唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
明日27日のTBS系列23:00~の「情熱大陸」を是非視聴されたい
明日、4月27日(日)の23:00~23:30 TBS系列放送の「情熱大陸」は
ケニアのマサイマラ国立保護区で獣医として働いている滝田明日香さんが紹介されるそうだ。
http://www.mbs.jp/jounetsu/
若い女性がアフリカの大自然の中で暮らしていくだけでも大変だろうに、
仕事をするのはどんなに大変なことかと思う。

本人曰く;

今まで出た番組の放送後は、「番組ではプロジェクトがとてもスムーズに動いてい
るという印象が強かったのに、実際にHPの日記(www.asukafrica.com)などを読んで
苦労しているので驚いた」などというコメントが多かったが、今回の長い撮影期間の
中で、七転八倒しながら生きている「本当の私」が映し出されているのか、すごい楽
しみである。


ということで、多くの若者たちに観て貰いたいものだ。

唐澤豊@唐澤塾

スポンサーサイト
”あなたのお金が社会を変える” ---おひさまエネルギーファンドがセミナーを開催
以前にも紹介した市民出資による自然エネルギー事業を推進している
おひさまエネルギーファンドが、東京と名古屋でセミナーを開催する。

低金利の時代に2%以上の利息が見込める上に、
温暖化防止に貢献できるということで、
私も既に少額ながら出資した。

より多くの人が出資して、日本中にこうした動きが広がって欲しいと願っている。

また、新たな試みとして、ワンクリック募金も展開中であるが、
これもクリックした人が寄付するのではなく、事務局が出資するということなので、
どんどんクリックして欲しいと思う。

●おひさまファンド×クリック募金実施中!
1クリックでおひさまファンドに、クリック募金事務局が1円出資、
"37グラムの二酸化炭素(CO2)削減"につながります!
※クリック募金のサイト:
アドレス:http://bokin.tv/(募金は、携帯電話からのアクセスのみ可能です)
※キャンペーンページ:http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html


セミナーの詳細は下記に転載した通りである。

--------------------------------------------------------------
    ”あなたのお金が社会を変える”
    地球温暖化を防止するお金の使い方
~自然エネルギー事業投資セミナー~ in 東京・名古屋
--------------------------------------------------------------
http://www.ohisama-fund.jp/event_080517.html

今年1月にNHKの特集でも取り上げられた長野県飯田市での
市民の出資で自然エネルギー事業を進める「おひさまファンド」の挑戦を、
昨今の温暖化問題の解決策を解説しつつご紹介します。 

温暖化防止に向けてあなたができることを、
更に発見していただく場になればうれしいです!

◇日時:
1)名古屋 :5月17日(土)14:00~16:00(13:30開場)
 →名古屋会場:名古屋国際センター第1研修室
 (名古屋市中村区那古野一丁目47番1号/
 地下鉄桜通線「国際センター」駅直結、名古屋駅から東へ徒歩7分)
  http://www.nic-nagoya.or.jp/japanese/aboutus/access.htm

2)東京:5月18日(日)14:00~16:00(13:30開場)
3)東京:6月21日(土)14:00~16:00(13:30開場)
 →東京会場:カタログハウス本社セミナーホール
  (東京都渋谷区代々木2-12-2/新宿駅南口徒歩10分)
  http://www.cataloghouse.co.jp/study/map_tsem.html

◇プログラム:
1. 地球温暖化防止と自然エネルギー~欧州の先進事例から日本に=
 "「自然エネルギー」の第一人者" 飯田 哲也
 (NPO法人 環境エネルギー政策研究所 所長)

2.南信州からの挑戦 ~市民のお金で太陽光発電事業を~
  "NHKで特集されました!"   原 亮弘
 (おひさま進歩エネルギー株式会社 社長)

3.「温暖化防止おひさまファンド」の事業及び出資説明
※名古屋会場では、名古屋発のコミュニティ・ユース・バンクmomo代表理事の木村真樹さんにもご登場いただく予定です。


◇参加費:無料
◇定員:名古屋会場50名、東京会場60名(先着順)

◇主催:おひさまエネルギーファンド株式会社
◇共催:NPO法人環境エネルギー政策研究所(http://www.isep.or.jp/)
◇協力:コミュニティ・ユース・バンクmomo(http://www.momobank.net/index.html)

◇お申込方法:
下記の連絡先に、電話、ファックス、ウェブサイト受付フォームからお申し込みください。
おひさまエネルギーファンド株式会社
 TEL: 03-5318-3338
 FAX: 03-3319-0330
 info@ohisama-fund.jp
【お申込フォーム】
https://www.ohisama-fund.jp/cgi-bin/event/
※このセミナーでは、現在募集中の「おひさまファンド」の出資説明も行われますが、出資にご関心が無い方も、テーマに興味がある方は、どなたでもご参加いただけます。
------------------------------------------------


良さそうな話だけど、どうも・・・
と躊躇している人はまずこのセミナーに参加して話を聞いてみることをお勧めする。

唐澤豊@唐澤塾
やっとツバメが飛来した
今年は桜が咲いてから花冷えの期間が長く、薄ら寒い日が続いていて、
なかなかツバメを見かけなかったが、今朝、自宅近くを飛んでいる姿をやっと見掛けた!

(「日々つれづれ」さんに勝手にリンク)
渡り鳥は温度に敏感なようだから、これでやっと暖かくなるのだろう。

唐澤豊@唐澤塾
この国を変えるには官僚を変えるしかない
各省庁やその外郭団体による税金の無駄遣い、天下り、汚職など、
様々な問題が起きているにも関わらず、
政治家も官僚制度の改革が出来ず、
一体どうすればいいのだろう?
という思いを多くの国民が持っていることだろう。

小泉内閣は官僚の言いなりにならないように
官邸主導を少しは試みていたのだが、
福田内閣になって、元の木阿弥になってしまった感がする。

そんな中、日経新聞に連載されている
扇千景前参議院議長の「私の履歴書」(22)を読んで、
なるほどこれだ!と納得した。

それは、彼女が自民党議員として参議院議員に当選してから
自民党の勉強会で毎夕各省庁の役人を呼んで様々なことを勉強したということだった。

自民党政治家の知識の根源が官僚であるということは、
かなりフィルタリングされた情報に頼っているということと、
これでは政治家は教師役である官僚に頭が上がらないわけだ。

そして、官僚や元官僚と話した私の少ない体験では、
官僚の情報源の多くは大手日本企業の人間である。
企業の人間は官僚には自分たちにとって都合の悪い情報は出さないこともあり、
官僚の情報源もかなりフィルタリングされているわけである。

こうした限られた情報ルートに頼ることを辞めさせなければ
官僚も政治家も変わらないだろう。

ネットの時代になって、若い官僚はインターネットで情報を収集しているのであろうか?
多分、そんな暇はないだろうし、ウィニー問題などもあって、セキュリティー重視の観点からすると、
省庁のパソコンから自由にどこのサイトでもアクセスできるようにはなっていないと思われる。

米国の上級官僚は、政党に雇用されるので、政権交代があると官僚が入れ替わると聞いている。
日本の政治家は官僚に依存しているのであれば、日本も政党が上級官僚を雇用するようにして、
政権交代があった時は一斉に替わるようにすれば、様々な問題も解消できるのではないだろうか?

そのためには公務員制度改革、社会保険の一元化などが必要だが、
それをどうやって実現するのかが問題である。

唐澤豊@唐澤塾
「Blog実名発信のメリットと,実名で書くべき人」---企業経営に生かすBlog道
日経BP社のITPro Watcherに「企業経営に生かすBlog道」というコラムを書いている久米さんが、

"ビビリな若者たちよ!! 実名ブログで自分を「見える化」する勇気を!!"

というちょっと過激なタイトルの提言を書いたところ、かなりの反響があったということで、
ITProの週間アクセスランキングでも上位になった。

そして読者投稿も多かったようで、

"読者メールで再考した「Blog実名発信のメリットと,実名で書くべき人」"

という補足文を書いている。

私もインターネットは実名で使うべきだと日頃考えているので、久米さんの意見には賛成である。

しかし、匿名でないと言えない、書けない、という日本人は多いようで、なかなか難しい問題である。
先日もさる大手企業に勤めていた人と話した折、時々2チャンネルで憂さ晴らしをするのだ、
という発言があり、びっくりした。
まさかあの人が、と思うような人だったので、ちょっとショックであったが、
日本人の文化度はこんなもんなのかと思うと、情けなくなる。

欧米のブログの内容に比べて、日本人のブログは本当に私的な日記に近い内容が多いと
言われているが、読者投稿によるニュースサイトなどが日本ではなかなかうまく行かないのは
こうした状況によるのだろう。

日本ではCGMの時代はまだまだ遠いのかもしれない。

唐澤豊@唐澤塾
2本足のカエルの絵
獣医師の中川美穂子さんからの情報で、
全国学校飼育動物研究会誌に
北海道大学の生物教育の鈴木誠教授が寄稿された
高校生が描いたカエルの絵に仰天したという話だ。

皆さんも下記の絵を見てびっくりすることだろう。
びっくりしない人は本物のカエルを見たことがない人だろう。

2本足のカエル:http://www.vets.ne.jp/~school/pets/2kaeru.jpg

この絵を描いたのは、北海道の農家の長男だという。
そして、この高校生は大真面目にカエルは2本足だと言い張った
というから、更にびっくりする。

ゲーム、ケータイ、パソコン、テレビといったもので
仮想体験ばかりして育つと、こうなってしますのだろう。
子どもの頃は自然の中で泥んこになって遊ばせたり、
草花の栽培やペットの飼育など、
もっと自然体験をさせるべきだろう。

詳しくは、下記URLのページ下段、会員投稿欄をご覧頂きたい。

第8号 全国学校飼育動物研究会誌(08年3月末発行) 抜粋
http://www.vets.ne.jp/~school/pets/8kaisimokuji.htm

唐澤豊@唐澤塾
議員立法によるネット規制法案が近く国会に提出される?!
4月8日にモバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)が発足したことは既に伝えた。

しかし、自民党・民主党の両党で、ネット規制法案が論議されていて、
近く国会に提出されるかも知れないとのことだ。

自民党案は、

・ 携帯電話会社に対する18歳未満へのフィルタリングの義務化
・ ウェブサイト管理者に対する有害情報(未成年に悪影響を与える情報)の削除義務
・ インターネット接続事業者(ISP)に対する有害情報の削除義務

というもので、その有害情報の基準を内閣府に置かれる委員会で定めるという。

下記の高市早苗議員のインタビューから、少し詳しいことを垣間見ることができる。

http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=MMITzx000006042008

民主党も同様の法案を検討しているということで、超党派で可決される可能性がある。

こうした動きに批判的なコメントが下記にある。

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT12000017032008

問題は、有害情報の基準を決める委員会が内閣府に置かれる、ということだろう。
悪名高き教科書検定と似たような状況になる可能性は否定できないだろうし、
ケータイの勝手サイトなどへのアクセスが18歳未満の人はできなくなる可能性や、
体制批判をするような情報は有害情報として削除されてしまう可能性だってある。

ブログやSNSというツールのお陰で、日本もようやく一般大衆が情報発信をするようになって来た
矢先に規制ばかり強化してはこうした芽を摘んでしまいかねない。

表現の自由を叫んで来た旧メディアの人たちはこの事態を理解しているのだろうか?
ネット上のことだからよくわからん、と放置していないだろうか?

最近の政治は数の論理だけで動いている感じもするので、
拙速な議論で可決されないよう、この法案の行方は注意する必要がある。

唐澤豊@唐澤塾
EMA(モバイルコンテンツ審査・運用監視機構)が設立されました
ケータイからのインターネット利用が急速に普及しているが、
青少年が違法・有害情報に触れる可能性が高まり、
実際に青少年が有害サイトにアクセスして犯罪に巻き込まれるという問題も発生したため、
その対策の一つとして、総務省の強い要請もあって、
携帯電話事業者は有害サイトアクセス制限サービス(「フィルタリングサービス」)
の提供を余儀なくされた。

しかし、フィルタリングサービスは、
犯罪を助長するサイト、人の尊厳を害するサイト、自殺を誘引するサイト等、
閲覧制限をすることが妥当なサイトへのアクセス制限には良い方法だが、
一方、これにより、特定のカテゴリに属するサービスを提供するサイトは、
有害でなくても一律に制限されるという状況も存在している。

いわゆる勝手サイトには18歳未満は親の承諾を得て、携帯事業者に申請しないと
アクセスできないわけで、CGMが叫ばれる時代にそれはまずいだろう、
という意見がコンテンツ制作・提供者・学識経験者などから上がり、
アクセスを規制する基準の制定と運用の監視をする第三者機関を作ろう
ということになった。

私もその趣旨に賛同して、設立発起人になった。
そして昨日、4月8日に設立された。

設立計画書と設立趣意書は下記でご覧頂きたい:

http://www.ema.or.jp/prospectus/index.html

唐澤豊@唐澤塾
社会人は「公私混同」を
日経新聞のインタビュー記事に「領空侵犯」というのが毎週月曜日に連載されていて
なかなか面白い内容が多いので、よく読んでいる。
専門分野ではない人が提言をするものだ。

ちょっと古い情報だが、3月24日(月)付けの「領空侵犯」はコピーライターの糸井重里さんで、

社会人は「公私混同」を

生活者の心 仕事に生かす


というものだった。

私も以前から、公私混同は大いに結構、と言ってきたので、
なかなか共感できる内容だった。
ウェブには掲載されていないようで、概要をここで紹介するのは止めておく。

要するに、仕事最優先の会社人間で、家庭を顧みない人が作り出す商品は
多様化が進み、生活者主導の時代には売れるとは限らないということだ。
そんな商品はさあどうだ、便利だから使え、役に立つから買え、
と言われているようで、生活者としては面白いわけがない。

公人としての会社員である前に、私人としては生活者なんだから、
もっと生活者として活動し、体験することも重要だということだ。

糸井さんの事務所では勤務時間中に映画を観に行ってもいいという。

「映画は『私』のひとつにすぎませんが、想像力を育ててくれるし、心が満たされる。
そんな楽しみを知っている人でないと、人の心を打つような商品は生み出せない。
自分なりの考えも持てないと思います」


ワーク・ライフ・バランスということが最近よく言われるが、
これはワーク(公人)とライフ(生活者)に費やす時間のバランスを考えよ、
もっとライフに時間を回せということで、
公私は混同するなという従来の考え方に立脚していると思う。

しかし、公私は分けられない部分もある。
何がいつ役に立つかわからない時代でもあるのだ。

私の部分が幅広く、奥深い人の方が
いい仕事、大きな仕事ができそうではないか!

ここで、糸井さんの最後の言葉を引用しておこう。

「これからは、『私』のいい成分をもって全人的に仕事をしないと、人の心を打つ仕事はできない。

『私』のない『公』もなければ、『公』のない『私』もない。

だからこそ『私』を『公』に役立てる公私混同が必要なのです」


その通りだと思う。

それにしても、最近の日本の企業は、インターネットのサイトのアクセスさえ制限したり、
仕事以外のメールのやり取りは禁止されたり、メールの内容を監視されたりしているということだ。
こんな会社の将来性は無いだろう。

唐澤豊@唐澤塾

”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
以前にも紹介した市民出資で自然エネルギーを増やす「おひさまファンド」だが、
今度、携帯電話でキャンペーンサイトにアクセスしてクリックすると1日に1円の募金がされる
というキャンペーンを始めた。
しかも、募金はクリックした人ではなく、募金事務局が出資するということで、
携帯アクセス料金以外は掛からないという。

"1クリックあたり37グラム"

というCO2削減効果があるということだから、
地球温暖化防止のために、
ケータイでクリックするなんて、やり方が良く解らない!
という人はお子さんに教えて貰い、お気に入りに設定して貰った上で、

家族揃って毎朝(あるいは毎晩)ワンクリック!

を実行して家族の絆を深めつつ、地球環境問題を話し合うのもいいのではないだろうか!

以下、おひさまファンドのお知らせより転載***********************

 ―――――――――――――――――――――――――――
 ”あなたのクリックが、温暖化を防ぐ!”
 「携帯クリック募金」×「おひさまファンド」 キャンペーン開始!
 ―――――――――――――――――――――――――――
 昨日4月1日、おひさまファンドに関する
 タイトルの通りのニュースリリースを行いました!

 【2008年4月1日プレスリリース】
 プレスリリース全文はこちらです
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 http://www.ohisama-fund.jp/press_080401.html

 キャンペーン期間中、「携帯クリック募金」 サイトに訪問し
 たユーザーの1クリックあたり1円を、今募集中の「温暖化防
 止おひさまファンド」に対して、クリック募金の事務局であ
 るアサップネットワークさんが出資してくれます。

 サイトを訪れクリックしてくれたユーザーの皆さんには金銭
 的負担は一切なく、地球温暖化防止活動を支援することがで
 きるという仕組みです!

 ちなみに、1クリック1円の出資でどれだけの効果があるのか
 というと、
 
     "1クリックあたり37グラム"
 
 の二酸化炭素(CO2)削減を見込んでいます!

 今回、このクリック募金と連動したキャンペーンで、
 若い世代の人も含めたより多くの方に
 「おひさまファンド」や
 地球温暖化に向けてできること、
 を知っていただける機会になればと期待しています。

 キャンペーンの第一弾は、
 まずは6月末頃までを予定します。

 <<今日から毎日1日1クリックをお願いします!!>>
 <<お友達にもぜひ紹介してください!>>

 ※一人1日上限、1回までです。
 ※クリック募金のサイト:
  アドレス:http://bokin.tv/(携帯電話からのアクセスのみ 募金可能です)
     ※携帯3キャリア対応 (i-mode, EZweb, softbank)
 ※キャンペーンページ:
  http://wapnavi.net/click/template/pc/ohisama/ohisama_pc.html


以上転載*************************************

唐澤豊@唐澤塾


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2008/04 | 05
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -



    RECENT ENTRIES
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH