唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:281~283
【唐澤塾】281:[事象]:西村清彦・峰滝和典著『情報技術革新と日本経済』

秋の草花として、派手ではありませんが必ず取り上げたいのは水引(ミズヒキ)です。
http://www.hana300.com/mizuhi.html

これを四季水彩の田中千尋さんは、噴火中の浅間山の火山灰で埋まらないように、
と描いておられます。
http://www.suisai.net/asa/20040919-mizuhiki.htm

この花は表は赤で裏は白なので、上下を逆にして2本並べると紅白の水引
のように見えるので、こういう名前が付いたとのことです。


小さな点の真紅鮮やかミズヒキの花 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、西村清彦・峰滝和典著『情報技術革新と日本経済』有斐閣発行を
ざっと読みました。

ITが経済にどんな影響を与えたのか、プラス面については多く語られていますが、
マイナス面は余り語られていないのと、全体として経済に与えた影響はどうか、
ということを、まず米国の分析事例を、次に欧州の分析事例を紹介しています。
そして、日本の状況を詳細に検証しようとしています。

体裁からして大学生向けの教科書という感じで、横書きで数式も結構ありますが、
その辺は読み飛ばして、結論だけを追って読みました。

情報通信技術による生産性の向上は、単純労働を置き換える、いわゆる
若年低学歴労働者の置き換えは認められるが、熟年低学歴労働者の生産性は
却って落ちているということです。
労働の流動化が進んでいないのと、ビジネスそのものがまだ完全な自由競争でない
日本では、全産業での生産性向上は認められないということです。
特にサービス業の生産性向上が他国に比べて非常に低いということです。

また熟年高学歴の知的労働者の需要を創出することには貢献しているが、
ネットワークを活用することによる、外部との関わりでの生産性向上については、
世界的にもまだITが貢献しているという結果は出ていないということです。

まだ、データそのものが充分ではないことと、労働の質とか、文化的な影響とか
には関係なく、数字・金額で表わせるものがベースになっているので、これらの
分析結果を鵜呑みにするわけには行きませんが、こうした角度からも検証する
ことは良いことだと思いました。

興味のある方は、是非読んでみて下さい。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】282:[事象]:国際社会で日本の取るべき道

今頃になると荒地や土手なでに群生しているのが菊芋(キクイモ)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kikuimo.html

なぜか私はこれがブタクサだと錯覚していましたが、キクイモでした。
繁殖力は旺盛で、どんどん増えるようですが、食料の無い頃は、
この芋を食べたそうです。
花はよく見ればなかなかきれいなんですが、雑草というイメージが強いですね。


菊芋は苦しい時だけ神頼み --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼ ▼


訪米中の小泉首相は国連総会で演説し、日本として国連安全保障理事会の
常任理事国入りを目指す考えを初めて正式に表明したとのこと。

自衛隊のイラク派遣延長といい、今回の常任理事国入り宣言といい、
国会の承認や与党の合意も取らずに独断で独走しているのは問題ですね。

以前にご紹介した村上龍さんの「人生における成功者の定義と条件」NHK出版
を読むと、猪口邦子さんとの対談があります。

上智大学法学部教授の猪口さんが、軍縮会議日本政府代表部特命全権大使
として、軍縮会議の議長や、国連第一回小型武器中間会合議長を務められた
ことは余り広くは知られていないように思います。

この対談の中で、猪口さんは次のようなことを述べておられます。

「たとえば小型武器という小さな兵器で、年間50万人が亡くなっている。
1日に1400人です。ということは、こうして喋っている間も、毎分1人ぐらいの人が、
小型武器による戦争関連死を遂げていることになる。
ですからまずは、その絶望を見なければだめなんです。
・・・
軍縮の問題については冷戦期を終えた今も考え続けてもらいたいのですが、
今はやはり軍縮というのは逆境にあるんです。世界は必ずしも軍縮に味方をして
いるとは言えない。そういう中でも、やはり誰かがしっかりと軍縮の重要さを訴え、
かつ実務的に実現していく必要があると思うし、そういう意味で私自身も毎日
毎日を大事にしていかないと、正義がなされないんじゃないかという気持ちが
あります。」

そして、

「私が起案した核廃絶決議案に対して、世界で二カ国だけが反対票を入れたんです。
一国はアメリカ、もう一国がインドです。・・・・
そして世界の164ヵ国が日本の側についているということです。
ただそういう話について、一般的に日本社会そのものが関心を持ってくれないところ
があるんですよ。日本が出している核廃絶決議案が過去最高の160ヵ国以上の票が
とれたというときに、どうして大きな関心を抱いていただけないのかと、ちょっと寂しい
と思うところはあります。」

更に、

「世界から見たら、やはり日本は経済国家というよりも軍縮のリーダーシップをとる
べき国なんですよ。日本は自己イメージとして、経済大国だと思っているでしょう。
でも世界から見たら、やはり広島・長崎を経験した国なんだから、軍縮の旗手である
べきだというのがある。それが日本に期待されている役割であり、世界が抱いている
イメージなのだから、そこをやはり大事にして、自国の市民社会にも、それから世界
にも発信していく必要があると思うんです。実際この核廃絶決議案は十年間、ずっと
国連で採択されている。
地味だけれども世界に対しての働きかけはやっているんです。」

ということで、恥ずかしながら私も知らなかったわけですが、外務省は戦後地道に
こうしいたことをやって来ていたということです。マスコミが報道していないことも、
外務省がマスコミにアピールしていないことも問題なのでしょう。

そして、今後、日本の取るべき道は、

「日本は自分のことを経済大国だと思いたいかもしれないけれど、経済で成功して
いる国というのはたくさんあるんです。ある意味でこれからもっと多くの国が経済大国
になってきます。ある程度の経済水準はベーシックなものだとして、そのうえで世界
に対して何を主張したり、何で貢献したりするのか。そこで勝負しなければならない。
そこは日本ももう少し、考えなければいけないところだと思います。世界は日本に
軍縮外交のリーダーになってもらいたいと思っている。」

であって、核で軍備している常任理事国の仲間に入ることではないということに
私も非常に共感を覚えます。

しかるに、

小泉首相のアサハカな考えによる「常任理事国入り表明」は、
こうした過去の努力が水泡に帰すもので、
一国の責任者としての分別を疑います。

もう小泉にこの国の将来を任せることはできないことは明白でしょう。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】283:[信象]:無料のIP電話Skypeを使わなきゃ損です!

夏から秋にかけて、花壇をにぎわすのは鶏頭(けいとう)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/keitou.html

花ではなく、葉っぱのきれいな葉鶏頭(はげいとう)もあります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/hageitou.html

鶏頭の季節は夏なのか、秋なのかどっちなんだろう?と思っていましたが、
調べてみたら、季語としては「秋」なんですね。


葉鶏頭名残の夏に彩りを添え --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


****************************
今日の注目点:
****************************
1.パソコンを安く買うには中古店がお勧め!
2.Skypeを使えば仲間同士の電話料金は無料!
3.Skype-outで世界中の固定電話・携帯電話に格安で掛けられる!
4.携帯電話にもIP電話にも無線ヘッドセットは便利!
****************************


さて、今日の話は、私の専門分野の最新トレンドについてです。

以前Skypeという無料のIP電話のことをご紹介しましたが、
私も家のパソコンにダウンロードして使っています。
音質が良いので、従来の電話にはない臨場感があります。
http://web.skype.com/home.ja.html

普通、男同士で長電話をすることは私の場合、ありませんでしたが、
Skypeだと面と向かって話しているのと変わりないくらいの音質なのと、
受話器を持って話す面倒がないので、ついつい長電話してしまいます。

下の娘がワーキングホリデーのビザを取り、またオーストラリアに
1年ほど滞在する予定で昨日、成田から旅立ちましたが、
このSkypeを使って無料で電話ができるように、WindowsXP搭載の
中古パソコンを買ってインストールし、家で試験通話して行きました。

(と言っても実際には未使用の新古品で、LAOXの中古専門店で、
値段は新品の半額以下でした!定価の1/3くらいだったかな?
今、パソコンを買うなら、中古店で探すのがいいかと思います。)

マイクもスピーカーも付いている東芝製のノートパソコンなので、
特別に買い足すものはありませんでした。
これで、オーストラリアに滞在する娘と長電話をしても大丈夫です!

また、Skype-outという外線発信もできるようになりましたから、
世界中の普通の電話や携帯電話にも安く電話できるようになっています。
国内の固定電話には距離に関係なく一律1分約3.6円で、携帯電話が約21円、
アメリカには固定電話も携帯電話も約2.3円ということですから、かなりお徳です。
(約というのは、元々がユーロベースの料金なので、為替レートで変動します)

頻繁に電話する人、長電話したい人には、この料金は魅力的でしょう!

えっ、アメリカに電話する方が安いの?と思われるでしょう。
これは、世界中に市内電話料金が適用されているようなものですから、
こうなってしまうのです。日本の国内料金が高いことがこれでわかりますね。

使えるOSはWindows2000/XP、Linux、Pocket PC、Mac OS Xですから、
最近のパソコンであれば大抵は使えます。

また、自分が直ぐに電話に出てもいいのか、忙しいのか、チャットならいいのか、
外出中なのか、などを知らせるプレゼンス機能というのがありますので、
電話をする前に相手の状態を見て、事前にメールを送るか、チャットにするか、
電話をするかを決めることができます。

成田まで見送りに来てくれた娘の友人たちにもインストールの仕方などを
教えてあげました。(聞いたら、皆、Windows2000かXPでした)
これで彼女たちは長電話するようになるかもしれません。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

パソコンを使って電話する場合に、電話機をどうするのか?
という問題があるわけですが、電話機の形にこだわる人は、
USB接続タイプのハンドセットが売られています。

しかし、パソコンで電話するときには、Webや事前に送っておいたファイルなど
を見ながら話すのがいいわけで、両手はマウスとキーボードのために
空けておきたいわけです。
そういう時に便利なのは、ヘッドセットですが、コードが邪魔なので、
コードレスがいいですよね。

そういうニーズに合うものがBluetoothという無線方式を使ったヘッドセットです。

それらについては、日経BP社のITProというサイトの「記者の眼」の本日版に

「IP電話とSkypeとBluetoothの濃密な関係」

というコラムがありますので、読んでみて下さい。
無線ヘッドセットの写真も載っています。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20040923/150287/

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

また、11月からは車を運転しながら携帯電話を使うと罰金を取られます。

そこで、同じような無線のヘッドセットが有効になると思われます。
そうした市場を狙って、e-ePadというBluetoothを使った無線ヘッドセットも
発売されます。
http://www.geocities.jp/skip_n2000/itsolusion/bteepad.htm

この製品の価格など詳しいことは直接私宛にお問い合わせ下さい。
1個サンプルを買いましたので、お試し頂くこともできます。

これは携帯電話用のアダプターであるe-kadaputerを使うことにより、
どこのメーカーのどんな携帯電話でも使えますし、オーディオ機器の
無線ヘッドフォンとしても使えます。

これがUSB対応になって、IP電話として使えるといいと切望しています。


今日は、お徳情報満載でした!

