唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:260~264
【唐澤塾】260:[風象]:今の子どもたちにとっての「うさぎとかめ」の寓話

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

夏草を放置しておくとかなり大きくなるのがシロザ、アカザです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/siroza.html

秋になって、枯れた茎は杖になるくらい硬く丈夫だったと記憶しています。
今まで、アカザという1種類の草だと思っていたものが、2種類だったことは
今回調べて初めて知りました。
戦時中や戦後の食料が無かった時には、これを食用にしていたと
聞いたことがあります。
そういうことがあって欲しくはないですが、いざという時のために、
食用になる植物は覚えておくといいかも知れませんね。


シロザの茎赤紫ゆえアカザと紛う --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、時は正にオリンピックの真っ最中で、世界中の国から強い選手が
アテネに集まり競い合っています。

女子マラソンで金メダルを取った野口みずきさんが、
並み居る世界の強豪を相手に25キロから独走で優勝した快挙は
大したものです。

世界記録保持者のラドクリフが途中棄権ということで、
気温や起伏の多いコースなど、条件はかなり厳しいものだったのだろうと
思われます。

これで、高橋尚子さんが出場していたら、どうなったのかと思うと、
興味深々です。

♪ ♪ ♪ ♪

一方、最近の日本の幼稚園や小学校の運動会では、
徒競走などをして、順位を付けることは止めようという動きとか、
詰め込み教育の反動でゆとり教育の推進とかがありました。
しかし、それらはおかしいのではないか?という批判も多く、
教育方針の見直しから、教育基本法の改訂などが議論されています。

そんな中、ときどきご紹介している赤ひげななちゃんこと獣医師の
前野七彦さんの「ルンルン赤ひげななちゃんの宇宙」サイトのメッセージ集に
「うさぎとかめ」という話が載っていました。
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/newpage483.html

これは実際にあった話ということで、

”気を抜かず、競争に負けないようにしないと勝てないよ!”

という「うさぎとかめ」の寓話が教えていることに対して、

”寝ているうさぎさんを起こしてあげて一緒にゴールしようよ!”

という今の幼児の優しさは、大人が教えたわけではないと思いますから、
生まれながらにして持っている気性なのかと思われます。

これが意味することは、

”これからの時代は競争の無い、あるいは、競争をしない社会になる!”

ということなのか、

”日本人が根底から腰抜けになってしまった!”

ということなのか、どちらなんでしょうか?
皆さんはどう思われますか?

唐澤

以下、「ルンルン赤ひげななちゃんの宇宙」より転載**********

「うさぎとかめ」

  ある幼稚園でのお話です。

  先生が子供たちに「うさぎとかめ」の絵本を読んであげました。
  うさぎさんとかめさんが・・・
  やまの頂を目指して競争することになりました。

  子供たちは・・・
  「先生・・・競争してもしかたないよ!?」
  「うさぎさんの方が早いんだから・・・かめさんは勝てっこないよ。」
  「そうだそうだ・・・」

  先生は・・・
  「まあ~~~待ってね。お話を読み進んでみるよ」

  お話はどんどん進みます。

  うさぎさんは自分の足の速さに安心して、昼寝をしてしまいます。
  かめさんは遅いながら頂上を目指して一歩一歩休むこともなく
  進んでいきます。
  うさぎさんが目を覚まして気がつくと・・・
  かめさんはすでにゴールに達していました。

  うさぎさんは・・・
  ゴールのことよりかめさんと自分を比較してゆだんしたんですね。
  かめさんは・・・
  うさぎさんのことは目もくれずにゴールだけを目指しました。

  どちらが良いとか悪いじゃありません。
  ここまでが・・・
  いままでのお話です。

  先生の話を聞いて・・・
  子供たちは・・・
  あ~だこ~だと騒いでいました。

  すると・・・
  あるひとりの気の弱そうな子が先生に質問したんです。

  「先生・・・どうしてかめさんは、昼寝をしているうさぎさんをおこして
   あげなかったんだろう?」

  先生は・・・
  言っていることがよく理解できなかったそうです。

  「ぼくだったら、寝ているうさぎさんをおこしてあげたいな!!!」

  先生は、その子に聞いたそうです。

  「どうして、そう思うの?」

  「だって、ひとりでゴールするよりも、うさぎさんいっしょに楽しく
   ゴールしたほうがうれしいんだもん!!!」

  先生は・・・
  そのあと・・・
  しばらく言葉がでなかったそうです。
  でも何ともいえないあたたかな心を感じたそうです。

  大人たちは・・・
  ウサギのようじゃだめだぞ!
  かめのように生きなさい!
  目標を目指すことが大切なんだぞ!
  そんなことを子供たちに話します。

  それがいけないとは言わない。

  でも・・・
  何かが取り残されているような気がするんです。

  こんな話があります。

  ある小学校の運動会で・・・
  6年生の100メートル走の競争の時・・・
  ある女の子は6年間いつもダントツで最下位でした。
  でもこの日は、同じコースに怪我をして出る子がいたんですね。
  その女の子の親御さんは・・・
  ひょっとすると今年は最下位じゃないかもしれない。
  そう思ったそうです。
  この子は生まれながらの遺伝病で、筋肉が他の子の半分しかありません。
  知能も1年生程度なんです。
  でもいつもいつも・・・
  みんなにニコニコと笑顔を振りまいている優しい子でした。
  そして・・・
  100メートル走が始まりました。
  8人で走って、他の6人ははるか先を走っていました。
  この子はそれでも怪我をした子の前を走っていたんです。
  突然・・・後ろから「ぎゃっ~」と言う声が聞こえました。
  この子が振り返ると怪我をした子が転んでいたんです。
  すでに他の6人はゴールしていました。
  この子は何を思ったか・・・
  突然に後ろで転んでいる子のところにゆっくり駆け寄り・・・
  その子を抱きかかえて・・・
  走るとはいえないゆっくりした歩みで・・・
  怪我をしている子の肩に手をまわして・・・
  いっしょにゴールへ向かったんですね。
  その光景を見ていた運動会の会場の人々や生徒や先生方が・・・
  われんばかりの拍手をその二人に送っていました。
  とってもとってもあたたかでやさしい空気に包まれていました。
  そして・・・
  ゴールのテープが再度張られて・・・
  そのゴールに着く瞬間・・・
  この子は怪我をした子の背中をそっと押して・・・
  その子を先にゴールさせて・・・
  自分はニコニコしながら・・・
  いつものように最下位だったんです。

  この話を聞いて・・・
  ななちゃんは思いました。

  競争ってなんなんだろう?
  人に勝つことが幸せなの?
  成功することが幸せなの?
  目標を達成することが幸せなの?

  答えはみんな違っていいと思う。

  ただおらは・・・
  競争から協奏の道を歩んで生きたい。

  人の幸せを我が幸せと思いたい。
  人の喜びを我が喜びと思いたい。
  人の成功を我が成功と思いたい。

  ともに・・・
  自分という個の光を・・・
  尊重しながら・・・
  それぞれの美しい光を協奏してゆきたい。

  うさぎとかめ・・・

  「先生・・・どうしてかめさんは、昼寝をしているうさぎさんをおこして
   あげなかったんだろう?」

  「ぼくだったら、寝ているうさぎさんをおこしてあげたいな!!!」

  「だって、ひとりでゴールするよりも、うさぎさんいっしょに楽しく
   ゴールしたほうがうれしいんだもん!!!」

  幼い子供の純真なこころ・・・

  見習いたいです。

  ルンルン・・・

  ありがとうございます。

以上転載***************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】261:[風象]:笑えないジョーク;「ある上院議員の死」

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

シロザ、アカザほどではありませんが、結構草丈も高くなるのが、
オオアレチノギク(オオムカシヨモギ)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/oo-aretinogiku.html

似たような種類で、アレチノギク、ヒメムカシヨモギもあります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/aretinogiku.html
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/himemukasiyomogi.html

花が咲き終わるとタンポポのように、綿毛になって飛び散りますから、
畑や花壇では、小さなうちに抜いてしまう必要があります。


立ち枯れたオオアレチノギクは箒代り --- 照隅燈


▼ △ ▼ △


さて、時々ご紹介しているTUPの情報は、どちらかといえば堅苦しいものが多い
わけですが、今日ご紹介するのは、ブラック・ジョークです。

気分転換にどうぞ!
と言っても、考え込んでしまうかも知れませんが・・・。

唐澤

以下TUPより転載*************************

終の棲家はどちらに?
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*

英語圏の友人から転送されてきたメールを紹介致します。

千早/TUP翻訳メンバー

May Earth be Filled with Peace and Happiness!

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*

----------------------------------------
  ある上院議員の死
----------------------------------------

権力者だった上院議員が長患いの末亡くなった。彼の魂は天国に着き、入り口で
聖ペテロの出迎えを受けた。

「ようこそ、天国へ! でも、落ち着かれる前にちょっと問題があるのです。こ
のあたりでは、あなたのような高官には滅多にお目にかからないものだから、あ
なたをどう処遇すべきか悩んでいるのです」
と聖ペテロが言うと、

「問題などないだろう、私を入れてくれればいいんです」
と上院議員。

「えぇ、私もそうしたいのですが、上からの命令があるもので。これからあなた
に地獄で一日、天国で一日過ごしていただきます。それから『今後永遠にいた
い』と思う場所を選んで下さい」

「そうかい、でも私の心は決まっているんだ。天国にいたいんだよ」
と上院議員は言ったが、聖ペテロは、
「申し訳ないが、これも決まりなので」と応えた。

そうして聖ペテロは彼につき添い、エレベーターで下へ下へ――地獄へと案内した。

扉が開くと、上院議員はゴルフコースのグリーンのど真ん中に立っていた。少し
離れたところにクラブハウスがあり、その前には彼の友人や彼とともに働いた政
治家たちの姿が見え、皆、晩餐会用の服装で、とても楽しそうだった。彼らは上
院議員に挨拶をしに駆け寄り彼を抱きしめてから、一般市民を犠牲にして金持ち
になり、さんざんいい思いをした頃の思い出話に興じた。彼らは仲良くゴルフを
し、ロブスターやキャビアの夕食をとった。

そこには悪魔も同席していたが、これがまたとてもいい奴で、踊ったり冗談を
言って楽しんでいた。みんなとても楽しい思いをしていたので、上院議員がそれ
と気づく前に移動する時間になってしまった。みんなは彼をしっかと抱きしめ、
エレベーターが上がっていく間、手を振っていた。

エレベーターは上へ上へと昇り、天国で再びドアが開くと聖ペテロが待っていた。
「さぁ、今度は天国で過ごす番ですよ」

そしてこの国家元首は(訳注:この「上院議員」が「国家元首」でもあったとい
う意味*)、満ち足りた魂の一団と一緒に雲から雲へ飛んだり、ハープを演奏
し、歌ったりしてまた24時間が過ぎた。そう、ここでも彼らがとても楽しんで
いる内に――上院議員がそれと気づく前に時間が経ってしまい、聖ペテロは戻っ
てきた。

「さて、あなたは地獄で一日、天国で一日を過ごされました。さぁ、あなたの終
の棲家をお選びなさい」

上院議員はちょっと考えてから答えた。
「えぇっと、こんなことを言うとは思いもしなかったんだけど――天国はとても
愉快なところだったし。でも僕は地獄に行った方がいいと思う」

そこで聖ペテロは彼をエレベーターへと導き、上院議員は下へ下へ――地獄へと
降りていった。

ドアが開くと、なんと彼は屑やゴミに覆われた不毛の地に立っていた。彼の友人
たちは皆ボロきれをまとってゴミを拾い、そのゴミを黒い袋に入れているのが見
えた。すると悪魔がやってきて、彼の首に手を回しかけた。

「い、一体どういうことだ!?」
と、上院議員はどもりながら言った。
「昨日来たときは、ゴルフコースやクラブハウスがあって、ロブスターやキャビ
アを食べて、踊って、思いっきり楽しんだのに。今じゃゴミだらけの荒れた土地
しかなくて、僕のともだちはみんな惨めな格好をしてる……」

悪魔は彼を見て微笑み、そして言った。

「昨日は、いわゆる選挙運動中だったからな。
で、今日、お前は俺たちに投票したってわけだ」


来たる選挙では、賢い一票を!!


(翻訳 千早/TUP翻訳メンバー)

*訳注補足: このジョークは「一般的な話」と思わせつつ、上院議員ではな
かったが、国家元首であるブッシュ大統領をモデルにして書かれたものと思われる。

※今年11月には米大統領選挙、オーストラリアの総選挙も同じ頃にあるだろう
との予想、そして来年は英国の総選挙も予定されている。

原文URL:

Pulido2000.com
http://pulido2000.com ほか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
配信担当 菅原 秀 Schu Sugawara
電子メール: TUP-Bulletin-owner@yahoogroups.jp
TUP速報の申し込みは: http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
*問い合わせが膨大な数になっています。ご返事が書けない場合がありますので、 ご容赦ください。
■TUPアンソロジー『世界は変えられる』(七つ森書館) JCJ市民メディア賞受賞!!

以上転載******************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】262:[風象]:「著作物のファイル交換サービスは合法」と裁定

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

昨日ご紹介したアレチノギク系とよく似た花に、ヒメジオン(ヒメジョオン:姫女苑)
があります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/himejoon.html

春先ですと、ハルジオン(春紫苑)という似たような草もあります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Harujion.html

これらもあちこちによく生えるし、咲いていますね。
どちらかというと、やわらかい土のところに密生しています。


ヒメジオン花瓶に生ければそれなりに --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、仲間から仲間へバケツ・リレーのように
(こうした方式をピア・トゥ・ピア、略してP2Pと呼びますが)
音楽ファイルや映像ファイルなどを交換するソフトが、
大学生を中心に若者たちの間で急速に普及し、広く使われるようになった結果、
それは著作権法違反だとして米国では、レコード会社や映画会社から
サービス提供企業が訴えられていました。

昨年、連邦地方裁判所は、ユーザーの違法行為に対して、サービス提供者
は責任を問われないという裁定を下しました。

それに対して、レコード会社や映画会社は控訴していたのですが、
連邦控訴裁判所も、合法だという判断を下したということです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040820103.html

更に控訴するかも知れませんが、ファイル交換ソフトを開発したり、
サービスを提供することの違法性についての解釈は
合法ということで、ほぼ固まったと考えて良さそうです。

しかし、違法コピーして大量のファイルを提供した個人利用者は、
全米レコード協会が提訴して損害賠償を請求していますから、
問題が解決したわけではありませんが、
ダウンロードするだけであれば、提訴されることは無いのかと思われます。

では、誰がファイルをアップロードするのか?ということになりますね。
大量にアップロードした犠牲者の損害賠償は、利用者のカンパで賄う、
といったことが起きていると聞いています。

著作権保有者は、積極的にネットを活用して著作物をもっと安く提供するか、
保護を更に強化して、売上を減らしてもいいのか、二者択一のように思いますが、
皆さんはどう思われますか?

@ @ @ @ @

【唐澤塾】263:[事象]:シャープが水で焼く「ウォーター・オーブン」を発売

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

春から生えていると思いますが、先端が黄色い蕾状の花のノボロギクは
私にとって、夏、畑に生える草の代表的なイメージが強いものです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/noborogiku.html


いつ見ても黄色いつぼみのノボロギク --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


皆さんもシャープのCMでよく見た(聞いた)キャッチコピーで、

”目のつけどころがシャープでしょ--->”

は、ご存知だと思います。それがいつのまにか、

”はじまりはいつも、シャープから。”

に変わっているようですが、そのシャープが

肥満対策に役立つ新型オーブン「ヘルシオ」

という商品を発表しました。

水で焼く「ウォーター・オーブン」というものです。
300度の加熱水蒸気で調理するので、肉や魚の脂肪分と塩分を溶かして
減らすことができるので、ダイエットに最適ということです。
http://www.sharp.co.jp/healsio/

200グラムのステーキをフランパンで焼くのに比べて約13%のカロリーをカット、
塩サケで約3倍、アジの開きで約6倍も塩分が減るということです。
また、これで調理すると、ビタミンCの酸化を防ぐので、野菜などの調理で、
普通のオーブンの約1.8倍、鍋料理の約1.4倍もビタミンCが残るということです。

確かに「目のつけどころがシャープ」ですし、
こういう商品は今まで無かったので
「はじまりはシャープから」ということになりそうです。

肉や魚の旨みは脂身であるという話もありますから、
それらを水に溶かして流してしまった後は、
ツナやサケのフレークのようにぼろぼろにんらないのか?
スポンジのような肉にならないのか?
本当においしいのかどうか、ちょっと気になります。

値段は12万6千円とのことですが、
さて、皆さんはお買いになりますか?
肥満の人が多い、海外では売れるかも知れません。

まずは、これで調理した料理を試食してみないと、わかりませんね!

@ @ @ @ @

【唐澤塾】264:[風象]:ホットワイヤード編集長の編集後記

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

カラスの○○、スズメの○○、といった名前の植物は結構多い気がします。
皆さんはカラスビシャク(烏柄杓)はご存知でしょうか?
名前は知らなくても見たことはあると思います。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/karasubishaku.html

この草は地中の深いところに球茎ができるので、葉や茎を抜いても、
球茎を抜かない限り後から後から芽が出てきます。
この球茎は、漢方薬の半夏(はんげ)で、吐き気を鎮めるということです。

花に相当する部分が仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる面白い形をしていのが
特徴ですね。


カラスビシャク仏が鎮座する如く --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


昨日お知らせした、

”はじまりはいつも、シャープから。” の水で焼くウォーター・オーブン「ヘルシオ」
http://www.sharp.co.jp/healsio/

については、焼くのではなく煮るようなものだろうから、
焦げ目の付いていない肉や魚はおいしくないのでは?
というコメントを2~3の方から頂きました。
ここが一番気になりますね。
市ヶ谷にシャープのショールームがありますが、
あそこに行けば試食できるんでしょうかねえ?

ところで、この商品のネーミングですが、ヘルシーから取ったと思っていましたが、
語源は「減る塩」かも知れませんね。


ヘルシーと減る塩懸けた名付けの妙 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、ホットワイヤードの週刊メルマガの編集後記に編集長の江坂氏が
下記のようなことを書いていました。
ホットワイヤード:http://hotwired.goo.ne.jp/
メルマガ申込:http://hotwired.goo.ne.jp/webmonkey/reception/

今度のオリンピックのこと、テレビにおけるスポーツ中継の重みのこと、
プロ野球とJリーグのこと、音楽配信のこと、石油価格のことにコメントしていますが、
それぞれについて、「うん、そうだよね!」と思いましたので、
無断ですが、ご紹介致します。

以下転載*******************************

 ┏━━ 三 丁 目 通 信 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    予定外の夜更かしを重ねてます・・(^^;)。
    シドニー大会でも、こんなにテレビ中継してたっけ?メディア・コ
   ンテンツとしてのスポーツの位置づけが、今後ますます大きくなりそ
   うだ。
    日本人のライフスタイルや産業構造が転換期にある今、娯楽・芸術・
   スポーツが、生活により密着する形で経済にも影響を与えつつより重
   要な存在になっていきそう。スポーツを「見る」だけでなく「して楽
   しむ」人も確実に増えている。地域スポーツ振興を唱ったJリーグの
   百年構想は、先見の明があったと言えるだろう。短期的な経営の視点
   だけを優先させているプロ野球は、時代の気配を感じてない。その意
   味で、音楽産業も、本来、似通った需要があるはずなのだが、CCCD
   や輸入権といった対処法は、なにか低迷するプロ野球のようで悲しい。
    そういえば・・石油価格の高騰が気になる。産油国と大国の政治的
   かけ引きで、世界中が右往左往させられる日々はいつまで続くんで
   しょうか・・。
               (編集長・江坂健 xxxxxxx@hotwired.co.jp)

 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

以上転載*******************************

@ @ @ @ @

スポンサーサイト
【唐澤塾】バックナンバー:255~259
【唐澤塾】255:[風象]:リバーの日記「なおも続く爆撃・・・そして教会」

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

雑草ではなく自生植物と呼ぼうと思っていましたが、

夏草や兵どもが夢の跡 --- 芭蕉

という句を思い出しました。
そうか、夏草という言い方もあったんだと。
さすがは芭蕉ですね。

まあ、それはともかく、次にご紹介したいのは、エノコログサです。
http://www.iskweb.co.jp/ibj/Zukan/Hata_index_1.htm

犬ころ草が訛ってエノコロ草になったとのことですが、
別名、ネコジャラシとも言われますので、
皆さんもなじみ深い夏草かと思います。

犬や猫の尻尾のような穂は、毛虫のようでもあり、
子どもの頃は、友達の首にいきなり「毛虫だ!」とくっつけたり
しませんでしたか?

また、手の平に入れて軽く握っておいて、にぎにぎすると、
毛虫のように動いて出てくるということもやりませんでしたか?

そして茎を半分に割いて、穂の上の方だけ残して、鼻の下に着けて
ヒゲの代わりにしたりしましたよね。

エノコログサひとつで結構遊ぶことができたものです。


毛虫かとハッと驚くエノコログサ --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼

さて、オリンピックが始まりましたね。

活躍が期待されていた選手はプレッシャーにもめげずに
予想通りの結果を出していて、最近の日本の若者はたくましいなあ、
と感じながらテレビや新聞を見ています。

従来、オリンピック開催期間中は、例えそれまで紛争や戦争があっても
休戦したものですが、イラクでは、米軍によるナジャフ攻撃が続いているようで、
911以降、米国はやりたい放題の感じです。

イラクのアンネことリバーベンドの日記は、1ヶ月半ほど更新されていませんでした。
それが、7月31日に更新され、続いて8月7日にも更新されました。
http://www.geocities.jp/riverbendblog/riverbendblog06.html

現地がどういう状態なのか、彼女の最新の日記をお読み下さい。

1日も早く戦闘が終結しますように!

唐澤 合掌

以下TUPからの転載*************************

イラクの女性、リバーベンドの日記、2004年8月7日
===============================
 戦火の中のバグダッド、停電の合間をぬって書きつがれる24歳の
女性の日記『リバーベンド・ブログ』。イラクのふつうの人の暮らし、
女性としての思い・・・といっても、家宅捜索、爆撃、爆発、誘拐、
検問が日常、女性は外を出ることもできず、職はなくガソリンの行列
と水汲みにあけくれる毎日。「イラクのアンネ」として世界中で
読まれています。すぐ傍らに、リバーベンドの笑い、怒り、涙、ため
息が感じられるようなこの日記、ぜひ読んでください。(この記事は、
TUPとリバーベンド・プロジェクトの連携によるものです)。
http://www.geocities.jp/riverbendblog/
===============================
 先週に続いて間をおかずの日記です。電力事情が少しは改善したので
しょうか。いえどうしても言いたいこと、伝えたいことがあるのです。
なおも続く爆撃の下、人々が分断され対立させられ散り散りになって
いく様子が語られます。(TUP/池田真里)
===============================
2004年8月7日(土)

なおも続く爆撃・・・そして教会

ナジャフとサドルシティの連日の事態で300人以上が亡くなった。
もちろん亡くなった人たちはみな“反乱軍”と呼ばれている。テレビ
に映った、アバヤにくるまれて道路の上にごろりところがされた女性
もその一味ということに違いない。今日は爆発が数回起こり、バグダ
ッドを揺るがした。政府職員のなかには、明日は登庁しないようにと
命令された者もいる。

で、これが、この国の南部に住むシーア派の人々に約束された再建の
試みの一部だっていうわけ?ナジャフはイラクで最も聖なる町とされ
ている。ここには世界中からシーア派の人々が訪れる。それなのに、
この2日間というもの、この町に爆弾や砲弾が降り注いだ。ほかでも
ない、抑圧されたシーア派の“救済者”であるアメリカ人によって。
じゃあ、ここもまた“スンニトライアングル”ってわけ?道路の上の
数々の死骸、死者や死にゆくものを悼む人々、炎に包まれた建物…ど
れも既に見たことがあるような気がする。テレビには次々に映像が映
し出される。どこもかしこもファルージャの再現だ。20年経ったら、
現在掘られているたくさんの墓について、いったいだれのせいにされ
るのかしら。

私たちは、しょうこりもなく 何らかのかたちで非難声明が出るので
はと待っている。私自身は、現在政権の座にあるかのようなふりをし
ている、アメリカに選ばれた暫定政府をこれっぽっちも信頼していな
い。けれども、なぜか、いつかある時、操り人形のひとり、たとえば
アラウィがテレビに登場してすべての殺戮を非難することがあるかも
しれないという思いから離れられない。彼らのうちのだれかが、カメ
ラの前に立って辞任を告げるとか、少なくとも爆撃や焼討ちや殺戮に
対して、もううんざりだと言い、その終結を求めるのではないか…ば
かげた望みだとわかってはいるのだけれど。

ところで、いまこそ必要としているのに、暫定憲法はどこにあるって
いうの? 私的居住の尊厳は今もなお侵害され続けているのに…多く
の人々が今もなお不法に拘束され続けているのに…都市は爆撃され続
けているのに。それなのに、憲法には、米軍は爆撃したり火をつけた
りしてはいけないという規定が、ほんとにまったくどこを探してもな
いのだ。

つごうのいいことに、シスタ-ニはロンドンに行ってしまっている。
パウエルその他の連中がじきじきに決める時まで、彼の“病気”は回
復しないことだろう。彼の仲間のシーア派の人々がナジャフやその他
の地域で爆撃され殺害されたことについて、シスターニが糾弾するの
をだれもが待ち望んでいるというのに、彼は体調の故障だかなにかで
倒れ、検査を受けにロンドンへ行かなくてはならなくなった。このよ
うにして、彼は今の状況について、われ関せずを決め込むことができ
ている。シーア派の人々はみな、この沈黙に失望している。彼らは、
なんらかのファトワ、つまり、非難声明を待ち望んでいるのだ。しか
し、シスターニがイギリスの看護婦たちにいい子いい子されている間
は、そうしたものは出されないだろう。

ニュースチャンネルは、彼がいつもの一団、支持者とグルーピーに取
り囲まれ、自家用飛行機から足をひきずりつつ降りるのを放映した。
はっきりとは見分けられなかったけれど、バール・ウル・イルームが
彼と一緒にいたことは誓ってもいいわ。E(弟)は、グルーピーの中
にチャラビがいたと言うけれども、どうやらカメラマンはとても遠く
離れた位置から撮影していたらしく、見分けるのはむずかしい。

シスターニが重い病気にかかっていると思うと、だれもが不安になる。
もし今彼に死なれてしまったら、南部にいるシーア派の聖職者たちの
間で権力闘争が始まることになるだろう。このことについては、ホア
ン・コールが詳しいわ。

みんな聞いて知っていることだけれど、先週は教会が爆撃された。こ
れには私たちみなぞっとした。何十年もの間-何世紀も、というわけ
じゃないけど-イラクでは教会とモスクが共存してきた。私たちは、
クリスチャンの友人たちといっしょにクリスマスとイースターを祝い、
彼らも私たちといっしょにイードを祝う。私たちはおたがいに「クリ
スチャン」とか「ムスリム」とかいうレッテルを貼りあうことをけっ
してしなかった…そんなことはほんとにどうでもいいことだった。私
たちは隣人であり、友人であり、お互いに相手の宗教上の慣習や祝日
を尊重しあっていた。私たちの信仰は多くの点で異なっているし、そ
の中には根本的な違いもあるが、そんなことはまったく問題ではなか
った。

クリスチャンの人たちがもはや安全だと感じることができなくなって
しまったと思うと打ちのめされる。もちろん現在私たちのだれもが安
全でないと感じていることはわかっている。けれども、これまではず
っと、異なる宗教の間にだれもが知っている安心感があった。結婚式
や洗礼式や葬式に参列するために教会の中に入ったことがあるイラク
人は多い。戦争終結以来、クリスチャンの人たちは痛い目にあわされ
続けている。南部だけでなく、バグダッドや北部の一部においても、
住んでいる家から追放されるということが起こり続けている。しかる
べき服装をするように、あるいは、教会に行かないようになどと強制
されている人たちもいる。クリスチャンの多くが国外に脱出しようと
考えているが、これは莫大な損失になる。イラクには、クリスチャン
の高名な外科医、大学教授、芸術家、音楽家がいる。これが中東地域
でのイラクのすばらしいところだった-私たちはみんなうまく共存し
ているということで、有名だった。

この一連の爆発を企てた連中は、イスラムに可能な限り最悪なイメー
ジを与えようとする人々だと、私は確信する。これはイスラムとなん
の関係もない。ちょうど、いくらブッシュが関係あるように見せかけ
ようとしても、この戦争と占領がキリスト教やキリストとなんの関係
もないのと同じように。これが問題の一端だ。つまり多くの人々がこ
の戦争と現在の状況を十字軍になぞらえて考えていること。“イスラ
ム”があらたな共産主義になってしまったのだ。これは、アメリカ人
を脅えさせ、完全に武装して“自衛”のために他国を攻撃するように
させるための、あらたな冷戦だ。“テロ警報”を発令して人々を脅え
させ、アラブ人一般、ことにムスリムを差別するようにさせるのが、
もっともよい方法だ…ちょうどこの戦争が西欧人一般やアメリカ人に
対する憎悪を生み出すのにおおいに役だっているように。戦争と占領
で親や子どもや家を失った人々は、これをわが身がやられたこととと
らえ、おそらくは復讐したいと思うだろう。ムスリムであれクリスチ
ャンであれ。

私はいつも、教会の前を通るのが好き。地域のモスクからほど遠くな
いところに、バグダッドの太陽に照らされて教会が輝いているのを見
ると、世の中はなにもかもうまくいっていると、つかのまでも感じる
ことができる。教会の洗練された簡素なたたずまいは、モスクの込み
入ったデザインと対照的だ。

私の住む地域にもすてきな教会がある。高く、堅固で灰色をしている。
とても機能的で簡素な建物だ。長方形で、尖った屋根のてっぺんには
あっさりとした十字架、つまりサリーブ(アラビア語で“十字架”の
意)が立っている。質素な木製の扉があり、小さな庭がある。そう、
ちょうどあなたの7歳の甥や娘が描く小さな教会の絵とそっくり。こ
の簡素なつくりと窓のステンドグラスとがすばらしい対照をなしてい
る。窓には少なくとも30色は使われている。教会の前を通るとき、
私はいつもこの窓を見つめ、中にいる人たちに無数の色と形が降り注
いでいるのだろうと思いをめぐらす。でも、最近はここを通るのがつ
らい。なぜなら、かつてこの教会へ礼拝に訪れていた人たちの多くが
いなくなってしまったことを知っているから。彼らはシリアやヨルダ
ンやカナダなどに発って行ってしまった。傷ついた心と苦しみを抱え
て。

午後10時57分 リバーにより掲示
(翻訳/リバーベンドプロジェクト:伊藤美好、池田真里)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
配信担当 菅原 秀 Schu Sugawara
電子メール: TUP-Bulletin-owner@yahoogroups.jp
TUP速報の申し込みは: http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
*問い合わせが膨大な数になっています。ご返事が書けない場合がありますので、
 ご容赦ください。
■TUPアンソロジー『世界は変えられる』(七つ森書館) JCJ市民メディア賞受賞!!

以上TUPの転載終わり************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】256:[事象]:日本最古の国産ピアノが母校飯田高校にあります

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

今朝は主要総合新聞各社から号外が出たというくらいで、

体操男子団体の28年ぶりの金メダル獲得!

は久し振りに明るいニュースでしたね。

ご存知の方もいらっしゃるかと思われますが、
波動の研究家である江本勝氏によると、
水の良し悪しを、凍らせた時にできる結晶の形で判断できて、
良い水はきれいな六角形の花のような結晶ができるそうです。

そして、そうした評価方法によると、
オリンピック開催の年になると、世界中の水が悪くなるそうです。
それは、選手も応援する人たちも国を挙げて戦っているので、
悪い波動がたくさん出ているからだろうとのことです。

だから、この間のサッカー・アジア・カップの中国戦のような戦いは
両国の水質を悪くしているのかも知れませんから、
戦闘的な競技を見るのはなるべく避けようかと思っていますが、
体操やシンクロのように演技レベルを競うものは採点評価がむずかしい
とう面はありますが、選手の技を競うので良いと思っています。

♪ ♪ ♪ ♪

さて、夏草をご紹介して来ましたが、だんだんとネタ切れになりそうです。

春から生えていますが、花穂が立っている夏に、ああ、ここにあったんだ!
と気が付くので、夏草の代表というイメージがあるオオバコを忘れてはいけません。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/oobako.html

オオバコは薬草としても使われるようですね。
日陰で乾燥させたオオバコを車前草(シャゼンソウ)というとのこと。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/072.htm

下痢止め、咳止め、止血、強壮といった薬効があるようです。


オオバコは踏まれなければ生きられぬとや --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


去る6月19日から7月4日まで、佐倉市立美術館で「音のアンティーク展」
が佐倉市市制施行50周年・佐倉市民音楽ホール開館20周年記念事業
の一環として開催されました。
事前に皆さんにお知らせすれば良かったのですが、すっかり忘れていました。

そこには、母校の飯田高校が所蔵しているピアノが出展されました。

このピアノは1902(明治35)年にヤマハ(山葉)が製造したアップライトピアノで、
翌年、開校して間もない長野県飯田中学校(現飯田高校)に納入されたものです。
製造番号は1010で「10番目の量産アップライト型ピアノ」を示しているということです。

現存が確認されている製造番号一桁のものは1台だけで、
それは音は出ないということなので、
ちゃんと音が出る国産ピアノとしては日本最古のものということになるようです。

これは、一人の音楽好きの教師の熱意が校長を動かし、
校長の英断と関係者の支援で実現したとのことです。

鉄道も無かった伊那谷の中学校に、子どもたちの情操教育のためにと
当時としては非常に高価で貴重なピアノを購入し、馬で運んだということに、
よくぞ!という感動を覚えると共に、諸先輩方に感謝するものです。

詳しくは、下記サイトをご覧下さい。
http://www.minamishinshu.co.jp/news2004/8/17n4.htm

@ @ @ @ @

【唐澤塾】257:[風象]:「動物を飼う」ことについての教育関係者と獣医師の議論

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

まだまだ暑いので、蝉は朝から明るい間は鳴いていますが、
立秋を過ぎた今、季節は確実に変化しているようで、
夜になると、涼しくなり、コウロギが鳴き初めていますね。

稲の穂が出てから4週間くらいですが、もうかなり重く垂れ下がり、
黄色く色づき始めています。
日曜日の雨で、稲穂の重さに耐えられなくて、
窒素分をいっぱい吸収した肥満体の柔らかい稲はよろけ始めています。
今度雨が降ると、横に寝てしまうところがあるだろうと思います。

さて、夏草として、薬草でもあるオオバコをご紹介したので、
次はゲンノショウコということになるでしょうか?
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/gennoshouko.html

薬効は、食中り、下痢、慢性の胃腸病、便秘などということです。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/146.htm

飲めばたちどころに効くということから「現の証拠」と名付けられたそうですね。

私が卒業した高陵中学校は、当時としては珍しい組合立中学校でした。
上郷村と座光寺村の2つの村の中学校を合併させたわけです。

創立は私がまだ小学校に上がる前の昭和26年で、
姉など当時の中学生は、校舎の屋根瓦を上げる手伝いなどしたとのことでした。

創立後、まだ校歌が無かったので、有名な先生にお願いしようということで、
毎年、夏休みには、生徒が薬草を採って、休み明けに持ち寄り、
それを売ったお金などを貯めて、昭和29年3月に土岐善麿作詞、信時 潔作曲の
校歌が披露されたということです。

ですから、我々の時代にも、夏休みには薬草を採って乾燥させて持って行く
ということはやっていたと記憶しています。


葉は大きくとも可憐な花のゲンノショウコ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、学校飼育動物を考える獣医師の中川美穂子さんから頂いている、
「飼育情報」というニュースレターに、教育関係者や獣医師さんの間で、
「動物を飼う」ということについての議論されていることが書かれておりましたので、
ご紹介したいと思います。

この中で、重要な情報は、

脳科学者や心理学者によれば;

@思いやりは8才までにほぼ培われ、動物との関わりが大きな影響を及ぼす

@子どもが責任を持って動物を世話ができるようになるのは、16才から

という相矛盾する状況なので、子どもの自己責任を中心に考えれば、
肝心な幼児期から小学校・中学年までの間は動物を飼うことができない、
ということです。

そこを補うのが親であり、学校である、

ということになるのでしょう。

お子さんをお持ちの方は、ご家族で話し合ってみては如何でしょうか?

唐澤

以下中川さんのニュースレターから転載*****************

@「『動物を飼う』ということ」を踏まえて、

       動物愛護教育だけを考える獣医師への発信 中川美穂子

 今年初めだったか、関西の行政の方が、学校で動物介在教育を年間5時間したら、
それまで盛んに犬を欲しがっていた子(6年生?)が
「自分で世話できるようになるまで動物を欲しがらない」と親にいったそうです。

 行政の方はそれを「授業の大きな成果だった」と発表なさっておられました。

 しかし、見方を変えれば、「子供達を、動物を飼わないように誘導し」し「親に 
飼ってやらないのは正当なことだと思わせた」ことになってしまった、と言えます。

 私は、発表なさった方達に、それは逆ではないか、
行政としては、親御さんに対して「子どもの成長には動物は大事だから、その成長
環境に動物を置いて、親が飼ってあげてくれ」と発信して欲しいとお願いしました。


 脳科学者や心理学者によれば、思いやりは8才までにほぼ培われ、動物との関わりが大きな影響を及ぼすそうです、が、子どもが責任を持って動物を世話ができるように
なるためには、16才にもなってしまい、(受験が終わって親が子どもにご褒美に動
物を与える、あるいは親の制止を振り切って子どもが自分の考えで動物を飼い始める
るのが16才頃です)
肝心な幼児期から小学校中学年までに飼うことができません。

 それではあまりにも子供達の損失、つまり将来の日本の損失が大きいでしょう
   生き物の実感がもてないということ等に関して。



下の文は8月29日の学校飼育動物研究会:シンポジウムで「教室内飼育の成果と課
題」を発表なさる筑波大学附属の森田和良教諭の抄録からの文章です。このお考えを
広げ、実践をサポートする体制をつくるための研究会だと思います。

 研究会の案内は下のサイトをご覧下さい
http://www.vets.ne.jp/~school/pets/siikukenkyukai.html

(6年間に3クラスの担任になり、その都度モルモットを育てる実践をしている森田
先生の抄録から抜粋。この他 学期末の指導なども書いてあります。

ーーーーーーーーーーーーー
2. 生き物を学習で扱う意義

 生き物を学習で扱う利点は、次の点が考えられる。まず、子どもは生き物に対し
て関心をもちやすいこと。次に、反応が多様で予想外のことがおきやすいこと。
さらに、生き物に触れることで命を感じ、生きる営みにかかわることで感動を味
わえること。また、言葉が通じないので、相手の表情や仕草から相手の心を読み
取らざるを得ない状況に置かれ、自分の対応を振り返らざるを得ないこと。

 さらに、生き物を自分の手で育てることによって、生き物に対する愛情、やさ
しい心遣い、安定した気持ちなどが芽生えてくる。言葉は通じなくても心が通じ
るという実感、生きているうれしさの実感など、生き物を育てることによってお
のずと生まれ育っていく「心の働き」は、人間としてとても大切な資質であろう。

 最後に、生き物を育てることはたいへんな責任を負うということを自覚できる
ことである。狭い場所に閉じ込められた生き物にとって、自分の環境は与えられ
たものであって、自分の意志ではどうすることもできない。決められた場所で食
事をし、そして排泄もする。さらにそこで寝起きをして、場合によっては子ども
もそこで産み育てる。生きていく上でのすべての営みを、狭い飼育小屋や飼育
ゲージの中で行わなければない。したがって、その生き物を飼っている人間の世
話の仕方に、すべての環境が左右されてしまうのである。

 このことの意味を、飼っている人間は自覚する必要がある。つまり、狭い飼育
小屋に動物を入れた瞬間から、その動物の住んでいた自然が動物たちに与えて来
た様々な恵みを、飼い主が自然になりかわってその動物に与えることが義務とし
て発生するのである。

 生き物を育てる営みは、このような様々な人間として重要な資質や能力を育て
るのに有効に働くのである。
ーーーーーーーーーーーー

(中川)
 親に「子どものために動物を飼ってあげなさい」と だれも命令できません。

「学校での飼育は重要だ」「獣医師の学校への関わりは必要だ」「そのための法整備
の努力したい」と、文部科学大臣も国会で答弁なさっておられますから、獣医師も
教育者が期待する支援システムを理解するときでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お茶の水女子大学 子ども発達教育研究センター 客員研究員 
日本小動物獣医師会 学校飼育動物対策委員会 (動物介在教育支援)副委員長
社)日本獣医師会 学校飼育動物対策委員会 副委員長 
              
   CAS主宰        中 川 美 穂 子

   電話 0422-53-xxxx xxxxxxxx@vet.ne.jp
       「学校飼育動物を考えるページ」
      http://www.vets.ne.jp/~school/pets/
  全国学校飼育動物獣医師連絡協議会(CAS)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上、転載終わり**************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】258:[風象]:フランス近辺に広がる反ユダヤ主義

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

夏の薬草としては、ドクダミを忘れてはいけないでしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Dokudami.html

薬草としてのドクダミは十薬と呼ばれるように、薬効は広範囲のようです。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/450.htm

ドクダミ茶:利尿、便通、高血圧予防、緩下作用、利尿作用、血圧を降下、殺菌作用、
神経痛、動脈硬化、アトピー、などに効果がある。
ドクダミ青汁:胃痛、十二指腸潰瘍にも効果がある。
塗布:生の葉をよくもむ、又は、火で炙る。化膿、擦り傷、靴擦れ、水虫など。
風呂:乾燥した葉を適量風呂に入れる。あせも、湿疹など。

とあります。
それにしても、あの臭いは強烈ですね。
ドクダミの青汁はちょっと飲めそうもない感じがします。


ドクダミの臭いなかりせば侘び寂びの花 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、時々ご紹介している村上龍氏のメルマガJMMに、オランダ在住の春具さんが、
フランス近辺における反ユダヤ主義のことを書かれていましたので、
フランスとビジネスをしている私としては、興味深く読みました。
JMMのWebには、以前はアーカイブがあったのですが、今はありませんので、
下記に抜粋してご紹介します。

唐澤

以下抜粋転載****************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 『オランダ・ハーグより』 春 具                第95回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「オオカミが来たぞーッ!」

 欧州にアンチ・セミティズムの風潮が広がってきているようである。Anti
Semitismは反ユダヤ主義とも訳されるユダヤ人を差別・排斥する動きで、世界がモス
リムの動向に対して敏感になっているその反動ともいえましょうが、とくにフランス
で、ユダヤ系の学校が放火されたり、ユダヤ人墓地の墓石にナチスのシンボルだった
ハーケンクロイツのマークや反ユダヤのいたずら書きがされたり、そういう嫌がらせ
が野火のように広がりつつあるようです。そういえばトルコでもシナゴーグ(ユダヤ
教の教会)に爆薬が仕掛けられたことがありました。ヨーロッパがユダヤ人たちにとっ
て住みにくい土地になりつつあるのかもしれません。その様子がオランダにいても伝
わってくる。

 その気配を感じたのか、イスラエルのシャロン首相が、フランスのユダヤ人に向か
い、「いまのフランスは反ユダヤ主義がはびこってきているから、そんな国は早く出
て、イスラエルへ(帰って)来なさい」と言い、そのことが物議をかもした。

 当然、フランスは怒りますよね。シラク政府はこの発言に対して、「なんてことを
いうんだ。主権侵害だ」と怒りくるい、しばらくのあいだフランスの論説はこの話を
中心になかなかカシマシかった。こんなときパリに、燃えていた大中博士がいらした
らあらゆるメディを分析して、洛陽の紙価を高めるべく洞察の深い報告をされたろう
に、惜しい人が帰国されてしまったものだと慙愧の念に耐えないのでありますが、こ
のシャロン首相とフランス政府とのやりとりは、この二つの国家の成立原理・建国思
想の根幹を反映していて、その意味でわたくしには興味深いやりとりでありました。

 ご存知のように、イスラエルという国は1945年にイギリスの主導によって世界
中に散らばっていたユダヤ人の故郷として建設された国家であります。イスラエルは
ユダヤ人の国家であり、そのユダヤ人とは世界に散らばったユダヤ人をすべて意味し
ているのである。その思想的背景には旧約聖書があるのですが、ユダヤ人は、最後に
はイスラエルに戻ってくることになっている。いま散らばっているのは仮の姿だとい
うのであります。

 聖書に放蕩息子の喩えというのがありますね。家出をして遊びほうけていた息子が、
一文無しになって親元へ帰ってくる。親は怒るどころか、涙を流して喜び、よく帰っ
て来たねえと迎えるのである。放蕩息子が世界に散らばるユダヤ人で、親にあたるの
がイスラエルというわけだ。フランスなんかでいじめられて暮らすよりはさっさと故
郷へ帰ってきなさい、イスラエルは待っているのだよというわけである。

 もっとも、パレスティナや近隣のアラブ諸国と自爆だ報復だと殺戮を繰り返してい
たり、その安全確保のためだといって、世界の反対を押し切ってエルサレムに壁を築
かなければならないような国がフランスより安全かどうか、そのあたりはアタマを冷
やして考えてみる必要もありましょうが、シャロン発言は民族としてのユダヤ人の有
り様を宣言しているのであります。

 ところが反対に、いまのフランスは共和制である。すなわちフランスはRepublique
de la francaise といい、いまはユーロになってしまったが、かつてのお札にはフラ
ンス共和国と書いてあったように、フランス人ならば誰でもみんなフランス人なので
あって、ユダヤ人だろうがアフリカンだろうがモロッコ人だろうがベトナム人だろう
が、フランス国籍を持っていれば対等にフランス人なのであります。

 そしてフランスほど、自国民をフランス文化で染め上げようとする国家もほかに見
あたらないのではないか。フランス語・フランス文化教育への力の入れようは、外国
にいても気がつくほど、たとえば日本のアテネ・フランセとか日仏学院の教育水準の
高さでおよそ見当がつくでしょうが、フランスに来ようという人たちをすべてフラン
ス化しようとする意気込みは半端ではない。

 フランスの領土に住むのならば、そこがパリであろうがリオンであろうがはたまた
アルプスの山奥の寒村であろうが、あなたはバゲットを齧り、カフェオレを飲み、ル
ノーサンクを乗り回し、反対車線でも駐車をし、横断歩道は赤信号でも渡り、横断歩
道がなくても渡り、DVDでなく映画館で映画を見(映画はフランスの文化である)、
それらのすべてをフランス語で押し通すことが要求される。

 もっとも、そのあたりの期待感は日本も同じで、日本に住む外国人にはやはり箸を
使って和食を食べていただきたいものだと思うが(何年いてもできないノン・ジャパ
ニーズっているからね。それでいてわたくしどもなんかに会うと日本は楽しかった、
いい国だなどとお世辞を言う)、フランスではあなたはフランス人になりきってフラ
ンス風に振舞わなければ許されないくらいなものであります。それはほとんど国策と
いってもいい。

 ところが、シャロン首相は、いやいや、ユダヤ人だけは違うのだよと言うのであり
ます。ユダヤ人がフランスに住んでいるのは仮の姿であって、時が来れば彼らはみん
な乳と蜜の流れる国(と聖書に言われる)イスラエルに帰還するのだ。することになっ
ているのだ。たまたま、いままではみんな都合があってフランスに住んでいるけれど、
いまにみんないなくなるのだよ。

 だから、いま、フランスがこんなに住みにくくなってきたのなら、そんなことろに
いないで、滞在期間をちょっと早めて戻ってきなさいと、わたしは親心で言っている
だけなのだ、というわけである。

 そういうわけで、奇妙な言い方になるが、フランスに住むユダヤ人はフランスとイ
スラエルとの二重国籍を持っているようなものであります。

 いろいろな問題点が絡まっていて、双方の言い分を一口で括ることはできないが、
シャロン氏がいまのフランスは住みにくいというのは、わたくしはわかるような気が
しております。外から眺めてみるだけでも、いまのあの国は、Republiqueと言いきれ
るほど共和国ではない。共和制では誰しももっている力に応じて平等だとされるが、
その精神と実態とはかなり離れてしまっている。昨今のフランスは、そのような余裕
はないようであります(フランスだけではない。世界がそうなってきているのかもし
れない)。

 パリのビジネススクールが二通の同じ履歴書を、名前だけを変えて、つまり片一方
はフランスの名(フランソワとかフランソアワーズ)、もうひとつはイスラムの名
(アブダラとかモハメッド)をつけて有名企業に送ったところ、フランソワだけが面
接の通知を受け、モハメッドは書類選考で落ちたというのです。数十通だして、どれ
も同じ結果だったということである。

 つまり、共和国と言ってもだ、実態はこんなところじゃあないか。おれたちモスリ
ムはやっぱり差別されているんだよという諦念である。これが7パーセントともいわ
れるイスラム系のフランス国民の意識として積み重なっていけば、不満の矛先が中東
における宿敵に向かっていくのも成り行きなのでありましょうか。

 そんなとき、パリの地下鉄の駅でユダヤ系の女性がアラブ系アフリカ人の男6人ほ
どに襲われたという事件がありました。政府とメディアはすわっとばかりに大々的に
報道し、フランス中が騒然としたのですが、じつはこれは女性のひとり芝居だったと
いうことがわかった。

 彼女は精神的に孤独で、だれにも相手にされていない(と思っており)、それでみ
んなの関心をひこうと芝居を打ったのだといいます。襲われたということになれば、
きっとみんなが気遣ってくれると思ってやったのだというのでした。

 つまり、オオカミが来たぞーッとやったわけですね。ところが、同情どころか話は
政治的に大きく膨らんでしまい、あわてた彼女は、いえそうじゃあなかったんです、
あれは嘘でしたと弁明したのでした。つまり、本当の動機は彼女自身の孤独だったの
で、モスリムを陥れようとかアンチ・セミティズムを訴えようとかという政治的な目
的ではまったくなかった。そのことを知って政府はホッと胸をなでおろしたのですが
(けっこうピリピリしているんですよ、彼らは)、彼女は世間を騒がせた罰として、
2週間牢屋に入ることになっております。

 この事件を聞いて考えたことがふたつある。

 ひとつは、この事件は、たしかに夏枯れのメディアにとっては飛びつきたくなる格
好のニュースだったが、どのメディアもまともに事実確認をしないまま警察の発表を
ニュースとしてそのまま報道してしまったのは、異常と言えば異常であった。フラン
スのメディアはときどきこういうチョンボをしたりするが(ふるくはドレフュス事件
ですね。あれもユダヤ人がらみ、つまり人種問題がからんでいた)、週刊誌の編集長
がラジオにでてきて、「ぼくたちは週刊誌だからね、事実を確認する時間が合ったけ
れど、日刊紙やテレビは警察の発表をそのまま鵜呑みにしたんだ。みっともないねえ。
メディアとして反省すべきだ」と発言しておりましたが、自分たちがどじを踏まなかっ
た分うれしそうだったのが、おかしかったです。

 そしてもうひとつ。いまのフランスでは人種がらみの事件はすぐこれくらい大きく
火の手が上がるということであります。つまり、一触即発の火種がくすぶっている
のでありまして、誰かがマッチを擦れば、すぐ大火事になるのであります。

 ただし、いまのところ、反ユダヤの火種はフランス近辺に散らばっているだけのよ
うではある。ベルギーの友人に、きみのところにもユダヤ人がいるだろう。ベルギー
にはアンチ・セミティズムというのはないのかねと聞いてみたが、彼女の返事は「な
い、いまのところはね」ということだった。そもそもベルギーはフランス語圏とフレ
ミッシュ圏がいまでもにらみ合っているのだから、それだけでじゅうぶん忙しいので
あり、これ以上の問題を扱っている余裕はない、とも言っていた。オランダはどうか
というと、ここも人種の構造は複雑だが、ユダヤ人の人口が多いこともあり、また第
二次大戦中にユダヤ人をかくまった(アンネの日記にあるように)経歴もあるし、フ
ランスほどの反ユダヤ意識はみられません。

【以下省略】
____________________________________________________________________________
春(はる) 具(えれ)
1948年東京生まれ。国際基督教大学院、ニューヨーク大学ロースクール出身。行
政学修士、法学修士。1978年より国際連合事務局(ニューヨーク、ジュネーブ)
勤務。2000年1月より化学兵器禁止機関(OPCW)にて訓練人材開発部長。現
在オランダのハーグに在住。

以上抜粋転載終わり**************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】259:[風象]:迷惑メール受信拒否名簿(ブラックリスト)は役に立たない

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

41歳で銀メダルを取ったアーチェリーの山本さんの偉業はすごいですね!

20年間もオリンピックに出場してメダルを狙うという継続的な鍛錬には脱帽です。

「最近の若い者には困ったものだ!」
というのが中高年の口癖でしたが、このところのスポーツ界を見ていて、
「最近の若い者はなかなかやるじゃないか!」
「本番の大舞台でも堂々と力を出しているではないか!」
と見直していたところです。
しかし、この41歳のおじさんもなかなかやるではないですか!
我々も元気を貰えましたね。

「21歳で銅メダル、41歳で銀メダルだから、次は61歳で金メダルですね!」
なんという馬鹿なコメントをしているアナウンサーがおりましたが、
特に視力が良くないとできないアーチェリーや射撃のような競技に限らず、
スポーツは老眼になって来ると難しいと思います。
早い人は40代前半から老眼になるようですから、
山本さんには、次回の北京大会で金を目指して貰いたいですね。


二昔の鍛錬を祝う五輪メダル --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪

薬草に入るのかと思ったら、薬草のサイトには載っていなかったのが、
血止め草(チドメグサ)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tidomegusa.html

確かにこれを乾燥させて薬草として持って行った記憶はないですね。

農作業中に鎌で切ったりすると、祖父はこの草を揉んで傷口に付けていたように
記憶しています。

チドメグサはどちらかというと日当たりの悪いところにはびこっています。
草取りをしても広く横に根が張っていて、根絶が難しく、
しばらくするとまた生えて来ますね。


チドメグサ抜いても抜いてもいつしか生えて --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼


さて、迷惑メール対策ソフトに自分が出したメールが検出されないために、
タイトルの書き方を考えなければいけないようになった、
ということを254号でお知らせしました。

米国では、連邦取引委員会が、迷惑メール(スパム)受信拒否登録名簿
(ブラックリスト)を作成しても有効な迷惑メール対策とならないという報告書を
議会に提出したということです。

米国では、昨年6月に迷惑電話受信拒否登録制度を導入して、
3か月間に5400万人が登録し、ブッシュ政権の数少ないヒット政策の一つ
となったという経緯があって、ではメールも同様にできるのでは?
ということで、議会の要請で検討されていたようです。

しかしインターネットに詳しい人たちから聴取した意見を総合した結果、
「登録名簿が悪用されるおそれがあるため有効な対策とはなりえない」
という結論となり、議会に報告されたということです。

詳しくは下記の日経ネット時評に城所岩生さんが書かれていますのでご参照下さい。
http://it.nikkei.co.jp/it/njh/njh.cfm?i=20040725s2001s2

▼ ▼ ▼ ▼

米国では受信メールの6割くらいが迷惑メールということを以前聞いて、
日本では1割くらいだから大きな問題ではないと思っていたのに、
ここ数ヶ月でどんどん増えて、弊社に来る迷惑メールの受信メールに占める割合は、
日によっては6割以上かと思うことがあります。

上記コラムによれば、英国発の迷惑メールメールは世界の1%、
6割は米国発で、2位の中国ですら6%で、日本は英国と同じ1%とのことです。

迷惑メールの根本的な対策をするには、CPUに個体識別機能を搭載し、
それで個別に暗号化する、といったことをやらないと、OSやアプリケーションの
レベルで何かやろうとしても、難しいように思います。

しかし、CPUに個体識別機能を搭載することはプライバシー侵害だとして
米国では拒否されています。
これもプライバシー優先か、安全性・信頼性優先かという問題として、
議論が必要かと思われます。

迷惑メールとウィルス・メールの対策として企業では社員のメールがいつでも
キーワード検索されたり読まれたりしていて、既にプライバシーは無きに等しい
状態であり、更に悪くなる可能性もあるわけですが、それでいいのか、
匿名性維持や居場所を特定されないために、多くの迷惑メールに悩まされ続け、
安全で信頼できるメールシステムを拒否するのか?ということです。

皆さんはどう思われますか?

@ @ @ @ @


【唐澤塾】バックナンバー:250~254
【唐澤塾】250:[事象]:武田双雲さんの個展・ワークショップ・Tシャツ教室

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

今までにいろいろな夏の花々をご紹介しましたが、まだまだあります。

カンカン照りで一番暑い地面に這いつくばるように咲いている花が
松葉ボタン(日照リ草)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/MatsubaBotan.html

この原種と思われるのが、夏の雑草としては典型的なスベリヒユです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/suberihiyu.html

子どもが小さい頃、道端に咲いていたスベリヒユを見て、
「あっ、マツバボタン!」と言ったことがあり、
「ちがうよ!それはねえ、スベリヒユというんだよ。マツバボタンに似ているね!」
という会話をした記憶があります。


炎天下照るほどに咲くマツバボタン --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、書道家の武田双雲さんから、先日のバイオリストとの競演の感想と、
東京全日空ホテルでの個展、池袋でのワークショップ、ホテルラフォーレ東京
でのTシャツ教室のお知らせを頂きました。

ますます幅広く活動されていますね。
今後の活躍が期待されます。

夏休み中でもあり、どこかのイベントにお出掛けになって、
彼の作品をご覧になられては如何でしょうか?

唐澤

以下転載******************************


双雲@書道家です。
こんにちは。

少し涼しくなりましたね!

4日のNHKホールでのバイオリン中西俊博氏との
コラボレーションは、自分の書道人生にとって大きな経験となりました。
(来て頂いた方本当にありがとうございました!)

音楽と書の共通点が頭でなく体で感じ取ることができました。
リズム感や表現感がリンクし、会場の空気とも連動して細胞が震えるような
あの瞬間は忘れることのない貴重な体験でした。

※この模様は9月3日にNHK-BSで放映があります。
(デジタルハイビジョン 午後3時15分~4時
 BS2 午後6時~6時45分)


さて、3つお知らせがあります。

■8月14日(土曜日)に池袋で夏休み企画として 講演&ワークショップを行いま
す。
 (NPO法人 日本語教育研究所にて)

 書くことの本当の楽しさ、与える影響。
 そして書に対する今までの常識や偏見をワークショップを通じて壊していきたいと
思います。
 
 どなたでも参加可能ですので、興味のある方はぜひいらして下さい。
 一緒に書く喜びを体感しましょう(^.^)
 http://www3.ocn.ne.jp/~rijle/summer04.html
 

■8月7日(明日)より個展開始

 いよいよ東京全日空ホテルでの個展が始まります。
 今回は、セガやナムコで活躍する映像クリエータに依頼し、
 徹夜し、何日もかけ、世界初の書の映像作品を作り上げました。
 書は「動」である。これを映像を通じて創り上げました。
 また彫刻家:光徳氏とのコラボレーションもあります。
 8月7日~9月30日まで
 http://www.anahoteltokyo.jp/renew6/

 ※入り口の大書(両面)、天井での映像作品
  3Fエスカレータ登っての広場での映像作品。
  上海美術館、メディチ家より受賞した「人生」
  そして今回書き下ろしの掛け軸作品や
  その他複数の作品が「雲海」レストラン内に飾られています。
  雲海内は食事しないと入れないのですが、ここだけの話、
  作品を見せて下さいと言えば、中を見せてくれるだろうとのことです。

 ※私が会場にいる日は、決まり次第このメールマガジンでお知らせいたします。


■8月22日(日)13:00~(90分程度)
  ホテルラフォーレ東京にて筆文字Tシャツ教室開催

  特殊インクで自由に楽しくTシャツに直接書を書きます。
  自分だけのオリジナル直筆Tシャツを創る楽しみはなんとも言えません。
  http://www.firststep-inc.co.jp/event-200408.html


【 編集後記 】

色んな夢が実現していくとともに、
充実感や幸福感に満たされじわじわと色んな人に認められてきました。
様々な業界からのオファーが押し寄せ取捨選択する能力も少しずつついてきました。

が、同時に自分は まだまだ たいした人間ではない。
と 謙虚さを通り越して 空虚感に襲われることも出てきました。
自己嫌悪まではないのですが、反省ばかりが出てきます。

しかし、自己反省するばかりでは、先へ進まない。
まだまだ与え足りない。

自分の価値を高めて、それを(見返りを求めることなく)
自然に多くの人にふりまくことが、空虚感を埋める。
そして日々感動し、感謝、行動することが、より自分の成長につながる。
ということがだんだん頭ではなく、実感としてわかってきました。

貪欲に楽しさを追求し、日々書の真髄を追求していきます。

_________
武田双雲速報 
E-mail: xxxxx@fudemojiya.com
http://www.fudemojiya.com/

以下よりメンバー登録・削除ができます。
http://ml-form.infoseek.co.jp/infoseek/souun-a1.php3

以上転載******************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】251:[風象]:米国大手広告主も新聞・テレビからネットへシフト

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

小中学生だった頃、この次期には、皆さんもそうだったと思いますが、
夏休みの「自由研究」に頭を悩ませていました。
多分中学1年か2年の頃だと思いますが、短時間に、簡単にできることは?
ということで「夏の雑草の分布を調べる」ということをやりました。

畑と道路(当然未舗道で砂利も敷いてなかったので、夏は草ぼうぼうでした)
の1平方メートル四方の雑草を全部抜いて、種類別に何本生えているか
調べ、サンプルを押し花にしておいて、模造紙に貼って集計を書きました。

そんなわけで、夏の雑草にはちょっと詳しいんです。
昨日ご紹介したスベリヒユが典型的なものですが、これからしばらくは
色々な雑草をご紹介します。

そういえば、南方熊楠の特集の中の逸話として、昭和天皇は、
「雑草という植物はない、全ての植物には名前がある」
といった意味のことを述べられたとのことでしたから、
雑草と言ってはいけないのかも知れませんが、
代わりの言葉として山野草と言うと食べられるものを指す場合が多いですし、
人為的に品種改良をしていない非栽培の植物は、
「雑草」ではなく「自生植物」とでも言いましょうか?

日照りに強い自生植物と言えば、オヒシバ(雄日芝)があります。
チカラグサ、チカラシバの別名があるように、なかなか強いですね。
http://www.iskweb.co.jp/ibj/Zukan/hinou_index.htm

上記Webの写真は、穂が出たものではないので、
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、
下記を見れば、ああ、あの草か!と見覚えがあると思います。
ここには「アスファルトを突き破ってでも生える強靭な雑草」とあります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ohisiba.html


踏まれても這いつくばってオヒシバ育つ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


インターネットのWebのバナー広告や、メルマガ上の5行広告など、
既にネット専門の広告代理店があるくらいで、皆さんも今更、ネット広告
のことが話題になるのか?と思われるでしょう。

今日の話題は、米国の自動車会社や映画会社などの大手企業が
広告予算をテレビなどの既存メディアからネットにシフトし始めていること、
その理由が、若い男性がテレビを見なくなったし、新聞や雑誌も読まなくなったが、
ネットでニュースを読んだりはしているから、ある層を狙った広告がやりやすく、
効果も高いから、ということです。

日本もそうなるというか、ケイタイを含めると、既にそうなりつつあるのかも
知れませんね。

詳しくは下記で;
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040805106.html

ご参考まで。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】252:[事象]:富と智恵と成功をもたらす「マスターの教え」

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

夏の自生植物の典型がオヒシバなら、次ぎはメヒシバ(雌日芝)でしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/mehisiba.html

別名はコウモリ草と呼ばれるように(他にも色々な呼び方があるようです)、
http://www.iskweb.co.jp/ibj/Zukan/hinou_index.htm

その穂を茎のところに集めて、コウモリ傘の骨のようにして遊んだものです。


日傘の君、コウモリ草見て想い描く --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪

今、私は、

ジョン・マクドナルド著、山川紘矢・亜希子訳「マスターの教え」
飛鳥新社発行、1000円

を何度か読んでいます。

サブタイトルは、「富と智恵と成功」をもたらす秘訣

とあり、帯には、

”この小さな本には
あなたが思い通りに生きるための
たった1つの法則が書かれています”

とあります。

原題は、

"THE MESSAGE OF A MASTER"

で、1929年にカリフォルニア出版というところから出版されたという
ことですが、この会社は既に存在していないし、著者に関する情報は
無いということで、ジョン・マクドナルドという人も実在の人物かどうかも
わからないようです。

この本を参考にして銀座マル漢の斎藤一人さんは
ここ何年も高額納税者番付上位にランクされるようになったようです。

私も、色々な本を読みましたが、この小さくて薄い本は、読み易く、
人間の意識と宇宙の法則を簡潔に述べているように思います。
前半部分は、コチコチの西洋科学万能主義を信じている人
のために書かれている寓話のようなものですから、
後半の半分に当る10章が教えとなっています。

こうすれば、あなたの人生は思い通りになる!
ということですが、理屈はわかっても実行はなかなか簡単ではない
のは何事においても言えることですね。

♪ ♪ ♪ ♪

さて、オンラインショップの全国ネットワークの元締め、
ウィン・アンド・ウィン・ネット
http://www.win-and-win.net/

の代表・込山民子さんが毎日発行している
「日刊たみこ新聞」というメルマガの8月10日号は、

「頑張らないのは、つまらない???」

というタイトルでした。
その冒頭をまずご紹介します。

以下抜粋転載************************

さて、きょうは

「頑張らないのは、つまらない」

ということについて、書こうと思ったのですが

うーんと・・・「頑張る」じゃないんだよなあ
なんだろう・・・と考えて

「コンフォートゾーンの中でだけ、仕事をしているのは
 つまらない」

だと気づきました。

*コンフォートゾーンとは
http://golf.nikkei.co.jp/mental_lesson/12_1.cfm

以上抜粋転載終わり*********************


ここに書かれている「頑張る」という言葉を修飾するのによく使われるのは、

「一所懸命に」

だと思いますが、日本人は、この「一所懸命に頑張る」という言葉が好きですね。
体育会系はこれで成り立っている(?)と私は思っています。

この言葉でいつも思い出すのは、
次女が3~4才の頃、東武動物公園に近所の子どもたちも含め、
数家族で行った時のことです。

広い園内を歩き回って遊んだ後、帰るために駐車場に向かって歩いていると、
「もう歩けないからおんぶして」と言い出したのです。
同じ年齢の他の子どもたちはまだ歩いていたので、
「もう少しだから頑張って歩こう!」 と妻が言ったところ、
「めぐちゃん、がんばれない・・・」という返事で、
「頑張れないなんて言ってないで、頑張らなきゃ!」
「でもがんばれない・・・」
ということで、結局おんぶすることになり、
一同大笑いしたことがありました。

もう歩けないくらい疲れたところに「頑張れ!」
と言われても限界だと感じたのでしょう。

今考えてみれば、この時に必要だったのは
歩いて駐車場に行った後の「短期目標」だったのだろうと思います。
ジュース、アイスクリーム、おもちゃ、夕飯などという目標があれば
彼女は歩けたのかも知れません。

♪ ♪ ♪ ♪

ハンマー投げの室伏幸治選手は、
前回のシドニー・オリンピックの時には、
プレッシャーの中、集中しようとして、観客に静かにしてくれ、
という意味で、指を1本立てて口に当て、
「シーッ!」という仕草を何回もやってから投げて、
自己最高と同じ記録が出せれば金メダルが取れたのに、
それを大幅に下回り、メダルを逸しました。

ところが、その後、ある人が見た夢の話を聞いてから、
プレッシャーを楽しむことができるようになり、
良い結果が出るようになったとのことです。

その夢とは、水の中でその水圧に押されて動けないで苦しんでいたが、
そうだ、顔を水から出せばいいんだ、ということを思いつき
顔を水の上に出して楽になったという夢だそうです。

これは同じ状況でも発想を転換すればいいんだということを
示唆している夢だと解釈し、今では大きな大会で投げる時も、
遊園地に行ってジェットコースターの乗る前のような
ワクワク感で臨んでいるから楽しくて仕方がないとのことです。

プレッシャーを感じてしまうと「惑惑」ですが、
それを楽しめれば「湧湧」というのは
インタビューをレポートしていた松岡修造のコメントでした。

アテネ・オリンピックが楽しみですね。

♪ ♪ ♪ ♪

遠回りしたので、話を元に戻すと、込山さんは、

「頑張らないのは、つまらない」ではなく、

「コンフォートゾーン(快適に感じられる範囲)の中でだけ、
仕事をしているのは つまらない」

ということだと述べていますが、
これも戦術を少し変えるということではないかと思われます。

室伏選手が夢の話を聞いて発想の転換をしたように、
戦術ではなく戦略を変えないと大きな変化に繋がらないのでは?
と思います。

♪ ♪ ♪ ♪

「マスターの教え」には以下のようなことが書かれています。

”---私には目的があり、その目的とは、あなたにもっと深く、
真剣に考えさせる、ということなのです。

「真剣に」という言葉と、「一生懸命」という言葉を取り違えないでください。

「一生懸命」というのは心理的な緊張を意味していて、不安と恐怖から
出てくるもので、心にも体にも決して良い結果を生みません。

ここで「真剣に」といっているのは、精神とエネルギーを目標の方向に
向けることで、結果はとても建設的です。---”

ということで、ふたつの言葉は似ているようで、違うということです。

まず「真剣に」考えて目標を設定する。それを明確にイメージする。
そしてその目標に向かって「一生懸命」ではなく「真剣に」
取り組むことが良い結果を生む。
そうすれば、すべては自分の思い通りになる。

というのがこの本で述べている概要とも言えます。

我々日本人は先輩・親・先生などの教えとして、
「一所懸命頑張れ!」という考えがあり、
この命懸けで頑張るという発想からなかなか抜け出せないように
刷り込まれているのではないでしょうか?

しかし、いくら頑張っても駄目なものは駄目で、良い結果を出すには、

「頑張る」という行動に対する「態度」の問題ではなく、
「真剣に」という行動の「質」の問題である、

という発想の転換が必要なように、この本を読んでから思います。

それにしても、上記、日刊たみこ新聞で込山さんが引用されている
日経ネット、ゴルフ・ガイドのメンタル・レッスンは
なかなかのものだと思いますが、これが無料で読めるというのは
有り難い時代ですね。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】253:[事象]:ペルセウス流星群は今夜が極大!?

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

前回取り上げたメヒシバから連想されるのは、カヤツリグサでしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kayaturigusa.html

カヤツリグサと言っても、種類は多く、カヤツリグサ科があるほどです。
http://www.iskweb.co.jp/ibj/Zukan/Sui_index_1.htm

上記Webのカヤツリグサ科を見て頂きますと、いろいろありますが、
田んぼの畦によく生えるアゼガヤツリと穂が丸いタマガヤツリが
典型的なものかと思われます。

アゼガヤツリの茎を根元で折って、逆さに持つと、線香花火のように見えます。
また、三角形の茎の両端を異なる底辺のところで半分に割くと、
四角い枠ができますが、それが吊った蚊帳の上部のようなたるみになります。
でも、三角形の同じ底辺を割いてしまうという失敗も結構ありました。
子どもの頃の夏は、よくそんなことをして遊んだ記憶があります。


蚊帳吊り草、なつかしき日々走馬灯のごと --- 照隅燈


蚊帳というと、思い出すのは、お盆に親戚の子どもたちが来て
蚊帳の中で遊んだりしゃべったりしながら一緒に寝たことですね。


お盆ゆえ親戚の子らと寝た蚊帳の中 --- 照隅燈


そして、直ぐに思い出すのは、

たらちねの母がつりたる青蚊帳をすがしといねつたるみたれども---長塚 節 

という短歌です。
今はもう蚊帳を吊って寝ている家はほとんど無いでしょうね。
浴衣、団扇、蚊帳、蛍などの情緒は残したいものです。


♪ ♪ ♪ ♪


さて、三大流星群のひとつペルセウス流星群は
今夜が極大化の見込みとのことです。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2004/200408/0812/index-j.shtml
http://www.astroarts.co.jp/special/perseids2004/index-j.shtml

日本では、真夜中から明け方にかけて数が多くなるという予測です。
今年は日本上空で午前5:50頃極大化という予測を出している研究者も
いるようですが、その時間はもう明るいので、見られないことになりますね。
明るくなる直前くらいが一番いい、ということでしょうか。
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/08/05perseids/index-j.shtml

今日から明日にかけての天気は良さそうですから、
たまには星空を眺めてみるのもいいかと思います。

流星雨が見られますように!

@ @ @ @ @

【唐澤塾】254:[事象]:【重要】「スパムに勝つメールタイトル」の書き方

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

稲の穂が出始めてから3週間くらい経ちますが、
稲穂はだんだんと中身が重くなり、もう首を垂れる状態になりました。

あちこちからドカーン・・・・、ドカーン・・・・、とガス鉄砲の音が聞えます。

皆さんは、ガス鉄砲って、ご存知でしょうか?
スズメを追うために、カーバイドに水を注ぎ、出たガスに点火すると
ドカーンと鉄砲のような爆発音がするものです。
今は爆音機と呼ばれる自動式の装置があります。

子どもの頃は、肉厚の孟宗竹を使い、底の一節だけを残して
他の節を抜き、底に近いところに小さな穴を開けた竹筒製の
ガス鉄砲を土手に立てかけ、小さなカーバイドのかけらを入れて、
ヤカンに入れた水を数滴たらして、ガスが出終わるのを待って、
マッチで火を点けてはドカーンとやった(やらされた)ものです。

最初は祖父や父がやるのを一緒に着いて行って見ていましたが、
兄貴が一人でやることを許され、それに着いて歩き、
やがて一人でやらせて貰えるようになりました。

これは言いつけられると一番楽しい仕事でしたから、
自ら進んで「ガス鉄砲やって来ようか?」と申し出たり、
「ガス鉄砲やらなくていいの、スズメがいっぱいおるに!」
と祖父や父に言ったものです。

スズメと言えば、スズメノテッポウ(雀の鉄砲)が
耕す前の田んぼ一面に生えていて、
花穂を抜いてはそのカラになった筒をビービーと吹いたものです。
だから子どもの頃はビービー草と呼んでいました。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/suzumenoteppou.html

また、今の時期、それこそ、どこにでも生えているのが
スズメノカタビラ(雀の帷子)ではないでしょうか?
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/suzumenokatabira.html


どこにでも抜いても抜いてもスズメノカタビラ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


高校の同期から、メーリング・リストに投稿されたメールの内、
何通かが、迷惑メールとして判断され、受信箱に入っていなかったので、
見落としてしまった、対策を教えて!というメールを貰いました。

受信箱に入らなかったメールのタイトルは、以下のものです。

『暑中、気分すっきり』
『夏休み』
『お勧めビール』

なぜこれらが迷惑メールと判断されたのか、皆さんは想像できますか?
えっ、このタイトルのどこがいけないの?
と思われる方も多いのではないでしょうか?

私の想像では、これらは、業者からのダイレクトメールのタイトルに
多分ありそうなものだから、迷惑メールと判断されたのだと思います。
ダイレクトメールのタイトルに含まれそうな言葉ですよね?
広告のキャッチコピーのように、短く格好良く書きすぎては
いけないということです。

♪ ♪ ♪ ♪

迷惑メール対策としては、今のところ完璧な方法はありません。

業者によって、対策はまちまちですが、ウィルス対策も含めているので、
登録されていない発信元からのメールは無視(削除)するホワイトリスト方式と、
迷惑メールと判断された発信元を1件づつ登録して行くブラックリスト方式
とに大別されます。

ブラックリスト方式の場合は、人が判断して登録するので、問題ありませんが、
ホワイトリスト方式だと、初めての発信元からのメールが届かない、
という問題があります。
しかし、迷惑メールを発信している人や企業は、どんどん発信元のアドレスを
変えるので、登録が追いつかないことがブラックリスト方式の問題です。

迷惑メール対策ソフトは、メールタイトルを登録してあるキーワードで検索して、
怪しいと判断されたものは迷惑メールフォルダに入れるとか、
無視(削除)するということをやっています。

メールを出した人に、そんな業者は変えて!とは言えませんし、
また、迷惑メールのオプションをOFFにして!とも言えませんね。

♪ ♪ ♪ ♪

従って、これから皆さんがメールのタイトルを書く時に、注意して頂かないと、
大事なメールのやり取りで、相手と行き違いが生じて、
大きなトラブルに発展しかねないと思います。

基本的には、タイトルを読んだだけで、メールの概要がわかる
ような文章が良いわけです。

例えば下記のようなものが概要もわかり、後から探したりするのにも親切です;

 ■【業務連絡】お中元送付先の確認依頼 ○○@総務 2004/6/1
 □【報告】夏季経営セミナー参加報告 △△/社長室 2004/8/6
 ▲【会議案内】信頼性評価委員会@8/9(月)11:00~(□□/品質保証部)7/26
 【貴社訪問日程】8月13日午前11時に○○と伺います □□@▲▲ 2004/8/2
 【提案】冷房温度を上げてスーツ・ネクタイ着用は止めよう! ○○@▲▲ 7/1
【参考】今年の夏休みは「おやじ料理」に挑戦の予定です ▲▲@□□ 8/1

♪ ♪ ♪ ♪

メールの書き方、タイトルの書き方などの詳しいことは、
久米信行著「メール道」NTT出版を読まれることをお勧めします。

本を買って読むのは面倒だという方は、
NTTコムウェアのWebマガジン「コムジン」に久米さんが書かれている
「メール道」の2004年7月号、

「メール達人たちの題名術に学ぼう!」

が参考になるかと思われます。
最低限、これだけは読まれるといいと思います。
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no014/mail/index.html

この冒頭に紹介されている山口さんの例では、

”最近のスパムは凝っていて「Re.先日のお問い合わせ」
と書いてあったりすると思わずメールを開けてしまいます。
スパムに勝つタイトルを考えないといけませんねー。大変だー。”

とありますから、山口さんは既に迷惑メールに間違われないことを
意識して書かれていることがわかります。
それが、「スパムに勝つタイトル」ということですね。

たかがメールのタイトルと侮ることなかれ!
迷惑メール対策ソフトのせいで、タイトルひとつで行き違いが生じ、
大きなトラブルに発展する可能性がありそうですから、
皆さん、これからメールタイトルは心して書いてください。

【唐澤塾】バックナンバー:243~249
【唐澤塾】243:[風象]:ついに電子服を着る時代になるのか?

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

我が家の近くの田んぼでは、稲の穂が出始めたことを7月23日(金曜日)
配信の237号でお伝えしました。
あれから1週間ほどで、出揃い、風通しの良い道路側の稲穂は、
首を垂れるまではいきませんが、会釈するくらい、少し垂れ初めています。
もう液体状の米のエキスが作られ始めているのでしょう。


最前列だけ会釈している稲穂かな --- 照隅燈


しかし、多くの稲穂は花を咲かせているところです。
皆さんは、稲の花をご覧になったことがあるでしょうか?
http://apple.net.pref.aomori.jp/fujisaka/pe0008.html

夏の暑い日の午前中に1時間ほどしか咲いていないので、
なかなか見る機会は無いかも知れませんね。
花の命は短くて・・・、とは言われますが、
朝顔や月見草でも半日くらいの命ではあるのですが、
稲のように1時間というのはかなり短いですね。
それでおいしいお米ができる、というのが不思議です。
http://homepage3.nifty.com/knmn/ine/ine109.htm
http://www.satake-japan.co.jp/jiten/kome/index5.html


風にゆれ短き命の稲の花咲く --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、皆さんも、将来はコンピューターを身に付けるようになる、
というような話をどこかで読んだり聴いたりされたことがあるかと思います。
身に付けるということで、ウェアラブル・コンピューターと呼ばれています。

電子機器についても同様の研究がされているわけですが、
とうとう独逸の半導体企業が電子機器を組み込んだ紳士服を開発し、
アパレルメーカーが今月から受注を開始するとのことです。
外見は、イタリア製の綿ジャケットです。

組み込んであるのは、携帯電話、MP3プレーヤー、ということです。
イヤホーンやマイクのコードは使わない時は邪魔なものですが、
それが服に組み込まれ、襟元にマイクが組み込まれ、
イヤホーンのコードも、襟からであれば短いから、邪魔にならず、
いいかもしれませんね。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040727301.html

こんなジャケットが日本でも発売されたら、皆さんは買われますか?
洗濯はできるようですが、着たきりスズメになってしましますね。
色違いのジャケットを売るんでしょうかねえ?
それに、今年のように暑いと夏場は困りますね。
甥がベルリンに住んでいますが、夏でも涼しいようですから、
ヨーロッパのような気候にはいいのかもしれませんね。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】244:[事象]:「メール道」出版記念パーティーの挨拶原稿

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

ご存知の方も多いと思いますが、先週の29日に丸ビルで、
久米さんの「メール道」出版を記念してパーティーが開催されました。
(何せ主席者の7割くらいがブログをやっているというすごい集団でしたから、
色々な人のブログに書かれていますが、当日の模様や感想などは
下記の久米さんのブログから辿られるのが宜しいかと思われます)
http://plaza.rakuten.co.jp/enginekimyo/diary/200407290000/

私は、出版のキッカケを作った一人、ということで紹介された上に、
乾杯のスピーチを、ということを言われておりましたので、
実は、一応スピーチの原稿を事前に作って臨みました。

書いてみると、5分以上の長いものになってしまったので、
着席スタイルだったら、顰蹙を覚悟で5分くらいは話させて貰おうかと
下記の原稿に校正しました。

そして、立食スタイルだったら、それを更に縮めて3分くらいに、
もっと短くしなければならない場合は、最初と最後だけの30秒くらいに、
と考えて、当日のパーティー会場に行きました。

会場は立食スタイルで、時間は押し気味だったので、
本当は1分くらいがいいところでしたが、
構想がなかなかまとまらないまま話し初めて、
結局3分くらいではなかったかと思います。
ご出席の皆様には、長々とすみませんでした。

皆さんも色々な場合に臨まれることがあるかと思いますが、
実は言いたいことはもっとあったんだという例として
ご照覧頂ければと思いまして、恥をしのんで、配信致します。

唐澤


♪ ♪ ♪ ♪


「メール道」出版記念パーティー着席スタイル用(5分)乾杯スピーチ原案

                                  2004年7月29日


ただ今ご紹介頂きました、データメディアの唐澤です。

久米さん!メール道の順調な第一歩、おめでとうございます!

スピーチと女性のスカートは短い方が良いということですが、
今日は折角こういう機会を頂いたので、ちょっとお話をさせて下さい。

ですから、箸より重いものは持てないという方はひとまずグラスを置いてお聞き下さい。

久米さんから、2001年の半ば頃にメールを頂きまして、
社員のために、メールについて何かいい本はないかと探したけれど、
メールソフトの使い方や文例集などの本はあっても、
文章の中身の書き方まで踏み込んだものは無いので、
自分で社員向けに「メール道」を書こうと思うから、
何かアドバイスを頂きたい、ということでした。

武道などでは心・技・体の3拍子がバランス良く揃って
初めて一流の域に達するという考え方がありますが、
心得と技という両面について書くから「メール道」
という着想が素晴らしいと思いました。

そこで、
私が初心者にアドバイスするとしたら、ということをいくつかメールで送りまして、
替わりに社員向けであったメール道を毎日配信してもらいました。

そういうことがありましたので、
NTTコムウェアさんのコムジン・サイトの企画・編集を私が手伝うことになった時に、
Webだけではなく、メルマガも日替わりテーマで出そうと考え、
その柱として、久米さんにメール道をお願いしました。

そして、1~2年後にはそれらをまとめて本にすれば宜しいのでは?
と申し上げました。

それから1年後のサイト更新の時に、メール道はメルマガではなく、
Webに載せましょう!というコムウェアさんからの要望で、
より多くの方々に読んで頂けるようになり、
ここにいらっしゃる日経BP社の大用さんとか、
NTT出版の山下さんのお目に留まったのかと思います。

「メール道」はまだベストセラーにはなっていませんが、
出掛けにアマゾンのサイトを見ましたら、ブックレビューが35件もありました。
それも1件1件が長いんですね。
ですから、これからもじわじわと売れ続け、やがて10万部、
そして累計百万部というようなオーダーに乗るのではないかと密かに思っております。

なぜそう思うのかと言いますと、この本の「骨組み」みがいいからです。
いずれ何か本を出したい!という考えは、
ここにいらっしゃる方々ならどなたでもお持ちだと思います。
そうした「発想」を、心得と技を説くから「メール道」というタイトルであり、
縁者の方々からの事例を含めて紹介し、
メルマガを書き続けたものをまとめて本にする、といいう「構想」にして、
それに具体的な内容や装丁などを加えて「骨組み」として、
縁者の方々や良いスタッフの方々と共に「実現」されたからです。

道を極めるということは到達点が無い奥深いものですから、
まだまだ先は長い、久米さんにとっては「ブログ道」なども含む「情豊通心道」が
ライフワークになるのだろうと思います。

この間の佐世保での事件もあり、
子どものための「メール道」も必要になっていますから、
「14歳からの哲学」や「13歳のハローワーク」に因んで、「10歳からのメール道」
というタイトルで子供向けの本にしたらいいのではないかと思います。

それから、「メール道」が高校や大学の情報関連学科の指定副教材になるように、
NTT出版の山下さんにはPRして頂いたらどうかと思います。
そういうことで、メール道はまず10万部を目標にし、
いろいろなシリーズも出して、ここにいらっしゃる皆さんのお力で、
シリーズ累計100万部を達成するようにこれからも久米さんを応援して行きましょう!

そして皆さん、誰でも何かやりたいことがあると思います。
漠然としている人も、はっきりした計画を持っている人も含めて、
多くの場合、最初の「発想」の時点では混沌とした状態であると思います。
それを整理して「構想」としてまとめる。
そして具体的な「骨組み」を作ることができれば、
そのプロジェクトの半分は成功したようなものだと思います。

「発想」を「構想」に、「構想」をがっちりした「骨組み」にすることが、
何事をやるにも成功への道だと思っております。

ということで、長くなりましたが、ここで乾杯をしたいと思います。

久米さんのメール道の出版を祝い、百万部達成を祈願し、
皆様のご健勝とご成功を祈念致しまして、元気よくご唱和下さい。

準備は宜しいですか!
乾杯!

どうもありがとうございました。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】245:[風象]:米海軍、台湾周辺で史上最大の演習

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

稲穂が実り始めたことをお伝えしましたが、
さすがにスズメは目ざといもので、会釈している程度の稲穂に
群がり初めています。
乳白色のエキスをクチバシでサササッと吸い取ってしまうのです。
これから農家の人たちとスズメたちとの戦いが始まりますね。

同じ鳥でもバードウォッチャーにとっては憧れの的でもあり、
こわいものでもあるのがカワセミのようです。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~yachoo/

利根川遊水地の田んぼの排水が集まる大きめの川がありますが、
そこでカワセミが飛ぶのを見かけました。
青い蛍光色に光る体だったので、ひと目であれはカワセミだろうと思いました。

インターネットでカワセミのことを検索してみると、
その魅力(魔力?)に取り憑かれると、
人生が変わってしまう人も多いといったことが書かれていて、
見たといって写真を載せている人のブログのコメントには、
見てはいけないものをとうとう見てしまいましたか!
気を付けないと、道を誤りまりかねないらしいですよ!
といった警告が書かれていたりします。

私はまだ、後姿だけなので、大丈夫だと思いますが、
結構ひとなつこい、という話もあり、近くでじっくり見てみたい気もしますね。
そうすると、ケケケケッと笑われるのでしょうか?

「笑~いカワセミに話すなよ~♪
ケララ、ケラケラケケラケラ~とうるさいぞ♪」

というNHK「おかあさんといっしょ」で歌われる歌がありますね。
「笑いカワセミ」はオーストラリアにいる「クカバラ」という鳥のことのようで、
次女がホームステイ先の庭に来た時に写真に撮ったのを見ましたが、
白くて日本のカワセミよりは大きい感じです。
NHKの歌の時に出てくるのは日本のカワセミのような色と形のようです。
http://www.kingfisher.jp/kawasemi/detective/page07.html

これって、子どもに嘘を教えていることにならないのかなあ?
しかし、「カワセミ探偵団」というWebがあることからすると、
やっぱりカワセミは一度見るとハマルのかもしれません。


水面飛ぶカワセミの背は誘蛾灯色 --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼


さて、日本のマスコミでは報道されていない情報の典型的な例をご紹介します。

日本政策研究所の代表であるチャルマーズ・ジョンソン氏が、ロサンゼルス・
タイムズに書いた記事が議論を呼んでいるということです。

その記事の概要は;
今、中国沖合に米海軍の空母艦隊が7群も集結しているということです。
全部で12群所有している内の7群ということは、6割にも相当するわけで、
単なる軍事演習だとはいうものの、中国を大いに刺激することは間違いないし、
台湾との関係を悪化させる可能性が非常に高いだろうと思われます。
そして、当然のことながら日本にも影響が大きいわけです。

このことは、日本では一片の報道もされていないようで、
第二次世界大戦中の報道管制のようなものがあるのではないか?
とさえ言う人もいます。

詳細は、下記でお読み下さい。

TUP速報341号 米海軍台湾演習 04年7月24日;
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/358

唐澤

以下抜粋転載**************************

================================================================
04夏の鼓動作戦(Operation Summer Pulse '04)
中国動乱を招きかねない史上最大の米海軍機動演習

――チャルマーズ・ジョンソン
ロサンジェルス・タイムズ 2004年7月15日
----------------------------------------------------------------

米海軍は音無しの構えであり、米国内での報道も最小限に抑えられているが、
台湾近海の中国沖で“04夏の鼓動作戦”と称する演習を、7月中旬から8月
いっぱいまで実施すると表明した。


米国が保有する12空母戦闘群のうち7群が同時に1ヵ所に集結することにな
るが、これは米海軍史上でも初めてのケースである。平時ながら、ノルマンデ
ィー上陸作戦にも比較しうるもので、不測の事態を招きかねない。

単一空母戦闘群は、最少の構成のばあい、旗艦である航空母艦1(通常10飛
行中隊および計85機の艦載機搭載)、誘導ミサイル装備巡洋艦1、誘導ミサ
イル装備護衛艦2、攻撃型潜水艦1、高速戦闘支援艦1で編成されている。

紛争地域にアメリカの国威を示すばあい、通常では1空母戦闘群のみ、または
多くとも2群を派遣するだけである。戦闘作戦では、3群か4群を展開するだ
けであり、2度のイラク戦争でもそうだった。1ヵ所に7群の派遣とは、前代
未聞の事態である。

“04夏の鼓動作戦”は、米太平洋軍司令部のパールハーバー中央司令部およ
び同司令官トーマス・B・ファーゴ提督が発案し、国防総省に巣くうネオコン
が後押ししているものであると考えて、ほぼ間違いない。議会に諮られたかど
うかは疑問である。これによって、アメリカの対外政策がますますペンタゴン
主導になっていることが明確になるだろう。

中国からの報道によれば、今回の7航空母艦が集結する19世紀砲艦外交の現
代版には、台湾の艦船も加わる予定になっている。海軍は、表向きには、この
演習の目的は緊急事態における大部隊の結集能力を実証するためであると言う
が、米大統領選挙の年に中国を仮想敵に仕立てるとは、これはネオコンが試み
る最後のあがきのように思える。

言うまでもなく、中国にとっては不快な事態である。中国の海空軍戦力に地上
配備ミサイルを合わせれば、1群ないし2群の空母戦闘群に対処できるが、7
群となればお手上げであると中国筋は言う。そのため、まだ1隻の空母も台湾
海峡に姿を現わしていない段階から、北京は、7群の米空母攻撃艦隊に対処し、
撃破する能力を10年以内に確保するための突貫計画に着手すると表明した。
先に戦争に見舞われなければ、中国がこの計画を完遂する見込みは十分ある。

【中略】

アメリカの軍国主義者たちが戦争勃発に成功すれば、結末はあまりにも明白で
ある。中国が共産主義から脱却する方途を破壊し、中国指導部を軍国化させ、
アメリカを破産に追い込み、中国侵略の再開をめぐって日本の国論を真っ二つ
に裂き、戦争に負けることになる。またアメリカは人口で世界最大の国から末
代までの敵意を向けられることになるだろう。

【中略】

ロイター通信7月15日付記事で、ジム・ウルフが「米国防総省が、6月5日、
必要に応じて戦力を動員する作戦を“発動”する海軍新戦略を実証するために、
空母7隻を展開すると発表した」と伝えた。7月15日をはさむ1週間、米国
は「台湾に対する中国の軍事的脅威の拡大」にもとづく危機シミュレーション
演習をワシントンで実施した。演習発動は8月に予定されていると言われてい
る。ブッシュ大統領が、2001年8月25日の全米テレビ放送の会見で、台
湾のために中国に対して“米軍の全力”を動員するつもりがあるかと質問され
て、「台湾の自主防衛を援助するためには何でも」と答えたのを想起するのは
重要である。

上記に紹介したのは、過去1ヶ月間に東アジア報道機関にあふれていた記事を
見本抽出したものにすぎず、中国の沖合で計画されている米軍戦力示威の全体
像の半分しか伝えていない。ロサンジェルス・タイムス論説記事で、この軍事
情報に注目を集めたことで、また当該問題に関して、海軍広報の信憑性に疑問
を差し挟んだことで、わたしが謝罪する必要があるとは考えない。アメリカの
対外政策は高位にある軍人たちによって秘密裏に立案されているというわたし
の見方はまったく揺るがない。

チャルマーズ・ジョンソン
---------------------------------------------------------------
From: Chalmers Johnson
Sent: Tuesday, July 20, 2004 11:55 AM
Subject: Re: Sailing Toward a Storm in China
Copyright C 2004 Chalmers Johnson TUP配信許諾済み
---------------------------------------------------------------
チャルマーズ・ジョンソンCHALMERS JOHNSON
『日本政策研究所』 http://www.jpri.org 代表。一九六二~九二年、カリフ
ォルニア大学でアジア政治の研究・教育。『アメリカ帝国への報復』(鈴木主
税訳・集英社刊)新刊 The Sorrows of Empire: Militarism, Secrecy, and
the End of the Republic, Metropolitan Books, Jan.,2004
================================================================

以上抜粋転載**************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】246:[事象]:新潟・災害チャリティーのお知らせ

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

毎朝自転車で通る水辺の公園では、蝉がワンワン鳴いています。
こう言うと、蝉は犬のようにワンワンとは鳴かないと我が家では顰蹙を買いますが、
倍音声明ではありませんが、数多くの蝉の鳴き声が重なると、
グワングワンという感じに聞えませんか?

今まではミンミン蝉とアブラ蝉でしたが、ツクツクボウシも鳴き始めています。


せみ時雨ツクツクボウシも加わりぬ --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼


さて、新潟や福井で集中豪雨のために大きな被害が出ていることは
皆さんもご存知のことと思われます。

女性起業家としてはかなり早い時期にエイガールを立ち上げられ、
その先見性・先進性には驚異と敬意を感じる伊藤淳子さんですが、
http://www.asahijobplatz.com/anohito/back.asp?back=42

その伊藤さんから、「新潟・災害チャリティーのお知らせ」というメールを頂きました。

被災地を支援するというと、
現地に行って復旧作業のお手伝いをするとか、
支援物資を送るとか、
義援金を送るなどが頭に浮かびますが、
そうしたことだけがボランティア活動ではなく、
こうして、早く商売が軌道に乗るように少しでも売上に貢献する、
という方法もあるのですね。

難民・被災者などに対して、施しを与えるのは、それに依存してしまい、
自立を遅らせるので良くないと言われています。
自立の道を踏み出すためになることを支援するのが良いのだろうと思います。

皆さんが可能は範囲でご支援頂ければと思います。

唐澤

以下、伊藤さんからのメール転載********************

唐澤さん いつもメールニュースをありがとうございます。
本文もさることながら、季節の花々や俳句が楽しみです。

ところで、新潟で刃物を生産している知人の会社が、先日の災害で
2万点以上の商品が汚泥まみれになってしまいました。
そこで支援のためにチャリティー企画をすることになりました。

このままでは廃棄処分とするしかない商品ですが、
パッケージが汚れていること以外、問題はありません。
また、家庭用包丁の「研ぎ」も受けています。

「7.13 三条水害チャリティー・バザール」
http://www.713charity.jp/

ブログやMLなどで告知していただけると助かります。
(同じ文面を流用していますのでお許しくださいませ)

まだまだ暑い日が続き、それどころか、異常気象で地球の未来が不安になりますね。

伊藤淳子 xxxxx@a-girl.co.jp
株式会社エイガアル http://www.a-girl.co.jp
渋谷区神泉町1-11(〒150-0045)
電話 03-3477-xxxx ファックス 03-3477-xxxx
ブログってます>http://www.myprofile.ne.jp/0221-JQ

以上伊藤さんからのメール転載終わり******************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】247:[事象]:あの「誰も知らない」は7日(土)に封切り

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

あちこちでシオカラトンボやナツアカネが飛んでいるのを見かけますが、
トンボの王者、オニヤンマは池や水辺でないと見られない気がします。
水辺の公園の池に行ってみると、やはりいました!

スイスイと王者を気取りオニヤンマ飛ぶ --- 照隅燈

ところが、一匹のメスを巡って二匹のオスが争って、
羽音を立てて高く飛んだかと思えば、水面すれすれに急降下という
まるでジェット戦闘機の曲芸飛行のようでした。

メスを巡り曲芸飛行のオニヤンマ --- 照隅燈

更に、

交尾中でも横恋慕するオニヤンマのオス --- 照隅燈

ということで、子孫を残す本能は王者ほど強いのでしょうか?
日本では、出生率も下がりっぱなしで、人口増加率も下がり、
2年後くらいには人口がピークになり、後は減少する
というニュースが今日の日経新聞1面のトップでしたね。

元気の無い日本人の若い男性たちはネオンと蛍光灯の下で、
テレビやビデオを観たり、ゲームをしたり、
メールやネットサーフィンをするだけではなく、
もっと屋外で自然に触れて、自然を観察したらどうなんでしょうかねえ・・・。

(注)このところ、昆虫の話題なので、写真のURLを紹介していません。
女性の中には、虫の写真なんか例え蝶々でも見たくない!
という方がおられるだろと思うからです。
悪しからず。


♪ ♪ ♪ ♪


さて、2004年カンヌ国際映画祭で、柳樂優弥君が日本人初で、なおかつ
14歳という史上最年少で、最優秀男優賞を受賞したことはご存知かと思われます。

あの映画が今週末の8月7日、土曜日から、
有楽町駅前のビックカメラの入っているビルの7・8階にある
シネカノン有楽町で封切りとなります。
渋谷シネ・アミューズでも近日公開とのことです。
〔特別鑑賞券絶賛発売中!!¥1500〕
[当日料金:一般¥1800、学生¥1500、中・小・シニア¥1000]

あの作品の監督・脚本・編集が是枝裕和氏であることはご存知でしょうが、
制作プロダクションがテレビマンユニオンで、
総合プロデュースは同社会長の重延浩氏であることは、
同社のニュースレターを見るまで知りませんでした。

隔月で発行されている同社のニュースレターの最新号は、
是枝監督のこの作品に関する考え方などや、助監督の制作日誌、
重延氏のカンヌ映画祭に出席した時の俳優・柳楽優弥観、
制作スタッフの全リストなどが掲載されています。

これらの中から、是枝監督がカンヌ映画祭での取材で
繰り返し聞かれたことについて述べている言葉が
非常に印象的だったので、ご紹介します。

以下抜粋転載***************************

『誰も知らない』が5月13日にカンヌ映画祭で公式上映されてからの4日間で、
僕は80近い取材を各国から受けた。一番繰り返し問われ、叉、指摘されたのは、

「あなたは映画の登場人物に道徳的なジャッジを下さない。
子どもを捨てた母さえ断罪していない」

ということだった。

「映画は人を裁く為にあるのではないし、監督は神でも裁判官でもない。
悪者を用意することで物語(世界)はわかりやすくなるかもしれないが、
そうしないことで逆に観た人たちがこの映画を自分の問題として
日常にまでひきずって帰ってもらえるのではないかと考えるから」。

それが僕の答えだった。それが僕が、描く世界に対する責任の取り方だと
言っても良いのかも知れない。

以上抜粋転載***************************


それから、重延氏の「虚と実を漂う 俳優・柳楽優弥」という文章に、
子どもたちは台本を渡されて読んでから演技したのではなく、
監督から口伝えでせりふを教えられてこの作品は撮影されたという
興味深いことが書かれていましたので、ご紹介します。

また、監督は子役たちとメールで会話していた、という点も注目されます。


以下抜粋転載***************************

寡黙はある意味では有言を意味する。
黙って人間を観察する柳楽優弥を見ていて、映画的な子だと私は思った。
では映画的な子とは何を意味するか。

「誰も知らない」の子どもたちはオーディションで選ばれた。
撮影前に、是枝監督は選ばれた子どもたちを
バーベキューやお祭りに連れて行った。

【中略】

撮影に入るときには、子どもだちは、実際の兄弟姉妹を演ずるという虚構を、
あまり虚構と思わないようになっていたという。

監督はそこにさらに自分がひそかに持っていた「台本」という
もうひとつの虚構を持ち込むことになる。
それは、子どもたちの自然な行動にとって、
きわめて危険な虚構だったに違いない。
だから「台本」という虚構は子どもたちの耳元で監督からささやかれる
「口伝え」という形で実行されたという。

是枝監督の持ち込むもうひとつの危険な虚構も、
監督と子供のいつものような会話の中で、
実像に見えるように演出されていったのではないか。

監督は子供たちと日々メールで会話していたようである。
こうして生まれていく実像のような虚像、
虚像のような実像が混ざり合っていくことが、
もしかしたら映画的なることではないだろかと私は思う。

【中略】

この虚らしき実、実らしき虚を編集でとう生かし、どう落とすか、
虚と実の間を是枝演出は慎重に行き来していたのではないだろうか。

【中略】

この微妙な選択をいくつも重ね続けることが、
独創的な映画を生むということではないだろうか。
その意味で、柳楽優弥は監督を代弁できる、
虚と実の正体を容易に見せない天性を持った俳優であったと私は思う。
それを監督は見抜き、監督自身の虚実の変幻を託したのではないだろうか。
柳楽優弥を映画的といったのは、そういう意味である。

以上抜粋転載***************************


最近、私は映画館に行って映画を観ていませんが、
こうしたことを知ると、この作品は観てみたいと思いますね。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】248:[事象]:あの「誰も知らない」は7日(土)に封切り:追加情報

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

先にお知らせした「誰も知らない」の映画についてですが、
公式サイトがありました。
http://www.daremoshiranai.com/#

有楽町・渋谷だけでなく、全国各地で上映が開始されるようですから、
東京以外の方は上記Webの”Theater”をご覧下さい。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】249:[風象]:Skypeという新興IP電話会社に注目!

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

また水辺の公園での話ですが、池の端の方には葦が茂っていて
なかなか良い感じです。
その中に八橋があって、歩くこともできます。

沼杉の膝根やトンボなどを見ていると、ウシガエルのモーッモーッ
という低い鳴き声が聞えました。


葦茂る池から響くウシガエルの声 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、Skypeという名前を聞いたことがありますか?
http://www.skype.com/

本社はルクセンブルグにありますが、多くの社員は
(と言っても40人くらいですが)、エストニアとロンドンに居るそうです。

この会社が去年の夏に、バケツリレー方式でインターネットを使って
世界中に無料で電話ができるソフトを開発し、
無料でダウンロードできるようにしたところ、
どんどん利用者が増えて、今では世界中で700万人以上が
使っているというものです。
音質も携帯電話やIP電話よりも良いということです。

でも今までは、このソフトを持っている人としかつながりませんでしたが、
普通の電話や携帯電話とも有料ですが、格安で繋がるようになりました。

KaZaAというファイル共有ソフトを開発したのですが、
著作権法上は問題だということになったので、
その技術を生かして、何かできないか?と考え、
コンテンツは利用者が創り出す電話というサービスなら
著作権の問題も起こらない、ということで、このソフトを開発したとのことです。

それが今では、大手の通信事業者を脅かす可能性が出て来ましたが、
まだまだ日本の事業者は、のほほんと構えているように思えます。
旧来の通信事業者はいらなくなる可能性があるというのに・・・。

米国、カナダ、豪州、ヨーロッパなど22カ国の間では1分0.017ユーロ
(約2.3円)ですし、日本では0.02ユーロ(約2.7円)です。
そしてユーザー間は無料です。

まだ一般電話から電話を受けることはできませんが、
外国に頻繁に電話を掛ける人には朗報だと思います。
ただし、パソコン(WindowsXP)にヘッドセットを繋いで使うことになります。
(Linux版とPDA版もβ版が出ました)

下記にある程度詳しい情報があります。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20040728/147821/
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040726104.html
日経BP社発行「日経コミュニケーション」8月号、75頁~77頁

興味ある方はダウンロードして使ってみませんか?
私も使いたいのですが、相手がまだいません。



PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2004/08 | 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH