唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
【唐澤塾】バックナンバー:356~360
【唐澤塾】356:[風象]:幻だった大量破壊兵器、リバーベンドの日記1月15日

このところ毎日寒い日が続きますね。落葉樹はすっかり葉を落としています。
こういう時期だからこそ、じっくり木の肌を眺めてみるのもいいのでは
ないでしょうか?
下記サイトにクイズがありますが、皆さんは木の肌から何種類の木の名前が
わかりますか?
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/topics/kigi/miki1.htm

昨夜、TBSのウルルン滞在記を観ていたら、中国で健康な高齢者は公園など
で毎朝体操をした後、木の幹にしばらく抱きついて気を貰うのが健康法だとい
うのをやっていました。他人が見るとちょっと変ですが、健康にはいいそうす。


抱いた木から気を頂いて老人元気 --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼


以前にもご紹介している、イラクのアンネことリバーベンドの日記の翻訳が
TUP速報で配信されて来ました。

総選挙を前にしたイラクの状況や、テロリスト・ザルカウイも幻だった大量破壊
兵器と同じように作られた話だというのが興味深いので転載します。

ご参考まで。

唐澤

以下転載****************************

幻だった大量破壊兵器、リバーベンドの日記1月15日
===============================
戦火の中のバグダッド、停電の合間をぬって書きつがれる24歳の
女性の日記『リバーベンド・ブログ』。イラクのふつうの人の暮らし、
女性としての思い・・・といっても、家宅捜索、爆撃、爆発、誘拐、
検問が日常、女性は外を出ることもできず、職はなくガソリンの行列
と水汲みにあけあけくれる毎日。「イラクのアンネ」として世界中で
読まれています。すぐ傍らに、リバーベンドの笑い、怒り、涙、ため
息が感じられるようなこの日記、ぜひ読んでください。(この記事は、
TUPとリバーベンド・プロジェクトの連携によるものです)。
(TUP/リバーベンド・プロジェクト:池田真里)
http://www.geocities.jp/riverbendblog/
===============================
2005年1月15日土曜日

イマード・ハッドゥーリのブログ

イマード・ハッドゥーリ(訳注:2003年11月30日日曜日の当ブロ
グに詳しく紹介されている)を覚えてる?『イラクの核の蜃気楼』(原
題:Iraq's Nuclear Mirage)
http://www.iraqsnuclearmirage.com/index_en.phpを書いた原子力物
理学者よ。これは必読の書。そのイマード・ハッドゥーリがついにブログを
始めたの。「フリーイラク」(Free Iraq)
http://abutamam.blogspot.com/というサイトを見てほしい。
「フリーイラク」はイラクの現状というより展望を書いている。いろい
ろとおもしろい記事にリンクを張っているし、彼自身による英語のコメン
トもそれぞれついている(ブログの一部はアラビア語で記述)。

午後11時6分リバー

幻の大量破壊兵器

もう1週間近く電話が通じなかった。ようやく今日つながったばかり。
6日間というもの、受話器を取っては耳を澄ませたけれど、まったく音が
しない。ゼロ。どこまでも沈黙。だから、私は空しく「もしもし」と繰り
返し、人差し指で手当たり次第に番号を押してしまう。もちろん、いつも
こうなるとは限らない。日によっては、受話器を取ると「もしもーし、お
ーい」と叫ぶ大勢の人声が聞こえてくる。ある時など、Eはまったく見ず
知らずの人と電話でおしゃべりを始めた。その人も電話がつながるのを待
っていたから。Eは叔父に電話しようとしていたし、相手の女性は孫息子
に電話したかったの。

通話音はほぼ1時間前に戻ってきた(朝からチェックしていたの)。こ
のチャンスを利用するわよ。

電気事情はそれほど改善していると言えない。電気の供給は1日に(ほ
ぼ連続)2時間、それから停電が(連続)8時間。燃料不足のため、発電
機はまだ長時間は回せない。灯油不足は本当に悩みの種になってきた。は
じめ私たちはそれほど深刻に受け止めていなかったと思う。イラクが灯油
不足に直面したなんてきっと初めてのことだもの。不足しているとは今な
お信じがたい。1991年にガソリン不足が起きて、湾岸戦争の間からそ
の後しばらくはガソリン不足が続いたときですら、灯油は常にたっぷりあ
ったと聞く。残念だけど今回は当てはまらない。私たちの買う灯油はとん
でもなく値がつり上がって、ランプとヒーターにしか使えない。

誰もかれも出られる人は選挙前に国を出ようとしているように思える。
噂によると、シリアとヨルダンとの国境は選挙の1週間前に国境封鎖され
るかもしれないという。だからみんな急いで荷造りして出ようとしている。
学齢期の子どもの学期末テストや大学の試験の終わるのを待ちかねて一緒
に出ようとしている家族も多い。

二三日前のおもしろいニュースをひとつ紹介しよう。
米国政府は、米国がイラクにおける大量破壊兵器(WMD)の現地での
捜索を終結したと発表し、第一次ブッシュ政権がイラク侵攻の主な理由と
して挙げたのがこの大量破壊兵器の捜索であると述べた。
http://sify.com/news/fullstory.php?id=13647921

なぜ私が驚かないかって?誰もびっくりするわけないでしょう?私は
いつも思っていた。大量破壊兵器がもとでこの戦争が起きたと本当に信じた
人は、病的な妄想にとりつかれたアメリカ人か、そう信じ込まされた海外在
住のイラク人か、あるいはその両方だと。現実にイラクの国土で何百何千と
アメリカ人が命を失い、十万人を超えるイラク人が死んでしまった今、アメ
リカ人はこの現状を一体どう捉えるのだろうか。もうひとつ尋ねたい。この
記事は「ドルファー報告」に触れているけれど、その記載によると大量破壊
兵器は一切なく、情報機関が全部間違っていたのだという。報告書の発表は
2004年10月のはずだ。それで、聞きたいのは次の通り。「この報告書
は大統領選の前に公表されたの?アメリカ人は報告の内容を知ってなおブ
ッシュに投票したの?」

はじめて聞いたわけではないという意味で、この話題は当地ではニュース
と言えない。こんな結末は過去2年にわたって予想してきたのだもの。大量
破壊兵器をめぐる茶番全体が出来の悪いブラックコメディにすぎないと認識
しつつも、ブッシュが自分の誤りを認める声明を出したと聞くと、いまだに
動揺する。動揺するのは、それが最悪の事態を追認することにほかならない
から。つまり、アメリカ人の右派はイラク戦争の正当化など気にも留めてい
ないってことを確認することになるから。あの人たちは正しいか間違いか気
にもかけなければ、人が巻き添えになって死んだことも、もっと大勢死んで
いくことも気にしない。彼らは、以前は多少ゲームの主導権を握っていた。
自分たちのぼんくらな大統領がイラクのどこにも大量破壊兵器を見つけそう
もないと見て取ると、矛先を集団墓地に向けることにした。程なく、主権国
を「解放」しに来た当の本人たちが、以前を上回る人数のイラク人を集団墓
地に葬りはじめた。スマートウェポン(訳注:賢い武器の意)という名の精
密兵器が「おそらく罪がないだろう」一般市民を愚かしく殺しはじめた(
「間違いなく罪がない」のはイラクの現保安軍かアメリカ兵とともに活動し
ている場合だけ)。再び事態は、かわいそうなイラク人を現状から救い出す
ということから、アメリカ人を「テロリスト」から守るというところへ、変
化した。この構図におあつらえ向きにザルカウィが登場したってわけ。

ザルカウィは大量破壊兵器よりはるかに具合がいい。小さくコンパクトで
可動式。ファルージャからバグダード、ナジャフからモスルへと、制圧の必
要がある県や都市ならどこでも自在に出入りできるのだもの。もうひとつ好
都合なのは、ザルカウィの容貌が典型的なイラク人男性だということ。黒い
髪、黒い目、黄褐色の肌、中肉中背。ザルカウィの実態は前に私たちが保有
していたとされていたWMDと似たようなもの、と平均的アメリカ人が気づ
くようになるまで、いったいどのくらいかかるのかしら。

今や私たちは、大量破壊兵器は決して存在しなかったという「公式」表明
を聞かされた。イラクが壊滅させられてしまった後になって、あれは間違い
だったと言われる。バグダードを見てほしい。その光景には胸がつぶれる。
荒れ果てた街、異様な灰青色の空。火災と兵器から立ち上る煙と、車と発電
機から発生するスモッグが混ざり合った空の色。ある地域では突如出現する
かに見える壁が延々とめぐらされて、グリーンゾーンに所属する人物たちを
護衛する。街を行きかう人に共通する表情は怖れ、怒り、疑い。それに不安
定さと迷いがつきまとう。この国は一体どこへ行くの?少しでもいいから
普通の状態らしくなるまで、一体どのくらいかかるの?私たちは一体いつ
になったら安心できるの?

ひとつ問いかければ次々に疑問が生まれる。大量破壊兵器が存在しないの
なら、なぜ科学者たちを解放しないの?フダー・アンマシュ、リハーブ・
ターハー、アミール・アル・サアディを始めとするイラクの科学者が、なぜ
いまだに刑務所にいるの?もしかすると、拘束中の科学者が都合よく刑務
所で死んでくれるのを待っているわけ?そうすれば、多種多様な拷問のテ
クニックや尋問のし方をばらせるものがいなくなるし…。

アメリカ人がテロとの戦いを異国の地に持ち込んで、気分すっきりだとい
いのだけれど。テロリストを―チャラビ、アラウィ、ザルカウィ、ハキムを
―イラクに連れ込んでおいて、この現状がどうやってアメリカの安全保障に
役立つというの?怖れとカオスの中で育った世代がそっくり10年後にア
メリカをどんなふうに見ることになる?誰か訊いた人いる?アメリカ人
は9.11の後、一握りの狂信的な人たちがしたことのために、集団外国人
恐怖症にかかることに決めたわ。にもかかわらず、イラク人は占領下でのあ
らゆる経験を経てなお、私たちは忍耐強く感謝の念を持つはずだと思われる。
なぜ?食事の小麦が増えたから?

恐怖とは、飛行機が超高層ビルに衝突する姿に気をもむことだけではない。
テロリズムとは、国家保安隊がアメリカ軍のハムヴィー(訳注:多目的装甲
車)かイラク高官を通すという理由で、渋滞の最中に、ほんの数メートル先
でカラシニコフ銃の炸裂音を聞かされること。恐怖とは、自分の家が家宅捜
索され、ほんのつまらないことでアブグレイブに連れて行かれて兵士に拷問
され、殴打され、殺されるかもしれないと知ること。恐怖とは、マシンガン
の連続音が止んだ最初の瞬間、必死に頭を上げて、愛する人がまだばらばら
にされていないかどうか確かめるとき。恐怖とは、近くが爆破されたために
粉々になったガラスの破片を居間のソファーから拾い集めようとして、もし
ここに人が座っていたらどうなっていただろうかと想像しないように努める
こと。

大量破壊兵器は存在しなかった。まるで愛する人が犯してもいない罪状に
よって死刑を宣告されたようなものだ――あげくに自分の国が見分けもつか
ないほど焼かれ爆撃される。そして、2年間にわたって死者を悲しみ、失わ
れた国の主権を悼んだ後になって、兵器隠匿の罪を犯していないと聞かされ
た。私たちはアメリカの脅威ではなかった...

おめでとう、ブッシュ。今こそ私たちは脅威よ。

午後10時53分リバー

(翻訳:リバーベンド・プロジェクト/岩崎久美子、池田真里)

以上転載****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】357:[事象]:東京電子自治体共同運営の電子申請本日稼動開始

昨日に続いて、この木何の木?です。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/topics/kigi/miki2.htm

皆さんは、木肌から何種類くらいの名前がわかりましたか?
かくいう私も全部はわかりませんから、ご心配なく。
でも7番の白樺くらいはわかりますよね?

20数年前、我が家として建売を購入した時、庭に3本の白樺がありました。

中央高速の伊那インターと駒ヶ根インターの間にある小黒川サービスエリア
だったと思いますが、道路沿いに立派な白樺並木があり、そこを通る度に
なかなかいいなあ!と眺めていたので、更に10本の白樺を植えました。

それから10数年の間は木も段々と大きくなり、訪れた人も
「まるで軽井沢の別荘地に来たみたい!」
と喜んでくれていました。

しかし、それから1本、2本とだんだんに枯れていって、
とうとう去年は一番太い木も枯れて、残ったのは1本だけになりました。
ほとんどは木の芯を虫に食われたため、枯れてしまいました。
もう少し早く気がついて、こまめに虫を退治していればよかったのですが、
気候が暖か過ぎて合わないのだろうと思っておりました。


白樺の葉ずれの音が偲ばれる --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


本日、25日10時から東京電子自治体共同運営の電子申請サイトが
稼動を始めたそうです。

東京都の電子申請手続き数は314、区市町村は、99種類の手続きを、
一団体平均10手続きほど提供しているそうです。
現状では最高が清瀬市で31種類、次が多摩市の23種類だそうです。

下記の東京電子自治体共同運営の電子申請サイトは次から入ることができ、
東京都はじめ、各自治体のポータルからも入れるということです。
https://www.e-tokyo.lg.jp/info/res/top/PrtlRTopMenu.do

東京都の人は早速試してみてはいかがでしょうか?
私も住民票の申請を試して見ました。
具体的な電子申請書式を見るには登録が必要で、
私は住民ではないので見ることはできませんでしたが、
電子申請ができると便利になりますね。

ただ、まだ始まったばかりですから、行政主導の面もあるかも知れません。
利用者の声をフィードバックすればどんどん良くなる仕組みになっていますから
一度トライして期待はずれだと言って諦めずに、どんどん意見を言うことが
利用者である住民(都民)の義務でもあると思います。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

具体的な使い方としては、以下のような手続きです。

⇒左上部の<電子申請>をクリック

⇒東京の地図が出る

⇒希望の自治体をクリックすると、申請・届出メニューが出る
 (まだ始まったばかりなので、未整備の区市町村もありますが、
  清瀬市、荒川区、青ヶ島村、東京都などはかなり揃っているそうです)

⇒<手続き一覧から探す>をクリック

⇒その自治体がサービスしている申請メニューが50音順で出る
  必要なものをクリックする
  分野検索、手続名検索(部分検索)、組織名などからもできる

♪ ♪ ♪ ♪ ♪

このプロジェクト推進役の東京都総務局IT推進室情報企画担当部長である
木谷正道さんによると、

このシステムには以下の2つの仕組みが内蔵されているということです。

(1)市民が自治体のサービス内容を簡単に比較できる(競い合う仕組み)

(2)遅れた自治体は、先行自治体の電子申請様式をダウンロードし、
   団体名を書き変えれば、直ちに提供できる(協力し合う仕組み)

こうした柔らかい2つの仕組みにより、手続き数は自然に拡大し、
住民サービスレベルが上がるようになっているということです。

なかなか良く考えられたシステムですね。

日経BP社が発行している日経コンピュータ(2004.9.20)には、
「電子自治体が難航 共同利用に黄信号」という特集がありましたが、
東京のこの成功によって、評価が変わるだろうと思われます。

従来の行政側のやり方では、こうしたプロジェクトは難しかったわけですが、
多くの自治体が強力し合って作り上げたことは、これからの在り方を示す
ものでもあり、木谷さんはじめ、関わった方々に「おめでとう!」の拍手を
送りたいと思います。

東京都民以外の方々にはご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】358:[事象]:節分に上野の西郷さんを囲んで恵方巻きを食べる会

今年は、去年の夏が猛暑だった影響で、杉花粉が大量に舞うと予測されて
いて、花粉症でなくても目や鼻がむずむずするかも知れませんね。
写真を見ただけでも駄目だ、という花粉症の方がいるのかわかりませんが、
そういう方は下記の杉のは見ない方がいいかも知れません。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/sugi.html

子どもの頃は、花粉がいっぱい詰まったまだ硬い雄花の蕾を
紙鉄砲より更に細い竹で作った杉鉄砲に詰め、飛ばして遊んだものです。
近所のお宮の杉の木の雄花を竹竿で叩いて花粉を飛ばして遊び、
頭や洋服が黄色くなったりもしていましたが、平気でした。

ここ1~2年は閾値を越えて来たようなので、
今年辺りは相当気をつけないといけないだろうと思って、
ここ2年くらいは、アロエ+キューイ入りヨーグルトの大きなパックを
毎朝欠かさず食べていましたが、
最近はカルピスのインターバランスL-92の臨床結果がいいというので、
それに替えて様子を見ています。


杉鉄砲で遊んだ友は還暦近し --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、我孫子駅前にサンクスがあるのですが、そこのガラス越しに
恵方寿司○○○・・・という細長いポスターが掲げてあり、
何だろう?とずっと気になっておりました。

そしたら、今日の日経新聞には恵方巻のことが出ていて、
セブンイレブンが3百万本と、最大量の売上計画なんだそうですね。

そこに、酢飯にこだわる“『酢飯屋』寿司の伝道師”を名乗る岡田大介さんが、

【節分みんなで太巻きかじって勝ち組みになるぞーー2005】

という会を上野公園の西郷さんの銅像を囲んで開催する、
という案内をエイガアルの伊藤淳子さんから頂き、
やっと「恵方巻きとは何か?」詳しいことがわかりました。

エイガアル:http://www.a-girl.co.jp

たぶん関西地方の多くの方はご存知なのでしょうが、
私は今まで恵方巻きという言葉すら全く知りませんでした。

恵方巻きは無言で食べるのだそうで、その光景を想像すると、
異様というか、怖い感じもしますが、

巻き寿司の好きな方、変わったイベントが好きな方、
人が集まるところに行くのが好きな方、暇な方など
参加されては如何でしょうか?

ご参考まで。

唐澤

以下転載****************************

お寿司が大好きな皆様へ

寿司屋の岡田大介です。
このメールはBCCにて僕の寿司アドレス帳におられる全ての方々へ送信して
おります。
どこかML等で同文が重複してしまわれた方大変恐縮です。
ごめんなさい。。

■■■■■■■■■■■

恵方巻き(えほうまき)

■■■■■■■■■■■

さて、今年もやって参ります2月3日節分。
この太巻き企画は昨年に第一回を開催し、とても良い反響を頂きました企画です。

まずはお約束、
恵方巻きの由来&うんちくですが諸説ございましていくつか簡単に。。

『節分』とは実は年に4回ある。
立春・立夏・立秋・立冬の前日
全てが季節の変わる節目。
今では、立春の前日の日にだけいろいろな行事をする習慣が残っているそうです。

『恵方』とは干支(えと)の方角、もしくは陰陽道を元に決められる最良の方角。
今年は【西南西】
『恵方巻き』とは、節分の日に太巻き寿司をその年の恵方に向かって丸ごと一
気に黙って食べると、1年の健康と幸せが舞い降りますよ!というなんとも強引
な行事なんですね!
なんで太巻きかというと、大きな海苔でたくさんの具を巻く事が”福を巻き込む”
に似ているからですね。
で、
なんで包丁で切らずに丸ごと食べるのかというと”縁を切らないため”ですね!
うまい事考えてますね!
で、
なんで無言で食べるのかというと
これは食事のマナーとしておしゃべりしながら食べるな。
もそうですが
黙って一気に食べている間に一年の健康と幸せを祈るわけですね!

発祥は大阪説、和歌山説、愛知説多々ありましてはっきりしないのですが
江戸時代の終わりに各地の商人が『商売繁盛』、『無病息災』を願って定着した
と言われております。
明治時代になると遊女達の間では『いい旦那に出会えますように・・・』と
太巻きがクワえられていたそうです。。。

エロイですねぇ。。。

ってなわけで

【節分みんなで太巻きかじって勝ち組みになるぞーー2005】

を2月3日に開催致します。

※ちなみにこの企画はなんのコンテンツも無く、ただただ太巻きを食べるだけ
の企画です。
食べ終わったら即帰るも良し、タイミング良く同じ時間に居合わせてしまった
素敵な異性と飲みに行くも良し、3ケタを超える方々が参加する予定ですので
いつ来ても誰かしらいらっしゃると思います。後は貴方さまの行動力で人脈を
築いて頂ければ幸いです。

ではっ以下詳細です。↓↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

【日時】2月3日(木)18時?24時までの間お好きな時間に!!

皆様の御都合の良い時間にどうぞ!スタッフが常時待機しております。
一応19時に一発『集団食い』を決行致しますので、19時に来れそうな方は
是非!

【場所】上野公園
西郷隆盛像をみんなで囲んで食します。

地図URL:
http://vip.mapion.co.jp/c/f?el=139/46/38.100&scl=10000&uc=1&grp=AOL&nl=35/42
/34.099

【参加費用】今回は2パターン
・海鮮太巻き2000円(税込み)(マグロ、イカ、サーモン、イクラ等が参入予定)
・太巻き1000円(税込み)(キュウリ、カンピョウ、シイタケ、玉子焼等生もの抜
き)

どちらかご希望の太巻きをお選び下さい。
それが参加費用となります。

当日現金にて、なるべくお釣りの出ないようにお願い致します。
@太巻きを食べ終えた後、必須のお茶は各自持参でお願いします!
※注意当日キャンセルは不可です。全額負担とさせて頂きますので御容赦
下さい。

【当日連絡先】
090-2208-xxxx岡田大介
090-8512-xxxx原直之

お申し込みフォーマット

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
(1)お名前

(2)連絡先

(3)海鮮太巻き OR 太巻き

(4)参加予定時間
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

ではでは心より皆様方のご参加お待ちしております!

『酢飯屋』寿司の伝道師 岡田大介
〒104?0043東京都中央区湊2丁目12?7GSハイム築地201
電話03-3555-xxxx
携帯090-2208-xxxx
Email:xxxxxxxxxx@ybb.ne.jp
携帯アドxxxxxx@docomo.ne.;jp

以上転載****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】359:[風象]:ほんとに選挙はあるだろうか・・イラク週報第1便

昨日、杉のことを書いたので、そうなれば次は檜でしょう。
檜といえばやはり信州の木曽ですね。
下記に「木曽の五木」が東山植物園に植えてあると紹介されていました。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/topics/kigi/kiso5bok.htm

ヒノキなんか見れば誰でもわかると思っておりましたが、
幹だけ見たら、これら5種類の区別はつきそうもありませんね。
葉っぱを見ても、ヒノキとサワラの区別は難しそうですし、
それらとクロベもアスナロも似てますし、
簡単にわかるのはコウヤマキくらいですね。

それにしても「明日はヒノキのような立派な木になろう」ということで
あすなろと名付けられ翌檜と書くというのは、先人の智恵というか、
ロマンというか、よく考えついたものだと感心しますね。


翌檜(アスナロ)の夢物語には浪漫の香り --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、イラクでは総選挙を間近に控え、抵抗運動もますます活発になっている
ことが連日マスコミで報道されているのは皆さんもご存知のことと思います。

TUP速報に、イラク内部から「ほんとに選挙はあるだろうか」
という現況報告がありましたので、以下に転載します。

ご参考まで。

唐澤

以下転載***************************

TUP速報449号  スレイマンさんのイラク週報第1便 「選挙」を前に 050121

ほんとに選挙はあるだろうか・・イラク週報第1便
===============================
TUP速報403,430,443号でお伝えしたスレイマンさんからの
イラクからの報告、続報をお届けします。第1便とされていますから、定期
便にするようです。これが届く間は、少なくとも彼は無事ということで、読
んでも読めなくても、私たちにとってつらいことになるでしょうが、今後の
注目と、各方面への転送転載をお願いします。(TUP/池田真里)
===============================
イラク週報2005年1月14日?20日

イラク発
スレイマン

電気事情:今週に入って電気事情は改善しました。現在は、3時間通電して
は3時間の停電という状況です。

水:今週、バグダードの多くの地区で、深刻な水不足が起こっています。
いま、これを書いている今現在で、断水はすでに5日目です。バグダード
のサイディヤ、カデシヤ、ハイ・アル・アメルなど多くの地区で断水して
います。人々はプラスチックのびんをかかえて、水を求めて右往左往して
います。飲料水の値段は、15リットル8ドルです。これまでは、わずか
1ドル50セントでした。

選挙準備:バグダード中ポスターがあふれています。政党が選挙運動をし
ているのです。しかし、立候補者の名前は聞こえてきません。結局、誰や
ら知らない人に票を投じに行くことになるでしょう。どうして、こんなこ
とになっているかというと、立候補者は身の危険を感じて、名前を出すこ
とができないのです。また、政府は、選挙本部のある通りをあちこちで封
鎖し始めました。さらに選挙開始数日前から、夜間外出禁止令が出ると予
測されています。シリア、ヨルダンとの国境は閉鎖されました。私は、選
挙は行われないのではないかという考えを捨て切れません。

治安:今週始め3日間は、落ち着いていました。しかし、昨日は、ひじょう
に荒れました。バグダードでひじょうに多くの爆発がありました。この日、
ある24歳の女性は、重傷を負いました。片目、手の指3本を失い、両足を
骨折したのです。アル・エルウェヤ病院で働いている人です。道路はいつも
人影がありません。誰もがとてもおびえていて、以前にもまして外出を控え
ようとしているからです。

学校:大学も含めていま休みです。選挙が終わるまで、授業は始ま
りません。

食料品価格:私が知る限りで、いままでこんなに高かったことはありません。
多くの人は、野菜すら満足に買うことができません。

病院の状況:ものすごくひどい状態です。患者が、病院の能力ではどうしよ
うもないほど多いのです。負傷しても、治療を受けるまで丸一日も待たねば
ならないこともあります。

ほんとうに最悪の状況ですが、でもまだこれすら、嵐の前の静けさだと私
は思っています。私の考えが間違っているといいのですが・・・

(翻訳:TUP/池田真里)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TUP速報
配信担当萩谷 良
電子メール:TUP-Bulletin-owner@yahoogroups.jp
TUP速報の申し込みは:http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/
*問い合わせが膨大な数になっています。ご返事が書けない場合がありますので、
ご容赦ください。
■TUPアンソロジー『世界は変えられる』(七つ森書館)JCJ市民メディア賞
受賞!!
■第II集 10月29日発売!!

以上転載***************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】360:[事象]:「知りたくない権利」のネーミング募集(長文)

更に木の名前クイズです。まだら模様もいろいろありますね。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/topics/kigi/miki3.htm

ますます難しくなったでしょうか?
私も1、2、5しかわかりませんでした。
でもこうして見ると自然のデザインはなかなか美しいものです。


冬なればまだら模様の幹際立ちて --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、私は昨年の秋からネットの弊害から子どもたちを守ろうということで設立
された市民団体である「ネット社会と子どもたち協議会」に参加しています。

この度、迷惑情報や有害情報など、見たくない・知りたくない権利をどう呼ぶか
ということで、そのネーミングを募集することになりまして、本日、下記のような
報道発表を致しました。

締め切りは2月14日です。

皆さん、奮ってご応募下さい。
お待ちしております。

また、当協議会の趣旨に賛同して会員になって頂ける方は私宛に、
ご連絡下さい。
私の方から会員として推薦させて頂きます。

以下転載***************************

報道発表       平成17年1月28日

ネット社会と子どもたち協議会が「知りたくない権利」のネーミングを緊急公募

ネットの弊害から子どもたちを守ろうという自立した市民の集まりである、
ネット社会と子どもたち協議会(運営委員長・渡部陽子ひさし総合教育研究所
理事長、URL: http://net-society.org/)は1月28日、下記のように「知りたくない
権利」のネーミングを広く一般から緊急公募すると発表しました。

                      記

募集概要: 実社会でもネット社会でも、迷惑情報や有害情報などを視聴した
くないという人が子どもから成人まで、どんどん多くなっていると思われます。
そこで、知る権利の反対の意味を表す言葉、すなわち、見たくない・知りたく
ない権利を表わす「○○権」というネーミングを公募し、それらの中から最良
のものを選び、今後のさまざまな啓蒙活動に使って、広く認知を得ようと考え
ています。皆さまからの多数の応募をお待ちしています。
募集理由の詳細は別紙1の背景説明をご参照ください。

応募方法:住所・氏名・年令を明記の上、題名に「権利名応募」と書いて下記
のメールアドレスまで電子メールでお送りください。1人5案まで応募可能です。

応募先電子メールアドレス:info@net-society.org

応募期限:平成17年2月14日まで(発信時間が24:00のものまで受付けます)

選考方法:ネット社会と子どもたち協議会の運営委員会が選考に当ります。

発表方法:平成17年2月22日に発表します。
ネット社会と子どもたち協議会のホームページにも翌日から掲載します。

賞金: 入選1案には賞金5万円
佳作5案にはそれぞれ1万円づつ
を賞金として贈呈致します。
但し、適切な作品が無い場合には入選・佳作の該当者なしとの判断もあり得
ますが、その場合にも、適宜、賞金を贈呈します。

以上

別紙1: 背景説明:

ネット社会ではウィルス・有害情報・迷惑情報など、利用者が望まないのに
勝手に電子メールで送りつけてきたり、たまたま訪れたホームページにわい
せつ画像・映像、死体や殺害現場の画像・映像などがあって、見たくない・
知りたくない情報に接してしまうことがあり、子どもたちがネット利用するに
当たり、悪影響があるのではと思われます。

これらは国際的に共通する問題ですが、日本では電車の中で女性の裸の
写真が載っている新聞や週刊誌を同乗している子どもたちの前で堂々と
広げている成人たちも見受けられます。またテレビの番組でも暴力、喫煙、
殺人、女性の裸などが放送されています。これらは諸外国に比べて余りに
も基準がゆるすぎ、子どもたちへの悪影響があるばかりでなく、こうしたこと
が許される日本の社会は成人でも諸外国の人たちの前では恥ずかしいと
思っている人たちも多い状況です。
子どもたちばかりでなく、多くの女性や良識ある男性の成人にとっても、こう
した情報は見たくない・知りたくないものです。これらは知る権利の反対に
当たる権利であると考えますが、まだ良い言葉がありません。

成人指定著作物の倫理規定の見直しを行い、新聞・雑誌・書籍・広告・放送
など、公共の場(実社会だけでなく、誰でもアクセスできるネット社会も含みま
す)で未成人やその視聴を望まない成人が成人指定著作物を意思に反して
視聴してしまう可能性がある場面では、それらの露出を規制し、また公共の
場でない場合でも、望む成人だけが成人指定著作物にアクセスできるように
分離し、かつそれらが成人指定であることを明示する必要があると思われま
す。

たばこの喫煙に対して、喫煙しない人も、同じ空間に居るだけ喫煙に近い
「受動喫煙」という弊害があり、それを排除するために「嫌煙権」という言葉が
定義され、公共の場では禁煙しようという方向に向けた運動と法廷闘争が行
われ、まず「分煙」から、そして「禁煙」へと進んできました。もし、「嫌煙権」、
「受動喫煙」、「分煙」といった言葉がなかったら、こうした運動や闘争はなか
なか進まなかった可能性があると思われます。

これらたばこ喫煙の例を参考に、見たくない・知りたくない権利を主張し、確保
されるべく啓発運動や条例や法律の制定などに活用して行こうとするもので
す。

ただし、これらは表現の自由を制限しようとするものではなく、子どもたちの
目や耳に触れる公共の場では制限すべきであると考えるもので、成人指定
著作物を望む成人に提供することについての制限を要求するものではあり
ません。この点もたばこの喫煙をあらゆる場所で一切禁止するわけではなく、
公共の場では制限しようということと同様であると考えます。

別紙2:

【ネット社会と子どもたち協議会について】

■ 当協議会の設立背景

情報環境の急激な変化は、子どもの世界に大きな影響を与えています。小学
生殺人を見るまでもなく、ネット、チャット、ブログ、携帯電話など、これまでで
は考えられないようなコミュニケーション手段が子どもに浸透しています。ネット
社会は生活を便利にしましたが、マイナスの影響もまた肥大化している可能性
があります。
そこで、NPO、学校、研究機関、民間企業、行政など様々な分野の人々が連携
し、ネット環境の改善やリテラシー(ネット対応力)の向上、家庭や地域におけ
る人と人のつながりの回復などを通じて、ネット社会の負の影響から子どもた
ちを守り、豊なネット社会の形成と子どもたちの健やかな成長を支援する目的
で設立した任意団体です。

■ 当協議会の今までの活動

2004年7月15日、約120名で緊急フォーラムを開催しました。2004 年9月8日に
は約300名が参加し、緊急提言(素案)を採択し、「ネット社会と子どもたち協議
会」を正式に設立しました。2004年10月27日に、「ゆたかなネット社会の形成と
子どもたちの健やかな成長のために(緊急提言)」を採択し、東京都及び東京
都青少年問題協議会に提言しました。

■ 運営概要

運営委員長:渡辺 陽子(ひさし総合教育研究所理事長)
 事務局:  所在地:東京都稲城市平尾1-37-8
電話:042-331-2581
 URL: http://www.net-society.org/
 電子メール: info@net-society.org
 年会費: 個人会員: 2,000円
法人賛助会員: 10,000円

以上転載***************************

これから一番寒い時期を迎えますが、
風邪など引かれないで、良い週末をお過ごし下さい。

スポンサーサイト
【唐澤塾】バックナンバー:351~355
【唐澤塾】351:[風象]:ゲームに熱中しすぎて大人でも現実との区別が曖昧に

春の七草の5番目はホトケノザ(仏の座)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/hotokenoza.html

10年前に、我が家の庭にも近所の空き地にも、ホトケノザが異常にたくさん
生えたことがありました。阪神淡路大地震のあった年です。
6千人以上の方が亡くなられたので、そのために多くの仏の座が必要だった
のかと思ったりしました。
あれから10年、災害は忘れた頃にやって来る、と言われますが、
いつまでも忘れずに、災害に備えたいものです。


ホトケノザ余り咲くなと願うばかり --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼


さて、テレビのアニメを観て気分が悪くなった子どもたちがいたり、
ビデオゲームをやっていてテンカンを起したといったことが大分以前に
話題になりました。

その後、そういったことが話題にならないと思っておりましたが、
ナムコの『塊魂』(カタマリダマシイ)というゲームが大ヒットしているそうで、
それを3日続けてプレイしたところ、現実でもモノを拾い続けたい衝動に
取り憑かれてしまったという人がいるそうです。

また『Quake III』というゲームをやった後、動く人間はすべて標的のように
見えてしまったという人もいるそうです。

現実の世界とゲームの中での出来事が混ざりあうという経験をしている
ゲーム・オタクは、大人の中にも結構いるようです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050113202.html

ボード・ゲームのような単純なゲームを短時間やることは、
脳波をベータからアルファに変えるので、気分転換にはいい面もありますが、
長時間かかるRPG(ロール・プレイイング・ゲーム)などは余り度を超すと
大人でも問題のようです。

まして子どもは!ということになりますね。

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】352:[事象]:米国のブログ事情、高橋さんのブログ、日経ネット時評

春の七草の6番目はスズナ(カブ:蕪)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kabu.html

柏の近くに豊四季というところがあり、豊四季蕪の産地ですが、
豊四季の土地に蕪が合っているらしく、1年に6回も採れるそうです。
それで豊四季には御殿を建てた農家が多いのだと地元のタクシー運転手
から聞きました。

実家ではカブではなく、フユナ(冬菜)というのをスズナの代わりとして
七草に使っていたように思いますが、冬菜、雪菜、鶯菜、小松菜は同じもの
との記述があります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/komatuna.html

しかし、冬菜と鶯菜は別物でしたし、冬菜は東京に来て始めて知った小松菜
とも違うように思います。そう思っていろいろと調べてみましたが、実家で
作っていた冬菜がどれかははっきりしませんが、味は大根の葉に似ている、
と書かれているサイトがあり、ちょっと苦味があるそれだろうと思います。
それにしても「つけ菜」と総称される葉菜類には、沢山の種類があるものです。
http://www.utane.co.jp/utane/syoukai_a_you.htm

そう言えば、信州の漬物として有名な野沢菜も、飯田の辺りでは、
源助菜という茎のやわらかいものを使っていましたが、最近は野沢菜に
駆逐されつつありました。それを復活させようとして栽培量が少しづつ
増えて来たようです。

今夜は源助菜で一杯やりますかねえ・・・。


豊四季はスズナ作りで御殿建つ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、ブログ(ウェブログ)については、

【唐澤塾】194:[事象]:ブログの時代が来る!?
【唐澤塾】231:[風象]:米国ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」

などでお伝えしましたが、1月2日に発表された米国民のブログ利用実態の
調査結果によると、ネット・ユーザーのうち27%(約3240万人)がブログを読
んでおり、9ヵ月前と比べて読者が急激に増えているということです。
そして7%(約840万人)の人は自分でもブログを開設しているそうです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050107207.html

私はソーシャル・ネットワーキングも初期の頃少しやってみましたが、
自分からアクセスしなければならないので、忙しくなるとついつい億劫に
なってしまい、そのうちにほとんど利用しなくなりました。

ブログもRSSリーダーで登録しておいて読めばいいのかも知れませんが、
電子メールとメルマガを読むだけでも結構大変なので、それ以上の必要性
というか渇望感がなく、他人にはウェブよりはブログにしたら?と勧めて
いるにもかかわらず、未だに自分では始めておりません。
やはり忙しい身には向こうからやって来るプッシュ型メディアがいいように
思いますね。

♪ ♪ ♪ ♪

さて、皆さんは林の中から空を見上げたことがありますか?
晴れた日に見えるのは木々の間にある水路のような路地です。
それを「空の路地」と命名された高橋由紀子さんから、
“ブログを書くようになりました”というお便りを頂きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/skyalley/

高橋さんのサイトは「散歩で発見」という写真入り日記風の文章と、
「ことばつれづれ」というエッセイ風の文章の2本柱で構成されていますから、
ウェブ形式よりもブログ形式が最適だと思います。
http://www.juno.dti.ne.jp/~uto/index.html

今までのサイトは旦那さんの内助の功?で更新時期が決まっていた面も
ありますが、ブログだと書いてすぐ更新ということになりますから、
これからは今まで以上のペースで更新されるのではないかと
密かに期待しております。

♪ ♪ ♪ ♪

私事で恐縮ですが、日経のネット時評に拙文が掲載されました。

臨機応変型の柔軟な組織――情報技術(IT)と組織論(3):
http://it.nikkei.co.jp/it/column/njh.cfm?i=20050108s2001s2

ご照覧下さい。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】353:[事象]:今年も砂浜美術館がTシャツアート募集開始

春の七草の最後はスズシロです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/daikon.html

もうご存知だと思いますが、スズシロとは大根の別名ですね。


スズシロは生で漬けて煮て有り難し --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


“私たちの町には美術館がありません。
美しい砂浜が美術館です。”

というのが高知県大方町の砂浜美術館の謳い文句です。
http://www.gallery.ne.jp/~sunahama/


“ものの見方を変えると、
いろいろな発想がわいてくる。
  
4?の砂浜を
頭の中で「美術館」にすることで
新しい創造力がわいてくる。”


という発想で創られた?いや始まったものだそうです。
そして、

“「美しい松原」が作品です。
沖にみえる「クジラ」が作品です。
砂浜に咲く「らっきょう」が作品です。
卵を産みにくる「ウミガメ」が作品です。
砂浜を裸足で走る「子供たち」が作品です。
流れ着く「漂流物」が作品です。
波と風がデザインする「模様」が作品です。
砂浜に残った「小鳥の足あと」が作品です。 ”

ということで、いろいろなイベントが企画され、実施されています。

“らっきょうの花見”というのもありますが、なかなか思い付かないですよね?

砂浜の漂流物も作品にしてしまう。
館長さんは海に泳ぐクジラというのも洒落てます。

こうした発想には本当に感心してしまいます。


そんな砂浜美術館では毎年5月の連休に、募集した自作のTシャツを
砂浜に張ったロープに吊るして展示しています。

今年もその作品募集が始まりました。

皆さんも家族で応募して、連休に見に行かれては如何でしょうか?
それはそれは壮観らしいですよ。
私も話を聞いたり、写真を見ただけで、まだ行ったことはありませんが、
今年辺りは行きたいなあと思っております。

そのためには作品を考えないといけませんね。
今年の審査員は若手書道家の武田双雲さんです。
審査員が一人というのもユニークですね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】354:[事象]:躾に関するご意見をお願いします

皆さんは、先週、13日から小正月のお飾りをして祝ったでしょうか?
都会ではやらないと思いますが、地方や農家ではまだやっている家も
あると思います。

私の実家は養蚕が盛んだった信州・伊那谷なので、小正月は米と繭
の豊作を、そして1年12ヶ月が無病息災であるようにと願ったのだろうと
思われるお飾りをしたものです。

そのひとつに、繭の形をした繭玉という団子を蒸かした米の粉で作り、
イヌツゲの木(地元ではビンカと呼んでいました)に刺して飾りました。
それをお汁粉にして頂くのが子どもの頃は待ち遠しいご馳走でした。

イヌツゲには、今は黒い小さな実が成っています。
http://www.asahi-net.or.jp/~ir5o-kjmt/kigi/inutsug2.htm

群馬県や栃木県も養蚕が盛んでしたから、同じような風習があった
ようで、足利市では繭玉市が毎年開催されるようです。
http://tochikan.dohome.net/sys/doc/694.shtml

ここで売られている繭玉飾りは、プラスティックや発砲スチロール製
のようですね。それでは風情もないし、ご利益もないように思います。


イヌツゲに刺した繭玉汁粉が恋し --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、私は日本躾の会の「高度情報化社会研究会」の研究員になっており
ますが、この度、下記のように、躾に関するご意見をより多くの皆様から
頂くことになりました。

皆さんから、忌憚の無いご意見を頂ければ幸いです。

ご意見は、下記にあります日本躾の会宛に直接メールして頂いても、
私宛に頂いても結構です。
締め切りは2月14日(月)までですので、宜しくお願い申し上げます。

唐澤

以下転載****************************

各位様へお願い                                                            
                           社団法人 日本躾の会
        ふれあい編集部

 ご存じのように日本躾の会は昨年躾啓発運動25周年を迎えました。また、
今年は戦後60年、いわゆる還暦を迎えました。
 ここで今、物が豊かで心が貧しい中、躾について多くの人がどのように考え
ているのかを忌憚無くお聞きし、躾啓発活動の今後のあり方についての方向
を考えるきっかけにしたいと考えます。つきましては、下記の項目についてご
返信下さいますようお願い致します。御多用と存じますが、多くの皆様のご参
画とご意見を頂戴致したくよろしくお願い申し上げます。
 尚、ふれあい誌に掲載させていただく場合もございますことをご了承下さい。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
        ―返 信( 2/14迄にお願いします)―

?あなたは「躾・しつけ」という言葉にどのようなイメージをいだきますか。
 イ いつの時代にも必要不可欠で大切なことだと思う
 ロ 古くさく、厳しすぎて今の時代には合わない
 ハ 虐待を思い浮かべる
 二 特に何も思わない
ホ その他(具体的にお書き下さい)

?御自身の経験から「躾」をどう考えますか。
 イ 自分は親によい躾を受けたと思う
 ロ 子供の頃に受けた躾に良い思い出がない
 ハ 良いこととは思うが、自分では実践できていない
ニ 子供の躾方の方法がよく判らない
ホ その他(具体的にお書き下さい)

?食事と躾の関係についてどう考えますか
 イ 子供には朝御飯を必ず食べさせる(食べさせた)
 ロ 食事は1日1度は家族全員でとるようにしている
 ハ 食事は家族にとって大切なものと考える
 ニ 深く考えたことがない
 ホ その他(具体的にお書き下さい)

?日常的な挨拶と躾についてどう考えますか
 イ 挨拶は社会生活にとって欠かせないので進んで挨拶をする
 ロ 家族間でおはようからおやすみまで挨拶を実行している 
 ハ 向こうが挨拶すれば自分もする
 二 挨拶をする必要はない
 ホ その他(具体的にお書き下さい)

?快適な社会生活を送るために、躾は必要だと思いますか


?家族・夫婦の間で、お互いを思いやるために何か実践していることが
ありますか
例えば報告・連絡・相談を必ずする等


?今後、躾啓発運動をさらに展開するためのご意見をお願いします。



お名前(匿名可)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   
返信先:

FAX:03-3505-5363(TEL:03-3505-5361)
メール:info@c2k.or.jp

以上転載***************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】355:[風象]:見落とされがちな卵子提供による高齢出産問題

小正月のもうひとつのお飾りは、竹の葉を全部切り落とし、全ての枝に
1センチ角くらいに切った餅を刺して稲穂に見立てた「餅花」です。

全国で餅花と称するものを飾る風習はあるようですが、
伊那谷のものとは異なるものが多いようですね。

竹も真竹ではなく、孟宗竹だと、枝が細かいので、きれいな稲穂になります。
餅花として飾った餅は寒い中で乾燥しますから、カビたりせずに長持ちします。
それを揚げるとあられのようになり、醤油と砂糖でまぶせば立派なおやつ
でした。

飯田市川路:http://www.city.iida.nagano.jp/furusato/054/f5402.htm
はなすひと~山里体験ツアー:http://www008.upp.so-net.ne.jp/katsukiyoko/oshigoto/yamazato.html

販売されている飾り:http://www.joaf.co.jp/shoggattu/sosyoku/3-tama-sidare/sousyoku-motibana-sidare-menuindex-.htm

京都市木津町:http://www.joho-kyoto.or.jp/~retail/akinai/maturi/maturi_mochihana.html


餅花は豊年祈りこうべを垂れる --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、つい最近、66歳のルーマニアの女性が出産の最高齢記録を更新した
というニュースは皆さんもご存知のことと思われます。

下記の記事を読むまでは知らなかったのですが、50歳を過ぎての出産が
それほど目新しいものではなくなっている今日、それらの多くは卵子が母親
本人のものではなく、ドナーから提供を受けたものである、ということです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050120301.html

高齢出産を考えている女性は、生まれてくる子供が生物学的には
「自分の子供」でないことに留意すべきだと、専門家らは指摘しているという
ことですが、その通りですね。

確か去年、高齢の兄と妹が、どちらも子どもがいないので、自分達のDNA
を継承した子どもが欲しいというので、兄の精子と若いドナーの卵子とで妹
が出産したという話もあったと記憶していますが、何だか気持ちが悪いです
よね?

少子高齢化問題がいろいろと話題になりますが、だからといってこうした
生物学的には自分の子どもでない出産はどうなんでしょうか?
受精卵のDNAそのものは代理母とは異なるので、DNAそのものに変化
はないでしょうが、胎児と母親とは血液・体液が交流するわけですから、
それが成長した子どもの体に、将来どういう影響を与えるのか、
まだわからないこともあるのではないか?とも思われます。

しかし、子どもができない夫婦にとっては深刻な問題であろうことも
想像はできますから、なかなか難しい問題です。

週末の話題としては、ちょっと深刻でしたでしょうか?
良い週末をお過ごし下さい。


【唐澤塾】バックナンバー:346~350
【唐澤塾】346:[風象]:被災したタイの人たちの外国人へのホスピタリティー

今日、2度目の配信になりますが、村上龍さんのメルマガJMMに
オランダの春呉さんの知り合いがタイを旅行中に津波に被災した
体験談を翻訳して配信しています。

本日限り、下記サイトで読むことができますので、是非お読み下さい。
タイの人たちは、肉親が被災して行方がわからないにもかかわらず
外国人旅行者を優先して親切に面倒を見てくれたとのことで、
それも一人の例外もなくそうだったという、とても心温まる話です。
http://ryumurakami.jmm.co.jp/recent.html

どうしても皆さんに読んで頂きたいと思い、ご紹介する次第です。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】347:[風象]:2004年の通信業界はソフトバンクで明け暮れた!

1月7日は七草粥を食べる日でしたが、最近はこうした風習を守る家は
だんだんに少なくなっているのではないでしょうか?
かく言う我が家も、もうしばらくやっていません。

子どもの頃は、6日の午後に各家の松飾りを集めて「おんべ」を作り、
7日の早朝に燃やして、そこで餅を焼いたものです。
それを七草粥に入れて炊きました。
この「おんべ焼き」は地方によっては「どんど焼き」とも言われていて、
今でもやっているようですが、いつやるのかも地域によって違うようですね。

鎌倉のおんべ焼き:http://www2.mnx.jp/~jba5247/0038.html

西上州のどんど焼き:
http://maru4834.hp.infoseek.co.jp/dondo2002/dondo2002.htm

子どもの頃、地域毎におんべを作りましたが、他の地域の悪ガキが
夜中に火を付けて燃やしてしまったこともあり、
見張りを立てて寝ずの番をしたということもありました。

七草粥には春の七草を細かく刻んで炊きますが、祖父や父は、

♪ 七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 
  渡らぬ先に あわてて バータバタ ♪

と繰り返し唄いながら刻んでいました。
これは「七草ばやし」というものだとWebで調べて知りましたが、

「七草なずな 唐土の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に…
トントンバタリ トンバタリ…」

「七草なずな唐土の鳥と日本の鳥と渡らぬ先に、七草はやす、おてこてんてん」

などというのもあり、似通っていますが、地方によって多少違うようです。

ということで、今日からは春の七草をひとつづつご紹介しましょう。

まずはおひたしにするとおいしいセリ(芹)から。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/seri.html


セリを摘む小川の清流今いずこ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、日経BP社の通信業界向け雑誌「日経コミュニケーション」が発表した
2004年のニュース・トップ10ランキングは、20位まで出ていますが、
その中にソフトバンク及び孫さん関連のニュースが9つもランクインしています。

2004年の通信業界がソフトバンクの動向で明け暮れた感がありますね。
詳細は以下でお読み下さい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20041227/154327/

今年もまた色々と騒がせてくれるのではないかと思って注目しています。

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】348:[事象]:海田悠写真展@ポーラ銀座ビルで1/23迄開催中

春の七草の代表といえばやはりナズナでしょう。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/penpengusa.html

普段はぺんぺん草と呼ばれて馬鹿にされている感じですが、
1年に1度、七草粥の代表として主役になることがあるわけです。


七草粥でぺんぺん草も晴れ舞台 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


毎年、この時期に開催されている海田悠さんの写真展が下記のように
開催されております。

# * # * # * #

海田悠写真展 『東京バレエ団ー華麗なる世界』

会期: 1月6日(木)~23日(日)
時間: 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場: ポーラミュージアム アネックス
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル
電話:03-3563-5501 http://www.pola-ma.jp
入場料: 無料
主催: 海田悠写真事務所 http://www.kaidayu.com

# * # * # * #

毎回、新しいことにチャレンジされている海田さんですが、
今回も手漉き和紙にプリントされているということです。
それらの中の数点は一度プリントした作品を再度手漉きして、
より作品に深みが出たとのことですから、どんなものか、
是非実物を見てみたいものです。

先週ご紹介したデービッド・ブルさんの浮世絵展も23日から有楽町で開催
ですから、両方をご覧になり、銀ブラ(古いか!?)されては如何でしょうか?

また、1月27日からは上野の東京都美術館でアール・ヌーヴォーを代表する
アーティストであるミュシャの展覧会も始まります。(3月27日迄)
http://www.tobikan.jp/

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】349:[風象]:エイズに免疫性のある遺伝子を持つ人種がいる

3番目の春の七草はゴギョウ(御形)、別名ハハコグサ(母子草)です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/hahakogusa.html

柔らかいうす緑色の葉には白い毛があり、乳児の舌に似ていることから
「母子草」になったそうです。
いつも思うのですが、こうして色々な植物の名前を付けた先人たちの
感性には脱帽しますね。


やわらかなうぶ毛がおおう母子草 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、エイズが騒がれてから久しく、感染は落ち着いているのかと思うと、
世界の潮流とは逆に、日本では若者たちの間で密かに増えているという
話も聞きます。

初期の頃から巷の噂であったり、それらしきことが雑誌や書籍に書かれて
いたと思いますが、エイズウィルスに感染しやすい人種とそうでない人種が
あるという話がありました。

確か、栗本慎一郎氏の「パンツをはいたサル」にも、アルコール分解酵素
の量が少ない黄色人種はエイズにかかりずらいのではないか?といった
ことが書かれていたように記憶しています。

こうした情報は状況証拠のようなもので、確たるデータに基づいては
いませんでしたが、最近は遺伝子研究も進み、DNAデータに基づき
病気との関連も研究され、結果も出始めているということです。

エイズウイルスにさらされながら、感染しない人たちがいることはエイズの
発生以来知られてきたことだそうですが、最新の研究によってその仕組み
が明かされつつあるとのことです。

もっとも大きな感染防止効果を持つのは北欧、あるいは中央アジア系の
人たちのごく少数にみられる遺伝変異だそうですが、他にもさまざまな人種
グループで、エイズへの耐性を持つ遺伝子が見つかっているそうです。

詳しくは下記URLでお読み下さい。上・下2回のシリーズになっています。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050111304.html

フリーセックスの国として有名なスウェーデンにこうした遺伝子を持つ
人たちが約1%いるそうで、自分たちの遺伝子特性を理解していたから
なのでしょうか?

彼等の免疫のメカニズムがわかれば、エイズワクチンの開発が可能と
なる日も近いかも知れませんね。

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】350:[事象]:マルチタレント柳瀬美保さんの素朴な歌声

春の七草の4番目はハコベラです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/midori-hakobe.html

ハコベラは古くからの呼び方で、今はハコベが正式名称と思っておりましたが、
ミドリハコベと茎が紫色のコハコベと2種類あることを初めて知りました。
両方併せてハコベと言っているのですね。

確かにそう言われると、庭の草取りをやっていて、同じようなハコベなのに、
花の形や葉や茎の形などが少し違うものがあるな、とは思っておりました。
食べるにはミドリハコベの方がおいしそうな感じがします。


柔らかい絨毯のようハコベ群れ咲く --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、民族音楽などのアーティストを中心にインディーズ・レーベル
ブックスボックスをプロデュースされている北海道利尻島出身の
田原ヒロアキさんから、新年最初のお知らせを頂きました。

田原さんは、昨年から利尻島の四季の映像を撮られており、
今年はそのDVDが発売される予定なので、今から楽しみです。

今回、注目されるのは、画家・小説家・音楽家というマルチタレントの
柳瀬美保さんの「ふたつの小鳥」というCDが発売されたことです。

発売前に田原さんから出来たてほやほやのCDを頂きました。
ジャケットとCDには彼女の絵がプリントされていますが、
歌詞カードもカラーで何枚かの絵があるので、その絵を見ながら
彼女の素朴な歌声を聴くと、独特の世界に誘い込まれます。


「ここにあるのは、生命の不思議が紡ぐ夢。
この夢の中に、いつまでも浸っていたい。」
                作家・森下一仁


というコメントが発売記念ライブのパンフレットに寄せられています。

そして、リリースには、

“歌うように描き、描くように歌う” 画家・小説家・音楽家 柳瀬美保

と紹介されています。

何となく、イメージして頂けるでしょうか?
やはり実際にCDを買ってお聴き頂くのが宜しいでしょう。

購入されるなら、東京の大手CDショップにはあるようですが、
ブックスボックスのサイトから申し込まれるのが宜しいかと思われます。

ご参考まで。

唐澤

以下転載****************************

━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━
   ブックスボックス   [羊狼通信]               B■
       2005年01月 オジロワシ号           B■O□O■X■
              発行・編集・文責:田原ヒロアキ    X■
━□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□━
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    メールをいただいた方、名刺交換をさせていただいた方、等
       ご縁のあった皆様に、BCCにて配信しております。
          ご不要の際はご面倒でもご一報ください。
      また、ご意見・ご感想、いただければとてもうれしいです。
  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ▼ ━━ CONTENTS ━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▼
   1 タルバガン3rdアルバム、遂に録音開始
   2 利尻島・映像DVD、編集進行中
   3 年初に思うところを書かせていただきますと・・・
   ─────────────────────────── 
   4 「アニュアルCD2005年版」と「booxbox boxboox」、発行!
   ─────────────────────────── 
   5 新着作品のお知らせ&発売記念ライブ
   6 田原ヒロアキの、1W・1M・1S
 ▲ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ▲


  あけましておめでとうございます(遅ればせながら)。
  2005年がよき一年でありますよう。


◇━◇ ────────────────────────────
┃1 ┃ タルバガン3rdアルバム、遂に録音開始
◇━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 等々力政彦と嵯峨治彦の喉歌(のどうた)ユニット=「タルバガン」。
 1998年「タルバガン、大地に立つ」、1999年「マイタイガ」に続く、3rd
 アルバムが遂に録音態勢に・・・。

 ユニット結成から早7年。その間の二人の成熟が、確かな成果とな
 って、一枚のアルバムに凝縮されることでしょう。
 版元の田原も長く温めてきた企画だけに、とても楽しみです。

 ゲストには、トンコリ奏者OKIさん(from チカル・スタジオ)、パーカッ
 ションの渡辺亮さん、注目の若手ベーシスト瀬尾高志さん。

 ◇ タルバガン3rdCD「タイトル未定」 BWM-B501 税込予価2500円
 ◆ タルバガン ホームページ:http://tarbagan.net/


◆━◆ ────────────────────────────
┃2 ┃ 利尻島・映像DVD、編集進行中
◆━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 田原ヒロアキ@ブックスボックスの生まれ故郷、利尻島。
 2004年6月から始動の「利尻島スタジオ」をベースに撮影された、日本
 最北端の島の映像を、2005年にはDVD作品として世に出します。
 
 2004-2005の年末年始に雪の利尻山を撮影。映像素材が揃い、いよ
 いよ本格的に編集開始です。
 半「地元民」・田原ヒロアキの撮影・編集で、いままでTV等でも紹介さ
 れたことのない利尻島の姿をご覧いただければと思っています。

 ◇ 利尻島・映像DVD「タイトル未定」 BMK-B501 税込予価2940円
 ◆ ブックスボックス ホームページ:http://www.booxbox.com/


◇━◇ ────────────────────────────
┃3 ┃ 年初に思うところを書かせていただきますと・・・
◇━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 おかげさまで、1997年春の北海道Jターン以来、コンテンツメーカー
 として、2004年末までに10のタイトルを世に出すことができました。
 プレス総計20,000コピーを越えています。ただ、感謝・感謝です。

 その一方で、作品制作過程が、よくも悪くもフォーマット化・ルーテ
 ィン化され、20世紀(笑)に感じたモノ作りの「ときめき」が、自分の
 中で失われていっている感じも。これは困ったことです。

 今年は、今一度、自分が持ち続けるべき「テーマ=主題」、自分に
 課された「ミッション=使命」、自分にふさわしい「スタイル=様式」
 を見直してみたいと思っています。

 「作り」「流通させる」ことが、当たり前に「できる」ようになった以上、
 「なにを」「なんのために」「だれのために」作り・世に出していくのか、
 再認識・再構築・再確認しなければ、というところです。

 いままでは主に、「インプット=新しい才能との出会い」・「アウトプ
 ット=音楽CD」という様式だったわけですが、今後は徐々に、「イ
 ンプット=レーベルのテーマ・ミッションの深化・追及」・「アウトプッ
 ト=メディア・コンプレックス」という様式に移行していくことでしょう。

 自己充足的な「芸術作品」を作るつもりも、下請けコンテンツメー
 カーとしての業務を開拓していく予定もありません。

 インディーズ レーベル/メーカーとして、たとえそれがささやかで
 あったとしても、社会の中に一定の市場を持ち、人・心・モノ・金の
 動きをもたらすことのできる、だれかのためになる「商業作品」を
 作り続けていきたい。


 というようなことを考えつつ、厳冬の利尻島で年越し、新年を迎
 えた田原ヒロアキでした。

 今年もよろしくお願いいたします。 


◆━◆ ────────────────────────────
┃4 ┃ 「アニュアルCD2005年版」と「booxbox boxboox」、発行!
◆━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ブックスボックスの一年毎の活動を伝える年鑑CDが今年も完成。
 「booxbox annual CD 2004-2005」。
 ブックスボックス プロデュースの音楽CDのサンプル音源を収録。
 今年は、田原ヒロアキのナレーション付で、ブックスボックスにつ
 いて、熱く(もないか・・・)語っています。

 「booxbox boxboox」=「ブックスボックス・ボックスブックス」創刊!
 今後、季刊のリーフレットとして続刊発行予定。
 ご注目いただきたいのは、その形状。手にとって、目で見て、初
 めてわかる、そのユニークさ。

 入手ご希望の方はご一報ください!

  田原@ブックスボックス 電話:090-3393-xxxx まで
     メールは: xxxxxx@booxbox.com


◇━◇ ────────────────────────────
┃5 ┃ 新着作品のお知らせ&発売記念ライブ
◇━◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ブックスボックス プロデュース・全国配給CDを紹介します。

 北海道・伊達市在住のアーティスト・柳瀬美保さんのCD「ふたつ
の小鳥」が完成しました。2005年1月6日より全国発売開始です!

 「ここにあるのは、生命の不思議が紡ぐ夢。
 この夢の中に、いつまでも浸っていたい。」 作家・森下一仁

 柳瀬美保CDアルバム 「ふたつの小鳥」
 12曲入り・ブックレット12Pオールカラー
 BWM-B401 税込価格 2,500円

   ─────────────────────────── 
 全国発売記念ライブも開催! どうぞおいでください。

 会場:中森花器店
      札幌市中央区北4条西27丁目1-30
      地下鉄東西線西28丁目駅すぐ
 2005年1月15日(土) 18:30 開場 19:00 開演
  1500円・ワンドリンク付
 ゲスト ミュージシャン
  岡田 浩安 (サンポーニャ・ケーナ・ギター)
  瀬尾 高志 (ウッドベース)
  嵯峨 治彦 (モリンホール=馬頭琴)
  小松崎 健 (ハンマーダルシマ)

 問合せ:田原ヒロアキ 090-3393-xxxx xxxxxx@booxbox.com

 ◆ 柳瀬美保 ホームページ:http://www14.plala.or.jp/mihhow/
(音が出ます 音量注意)
 http://www14.plala.or.jp/mihhow/yanasemiho0cd2004w.html

 ◇ オーダーフォーム:http://www.booxbox.com/order_401.htm


◆━◆ ────────────────────────────
┃6 ┃ 田原ヒロアキの、1W・1M・1S
◆━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎1WEEK ------------------ 20050109-0115
  14日、舞踏家・岩下徹さんの「放下」、ビデオ撮影@札幌。
  15日、柳瀬美保さんのCD全国発売記念ライブの主催。
 ◎1MONTH ------------------ 20050109-0209
  1月下旬は、タルバガン3rdアルバムの録音。2月上旬ミックスダウン。
  その間、利尻島映像を地道に編集作業。
 ◎1SEASON ------------------ 20050109-0409
  3月11.12日、ICCフェス@札幌 http://www.icc-jp.com/ 。
  3月中旬は、渡米。SXSWロックフェス研修(?)旅行。
  帰国後は、NPO法人コンカリーニョ「 SHOOT THE WORKS ! 」に密着。
   こちら:http://www.concarino.or.jp/shoot/index.htm
  そして、タルバガン3rd CDの完成(か?)!

 どこかでお会いできればうれしいです!


∞∞∞  最後までお読みいただき、ありがとうございました  ∞∞∞

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
□ 田原 洋朗 TAHARA Hiroaki
□ 有限会社ブックスボックス 取締役 
□ 放送大学大学院文化科学研究科 修士科目生
□ mail: xxxxxx@booxbox.com  mobile: 090-3393-xxxx
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
□ 有限会社ブックスボックス  http://www.booxbox.com/
□ 067-0073 北海道江別市弥生町18-1 G103
□  TEL & FAX : 011-382-xxxx
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
□ 利尻島スタジオ
□ 097-0311 北海道利尻郡利尻町仙法志字御崎19
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
□ ブックスボックス プロデュース作品
□ 柳瀬 美保   [ふたつの小鳥]   (BWM-B401 AudioCD 2004)
□ 谷本 光    [Shadows and Lights]  (BTD-B401 DVD 2004)
□ 谷本 光    [Thanks to Music!!] (BWM-B301 AudioCD 2002)
□ 長根 あき   [Mon-o-lah]     (BWM-B101 AudioCD 2001)
□ 新田 昌弘   [SHAMISEN KID]  (BWM-B001 AudioCD 2000)
□ タルバガン  [TAIGAM] (BWM-A901 AudioCD 1999)
□ タルバガン  [大地に立つ] (BWM-A801 AudioCD 1998)
□ 等々力 政彦 [TUVA] (BWP-001J CD-ROM 1997)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
□ blog 「羊狼通信」 http://booxbox.cocolog-nifty.com/yoro/
□ blog 「ライブ情報」 http://booxbox.cocolog-nifty.com/live/
□ blog 「日記癖」 http://booxbox.cocolog-nifty.com/nikki_heki/
□ blog 「空の名残」 http://booxbox.cocolog-nifty.com/review/
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

以上転載**************************

【2005/01/14 12:19】 去象(電子郵便誌の配信記録) | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
【唐澤塾】バックナンバー:343~345
【唐澤塾】343:[風象]:インド洋沿岸大津波災害について

皆さん、

あけましておめでとうございます。

今年も【唐澤塾】をほぼ日刊で発信するつもりですので、
ご愛読のほど、宜しくお願い致します。


正月といえばフクジュソウ(福寿草)を思い浮かべますね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/fukujusou.html

別名をガンジツソウ(元日草)と言うくらいですから、
昔から正月の花であったのでしょう。
フクジュソウだけの鉢植えや松竹梅との寄せ植えなどが
年末の園芸店にはありました。


福寿草平穏運べと祈り観る --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼

以下は既に2つのMLに投稿していますから、既報の方には
重複情報ですので、無視して頂いて結構です。

▼ ▼ ▼ ▼

さて、昨年、日本では台風による風水害と中越地震など、
大災害に見舞われた1年でした。
そして最後に、26日のスマトラ沖大地震によるインド洋沿岸の大津波で
15万人以上の犠牲者と500万人以上の被災者が出る大惨事で
年末を迎えるという悲惨な事態となりました。

多くの犠牲者の方々のご冥福をお祈り致します。
そして被災者の方々が元気を取り戻し、一日も早く通常の生活に
戻れますようにと願っております。

熱帯地帯のインド用沿岸では、被災者の間に感染症が広がる可能性も
あるということで、まだまだ犠牲者は増えるかもしれません。

今年こそは、良い年であって欲しいと願いますが、韓国で一番当る占い師
というのが来日し、年末の番組で、日本は2004年以上の大災害に襲われる、
という占いを出していましたから、予断を許さないようです。
5月か9月に、木か草の文字が付く地名で大災害が起きるというものでした。
占いを信じるわけではありませんが、「備えあれば憂いなし」であることは
間違いありません。

2010年に南北統一ということも占っていましたから、
こちらはそうなってくれればと期待したいですね。

ということで、昨年のキーワード「災」に続いて、
今年は「防災」がキーワードかも知れません。

今回の津波災害について、日本のメディアの対応はかなり鈍かったので、
私自身、知ったのは、翌日の朝刊だったと思います
(単に私が毎日忘年会で飲んだくれていたせいなのかも知れませんが?)。
911の時に比べると、犠牲者の数は20倍にも及ぶというのに、
報道の露出量はかなり少なかったように感じました。

さて、そんな中、今回の災害について、日米のメディアや政府の対応
について、注目すべき論評が2つありますので、ご紹介します。

皆さんもこれらをお読み頂き、防災と災害時対応についての参考にして、
これからどうすれば良いのか、お考え頂ければと思います。

▼ ▼ ▼ ▼

1.TUP速報「IAC緊急声明:米国は現地政府に 津波警告を出さなかった!」

ここでは、インド洋に津波警報システムを設置すべきということを、
2004年6月の国連の政府間海洋委員会の会議で、
専門家が提案したのに、実現されなかったことを問題としていますが、
それがなくても、米国の衛星情報から警告を各国政府に発することが
可能だったのに、それをしなかったことを問題と指摘しています。

以下転載****************************

米国政府は現地への警告を怠った

現地政府は警告を受けていなかったが、米国政府は受けた。そして、その情
報を伝えなかった。インドネシア海岸沖で大規模なマグニチュード9.0の地震
が起きてから数分以内には、米国海洋大気管理局(NOAA)の研究者は、
壊滅的な波がインド洋に広がっていると考えていた。彼らは被災地域の政府
の誰にも電話を入れなかった。NOAAのジェフ・ラドゥスは、インドネシア政府
の役人に電子メールを出したと言ったが、電子メールを送った後のことは
わからないと言うのだった。

即時のコミュニケーションが可能なこの時代、その大部分が米国のコントロー
ル下にあり、地球上のすべての部分に対して数分以内のうちにコミュニケート
することが可能である。
NOAAの係官が、即座に直接、被災地域の民生当局に連絡を取る方法が
わからなかったとは信じられない。連絡を取らないという決断が、数万の人命
を犠牲にしたことだろう。数分前の警告でも、住民に高い場所を探すチャンス
を与えたであろう。NOAAには、最初の波が陸を直撃するまでに数時間もの
通報のチャンスがあった。

以上転載****************************

詳しくは、下記サイトお読み下さい。
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/464

▼ ▼ ▼ ▼

2.JMM『from 911/USAレポート』 第179回
「ツナミの洗い流したもの」冷泉彰彦

冷泉氏は、元旦の朝に放映されたNHKの仕事のために、暮れに短期間
来日して滞在していて、スマトラ沖地震とインド洋の大津波被害をその間に
知ったということでした。
それ以来、彼は怒りの感情からどうしても自由になれない、ということで、
このレポートを書いています。
地震から津波来襲までの時間に「逃げることができたはずだ」
「死ななくてもいい人々が大勢死んだ」という思いを一旦抱いてしまうと、
どうしても憤怒の感情を抑えることができない、とうのです。

以下転載****************************

私の怒りというのは、主としてアメリカ
と日本に対しての感情でした。まず、アメリカは世界中を対象として、宇宙から
地上を監視する軍事衛星のシステムを持っています。建物の一つ一つから、
人間の一人一人まで判別できるというのが売り物です。戦闘の細かな状況
把握を宇宙から行って、地上の前線はそのデータを見ながら戦争をする、
ファルージャの市街戦はそのようにして戦われたというのです。

そんな衛星からの監視システムが「海の異変」を察知できなかったというのは
妙な話です。事実、プーケットに押し寄せる津波がまるで渦を巻いているよう
な「衛星写真」も公開されているのですから、そのはるか前の段階、つまり
スマトラ沖で海底での大陥没があり、大きな津波の波動が発生し始めた時点
で、不気味な円を描いた波動が拡散してゆくイメージは宇宙から把握されて
いたはずです。

【中略】

結果的に、災害の規模の割には、日本もアメリカも当初の反応は遅かった
ように思うのです。特に私の滞在していた間の日本の報道には違和感が
ありました。TVでは細切れの報道が多く、しかも無事に帰国した日本人
観光客の感想などが主で、どこか間延びした印象がありました。
とても10万単位の人命が失われた惨事の報道とは思えない内容だった
のです。

【中略】

そんな中、この30日にアメリカへ戻ってきたのですが、JFK空港に着いて
駐車場から車を出して、地元CBSのAMラジオをつけた私は驚きました。
トップニュースであることは勿論、30分のニュースの中で、「大津波」に
関するニュースが3分の1を占めていたのです。

以上転載****************************

今回の報道と政府対応は日米とも遅かったようだけれど、それにしても、
日本よりも米国の対応の方が重大で深刻な事態と受け止めていたようだ
ということです。

最終的には、日本政府は、支援金額では世界最大国となるようですが、
そこに至るまでが、相変わらず不透明に感じます。

詳細は下記サイトでお読み下さい。
http://ryumurakami.jmm.co.jp/recent.html
(こちらは次の号が出るまでの間しか掲載されていませんので、
既に別の内容になっているかも知れません。全文をお読みになりたい方は
その旨ご連絡下さい。個別に転送致します。)

▼ ▼ ▼ ▼

そして、主要各紙のサイトを再度調べてみました。

毎日新聞は、27日の夕刊で既に次のように報じていました。

以下転載****************************

外務、国土交通両省によると、津波が襲ったインド洋沿岸で、旅行者や在留邦人合わせて約700人の所在が確認されていないという。在留邦人では、プーケット島周辺で約500人のうち約350人、モルディブでは約180人全員と連絡が取れていない。

毎日新聞2004年12月27日東京夕刊

以上転載****************************

他紙にはこういった報道は無く、3日夜になってようやく下記の外務省発表が
報道されているという状況です。

以下NikkeiNet転載************************

(1/3)インド洋大津波、邦人680人と連絡取れず・死者14万4000人に

スマトラ島沖地震とインド洋大津波について、外務省は3日、被災地域周辺で13人の在留邦人の安否が未確認となっていると発表した。また同省に寄せられた旅行中の邦人らの安否照会のうち約680人と連絡が取れていない。同省は海外旅行者らに「家族に無事を伝えてほしい」とホームページなどを通じ呼びかけている。

タイ・プーケットやモルディブなどの在留邦人のうち、同省が把握しているのは約2250人。このうちプーケット周辺で8人、モルディブで3人、ペナン総領事館管轄内で2人の無事を確認できていないという。

一方、同省には3日午前10時までに旅行中などの3219人について家族らから安否照会が寄せられた。内訳はプーケット周辺が170―180人、スリランカ60―70人、モルディブ約30人など。ただ、中には「長期間旅行中で、どこにいるか分からず不安」といった照会も含まれており、同省は「ひとつの参考情報として、着実に1人ひとり安否確認を進める」とした。

以上転載****************************

情報として一番豊富なのは、共同通信などのニュース配信サイトで、
26日の発生からかなりの量がありました。

スマトラ沖地震津波:
http://news.kyodo.co.jp/kyodonews/2004/sumatora/

こうしてみると、やはり新聞各社がこの大災害にどれだけの紙面を割くか
という編集方針によって、かなり違いがあるように思います。

冷泉氏が指摘していた衛星写真が読売新聞の下記サイトにありますが、
確かに、これだけの精度で写るのか!という驚きと、だったらもっと早く、
津波の兆候がわかっていたはずであり、それを伝えなかったのは怠慢
なのか、意図的なのか、いずれにしても問題だと思いますね。
http://www.yomiuri.co.jp/features/india/200412/in20041230_04.htm


以上、正月早々から重苦しい話題で恐縮ですが、2005年の先行きを
象徴しているのかも知れませんので、今回の対応を教訓として、
災害に備える必要があるのではないかと思う次第です。

唐澤

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】344:[風象]:前野七彦さんの「男と女の愛」の捉え方の違い

暮れから正月の時期に園芸店の店先を賑わすものに、
ハボタン(葉牡丹)があります。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/habotan.html

ハボタンはポインセチア同様に葉の色が変わったもので花ではありませんが、
花の少ない冬の時期には我々の目を楽しませてくれますね。
最近は、小さな植木鉢に合うミニ葉牡丹も出回っています。


花キャベツを葉牡丹と呼ぶ優雅な和魂 --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、時々ご紹介している北海道の赤ひげななちゃんこと前野七彦さんの
サイトに男と女の愛の捉え方が、今は本来と全く逆になっている、という話が
「メッセージ」コーナーにありましたので、転載してご紹介します。
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/newpage619.html

以下転載**************************

   「男と女の愛」


  男と女の愛の捉え方がまったく逆だという話を耳にしました。

  それはね・・・
  こういう話なんです。

  女は愛したい動物なんです。
  男は愛されたい動物なんです。

  えええ~~~
  逆じゃないの~~~

  そうなんです・・・
  今の世の中はこれが逆になっていて・・・
  おかしくなっているみたいなんですよ。

  男性は基本的に愛されたい動物だから・・・
  あまり関心のない女の人に「好き」と言われても・・・
  悪い氣はしないんです。
  何人の女性からでも・・・
  「好き」っていってもらいたいくらいなんです。

  でも女性は・・・
  基本的に愛したい動物だから・・・
  好意を持っていない男の人から「好き」と言われると
  あまりいい気がしないし、中には鳥肌が立つ人もいるくらいです。

  男性は・・・
  もちろん好きな人から愛されたいし、愛したい。
  でもいろいろな人からも愛されたいんです。

  女性は・・・
  愛すべく存在の男性をとことん愛したいんです。
  そして・・・
  その男性から愛されたいんです。

  愛されたい男性は・・・
  愛されるためにいろいろとがんばります。
  そして・・・
  そのがんばったことを・・・
  女性からほめられたいんです。

  女性は・・・
  愛する男性に・・・
  いつまでも愛すべき素敵な人でいてもらいたいんです。

  男性は・・・
  愛してる、愛してると女性を追い掛け回すのではなく・・・
  女性から愛されるようなかっこいい男になるべきなんです。

  姿かたちだけじゃないんです。
  心と言葉と行動によって・・・
  女性にとって魅力的な存在になってほしいです。

  昔のおとうさんは・・・
  奥さんから・・・
  たくさんほめられていました。
  「うちのおとうさんは、偉いんだよ~~~」
  それを見て・・・
  子供たちは・・・
  おとうさんは素敵なんだな~~~と思っていました。

  でも今では・・・
  おとうさんをほめるのではなく・・・
  子供の前で平気でけなしたりしています。
  「本当にだらしのない人なんだから・・・」
  男も男ですが・・・
  女も女です。
  それを見ている子供は・・・
  おとうさんを尊敬できなくなります。

  男性は・・・
  もっともっと・・・
  女性に愛されるように・・・
  魅力的でかっこよくなりたいものです。

  女性は・・・
  愛するべき男性に磨きをかけてくれるとうれしいです。
  ほめてあげることによって・・・

  男は女がいないと生きてゆけません。
  でも・・・
  女は女だけでも生きてゆけます。

  女性は・・・
  愛したい動物だから・・・
  子育てに向いているんです。

  でも男性は・・・
  愛されたい動物だから・・・
  子育てに向いていないんです。

  野生の動物界では・・・
  基本的に男はやり逃げです。
  あははは・・・

  この話は・・・
  別に信じないで下さいね。
  そんな見方もあるんだな~~~と思ってくださったら・・・
  それでいいです。

  でもおらには・・・
  よ~~~く分かるんだよな~~~

  遅ればせながら・・・
  「冬のソナタ」で・・・
  男と女の愛について学んでいます。
  あははは・・・

  女は愛したい動物なんです。
  男は愛されたい動物なんです。

  おらも男だから・・・
  愛されたいにゃ~~~

  ルンルン・・・

  ありがとうございます。

以上転載**************************

今まで、じっくり考えてみたことはありませんでしたが、こう言われてみると、
確かにその通りかもしれないと思います。

子どもの前で父親をけなす母親が問題だということについては
全くその通りだと思います。
無口な父親の背中を見て子どもは育ったのに、母親に悪い見本のように
言われている父親を見て子どもが父親を尊敬するわけはありませんね。

男女平等が男女同質と間違って解釈されているのが少子化を加速している
現代日本の問題かと思われます。
男女は異質であることを互いに理解した上で男女平等というよりむしろ
「男女公平」な社会を目指すのがいいのではないかと思います。

皆さんはどう思われますか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】345:[事象]:版画職人デービッド・ブル第16回展示会@1/23-29

昔、水戸の偕楽園か、小田原の曽我梅園かで買って来た
八重の紅梅の鉢植えを、今は路地に下ろしていますが、
昨秋は暖かかったせいか、年末から咲いています。
柏近辺の平年の気候で、正月に梅が咲くことはありませんが、
今年は縁起がいいのでしょうか?

いずれにしても、初春にふさわしい花といえば梅ですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ume.html


初春に梅の香ほのかに漂えリ --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、毎年この時期に展示会をされているカナダ人の浮世絵木版画家
デービッド・ブルさんが、今年も展示会を開催されます。

今年のテーマは「四季の美人」で、
サブタイトルが「木版画技術の限界に挑む!」ということです。

私は既に作品を見ておりますが、このシリーズは、
えっ、これが木版画?と浮世絵の常識、木版画の常識を
一変させる珠玉の作品だと思います。

是非会場に足を運んで、その技をじっくりご覧下さい。

# * # * # * #

版画職人デービッド・ブル 第16回展示会「四季の美人」

日時: 1月23日~29日、11:00~19:00(最終日は18:00まで)
    
ギャラリートーク; 23日 14:00~

場所: 有楽町 東京交通会館 地下1階 ゴールドサロン

# * # * # * #

詳細は下記サイトでご覧下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~xs3d-bull/exhibitions_events/j_coming_events.html


本格的な冬らしく、寒くなって参りました。
風邪など召さぬよう、良い週末をお過ごし下さい。



PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    12 | 2005/01 | 02
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。