皆さん、良い週末をお過ごしください。

スポンサーサイト
【唐澤塾】バックナンバー:276~280
【唐澤塾】276:[必読]:カニングハム・久子氏講演録「IT革命から子どもの脳を守れ」

9月に入っても残暑が続いていますが、草花は夏から秋へと季節の変化を
感じているようです。

夏の花としてご紹介を忘れていて、まだ咲いているのが、鳳仙花(ホウセンカ)です。
http://www.hana300.com/hosenk.html

よく見るとちょっと変わった形の花ですが、何と言っても、成熟した実に触ると
中の黒い種子をはじき飛ばしてくるっと反り返るのが印象的ですね。
子供の頃は面白くて指で実を摘まんだものです。


はじける実が印象強い鳳仙花 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪

274号で、社団法人日本躾の会を間違って財団法人とご紹介しました。
訂正してお詫び致します。

正:社団法人日本躾の会
誤:財団法人日本躾の会

▼ ▼ ▼ ▼

さて、このところお伝えしているのは「ネット社会と子ども協議会」関連の話が多い
のですが、IT業界に35年ほど従事している私としては非常にショッキングで、
考え込んでしまう話に出会いました。

それは、カニングハム・久子氏が佐賀市で平成14年10月26日に、
“でてこい公開講座”で講演された「IT革命から 子どもの脳を守る」の講演録です。
http://www6.ocn.ne.jp/~detekoi/kouen/record4.pdf

彼女は、米国で視聴覚臨床教育を30年以上に渡ってやっておられる
コミュニケーション・セラピストということです。

子どもさんをお持ちの方は勿論ですが、これからお子さんやお孫さんを持たれる
可能性のある方も含めて、是非上記講演録(30頁)を印刷して(編集の書式から、
ディスプレイ上で読むのはちょっとつらいと思います)じっくりお読み頂きたいと
思います。

そうは言っても、概要がわからないと、そんなものを読んでいる暇はない、
とおっしゃる方がおられるかもしれませんので、
その一端を「あおばバリアフリーサロン」
http://www.abs21.com/
の三竹さんが抜粋要約をメーリングリストに投稿されたものを更に編集しました。
これをご覧になれば、是非全文を読んでみようと思われることでしょう。

唐澤

以下一部抜粋要約**************************

・学研の教育ジャーナル2002年7月号記載記事で、

『ゲームのしすぎで動悸、立ちくらみ』
日本学校保健会が全国10都県の小中高51校の約6900人を調査した結果;

⇒パソコンやゲームを1時間半以上する子に多い、立ちくらみ、めまい、動悸、
体のだるさ、等の起立性障害 ⇒脳内に異変が起きている

・自閉的傾向の子どもが多いが、40年前に比べると異常に多い。

・川崎医科大学小児科川村直樹氏は「テレビを見ると子どもがしゃべれなくなる」
と考えており、自閉症とテレビやビデオの関連を疑っている。

・テレビやビデオに子守をさせるな。

・日本大学文理学部森昭雄教授による「切れる子どもとゲーム機」という調査報告;

⇒ゲームに熱中するこどもの脳波と痴呆症老人の脳波は、
ベーター波が無くアルファーのみ(前頭前野を使っていない「ゲーム脳」)で、
ゲーム脳は、言語中枢がある左側頭葉の部門を素通りして、
単に秒速を争う反射機能だけをつかっている。

・前頭前野の機能は、倫理判断、道徳判断、善悪の判断、感情抑制、それから
クリエイティビティ、理性といった人間を人間たらしめる機能を司っている。

・脳が急激に発達する8歳から10歳の時に放置すると、
未熟な大人になると医学界では、警告を発している。

・前頭葉の活性化は、人としてのコミュニケーションや体の運動を通してしか
育たないことは、大脳生理学上証明されている。

・米国での14年間に渡る調査結果;

⇒パソコン使用で子どものIQが上がると信じて、導入したアメリカ。

⇒「コンピューターが子どもの心を変える」ジェーン・ヒーリー

⇒1997年全米小学校校長会で会長が、
「コンピューターは児童の成績向上にほとんど役にたっていない」と発表。

⇒パソコンが脳に与える影響、それから読書力、思考力、独創性、自主性、
分析力などを損なうことなく、パソコンの優位面を最大限にひきだすには、
どうしたら良いかという調査結果から発見された問題点:

1:聞く能力の低下。注意力を維持する力が弱まっている。落ち着いて集中して
勉強ができない。口頭で指示された文章を反復できない。

2:話されたものや書かれたものから、事実や考えをまとまりをもって、
順序立てながら捉える能力が低下している。
つまり文意を組んでいくという力が弱まっていた。

3:言葉の代わりに身振りを使って伝える傾向がある。
なぜか。話言葉が年齢並みに育っていなかった。

4:小学校4年以上の語彙、知識の低下。

5:重要な語の代わりに、埋め合わせの言葉を使ったり、
文章を冗長につくる傾向。「あのー」とか 「えー」とか「ものみたいにー」
「あったみたいなものー」というような無意味な接続詞を使う傾向がある。

6:語韻の聞き分けと語韻の配列の困難さ。まるで構音障害。
多音節語の発音、読み取り、つづりに誤りが出る。

7:少し難しい読みの教材を理解することにつまづきが表れ始めた。
これは、知的操作が支えになる課題。難しい文章を読んで理解
できるかどうかというのは、これは知的操作。知的能力も落ちていたということ。

8:中・高校生を対象にしたもので、 出てきた恐るべき結果は、
長い文章や埋め込みの節や複雑な文法構造の理解が弱くなっていた。

9:話言葉から書き言葉への切り替えが難しくなっていた。

10:子どもにパソコンを与えたとき、子どもの脳に起きている変化に
家族が気付いていない。脳内の変化は徐々に起きてきて、
気が付いたときは手遅れということが多い。

・パソコンにのめり込んでいる子どもたちの健康上の問題;
⇒目の悪化、姿勢がどんどん悪くなる。手根幹症候群。
電磁波の影響で、白血病、脳腫瘍(携帯)、癌、中枢神経や甲状腺など。
子どもは大人の5倍から10倍の速さで白血病や癌が進行する。

・触覚器を刺激させることが脳を賢くする。
子どもは手を使って素足ですべての自然の森羅万象をからだで
感じさせることが大切。パソコンは捨てちゃいなさい。
ほんとに子どものことを思うのならば、それは大事なこと。
パソコンを使わせる年齢は、抽象的な思考ができる11~12歳くらいから。

・知覚というものは、母親との密接で健康なかかわりの中でこそ育つもので、
コンピューターはそれをしてくれない。
感情と脳、これは切り離して考えることはできない。
情緒の発達は、愛情のこもった人間との交流が頻繁に
行われることで大きく育っていく。
感情を司る脳には、攻撃性をコントロールする回路がある。

・言語機能が発達していないと対人関係のコミュニケーションが下手になる。
それで人嫌いになってひきこもりを生じることがある。
ひきこもりになって何をやっているか。パソコンに向かっている。
パソコンで何をやているか?⇒ゲーム。

・電子機器の上手な使い方。

⇒誕生から2歳までは、「テレビもパソコンも忘れなさい」
⇒2歳から7歳の時期は、現実と幻想の境目が見えなくなってしまう。
⇒パソコンを与えるのは、抽象思考ができる年齢、11歳から12歳くらいでよい。

以上一部抜粋要約**************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】277:[事象]:早稲田BS「社会事業マネジメント」セミナーのお知らせ

私の記憶の中では、稲刈りの頃、土手に咲いていたのが犬蓼(イヌタデ)です。
http://www.hana300.com/inutad.html

開花時期は7月半ばから10月後半までと長いようです。
別名「赤まんま」で、子どもたちのおままごとには欠かせないものでしたね。
蓼食う虫も好きずき、という言葉があるように、余り虫に食われているものは
無かったように思います。


赤まんま小さな手で盛るままごとの膳 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


以前、早稲田大学ビジネススクール教授の平野雅章さんから、
アート・マネジメント・コースのご案内を頂き、
皆さんにご紹介したところ、何人かの方が受講されました。

その平野先生が、環境や医療などの事業マネジメントにも
対象を広げておられるとのことで、そうしたセミナーの案内を頂きました。
丸1日のクラスなので、私はちょっと時間が取れそうもありませんが、
興味のある方は、是非受講されては如何でしょうか?

詳細は添付のPDFファイルをご覧下さい。

唐澤

以下、平野先生からのメール*********************

唐澤様、

お久しぶりです。お元気でお過ごしですか?

【中略】

大学の方では、今年は、アートのみならず環境や医療など、広く社会的ミッシ
ョンを持つ事業のマネジメントについてセミナーを行っています。ミッション
ステートメントの作り方・戦略の考え方・日常業務のための評価尺度の作り方
を取り扱い、ゲスト講師に事例をお話し戴くという、講義だけでないワークシ
ョップ形式のセミナーです。

社会事業では一般に、提供者の側に「自分は正しい」という意識が強く、顧客
(事業によって利益を得る観客・聴衆・広い社会等)の判断を忘れがちになり
ます。そこで、提供者がすべきこと・顧客の価値観・経済性等のバランスが、
マネジメントを考えるときのポイントとなります。一般のビジネス人にとって
も、アート・環境・医療などの全く別の社会事業から、気づきやヒントが多く
得られるはずです。

10月7日(木)は、多くの病院に遙かに先行して「顧客満足」をテーマに取り
上げ、多くの賞なども受賞している川越胃腸病院の望月院長をゲスト講師にお
招きし、病院のマネジメントについて、ご一緒に考えます。

9:30-16:30 のまる1日セミナーなので、必ずしも受講しやすくはありません
が、その価値は十二分にあります。

以上平野先生からのメール**********************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】278:[風象]:ハードディスク搭載の携帯電話が韓国で発売される

生垣や藪のようなところに蔓を這わせているのが屁糞蔓(ヘクソカズラ)です。
http://www.hana300.com/hekuso.html

名前は何か、汚らしい感じですが、中心が紫色でまわりは白い小さな花
を咲かせます。初冬になって、葉が落ちると、赤茶色の小さな実がいくつか
固まって成っているので、ああ、ここにあったんだ、とわかります。
葉や茎をもむと、悪臭がするということですが、私は試したことはありません。


花見れば屁糞蔓の名は可哀想 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、電子業界では躍進を続けている韓国のサムスングループですが、
サムスン電子社は、1.5GBのハードディスクドライブ(HDD)を搭載した
携帯電話『SPH-V5400』を、9月中旬に発売するそうです。
HDD内蔵は世界初で、MP3再生機能のほかに動画も撮影できるという。
『iPod』など携帯音楽プレーヤーやPDAにとって脅威になるかもしれませんが、
何が携帯端末の主流になるのか、ますます目が離せなくなりますね。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040908105.html

@ @ @ @ @

【唐澤塾】279:[風象]:赤ひげななちゃんの「どんな花もみんな尊い」

一見すると、ベゴニアかな?と思うのが秋海棠(しゅうかいどう)です。
http://www.hana300.com/syukai.html

春先に咲く桜色の海棠(カイドウ:花海棠とも)を「シュウカイドウ」というと、
母から教えられたように錯覚しておりましたが、文字通り、秋に咲くから秋海棠で、
海棠は春なんですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kaidou.html

海棠はバラ科の花木で秋海棠はシュウカイドウ科の宿根草です。


秋海棠の薄紅の花咲き秋告げる --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、時々ご紹介している北海道の獣医師「赤ひげななちゃん」こと前野七彦さんの
「ルンルン赤ひげななちゃんの宇宙」ですが、
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/

そのメッセージ集に「どんな花もみんな尊い」というメッセージがありました。
私も、路傍の草花もご紹介しておりますので、非常に共感するものです。

唐澤

以下転載****************************

   「どんな花もみんな尊い」


  この世界には・・・
  さまざまな花が咲いています。

  悲しみに沈んだ人の心を癒してくれる花
  幸せと喜びを感じさせてくれる花
  病んだ心をあたたかく包み込んでくれるような花

  花は咲いているだけで・・・
  ステキです!!!

  そして・・・

  山野の中で・・・
  だれの目に触れることもなく・・・
  だれにも知れずに・・・
  ただただ美しく咲いている花もステキです!!!

  どんな花もみんな尊い

  花は・・・
  誰かのために咲いているんじゃない。

  花は・・・
  誰かを助けようと咲いているんじゃない。

  花は・・・
  誰かを喜ばそうと咲いているんじゃない。

  花はただただ自分のために咲いている・・・

  花はどんな花とも競わない・・・
  花はどんな花とも比べない・・・
  花はどんな花とも争わない・・・

  花はただただ自分のために咲いている・・・

  花は自分をそのまま輝かせている。

  どんな花もそのままで・・・
  地球の輝きの一助を担っている。

  どの花が偉くて・・・
  どの花が卑しい・・・
  なんてことは・・・
  ないんだよ。

  どんな花もそのままで・・・
  いいんだよ。

  そのままの自分が花咲くだけでいい。

  花はそのままで存在しているだけで・・・
  地球の一部としての役目をはたしているんだよ。

  ぼくたちも・・・
  同じだよ。

  ぼくたちが・・・
  ぼくたちでいることが・・・

  ぼくたちが・・・
  今ここに存在しているだけで・・・

  もうすでに・・・
  地球の一部分としての自分の役割を輝かせているんだよ。

  あとは・・・
  幸せと喜びと感謝の積み重ねだね・・・

  そうすると・・・
  自分がどんどん輝いていく。

  無理して・・・
  何かをしようと思ってもいい。
  でももしも・・・
  それが重荷に感じたなら・・・
  その重荷を下ろして・・・
  もとのそのまんまの自分に戻ってね。

  ぼくたちは・・・
  地球そのもの。

  ぼくたちは・・・
  地球の一部分。

  地球に貢献するとは・・・
  地球の一部分である自分を生きること。

  花はただただ自分のために咲いている・・・
  ぼくたちも同じだよ。
  ただただ自分のために花を咲かせればいい。

  そこからだよ・・・

  だれかのために生きてもいい・・・
  だれかのために生きなくてもいい・・・

  まずは・・・
  自分のために生きてね!!!

  とことん自分のために・・・
  美しい花を咲かせてね!!!

  そのままで・・・
  どんな人もみんな尊い。

  どんな花もみんな尊い。

  ルンルン・・・

  ありがとうございます。

以上転載****************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】280:[風象]:温室効果ガスを吸着させた木炭を肥料に  

秋の花でまず思い浮かべるのは秋桜(コスモス)でしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/cosmos.html

そして秋桜と言えば、さだまさし作詞・作曲で山口百恵さんが唄った
「秋桜(コスモス)」を思い出します。

♪薄紅の秋桜が秋の日の~
何気ない陽溜まりに揺れている~
この頃涙もろくなった母が~
庭先で一つ咳をする~
・・・・・

そしてもう1曲は、狩人が唄った「コスモス街道」です。

♪バスを降りれば落葉松林
・・・・・
コスモスの花は~今でも咲いていますか~
あの日の二人をまだあなたは覚えてますか~
愛されなくても最後まで望みを捨てずにいたかった~
右は越後へ行く北の道 左は木曾まで行く中山道
続いてる~ コスモスの道が~
・・・・・

狩人のデビュー曲「あずさ2号」といい、この「コスモス街道」といい、
信州が舞台なので、郷愁も愛着もありました。

柏の家からつくば市に車通勤していた頃、水海道から石毛方向の中川沿いの
道路脇の土手には何キロも続くコスモス街道がありましたが、
最近、通った時にはコスモスはありませんでした。
あれもバブル期だけだったのでしょうか?


いつか見たコスモスの道まぶたに浮かぶ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、地球温暖化の原因とそれがもたらす影響についての科学者たちの見方は
さまざまですが、2つの点だけは意見が一致しているということです。

それは、化石燃料の燃焼量が増えれば温室効果ガスの生成される量も
増えることと、地球がいま温暖化していることです。

『気候変動に関する政府間パネル』(IPCC)によると、
北半球の平均気温は過去100年で摂氏0.6度上昇したということです。

また、過去250年で空気中の二酸化炭素濃度は280ppmから367ppmまで
増加したということです。

米国のエプリダ社は、石油など化石燃料の燃焼で発生する温室効果ガスを
木炭に吸着させるとともに、この木炭をアンモニアと反応させて
非常に効果的な肥料を作り出す技術の開発に取り組んでいるとのこと。

これは、数千年前にブラジルの原住民が、木炭を埋めることで、
今も存在し続ける肥沃な黒土を作り出したことをヒントにした技術だそうです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040914306.html

これがうまくいけば、一石二鳥ということになりますので、
効果が検証されることを期待したいですね。


♪ ♪ ♪ ♪


週末は三連休の方も多いでしょう。
のんびり歩きながら、あるいはサイクリングをしながら
秋の草花などをながめて良い週末をお過ごしください。

【唐澤塾】バックナンバー:271~275
【唐澤塾】271:[風象]:ウェブカメラで覗き見するウィルスの出現

秋の七草と言えばやはり萩でしょう。
しかし、「ハギ」で検索しても出て来ないサイトがあったので、調べてみると、
山萩、宮城野萩、丸葉萩、錦萩と種類も色々あるんですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/nisikihagi.html


山錦丸葉宮城野萩もいろいろ --- 照隅燈


北隣と南隣の家にあるのは、宮城野萩のようで、夏から咲いています。
北隣の家には白と牡丹色の二色の花もありました。


萩咲いて月光の影からコウロギの声 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、パソコンをお使いの皆さんは、日頃、ウィルスと迷惑メールに
悩まされていると思います。
そこにまた、新たなウィルスが登場したとのことです。

それは、パソコンに接続されたウェブカメラを使って、
「のぞき見」をするというものです。

ネットワーク共有によって感染する『W32/Rbot-GR』というワームで、
クラッカーはパスワードを盗み出し、ウェブカメラとマイクを使って
「のぞき見」や「盗み聞き」ができるということです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040824301.html

常時接続のインターネットでウェブカメラを接続されている方は、
セキュリティーに気をつけないといけないようです。

ご参考まで。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】272:[風象]:ビジネスウィークに見るトップ・ブランド100社の動向

秋の七草の5番目にご紹介するのは葛です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kuzu.html

先日、日暮里から有楽町に向かう山手線の車窓からぼんやり外を眺めていると、
鶯谷の駅の前後の線路脇の壁には、葛が茂って垂れ下がっていました。
葉が茂りすぎていて、花は見えませんでしたが、もう咲いている頃でしょう。


生い茂る緑濃き葉に映える葛花--- 照隅燈


葛と言えば、葛湯、葛餅、葛切り、など、根から採れるでんぷんを使ったものを
思い浮かべます。また風邪薬としての葛根湯も見直されていますね。

クズの名前の由来は、国栖(くず)だそうです。神武天皇の東征の時、
活躍した磐排別(いわおしわく)という人の子供の名前が国栖で、
奈良県に国栖という地名があり、葛粉の産地であるとのこと。


寒い日は葛湯で温もり早寝せしかな --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、一般的に企業の財産は、人・モノ・金であると言われています。
しかし、これらは全て短期的に外部から調達可能ですが、
商標(ブランド)はそうはいかないので、
最も重要なものは商標であると私は考えています。

最近の事例では雪印や三菱自動車のように、せっかく長い時間を掛けて
積み上げてきた商標価値が、あっという間に崩壊しています。

また、以前には、東芝製ビデオレコーダーを買った人のクレームに対する
対応がまずかったことから、大きな問題に発展した東芝ビデオ事件
というのもありました。
あの事件で、東芝の商標価値は一時的とは言え下がったでしょう。

お客様と直接接触する部署の人間の応対が商標価値を決めていることに
なるわけで、やたらに外注に出したり、パート・アルバイトで経費削減をしたり
している企業が多い昨今ですが、そうした経費削減の効果よりも、
ちょっとした対応ミスが商標に傷を付け、企業の命取りになりかねないわけです。
経費削減と商標価値低下リスクとを天秤にかけて判断すべきかと思います。

商標価値のビジネスウィークによるトップ100社ランキングの記事を、
富士通コンピューターサロンの穂井田直美さんが、日本語に要約されました。
許可を頂いて下記に転載致します。

価値の最も上がった5社と最も下がった5社を見て、何がその要因なのか、
考えてみる価値はあると思います。

唐澤

以下転載*****************************

題名:The Indsutry Trend Report 2004-09
2004年8 月18日 2004-09 号

第4 回ビジネスウィーク・グローバル・トップブランド100
カルト志向なブランドが台頭

 ビジネスウィーク誌(8月9 日号) では、今年で第4回になるグローバル・ブランド
価値トップ100 ランキングが特集されてます。対象となるのは、マーケッティング・
データー/財務データを公開し、3 分の1 以上の収益を母国以外の国々で上げ
ている企業のブランドなので、VISA、WAL-MART、 MARS 、 CNNなど著名
ブランドが除外されてますが、概要は、以下のとおりです。

表1. 最も価値のあるブランドトップ10

2004 2003
Rank Brand Value Brand Value 成長率
1. COCA-COLA $67,394 M $70,453 M -4%
2. MICROSOFT $61,372 $66,174 -6%
3. IBM $53,791 $51,767 4%
4. GE $44,111 $42,340 4%
5. intel $33,499 $31,112 8%
6. DISNEY $27,113 $28,036 -3%
7. McDONALD’S $25,001 $24,699 1%
8. NOKIA $24,041 $29,440 -18%
9. TOYOTA $22,673 $20,784 9%
10. MARLBORO $22,128 $22183 0%

表2. 最も価値が上がったブランド トップ5

2004 2003
Rank Brand Value Brand Value 成長率
43. APPLE $ 6,871 M $ 5,554 M 24%
66. AMAZON.COM $ 4,156 $ 3,403 22%
61. YAHOO! $ 4,545 $ 3,895 17%
21. SAMSUNG $12,553 $10,846 16%
33. HSBC $ 8,671 $ 7,565 15%

表3. 最も価値が下がったブランド トップ5

2004 2003
Rank Brand Value Brand Value 成長率
53. KODAK $ 5,231M $ 7,826M -33%
46. NINTENDO $ 6,479 $ 8,190 -21%
8. NOKIA $24,041 $29,440 -18%
82. AOL $ 3,248 $ 3,961 -18%
19. FORD $14,475 $17,066 -15%

ブランド価値の算出方法についての備考、トップ100 のリストも原文を参照
ください。( 困難な方は、穂井田に連絡ください)

今年、ブランド価値を高めた要因をひとことで表現するなら、アップル・コン
ピュータのiPodブームに代表されるカルト的志向である。

インターネットによって大量の情報が入手でき、製品や品質を簡単に迅速に
比較出来る時代においては、差別化要素として、ブランドがますます重要になり、
熱狂的なファン作りがブランド力強化に威力を発揮するようになった。

熱狂的なファンの志向や行動はエンパワーなものになり、単なる消費者という
よりはオーナー的なものになってきている。加えて、インターネットの普及によ
り、個人の情報発信が強大きな力ちを持つ様になってきたために、従来のマーケ
ティング知識を超えるものになってきている。そのために、ユーザー・コミュニ
ティの構築が重要になってきている。

今年、ブランド価値を15.7% 高め、20位のソニーに次いで、21位に躍進した
サムスンは、携帯電話やフラット・パネルTVで、ハイエンドなイメージに磨きを
かけ、安さがウリというイメージを払拭させながら、「私達のブランドを中心に
コミュニティを構築したことが、大きく貢献しました」と、担当エグゼクティブ
がいっているように、ユーザーの忠誠心を育てあげている。また、社歴101 年の
ハーレイ・ダヴィドソンでは、新車の販売の半分は既存ユーザーというように、
ユーザー・コミュニティ構築は、ブランドの自己増強力を発揮するまでに進化し
ている。

ブランド力第1 位のコカコーラや、第2 位のマイクロソフトは、どちらかと
いえば大量消費なブランドといえるが、今年、ブランド価値がさがった。そのた
めに、両社とも消費者とのつながりを重視してきており、マイクロソフトは、
空港のラウウンジで小規模な展示会をひらいたり、コカコーラは、ショッピング
モールに若者向けのスペースを設置し、コミュニティ作りに努力している。一般
消費者とはあまり縁のないGEでさえ、Web サイトでGE Penというお遊び的な手描
きツールを提供し、人気を博し、同社を親しみやすくすることに、おおいに貢献
している。

今年のグローバルブランド・トップ100 の特集の総論では、ブランド構築の
ために、移り気な消費者をファンにすることが、値段のつけようもなく貴重な
ものになると捉え、その実例を色々紹介しています。是非、その他の数々の事例
を参考にしてください。

個人的には、この特集でとりあげているコミュニティ作りは、B-to-Cブームの
時代に大いに喧伝されていた考え方のようにみています。当時、理論的なもので
しかなかったことが、実際に利益を出せるものに定着してきたと、捉えています。
加えて、この特集でも高く評価されている、アマゾン・ドットコムやイーベイの
最近の動向に、B-to-Cが新たな段階にはいったことがみてとれますので、次号で
は、それについての記事を紹介したいと考えています。
-------------------------------------------------------------------
穂井田直美(Computer Salon)

以上転載終わり***************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】273:[事象]:村上龍対談集「人生における成功者の定義と条件」

秋の七草の6番目にご紹介するのは女郎花(オミナエシ)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ominaesi.html

似たような花で男郎花(オトコエシ)という花もあるんですね。
残念ながら、私は女郎花の実物を見たことがありません。


名にし負わばひと目逢いたや女郎花 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪

さて、「13歳のハローワーク」をヒットさせた村上龍氏が、今度は

「人生における成功者の定義と条件」

という対談集を出版されたとのことです。

序の部分がメルマガで配信されたので、読んでみますと、なかなか面白そうなので、
早速アマゾンで注文しました。
アマゾンサイトの書評を読んでみると、
正月に放送されたNHKスペシャルでの対談が元になっているとのことなので、
既に内容をご存知の方もおられるかと思いますが、
放送に無かった対談もあるようです。
ご覧になられた方も一読されると宜しいかもしれません。

ご参考まで。

唐澤

以下転載******************************

                              2004年8月27日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JMM [Japan Mail Media]                 No.285 Extra-Edition2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        http://ryumurakami.jmm.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  □■ 人 生 に お け る 成 功 者 の 定 義 と 条 件 ■□
    ──────────────────────────────
          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓          
          ┃村上龍・最新対談集  本日発売!┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
>>>  「これまでの成功者のイメージを壊したいという気持ちがあるんです」

     ~世界で活躍する5人と語った、新しい時代の“成功者”とは~

 安藤忠雄 / 利根川進 / カルロス・ゴーン / 猪口邦子 / 中田英寿

           『人生における成功者の定義と条件』
                 村上龍・著
    定価1,575円 A5変形判並製・272ページ(オール2色) NHK出版
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140808829/jmm05-22

   ┌───────────────────────────────┐
   │JMM読者アンケート・あなたの「成功者の定義と条件」一挙収載!│  
   └───────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼INDEX▼

 ■ 人生における成功者の定義と条件:特別号
 
  □ はじめに(本書より)  村上龍

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ はじめに(本書より)  村上龍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『13歳のハローワーク』という職業紹介絵本を作る過程で、またその出版後にい
ろいろなインタビューに答える中で、いろいろなことを考えた。「仕事」がその人の
人生を支えるのだという単純な事実の再確認から、何をしたいのかわからない人
にはアドバイスのしようがない、というような発見までさまざまなことだ。そして、日本
社会で流通する言葉と概念の文脈が古いままだということもよくわかった。

 特に金融・経済の領域で顕著だが、日本社会の価値観・システム・考え方は90年
代からはっきりと変化し始めた。商売をする人たちは、とにかく利益を出さなければ
いけないので、古いシステムや考え方をもっとも効率的で合理的なものにシフトする。
そういう人たちの嗅覚と実行と成功によって、社会全体のシステムや考え方も少しず
つ変わっていく。

 だがその変化に、言葉や概念がついていけない。これまで何度もエッセイなどで書
いてきたが、わたしたちはいまだにリスクやインセンティブやコアコンピタンスとい
うような英語を日本語に翻訳することができない。リスクは、単に「危険なこと」で
はなく、人を惹き付ける何かに潜むものというニュアンスが含まれている。地雷原を
歩くのはリスクが大きい、という言い方は変だ。たとえば地雷原の中に大昔の宝物が
埋まっていて、それを掘り出そうとするような場合に、地雷原は初めてリスク要因と
して成立する。

                    ●

 社会のシステムや考え方が変化すると、人びとの価値観や判断基準や生き方の選
択も変化していく。終身雇用が当たり前、という考え方が過去のものになろうとしてい
るが、それは雇用システムだけの問題ではなく、生き方の根幹に関わることなので、
当然人びとの考え方や価値観も変化を迫られることになる。だが、そういった変化に
言葉や概念はうまく対応できていない。リスクという言葉を日本語に翻訳できないの
は、会社への忠誠心や献身と引き替えに会社に庇護してもらうのが当たり前という社
会では、人を惹き付ける何かに潜む危険・不安要因という概念が存在しなかったから
だ。

 死語になっているわけではないが、その概念が空洞化している言葉もある。その典
型は「普通」だ。普通の女子高生、と聞いて、どんな女の子を思い浮かべるだろうか。
また普通のサラリーマンと言われて、どんな青年やおじさんを思い浮かべるだろうか。
たとえば、「普通の女子高生」というのはバージンだろうか。また「普通のサラリー
マン」の年収はいくらくらいだろうか。その二つの問いに対してはきっといろいろな
意見があるだろう。いろいろな意見があるということは、社会的通念となるような基
準がもはや存在しないということだ。

                    ●

「普通」と同様に、「成功者」という概念にも空洞化が見られる。それは「成功」と
いう言葉に、近代化途上の価値観が刷り込まれているからだ。近代化と、その最終段
階だった高度成長時において、成功というのはおもに経済的な成功を意味した。成功
者というのは、法の範囲内で平均以上に金を儲けた人と出世した人を指す言葉だった。
ただし、今その概念が変わってしまっているわけではない。平均以上に金を稼いだ人、
会社の社長や役所の局長になれた人は、今でも成功者だと見られるだろう。金を稼ぐ
とか、出世するというのは、現代でも成功の範疇に入る。問題は二つある。一つは、
金を儲けたり、出世するために何が必要かということだ。そしてもう一つは、現代に
おける人生の成功者というのは、平均以上に金を稼いだり出世する人だけを指すの
か、ということである。

 かつては、平均以上の金を稼いだり、会社や役所で出世しようと思ったら、いい学
校に行くことが必須だった。中卒で巨万の財を成した人もいるが、成功者としては主
流ではない。明治の開国から高度成長まで、成功するためにはいい学校へ行くことが
必須の条件だったのだ。いい学校へ行って、いい会社や権威のある役所に入る、それ
が成功者のモデルで、女性はそういう人のお嫁さんになるのが幸福への道、という時
代が本当に長く続いた。

 日本全体が貧しくてモノがなく、したがって巨大な需要があった高度成長が終わる
と、当然高度成長用の経済モデルは衰退し、新しいスタイルが模索される。資本主義
社会の企業が利益を追求する義務を負う限り、その是非はともかく終身雇用が幻想と
なっていくのも必然的なことだ。いい学校に行っていい会社に入れば一生安心という
常識が成立するためには、終身雇用制が前提となるが、そのあたりのことについては
前述の『13歳のハローワーク』の「はじめに」というエッセイに詳しく書いたので
ここでは繰り返さない。

                    ●

 現代では、平均以上に金を稼ぎ、出世する確実な方法がない。つまりいい学校に
行って、いい会社や権威のある役所に入っても、成功者になれるかどうかわからない。
それが、今の子どもたちに勉強へのモチベーションを失わせている原因のほとんどす
べてだ。『13歳のハローワーク』では、おもに「職能」や「技術」を取り上げだ。つ
まり、自分が興味を持てる分野で専門的な知識や技術を身に着けたほうが有利だ、と
いうことを示した。「興味がある分野で」という条件をつけたのは、人間は興味がな
い分野で努力を続けるのがむずかしいというシンプルな理由による。嫌いなことをイ
ヤイヤながらやるよりも、好きなこと、興味があることをワクワクしながらやるほう
が集中できるし、効率が上がる。

 そして重要なのは、好きな仕事、興味のある仕事というのは、それをやっているだ
けで充実感があるということだ。自分が好きな仕事と出会うのは簡単ではないが、嫌
いな仕事や向いていない仕事は、続けるのが苦痛なのですぐにわかる。続けるのが苦
痛でも、終身雇用が機能していたころのようにその職が安定しているのだったら合理
的かも知れない。だが、いつリストラされるかわからないというような状況で、苦痛
な仕事を続けることには合理性はないだろう。

 わたしは『13歳のハローワーク』の中で、仕事・職業を次のように定義した。生
きていく上で必要な「生活費」と「充実感」を得るものということだ。成功者の新し
い定義と条件のヒントはこのあたりにある。

                    ●

 成功という言葉には「成就」というニュアンスが含まれている。大リーグマリナー
ズの長谷川投手があるエッセイに次のような意味のことを書いていた。「自分(長谷
川投手のこと)とイチローは、そのシーズン中、ある目標を決めてそれが達成できた
ら『成功』だという風に決めた」

「目標の達成」を成功だと自己評価するというのは確かにわかりやすい。成功という
のは目標を達成することだというのは説得力がある。だがそのためには、自分で目標
を設定しなければならない。当たり前のことだが、自分で自分の目標を設定できなけ
れば達成もあり得ないからだ。

 しかし「自分で自分の目標」を達成するということを、会社や役所内、あるいはプ
ロジェクトチーム内ではどう考えればいいのだろうか。ある会社の営業部で売り上げ
の目標が提示されたとする。一社員が、自分の目標というのものを設定できるのだろ
うか。あるいはサッカーの五輪日本代表の目標が最低でも銅メダルだったとする。各
選手は自分の目標というものを設定できるのだろうか。

 それは営業もサッカーでも、まず自分ができること、やらなければならないことは
何か、を考えることから始まるだろう。やるべきことが決まると、自分の目標も浮か
び上がってくる。営業だったら一日に最低20箇所の得意先を回ることかも知れない
し、サッカーのFWだったら前半10分で枠に行くシュートを一本必ず打つ、みたい
なことかも知れない。これからの優良企業は、部や課やプロジェクトの目標に対し、
自分なりの目標を設定する能力のある人材を求めるだろう。それはプロジェクトを理
解する能力があるということだからだ。

 自分で自分の目標を設定するためには、自分の仕事・職業に対し主体的に向き合っ
ていなければならない。そしてその仕事・職業に主体的に向き合うためには、やはり
興味があって、自分が好きなもの、自分に向いたもののほうが有利なのだ。

                    ●

 人生の成功者というのは、その人の人生における目標を達成した人、という言い方
ができるかも知れない。では人生における目標とは何かというと、それは、とりあえ
ず生活に困らない程度の生活費を稼ぐことができて、かつ充実感のある仕事を持って
いることだと思う。わたしは一児の父親だが、子どもにはそういう風に生きてもらい
たい。ただしわたしの子どもは精神的に自立していなければやっていけない家庭に
育ったので、当たり前のことを言う必要はない、余計なお世話だと言うだろう。

 しかし、生活費と充実感だけでは何か足りない気がする。人間は一人だけで生きて
いくわけではないからだ。今までの常識だと、暖かで幸福な家族・家庭、ということ
になるのかも知れない。だが、家族に限定するのはリスクがあるし、家族を絶対視す
るのも無理がある。現代の核家族は近代化・高度成長の産業形態の要請により、農
漁村から都市部への労働力移動によって必然的に構成されていったもので、今後
家族のあり方が変化することが予想されるからだ。

 どういう風に変化するのかは誰にもわからない。だが、家庭・家族を作らなければ
幸福はないというような考え方は希薄になっていくべきだろう。必要なのは、お互い
に信頼できて、相談できて、しかもその中で癒される小さな共同体、のようなもので
はないだろうか。それは結婚という形を取らず共に生きる男女かも知れないし、たと
えばNPOなどで共に活動した仲間かも知れないし、昔からの友人同士かも知れない。

 人生の成功者というのは、「生活費と充実感を保証する仕事を持ち、かつ信頼でき
る小さな共同体を持っている人」という仮説を立ててみたい。旧来の成功モデルが機
能しなくなっている今、あえて成功者の新しい定義と条件を示すことは無意味ではな
いと思うからだ。

--------------------------------------------------------------------
『人生における成功者の定義と条件』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140808829/jmm05-22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以上転載終わり***************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】274:[信象]:「教育基本法」ではなく「学習基本法」の提案

秋の七草の最後にご紹介するのは藤袴(ふじばかま)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/fujibakama.html

この花も名前を聞いたり写真で見たりはしますが、実物は見たことがありません。
藤色の花の花弁が袴の形をしていることから、こう名付けられたそうですが、
十二単を着た平安朝の高貴な女性を思わせるような名前ですね。


平安の女御偲ばす藤袴の名 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


昨晩は、都庁で、「ネット社会と子どもたち協議会」の準備会が開催されたので、
参加し、初めて都庁庁舎の中に入りました。省庁の建物に比べて、広く・高く
空間に余裕があり、贅沢な造りですね。

目的は、佐世保での女児殺人事件を契機に、学校、地域社会、行政などに、
現状のままのネットワーク環境では問題である、という危機感が広がり、
何とかしなくては、という思いを抱いた人たち(主催者側発表は250名)が
協議会を作り、提言をしていこうというもので、竹花豊副知事、
スポーツライターの乙武洋匡さんも参加されておりました。

規約・役員・提言素案などが合意され、10月20日に総会が開催される予定です。
東京新聞のWebにこの会のことが掲載されていました。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tko/20040909/lcl_____tko_____002.shtml

この協議会のメーリングリスト(現在189名登録)でも、
根本的な教育の考え方について議論されていることも多く、
必ず教育基本法について言及することになるだろうと思っております。

さて、私は、財団法人「日本躾の会」で「高度情報インターネット研究会」の研究員を
やっており、インターネットを使う上でのルール、マナー、エチケットである
ネチケットはどうあるべきか?という議論を1996年頃からやっています。

同会が発行している機関誌「ふれあい」9月号は、「私が作りたい“教育基本法”」
が特集で、私も以下のものを寄稿しましたので、お読み頂ければ幸いです。
そして、忌憚の無いご意見など賜ればと思います。

@ @ @ @ @

学習基本法の提案

                データメディア株式会社 代表取締役社長 唐澤 豊

最大の問題点:

教育基本法を変えようという議論が高まっている。動機の多くは、倫理観・道徳観・
愛国心などの欠如といったことである。しかし、戦後教育の最大の問題点は“知識を
教えるのが教育である”という間違った考え方に基づいていたことであると思う。
「学問とはいかに良い質問をするかを学ぶことだ、良い質問ができれば答えは既に
見つかったようなものだ」ということを、私は45歳になって初めてある大学教授から
聞いた時、目から鱗が落ちる感じがした。英語でも”It’s a good question”(それは
良い質問だ)という言葉があるくらいだ。戦後しばらくしてドイツの教育関係の学者が
来日し、学校教育の現場を視察し、帰国前のインタビューで「日本は考える教育を
やっていないから、将来の日本は駄目になる、もはや日本はドイツの敵ではない」
と答えたそうだ。自分で考えないで知識だけを詰め込まれた結果、共通する価値観
や宗教観がない多くの日本人は物欲を満たすための金権主義にひた走る結果に
なったと思う。

似ている改革案:

教育基本法の改定について、色々な提案がされているが、それらは現行法を改定
するという立場のために、どれも似たり寄ったりで大差がない。そもそも「教育」と
いう先生が生徒に一方的に教えること、親や第三者が子どもを育てることという
考え方では、知識を与えるという概念から抜け出せない。教育することで、先生も
親も子どもから教えられることは一杯あるのであって、一方向のものではない。
従って、「教育」ではなく自分で学び様々な先輩から技を習う「学習」の方が適切で
あると思う。言うなれば先生・生徒と親子が共に学びながら育っていく「共育」を考え
なければならないと思う。そこで、教育基本法ではなく学習基本法として考えたい。

大切なのは「学習」:

学習基本法を議論するに当たり、重要なことはその対象となる日本人の定義を明確
にすることと、その結果どういう日本人になって欲しいのかという長期的展望(ビジョン)
を描くことであると思う。

ユダヤ民族は一度国土を失ったが、世界中で活躍しており、国土そのものが絶対的
要件ではないと考えられる。日本人も狭い日本列島だけの国土に執着するのでは
なく、これからは日本の文化・伝統を基に世界で活躍するようになって貰いたいもの
である。

日本は今まで、国家=国土=民族という単一性を志向していたように思われるが、
現実的には日本にも少数民族はいるので、歴史的反省も含めて多様化を認めな
ければならない。また情報化が進んだこれからの社会は国境を物理的なものだけ
では守り切れないのが現実である。中長期的には、これからの国家とは文化・
価値観を共有する複数民族という段階を経て、超長期的には世界はひとつで国家
という概念が無くなる、という方向になっていくのではないかと考える。

学習基本法は法律的には学習・共育における憲法という位置づけにして、実施が
絡む詳細なことは別途それぞれ定めるのが良いと思われる。以上の考えから、
以下に私案を述べる。

学習基本法 唐澤私案

前文:

 日本国憲法を日本国民が行政者の権利を定めたものと認識し、世界の平和と人類
の福祉に貢献しようという理念に賛同する者を日本人と定義する。
 日本人は個人の個性を尊重し、真理と平和と緑の地球環境を希求し、日本の伝統
と文化を継承しつつも他国の文化も理解し、自立した個人がそれぞれ良く考えること
により個性豊かな文化を創造し、以って世界で活躍する国際人たることを目指し、
互いに切磋琢磨して生涯学び続けようとするものである。

第一条 学習の目的

 学習の目的は日本国内だけでなく国外の人間も含め、高い伝統・文化を保持する
先達からも学び習うことにより、共に学び共に育つという考えから、個人が継続的に
学習することにより日本国民が共有する価値観と理念を実現するための資質を高め、
日本国内だけでなく国際社会でも発揮することにある。

第二条 学習の実現

 18歳未満の日本人の学習は基本的には家庭にその実現方法の選択が委ねられ、
家庭の責任は重い。18歳以上の日本人の学習はその個人に委ねられ、自己責任
による。
 行政者は日本人がその学習を実現するために多くの異なる方法が提供されるよう
に監視する義務を負う。また行政者は日本の伝統・文化の継承と資産・遺産の維持
と恒久保存に努め、広く日本人が自由に参照・登録できるようにしなければならない。

第三条 学習の機会均等

 日本人にはあらゆる学習の機会が望む方法で与えられなければならない。人種、
信条、性別、経済的などの理由により、不当に差別されてはならない。また学習の
結果によって社会における職業の選択が制限されてはならない。
 経済的理由により学習が困難な日本人には行政者が何らかの支援策を講ずる
ものとする。

第四条 学習の義務と権利

 日本人は生涯学習する権利があり、学習の場としては、家庭、幼稚園、学校、地域
社会、企業、養護施設、高齢者施設などがあり、自由に選択できるとともに、日本人
であれば生涯学習する義務を負う。
 18歳未満の日本人の学習には、親権者がその義務を負うが、経済的には行政者
もその大半を負担する義務を負う。

第五条 学習と信条

 日本人が政治・宗教・信条などを選択する自由は保障されるが、それによって学習
内容が不当に歪められたり、差別されたりしてはならない。むしろ他の政治・宗教・
信条を積極的に学ぶことにより、相互理解を深める努力はすべきである。

第六条 学習への行政の不介入

 行政者は学習内容についてはいかなる学習提供者に対しても、日本国憲法で掲
げる理念を阻害する内容でない限り介入してはならない。

第七条 補則

 ここに掲げる諸条項を実施するために必要な法令は別途制定される。

                                 (c)Yutaka Karasawa 2004

@ @ @ @ @

【唐澤塾】275:[心象]:池田晶子著「41歳からの哲学」はお勧めです

秋の七草をご紹介しましたが、これも七草のひとつだと、
どういうわけか思い込んでいたのがワレモコウです。
http://www.hana300.com/waremo.html

これも写真だけで実物は見たことが無い、と思っていたのですが、
今朝、利根川の第2堤防の坂道を登る途中で見つけて嬉しくなりました。
吾木香、割木瓜、吾亦紅、などの漢字が使われるそうですが、
「吾亦恋う」から名付けたのかと思っておりました。


吾も恋うそんな逸話を匂わす深紅 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


昨日、「ネット社会と子どもたち協議会」に関連して、
「学習基本法-唐澤私案」をご紹介したところ、何人かの方々から
嬉しいコメントを頂きました。ありがとうございました。

関連することなのですが、この協議会で話題になっているのが、
先週の土日に放送され、週明けに放送されたNHKスペシャル
「子どもの顔が見えない?大人の知らない世界」と
「子どもの顔が見えない?大人はどう向き合うのか」です。

特に、?で、「死んでも人間は生き返る?」というテーマで、
ある小学校5年生のクラス32人中28人が、死んでも人間は生き返る
と思っていることがショックだった、ということです。

NHKも民放ばりに、センセーショナルに報道しただけで、
子どもたちに「なぜそう思うのか、その理由は?」と追求していなかったので、
逆に「人生は一度きり、だから太く短く、面白可笑しく楽しく生きなきゃ!」
という刹那主義を信じ込んでいる今の大人たちにはショックなのだろうと
私は思いました。

「生き返りたいという思いが強ければ生き返る」とある子どもは
答えていましたが、これはテレビアニメ、映画、漫画、ゲームなど
何かの影響ではないかと私は思いました。

♪ ♪ ♪ ♪

これについての答えになるのではないかと思う文章が
私の大好きな池田晶子さんの最新作にありました。

池田晶子著「41歳からの哲学」新潮社発行、1260円
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104001066/qid%3D1094784371/249-0751625-3885959

「14歳からの哲学」がヒットして、中学校の副教材として使っている学校も
増えているとのことですが、その年齢を裏返して「41歳」とする辺りは、
ちょっとおふざけでは?と思うかもしれませんが、
「40にして惑わず」という不惑の年になっても考えることをしていない大人たち
が多いことから、どんなに年取っても考えることを始めるのに遅すぎることはない
という意味でこうしたタイトルになったようです。

池田さんの本は、まるで古典のように数は少ないが途切れることなく売れる!
というのが書店経営者たちの驚きということですが、普遍的なことしか書かない
という池田さんだから、新しくても古典と同じなのでしょう。

そういう意味で、是非読んで頂きたいお勧めの本ですが、
最初はやはり「14歳からの哲学」を読んでから「41歳からの哲学」
という順序が宜しいかと思われます。

♪ ♪ ♪ ♪

この本の第四章「なぜ人を殺してはいけないのか」に

“「死ぬ」ことの意味がわかっていない ――― 少年犯罪”

という平成15年7月31日発行の週刊新潮に掲載された文章があります。
その概要を以下に抜粋します。じっくりお読み下さい。

唐澤

以下抜粋*******************************

 この頃は、人がすぐに人を殺す。あまり思いあぐねたふうでもなく、衝動的にか、
成り行きまかせで、人がすぐに人を殺すことが増えたのではないか。
 と思っていたら、今度は子供が子供を殺した。それも「普通の」子供の犯行だった
というので、世間は驚いている。そして、例によって、「心の闇」探しである。
 しかし私は、それはそういうことではないように思う。母親が甘いとか、性的な興味
とか、そんなことなら、思春期の子の誰にでもあることだ。とくに「闇」と呼ばれるべき
部分でもない。むしろ逆に、思春期の子なら誰にでもあるはずの、自我の葛藤とか、
人生への問いとか、そういうものが彼らには欠落しているのではないか。彼らの心
には「闇」がないことの方が、問題なのではないか。
 「こころの闇」すなわち心の襞というのは、自分とは何かとか、他者とは何かとか、
人生にとって大事な問いを、あれやこれや思い悩むことで形成される。しかし、そう
いう問いを問うべき時期に、問うことをしないと、人の心は襞がなくツルンとしたまま
である。すぐに人を殺す子らを見ていると、この子らは罪悪感という感情すら知らな
いのではないかと思う。
 やはり、映画やテレビやゲームの影響が大きいはずだ。本を読んで考えるという
経験は、人の心を襞々にする最大の経験である。それが言葉というものの力である。
ゆえに、本も読まず、物も考えず、日がな画面で戦闘ゲームに興じる子供の心が、
ツルンと機械じみてくるのは必至なのである。ゲームで人を殺し慣れている彼らには、
「人が死ぬ」ということの意味が、わかっていない。

[中略]

 おそらく彼らは、それまで人の死ぬのに会ったことがない。それで、死ぬという、
人間にとって最も根源的な出来事を、他人事としてしか理解できないのである。映画
やゲームで見るように、全部が他人事として流れてゆくのである。映画の中で死んだ
人は、いなくなったわけではないし、ゲームの中で死んだ人は、リセットボタンで
生き返る。これでは、人が生死の謎について思い巡らすことなど、なくなるのは当然
である。
 けれども、今の世は大人たちとて大同小異だから、そういう子らを、どう教育すれば
いいか、わからない。「命は大事なものだと教えよう」と言う。それなら、なぜあなたは
命が大事なものだと思うのか。命とは何か。大人とて答えに窮するであろう。ましてや、
命は大事なものだという実感がそもないところへ、そんなお題目、無理に決まってい
る。
 とりあえずの対策としては、殺人ゲームを取り締まるべきであろう。ゲーム産業は
経済の柱でもある。しかし、経済発展をとるのか、心の教育をとるのか、政府は覚悟
を決めるべきであろう。もしどうしてもゲーム産業を捨てたくないのであれば、恋愛
ゲームに限ればよい。少子化対策にもなる。
 それはさておき、「普通の」子供がそんなふうになりつつあるなら、「普通」ということ
の意味も、変わってくる。特異な子供の心の闇という犯人探しは、そろそろ限界であ
ろう。我々は全体で変わらなければならない。

以上抜粋*******************************
【唐澤塾】バックナンバー:265~270
【唐澤塾】265:[事象]:9月8日「ネット社会と子どもたち協議会」設立

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

夏草でも生い茂るものばかりではありません。
地面に這いつくばって自分の陣地を広げている植物を
今月最後にご紹介したいと思います。

そのひとつは何と言ってもカタバミではないでしょうか?
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Katabami.html

カタバミは花が咲いたかと思うと、すぐに種ができます。
草取りをするのが少し遅れると、触っただけではじけて
周囲に丸い小さな黒い種を飛ばして、また新しい芽が出て来ます。
ハート形の葉や黄色い花からは想像できない繁殖力です。


カタバミの繁殖力は姿に似ず --- 照隅燈


そしてもうひとつはコニシキソウでしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/konisikisou.html

今、私が借りている近所の駐車場で、毎日車が置かれていないところには、
このコニシキソウが芝生のように広がっています。
ハワイ出身の関取「小錦」は、コニシキソウのように強くたくましくなれ、
という意味で名付けられたのでしょうかねえ?


コニシキソウ強くたくましく名に違う --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、佐世保の小学生女児の殺人事件発生以来
「子どもとインターネット」といったテーマがあちこちで議論され始めています。

そうした中、「ネット社会と子どもたち協議会」が設立されようとしており、
下記のようなシンポジウムが開催されるということです。

興味のある方は参加されては如何でしょうか?

唐澤

以下転載******************************

--------------------------------------------------------------------
■9/8都庁18:00ー~みんなで考え、行動しよう~ネット社会と子どもたち
http://groups.yahoo.co.jp/group/net-society/?yguid=27151301
--------------------------------------------------------------------
9月8日(水)18時 東京都庁:講演/緊急提言の討論/協議会設立

 情報環境の急激な変化は、子どもの世界にも大きな影響を与えています。小学生
殺人を見るまでもなく、ネット、チャット、ブログ、携帯など、これまででは考え
られないようなコミュニケーション手段が子どもの生活と心に入り込んでいます。
 ネット社会は、生活を便利にし、効果的な情報共有を可能にしましたが、マイナ
スの影響もまた肥大化している可能性があります。
 去る7月15日、この問題への対応を考えるために、NPOと行政が連携し、都
庁で緊急フォーラムを開催しました。急な提案でしたが、NPOリーダー、ネット
産業関係者、研究者など120名が集まり、真剣な議論を行いました。そして、こ
れを一回の議論に終わらせることなく、恒常的な協議会を設立し、緊急提言を行う
ことを決めました。

 9月8日(火)、講演と緊急提言(素案)の討論を行い、協議会を設立します。
 私たちがつくる協議会は、解決方向を提言するだけでなく、たくさんの知恵と力
を集めて実際に問題を解決していく・・・そんなネットワークにしたいと考えてい
ます。
 趣旨に賛同される方は、どなたでも参加することができます。
 多数のご参加を、心からお待ちします。

            記

●日時:平成16年9月8日(水)18:00~20:30
●会場:東京都庁第一庁舎5階・大会議場(定員500人)
●主催:ネット社会と子どもたち協議会(準備会)
 呼びかけ人:
 渡部 陽子(NPO法人ひさし総合教育研究所長)
 安井潤一郎(NPO法人東京いのちのポータルサイト理事長/心の東京革命審議
 会委員)
 富永 一夫(NPO法人FUSION長池理事長/心の東京革命審議会委員)
 木谷 正道(東京都総務局IT推進室情報企画担当部長)
●参加費:無料
●プログラム:
 18:00~18:30 特別講演「いま、子どもたちに何ができるか?」
   野間俊彦氏(東京都北区赤羽台西小学校教諭) 
 18:30~19:45 緊急提言(素案)の報告と討論
 20:00~20:30 「ネット社会と子どもたち協議会」設立総会
●ML(メーリング・リスト)参加者の募集
 日常的には、ML(メーリングリスト)で意見交換しています。

 MLへの参加を希望される方は、姓名、所属団体とお立場、登録希望アドレスを
、下記のアドレスにお送りください。
 xxxxxxxxxx@member.metro.tokyo.jp 
 
★電子申請大作戦~400手続きを電子化★
木谷正道 xxxxxx@mb.scn-net.ne.jp
xxxxxxxxxx@member.metro.tokyo.jp
東京都総務局IT推進室情報企画担当部長(都庁第一庁舎13階)
Tel.5388-2331 Fax.5388-1250 
http://www.taims.metro.tokyo.jp/soumu/it_hp.nsf/
★東京電子自治体共同運営で日本の再生!★
====================================================================

以上転載******************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】266:[心象]:照隅燈平成16年葉月句集

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

「照隅燈平成16年葉月句集」 (c)Yutaka Karasawa 2004

葉月心象:

炎熱と五輪と台風今年の葉月


♪ ♪ ♪ ♪


紹介済みの句:

最前列だけ会釈している稲穂かな
風にゆれ短き命の稲の花咲く
水面飛ぶカワセミの背は誘蛾灯色
せみ時雨ツクツクボウシも加わりぬ
スイスイと王者を気取りオニヤンマ飛ぶ
メスを巡り曲芸飛行のオニヤンマ
交尾中でも横恋慕するオニヤンマのオス
葦茂る池から響くウシガエルの声

炎天下照るほどに咲くマツバボタン
踏まれても這いつくばってオヒシバ育つ
日傘の君、コウモリ草見て想い描く
蚊帳吊り草、なつかしき日々走馬灯のごと
お盆ゆえ親戚の子らと寝た蚊帳の中
どこにでも抜いても抜いてもスズメノカタビラ

毛虫かとハッと驚くエノコログサ
オオバコは踏まれなければ生きられぬとや
葉は大きくとも可憐な花のゲンノショウコ
ドクダミも臭い無かりせば侘び寂びの花
二昔の鍛錬を祝う五輪メダル

チドメグサ抜いても抜いてもいつしか生えて
シロザの茎赤紫ゆえアカザと紛う
立ち枯れたオオアレチノギクは箒代り
ヒメジオン花瓶に生ければそれなりに
いつ見ても黄色いつぼみのノボロギク
カラスビシャク仏が鎮座する如く
ヘルシーと減る塩懸けた名付けの妙

カタバミの繁殖力は姿に似ず
コニシキソウ強くたくましく名に違う


♪ ♪ ♪ ♪


未紹介の句:

カヤツリグサ手に持ち下げれば線香花火
昔話ウトウトと聞く蚊帳の中
蚊帳を吊り川の字で寝た幼き夏
眠るまで子守唄漏れる蚊帳の外
飲めば効くだから名付けた現の証拠とは

照隅燈

@ @ @ @ @

【唐澤塾】267:[事象]:目白で8日迄オーロラ写真展開催中

稲の穂が出てから5週間余りですが、もう稲刈りが始まりました。
今年は暑かったので、実りも早かったようです。
おいしい新米が食べられそうですね!

ここに来て雨も降ったので、ほとんどの稲が真横に寝ている田んぼもあります。
そうなってしまうと、米は水に浸かってふやけて芽が出たり、カビたりして、
おいしいお米にはなりませんから等級は落ちるし、収穫量も減り、大変ですね。

黄金色の稲穂が揺れ、涼しくなって来ると目に付くのはやはりススキです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/susuki.html

秋の七草では「尾花」と言われていますが、
幽霊と間違えられる「枯れ尾花」のイメージの方が強くなってしまいます。

♪浴衣の~君~は~、ススキのかんざし~♪

という吉田拓郎の歌も思い出されます。


やわらかなススキの若穂絹の心地 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、一度はオーロラを見てみたい、と思っていますが、皆さんは如何でしょうか?

水彩画家の田中千尋さんと、英国の写真家パトリシア・コーエンさんが
目白の目白オープンギャラリーで9月8日迄、オーロラ写真展を開催中です。

田中さんは、毎年のようにラップランドにオーロラを観に行っているようですが、
スカンジナビア航空のオーロラ写真コンテストで優勝しています。

毎日1枚の水彩画をWebにアップしている田中さんですが、
http://www.suisai.net/

旅行中は旅先のラップランドから、オーロラの写真をアップされておりました。
なかなか素晴らしいオーロラの写真の数々でした。
ツアーで行っても、きれいなオーロラを見ることはなかなかできないようですが、
見事なオーロラに出会っている強運の持ち主でもあるようです。

写真展の場所等については下記をご覧下さい。
http://www.suisai.net/asa/20040829-hana.htm

忙しくて写真展は見に行けない、という方は、
下記Webでオーロラの写真をご覧になっては如何でしょうか?
http://www.lapporten.net/200312-lap/index.htm

@ @ @ @ @

【唐澤塾】268:[事象]:9月15日「元気な情報化日本について考える緊急フォーラム」

昨日、秋の七草のひとつ、ススキをご紹介したので、七草シリーズとしましょう。
きょうは、ナデシコです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/nadesiko.html

アテネオリンピックに出た女子サッカーもナデシコ・ジャパンと名付けられたように、
かつて大和撫子は日本人女性の代名詞でしたね。
女性がサッカーをやるなど、昔では考えられなかったことですが、
そんなお転婆娘たちをあえてナデシコ・ジャパンと名付けたのは
良かったのか悪かったのか、結果からすると、今一かと思います。

夏の河原や土手に咲いているのは、月見草と河原撫子でした。
月見草はまだまだどこでも見かけますが、
河原撫子はなかなか見かけなくなったように思います。


トンボ追い河原撫子見つけたり --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、いろいろなことを手掛けて来られた起業家、エイガールの伊藤淳子さんですが、
エイガール:http://www.a-girl.co.jp

この間、主催されているJサロンにお招き頂き、初めて参加しました。
いろいろな方々が各地から持参された特産品・珍品などを頂いたり、
ワインや泡盛などを飲みながら談笑しました。
中にはホワイトボードを使って真面目に議論している人たちも。

高見盛関の実家で採れたカボチャを元東京メタリック社長で、現在は、
テレビ電話の会社、ソネットの会長をされている小林さんが料理した
おいしいパンプキン・スープも頂きました。

テレビービーのソネット株式会社: http://www.sonet.co.jp/

その伊藤さんがやっておられる「ねこのて」が主催して、

「農ビジネスから始まる地域活性化の事例と展望」

というフォーラムが9月15日に開催されるというお知らせを頂きました。

この「ねこのて」というネーミングもいいですね。
私はこういうネーミングは大好きです。

各地から異業種の方々が集まるということで、なかなか面白そうな催しです。
興味ある方は定員50名ですので、お早めにお申込になっては如何でしょうか?

唐澤

以下転載******************************

元気な情報化日本について考える緊急フォーラム
「農ビジネスから始まる地域活性化の事例と展望」

主催:Network Community of Nomadic Tasters (「ねこのて」)

食料自給率が40%以下となってしまった経済大国日本において、いま「食の安全」
や「農業の見直し」に関心が集まり、地域に根ざす産業としての農ビジネスに取り組
む個人や企業も増えています。また、高度情報通信ネットワークを推進する
e-Japan構想のなかで、地域活性のための情報技術も研究され、新しい「食づくり」
「地域づくり」ビジネスに期待が集まっています。そこで、農業、農ビジネス、
情報ビジネスの現況を知る一環となるシンポジウムを開催したいと考えました。
ただ、このシンポジウムはふつうのシンポジウムを一味違ったものにしたいと思い
ます。
プレゼンテーターのみならず、参加されるみなさまもたぶん、それぞれが3日語って
も語り尽くせないほどのご経験や話題を持っていらっしゃる方たちばかりでしょう。
ですから、この会合では「講演を聴く」ということだけではなく、「出会いの場」になる
ことを目的としました。
講演していただく時間はたいへん限られてしまいますが、たくさんの方々のお顔を
見て、その後の懇親会で交流を深めていただきたいと思います。

シンポジウムの内容(案)

開会挨拶:地域交流支援と「ざぶんネット」 株式会社インターメディアシステム社長 
   鈴木道男さん(12:50-13:05)

基調講演:地域と情報化について(13:05-13:25)
  ・eJapan, eまちづくりなど、行政の動き~総務省地方情報化推進室室長 
   谷史郎さん

第一部:農業とビジネス(13:30-14:50)
ファシリテーター:東京大学情報学科 助教授 田中秀幸先生(お返事待ち) 
・ 農家260軒をまとめて農業生産法人を作った有限会社アグリクリエイト
     東京支社長 高安和夫さん
・ トレーサビリティ導入でブランド力をつける。青森県板柳町 佐藤文俊さん

第二部:おいしい野菜づくりについて考える(15:10-17:30)
  ファシリテーター:(未定)
 ・ホテル経営と並行して農業ビジネスに挑む~志村さん@都留・山梨県
・ 土を考える~青柳昌男さん@高畠・小林農法
・ 香川大学名誉教授 おいしさの科学研究所所長 山野善正さん
 
第三部:地域のブランディングと交流促進の仕掛け人(17:40-19:00)
  ファシリテーター: 新地域システム研究所所長 宮下英雄さん
・ 「蔵人考」と「しらたか的音楽映画塾」 山形県白鷹町「パレス松風」 
     太田荘一郎さん
・ ”宗像ブロードバンド市民放送局” 特定非営利活動法人えふネット福岡 
     蓼原典明さん
・ 農水省「農と食の再生プラン」について 農水省(予定)

閉会挨拶と「ねこのて」ご案内(18:50-19:00)

開催日時

2004年9月15日(水) 

シンポジウム:午後12時20分開場 12時50分開演 午後7時終了
懇親会:午後7時30分~午後9時30分ころまで(場所は未定)

定員

50名(定員になり次第締め切らせていただきます)

参加費

シンポジウム参加費 3000円 (消費税込み)
懇親会 5000円(消費税込み) *場所はまだ未定です

会場

株式会社インターメディアシステムズ会議室
東京都江東区木場1-5-25 深川ギャザリア タワーS棟10階
TEL:03-3615-3518 FAX:03-3615-3265

申し込み・申し込み締め切り

お申し込み締め切り 9月10日(金)
参加申込書にご記入のうえ、FAXまたはメールにてお送りください。

協力

総務省、株式会社インターメディアシステム、株式会社パリッシュ、
未来編集株式会社、NPOビジネスサポート、おすそわけ.com、
株式会社エイガアル、参加してくださったみなさま


問い合わせ先

「ねこのて」事務局 伊藤淳子
株式会社エイガアル内 渋谷区神泉町1-11(〒150-0045)
電話 03-3477-7501 ファックス 03-3477-7509


「ねこのて」とは

Network Community of Nomadic Tasters 略して「ねこのて」は、
「地域のおいしいもの情報&達人ネットワーク」といった意味を持つプロジェクトです。
伊藤淳子が中心となり、地域の情報流通支援(具体的には広報活動支援)を目的
としたプロジェクトの一環として、試食会や産直販売支援などを行っています。
現在、活動に賛同してくださるメンバーを募集中です。
詳細・お問い合わせは、伊藤淳子 FAX:03-3477-7509 または junco_ito@yahoo.co.jp までお願いいたします。

以上転載終わり***************************

***********************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
***********************************************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】269:[事象]:明日NHKBS2で武田双雲さんとバイオリニストとの協演放送

以前、お知らせした8月4日収録の、書道家・武田双雲さんと、
バイオリニスト・中西俊博さんとのコラボレーションの様子が、
明日、3日にNHK-BS2で18:00から放送されます。

時間が時間ですから、皆さん、生で観るのは厳しいでしょうから、
今晩か明日お出かけ前にビデオの録画予約をお忘れなく!

また、東京全日空ホテルの個展会場にも双雲さんが来られるようです。
詳しくは双雲さん発行の下記メルマガをご覧ください。

唐澤

以下転載*****************************

双雲@書道家です。
こんにちは。

オリンピックも終わり
秋に向かってのんびりしています。
応援していたハードルの為末選手が
準々決勝で僕の「侍」の書を腕にタトゥ入れてくれました。
(http://www.ssu.co.jp/tamesue/ )

残念ながら負けてしまいましたが、
彼の表情や今までの過程だけで十分勉強になりました。
オリンピック選手が残してくれた言葉や行動、表情は、
現代人にとってとても大切なものをたっぷり教えたと思います。

■さて 明日(金)と16日(木)は、東京全日空ホテルの個展会場に
午後3時~夜の9時くらいまで現場にいようと思います。
おそらく映像がある場所にいることが多いと思います。
もし近くに来ることがあれば声をかけてやって下さい。
http://www.anahoteltokyo.jp/renew6/

個展を見たから感動の声をたくさんいただいております。
ありがとうございました。
9月30日までやっています。

レストラン内にもたくさんの作品を飾っています。
もしお食事なしの方は「双雲の作品を見に来ました」
と言って頂ければ見るだけの入店が可能です。


■また 明日は先日のNHKホールでの
バイオリニスト中西俊博氏とのコラボレーションの模様が放映されます。
音楽の中での書 書を見ながらの演奏 そして最後に大きな書 2枚。

  ※9月3日(金)にNHK-BSで放映
  (デジタルハイビジョン 午後3時15分~4時
   BS2           午後6時~6時45分)


【その他報告】

■漫画界の巨匠 武論尊 と 池上遼一 が最強タッグを組んだ「三国志-覇」の
 題字を揮毫 [覇-LORD-] 原作・武論尊/作画・池上遼一 
 9月10日(金)発売のビッグコミックスペリオール

■ネスカフェイベントin渋谷 9月20日 書トークライブ&ワークショップ

■mammo.tv ロングインタビューで書に対する思いを語りました。
 http://www.mammo.tv/interview/157_TakedaS/


【 編集後記 】

ディープブルーという弱肉強食ドキュメンタリー映画を観てきました。
生きることの過酷さ。厳しさ。喜び。鳥肌の連続でした。

地球上で、いや宇宙全体で起こっている現象はすべて繋がっている。
すべての歴史は、そういう因果応報の積み重なってきた結果。

すべての結果には原因がある。
その原因は今この瞬間に作り上げている。
この瞬間のあり方で結果が変わる。

そういうことを深々と感じさせてくれた映画でした。
お勧めです。(特にサンゴがサンゴを食べていくところは怖い。。)

今自分ができることの最善を尽くす。
自分にしかできないことを追求する。


このメールマガジンをタイピングしているこの瞬間にも命爆発!


※このメールマガジンを送って欲しくない方、アドレス変更のある方は、
以下より登録・削除ができますので、お手数ですが、宜しくお願い致します。
http://ml-form.infoseek.co.jp/infoseek/souun-a1.php3

_________
武田双雲速報 
E-mail: xxxxxx@fudemojiya.com
http://www.fudemojiya.com/

以下よりメンバー登録・削除ができます。
http://ml-form.infoseek.co.jp/infoseek/souun-a1.php3
_________
-------------------------------------------------------------------
以上転載終わり***************************

@ @ @ @ @

【唐澤塾】270:[風象]:傑作なパロディー映像です

秋の七草の3番目としては桔梗をご紹介します。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Kikyou.html

妻の実家の家紋が桔梗だというので、20数年前に今の家に引っ越した時、
我が家の庭にも桔梗の種を蒔いて、毎年、きれいに咲いていました。
そのうち周囲の樹が大きくなり、日当たりが悪くなると、
だんだんに株が少なくなり、いつの間にか無くなってしまいました。

私の実家の墓地の真中には桔梗の大きな株があって、
墓参りの時にはそれを切って墓に供えたものです。


幼き日桔梗の蕾をポンと鳴らし --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、今日は金曜日ですから、ちょっと面白いものを!

友達の友達から転送されて来たものですので、
もう既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。
容量も大きいのと音も出ますから、ブロードバンド環境でない方は、
時と場所を考えてからクリックしてください。

http://jibjab.hoverstudios.com/mirror.htm

お楽しみ頂けましたか?

皆さん、良い週末を!



PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2004/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -



    RECENT ENTRIES
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH