧に加えて、増えるいっぽうの世界帝国を維
持管理する費用負担に耐えかねているので、東京からの資金援助がいよいよ重
要になっている。冷戦が終結してからも、日本は国内(とりわけ沖縄)に駐留
する米軍の基地を維持するために、700億ドルを超える“思いやり予算”を
配分し、さらに加えて、ポスト9・11時代の反テロ連合に寄与する“後方支
援費”900億ドルを支出するなど、信じがたい額の援助金を帝国アメリカに
貢いでいる。

ワシントンがイラク復興資金の追加分として“数十億ドル規模”を要求すると、
さっそく小泉は、他の連合国が請け合った額のどれよりもはるかに多い50億
ドルの支出を約束した。ワシントンから強まるいっぽうの圧力が加えられて、
日本政府は、イラク政府の巨額債務のうち、下限30億ドルから上限70億ド
ルまでのいずれかの額、どこで決まっても相当大きくなる部分の償還を繰り延
べる用意があると表明した。

世界通貨市場において、ドル安を防ぎ、円高を抑える狙いの、官による大規模
な介入も、同じような日本の協調姿勢の明白な表われである。2003年中に、
日本銀行は、ドルを下支えするために、これはすなわちアメリカ経済を支える
ために、20兆円(1800億ドル)を注入した。2004年になっても、こ
の手法が強化されただけであり、年初2ヶ月だけで、前年総額の半分相当が市
場に投入された。米国債、各種公債、米国株に対する外需が弱含みになると、
日本銀行は総力をあげて、その安定に努めた。2004年初め、IMF(国際
通貨基金)は、アメリカの対外債務がGDP(国内総生産)の40パーセント
に迫る勢いであり、その赤字体質が世界経済にとって“重大な危険要因”にな
っていると指摘したが、アメリカに対して、東京以上に大きな信頼をよせ、あ
るいは強く支えようとする政府はどこにもない。

日本に財源が余っているというわけではない。1980年代のバブル期に蓄積
した過剰流動資産にしても、とっくに消え去っている。日本は、大幅な政府支
出抑制と増税の見通し、現行の福祉政策と年金制度の崩壊、待ったなしに進む
社会の老齢化に直面している。2004年度予算は、歳入を42兆円、歳出を
82兆円と見込んでいる。つまり予算の約半分は国債または借金頼みなのであ
る。教育、福祉、海外援助の予算は削られ、中小企業は放置されることになり、
自前の“市場競争力”を頼りに凌(しの)いでいくことになった。バブルの時
代が終わってからずっと、山ほどに積もってしまった負債に嘆息し、きわめて
臆病な成長マインドを抱えこんでしまった。

ついでに言うなら、日米両国政府がそれぞれ抱えている負債は、どちらも約7
兆ドルという途方もない大きさで、ほとんど同額で並んでいる。人口において
も、経済分野においても、米国の規模は日本に比べて倍以上なので、それだけ
日本の問題はより深刻であるはずだ。日本の債務問題は、たぶん現代史上で最
悪だろう。日本システムの病理は、小泉が公言し、宣伝している“行政改革”
の大風呂敷に覆われて、手が付けられないままである。

かくして日本国民の貯蓄が、世界帝国として振る舞うアメリカに資金を供給す
る主な基金になり、また同時に、米国の負債に融資する主な財源になっていて、
世界規模の超大国の消費形態、生活様式、軍事構想を支えている。言うなれば、
重症の米国経済をなんとか支えるために、末期症状の日本経済が打てるだけの
手を打っている図である。こういう米国と日本という債務山脈に連なる双子の
峰の上で、世界システムが不安定な均衡を保っている。

BLOOD(血の貢献)

2003年から04年にかけて、日本は一連の歴史的選択を決断した。日本は
ブッシュ政権に命運を託して、これまで自国の敵もいなかった、また自国がい
ささかの関わりも持ったことがなかった歴史的紛争の舞台である世界の火薬庫
のど真ん中へ、米軍の軍事行動を支援するために、自国軍を派遣したのである。
米国務副長官アーミテージは、さまざまに手を変えて発信されるアメリカから
の要求に即応して決断をくだす日本の様子を評価して、日本がもはや“観客席
に座って”いないで、“競技場の選手”として登場したのであり、米政府は
“ワクワクする興奮”を覚えたと述べた。

米国の圧力には、手加減というものがない。ワシントンから東京に代官たちが
定期便で飛んできて、新たな指令を伝えてくる。日本は、(2000年10月
付け『アーミテージ報告』の言葉を用いれば)憲法を改訂し、正真正銘のNA
TO式パートナーとして“連合軍”の作戦行動を支援するために防衛線を拡大
し、もって“極東における英国”になることを要求されている。日米関係は、
ただ単純に、米国が日本を“防衛”するものとして伝統的に語られているが、
実際には、ワシントンの視点から見て、力点の置き方がいくらか異なっている。
ブッシュ政権にとって、常に基本的であり、不可欠であるのは、日本が「米国
の保護に依存し続ける」ことなのだ。いかなる形であれ日本が自立し、また米
国の“保護”を中国との友好関係に置き換えようと試みれば、ランド研究所の
報告によると、「東アジアにおける米国の政治的・軍事的影響力に致命的な打
撃を与える」ことになる。ある日、日本が“自分の足で”歩きはじめ、自分の
意志で、極東の英国ではなく、極東の日本になると考えるだけでも、あの9・
11攻撃にも劣らない、ワシントン中枢を直撃して、震撼させる悪夢になる。

さしあたり、もし日本が米国主導の試合で本当に“選手”になっているとすれ
ば、誰がチームの主将であり、コーチであるかは見誤りようもなく、またゲー
ムが命がけの深刻なものであることも疑いようがない。2003年2月、イラ
クとの戦争が迫るなか、日本の立場を問われた自民党政調会長・久間章生(ふ
みお・当時)は「(日本には)選択の余地がないと思う。なんと言っても、ア
メリカの州みたいなものなのだ」と言った。小泉とかれの政府は、遅かれ早か
れ、関与の代償を払わなければならなくなると理解すべきである。かつて20
01年9月、これは日本ではなくオーストラリアについてだが、アーミテージ
が久間の言葉をきわめて明瞭に裏付けた。かれはオーストラリアの聴衆を前に
して、自分が“同盟”と言うとき、その意味は「オーストラリアの息子たちと
娘たちが……米国を防衛するために喜んで死ねる」関係を指し、「それでこそ、
同盟であると言える」と示唆したのである。この基本的事実の日本版がなにを
意味するか、アーミテージは、いや、言うなれば小泉は、まだはっきりとは述
べてはいない。しかし、軍靴と資金に続いて、血を流す貢献を見せろという要
求があるのは間違いない。

2004年2月、国連のコフィ・アナン事務総長が東京を訪問し、国会で演説
した。イラク攻撃によって事務総長としての権威を英米同盟に踏みにじられた
アナンにとって、ちょうど来日のころ、イラクで複雑な交渉に力を注ぎ、いく
ぶんかでも指導力を回復していたとしても、この一年間は試練の連続だった。
(国会演説で)アナンは、国連予算の20パーセントを拠出しながら、安保理
に席を持たない日本について、世界市民としての役割を果たしていると賞賛し
た。かれは、小泉の政策について、さすがに批判めいたことは一言も口にしな
かったが、それでも小泉の方針には疑義を表明し、世界情勢を踏まえて、これ
までよりも自立して、国際人としての役割を果たすようにと、総理大臣の頭越
しに、日本国民一般に向けて訴えた。

“北朝鮮問題”が未解決であるうちは、日本は米国に依存しつづけるだろう。
逆に言えば、もしも日本と北朝鮮の関係が、また北朝鮮と韓国の関係が正常化
に向かい、緊張が緩和するようになれば、日本がアメリカの覇権主義的な計画
に包括的に組み込まれているような状態は、とても正当化されるものではない。
もしも東アジアに平和が到来するならば、韓国でも、あるいは日本でも、米軍
駐留の継続は困難になるだろう。その時、日本がアジア近隣諸国に眼を向けて、
米国の“信頼できる同盟国”であることよりも、将来のアジア共同体における
信頼に値するメンバーであることを目指して、政策優先順位を組み替えること
が可能になるだろう。それまでは、小泉がイラク南部に日本の“自衛”のため
の生命線を展開する決断をしたために、いつ血の代償を支払うことになるのか
と、日本国民はドキドキしながら待つことになる。

------------------------------------------------------------------
[筆者] ガバン・マコーマックは、キャンベラのオーストラリア国立大学教授
であり、現在、東京、国際基督教大学の客員教授。現代東アジアの歴史、政治
に関する論文、多数。最新刊『標的・北朝鮮:核の破局に北朝鮮を追いつめ
る』(未邦訳・仮題)Target North Korea: Pushing North Korea to the
Brink of Nuclear Catastrophe, Nation Books
-------------------------------------------------------------------
[原文] Tomgram: Gavan McCormack, Rising Sun over southern Iraq?
Boots, Billions, and Blood; Koizumi's Japan in Bush's World
By Gavan McCormack, posted March 16, 2004 at TomDispatch.com.
http://www.nationinstitute.org/tomdispatch/index.mhtml?emx=x&pid=1322
Copyright C2004 Gavan McCormack [TUP配信許諾済み]
===================================================================
翻訳 [前書き]井上 利男 [本文]岸本 和世
監修 星川 淳 + ガバン・マコーマック /協力 TUPチーム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
配信担当 菅原 秀 Schu Sugawara
電子メール: TUP-Bulletin-owner@yahoogroups.jp
TUP速報の申し込みは: http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
*問い合わせが膨大な数になっています。ご返事が書けない場合がありますので、
 ご容赦ください。

スポンサーサイト


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2004/03 | 04
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。