唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
真のリーダーとは?
以下は日本躾の会の広報誌「ふれあい」の5月号に寄稿したものである。

真のリーダーとは?

自民党から民主党に政権が交代してから、鳩山首相のリーダーシップに疑問を呈する人が増えているようだ。そういう人はトップダウンで指示・決断して、ぐいぐいと引っ張って行く人がリーダーであると思っているのだろう。

しかし、一方では、従来の自民党政権よりも個々の閣僚や政治家の意見が明確に伝わるようになって、政策決定までの過程が見えるようになったことが最も良いことだ。自民党内部にはいくつもの派閥があって、考え方もバラバラであったわけだが、政策決定過程で表に出ず、闇の中で決められていたが、それが良かったのか?そうではないだろう、という意見もある。

問題は、政策決定までの色々な異なる意見がそのまま諸外国にも伝わるので、日本の政権は何を考えているかわからないと見られることで、外交上は不利な立場になることだ、という見方もある。

結局、今の政治家たちは自民党で教育された古い体質の人間ばかりで何も期待できないから、若い政治家を育てる以外に道は無い、というのが将来の日本を憂う人たちの見解となりつつあるように思う。

では、真のリーダーとはどういう人なのだろうか?

伊藤淳子訳「心が安まる『老子』」(PHP研究所発売)の中に「リーダーの資質」について述べている章がある。

そこでは、最も優れたリーダー、その次に優れたリーダー、やや落ちたリーダー、最悪のリーダーという4段階のリーダーについて述べている。

皆さんは「人々に親しみを感じさせ、誉めたたえられるような存在となり、尊敬される」というのは何番目のリーダーだと思うだろうか?これが一般的に大衆から求められているリーダー像であると思うが、老子はこれを2番目のリーダーとしている。

最も優れたリーダーは、政治力で自らを誇示することを避け、部下や働く人々にはそういう人がいるなと思うくらいの存在感しかなく、その人の管理下にいるとか、統治されているといった圧力を感じさせない。リーダーは誠実でなければ信頼されないが、目立つ必要はない。これが真のリーダーだと述べている。リーダーとして為すべきことをしても、誰にも知られないし、誰からも感謝されることがない。真のリーダーは大自然のような存在で、誰からも何とも思われなくても、偉業を粛々と成し遂げていくのだと。

これだ!と納得した次第である。


唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト
政府の迷走を憂う前に
沖縄の普天間米軍基地移設問題で、鳩山政権の迷走ぶりは困ったものだとか、
鳩山首相の指導力の無さが問題だとかいった見方がマスコミやブログなどに多く見られるが、
そもそも問題の根本はどこにあるのだろうか?

それは何あろう有権者の間で「この問題をどうしたいのか?」
ということについての合意が形成されていないということである。
政治家は有権者が投票して選出した代理人であるだけだ。

マスコミもジャーナリズムを代表すると主張するのであれば(最近はそうも思えないが)、
その点を指摘し、議論を深めなければならないだろう。
しかし現状は政権の評論家になり下がっている。

現行案は自民党政権の時に決めたわけだが、
沖縄県民が全て賛成したわけではないし、国民が全て賛成したわけでもない。
3割くらいの自民党支持者が数の力で押し切って決めただけである。

残りは反対派が同数かそれ以上いたかも知れないし、
無党派層・無関心層がかなりの数いただろう。

そこに政権交代があって、反対派が支持する民主党や社民党が
県外移設・国外移設ということから計画見直しとなったのである。
そして県外移設先の可能性が噂されている鹿児島県・長崎県・大阪府などの住民は
全て反対派が大勢である。
どの地域でも米軍基地の移設は歓迎されない。

大雑把に見れば、3割の現行案支持者、3割の反対派、そして3割の無関心派
に分けられると思われる国民の合意は得られていないのが現状である。

じゃあ、どうする?

鳩山首相でも小澤幹事長でもいいが、こうする!と言って、数の力で国会を通したら
国民の全てが賛成できるのか?
その方が、現在の迷走・結論が出せない状況よりも、もっと恐ろしいだろう。

だからこの問題は政権の問題ではなく、我々国民の問題であり、我々がどうすべきか
考えるべき問題なのである、ということを全ての有権者が強く自覚すべきである。

私がもし鳩山首相であるなら、

「国民の皆さんの合意が得られないから、この際米軍は国外に移転して貰いましょう。
皆さんそれで宜しいですね?」

と問うだろう。それによって、この問題はどうすべきかが明確になると考える。

唐澤豊@唐澤塾
オレオレ詐欺から上場前株式投資詐欺へ
新聞によると、オレオレ詐欺は警察や金融機関の協力で減少したが、
新たな詐欺が広がっているらしいということだ。

それは、上場前の会社の株に、今のうちに投資すれば、
上場後に大儲けができる、ということで、架空の会社への投資を誘い、
大金を騙し取るという詐欺が横行しているとのこと。

こういう話になると、聞いたことが無い会社名でも、
これから設立するとか、設立したばかりだとか言われれば、
目論見書等の資料があれば信じてしまう人もいるだろう。

世の中においしい話は無い、と思って、変な助平根性を持たないように
しないと、こうした詐欺に会う可能性があるから注意が必要である。

唐澤豊@唐澤塾
偽の「アップルストア」メールに注意、ウイルスとスパムのダブル攻撃
日経BP社のITProサイトによると、新しいタイプの悪質メールが出回っているということだ。
私も利用しているので、気をつけなければ。

セキュリティ企業各社は、米アップルが運営するオンラインショップ「アップルス
トア」をかたる悪質メールが出回っているとして注意を呼びかけた。メール中のリン
クをクリックすると、ウイルスに感染させようとするサイトや、バイアグラなどの宣
伝・販売サイト(スパムサイト)に誘導される。


http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100329/346337/
安くてそこそこ良いものが増えた今、『ものすごく良いもの』しか売れない?
サンケイ・ビジネスニュースによると、3月の百貨店の売り上げは前年割れであったが、
減少率は2月より少なくなり、高額商品が売れて、減少幅を圧縮したという。

高級品で売り上げ回復を狙っているアパレルメーカーの監修デザイナーは、
「安くてそこそこ良いものが増えた今、『ものすごく良いもの』しか売れない」
と述べているという。

またある百貨店の部長は
「今の富裕層は高額品と低価格品を使い分ける。ブランドや価格帯を超えた売り方が必要」

と述べているというが、いずれも対象は富裕層である。

では大衆はどうなのか?

ある局のテレビ番組で、この話題について街頭インタビューをしていたが、ある女性は、
「今までは安いものを沢山買っていたが、これからは良いものを少しづつ買いたい」
と答えていた。

一方、好調を続けていた総合小売大手のイオンとセブン&アイは売上高と純利益が減っているという。

安売りを続けた結果、売り上げも、利益も上がらなくなったということだろう。

これらは消費者の志向が変わって来たことを物語っているのだろうか?

昨日、安さが売り物の外食チェーンの食事がまずいから、もう伸びないのではないか?
と書いたが、大手外食チェーンは積極投資を始めると今日の日経に出ていた。
彼らの判断が正しいのかどうかは1~2年後にはわかるだろう。

これからしばらくの消費動向が注目される。

唐澤豊@唐澤塾
「安くて、そこそこ」で、いつまでも満足できますか?---日経ビジネスより
日経ビジネスのサイトに首記のような記事があった。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20100219/212888/

人件費を抑えるために、自動販売機で食券を買うとか、タッチパネル式の注文ができる
低価格の居酒屋、焼肉店、回転寿司などチェーンが増えているということだ。

そして、この不景気で飲食店が続々と潰れていて、それらの店舗で料理長や幹部として
働いていた40~50代の料理人が職を失い、再就職先を探し回っているが、
人件費を抑えようとしている経営者は、こうしたベテランを雇わない。

この記事の筆者は、飲食業界に対しては、

「時代に流されて単に安売りに走るだけではなく、顧客から「正当な対価」をもらえるような
レベルの高さに今一度目標を再設定することこそが、飲食業界の関係者が踏み出すべき最初の
一歩と言えるでしょう。」


と書いており、お客側に対しては、

「顧客の側もただ安いことだけを追い求めるのではなく、お金を支払う価値のあるものに対しては、
可能な範囲で「買い支える」という気持ちになってもらえたら、関係者の1人として嬉しく思います。」


と書いている。

さて、そうした方向に消費者は動くのだろうか?

唐澤豊@唐澤塾
低価格フードチェーン店はやがて滅びる!
王将、日高屋、幸楽苑の低価格フード・チェーン御三家の業績が伸びでいるというので、
先日、試しに王将に行ってみたが、こんなまずいものを良く食べるな!という味だった。

ずっと昔、幸楽苑に行ったが、あそこのラーメンもまずかったから、二度と行ってない。

御三家は、安い、注文してから料理を出すまでの時間が早いというだけで、
不景気の今は流行っているが、あの味では、皆、段々に行かなくなるだろうと思う。

あるいは、今の若者や中年は味音痴なのだろうか?とも思うが、どっちだろうか?

唐澤豊@唐澤塾




PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2010/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH