唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
ブータンの国民総幸福量(GNH)という考え方
既に多くの報道がされているので、ご存知の方も多いと思うが、ブータンでは国王がGNPではなく、国民総幸福量(Gross National Happiness; GNH)という指標で国づくりを進めているという。

今年、国士舘大学アジア・日本研究センターが招待して来日したブータン国立研究所のカルマ・ウラ所長によると、その指標には;

①心理的幸福
②健康
③教育
④文化
⑤環境
⑥コミュニティー
⑦良い統治
⑧生活水準
⑨自分の時間の使い方

の9つの構成要素があり、特にGDPで計測できない項目の代表例としては①心理的幸福があるとし、
それには、正の感情として、

①寛容
②満足
③慈愛

負の感情として、

④怒り
⑤不満
⑥嫉妬

を定義し、2年ごとに地域別に聞き取り調査をして、国民の感情を示す地図を作るということだが、合計72項目を、
一人当たりの面談に5時間も掛けているという。それを8千人から聞き取るということで、その本気度が伺える。
それらの指標を地図bに色で表すと国民の心の風景が描かれるわけである。

金融危機後は欧米の政治指導者もこの考え方に関心を示し始めているとのことだ。

日本を取り巻く周辺国と、何かギクシャクし始めているが、これからの日本をどうするのか?

従来通りに、GDPを指標として、景気回復・経済成長を目指すのか、
GNHのような新しい指標を定めて、新たなビジョンに向かって行くのか、

ということを政治家や官僚に任せておくわけには行かないだろう。

日本は既に少子高齢化社会に突入している。

このまま人口が減少しては経済成長は難しいから、どんどん移民を受け入れるげきだという意見もある。
しかし、人口が減れば、食料自給率もエネルギー自給率も問題なく、全土の約7割が森林であり、雨も多く水も豊富な日本は豊な暮らしができる可能性がある、という意見もある。

我々ひとりひとりがこれからの日本をどうするのか、子孫にはどういう国と環境を残して行くのか、
真剣に考える時が来ている。

唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト
ES細胞(ヒト胚性幹細胞)で臨床試験をしても良いのか?
米国のジェロンというバイオベンチャーが受精卵由来のヒト胚性幹細胞(ES細胞)を使い脊髄損傷の治療の臨床試験を始めるという。

受精卵ということは、どの段階であれ、人の生命が始まっているわけだから、それを臓器や人体の一部組織にすることは中絶とは違うが、問題ではないか?
ひとつの考え方ではあるが、受精の段階で既に魂が宿っているという考え方もあり、そうなると、1人の体に2つの魂が宿ることになるかも知れない。
そうでなくても、五体満足な体に成長しようとしている受精卵を途中で無理矢理に脊髄だけにしてしまうことが許されるのだろうか?
倫理的に考えて、ES細胞で臨床試験をするのはまだ早すぎると思う。

また、異なる人の細胞であるから拒絶反応もあるだろう。

そういう意味では日本が中心に進めているiPS細胞(新型万能細胞)を使う場合は自分の細胞から臓器や人体組織を作るというもので、拒絶反応も無いだろうし、倫理的にも問題はないと思う。

以前紹介した早稲田大学高等研究所の岩崎清隆准教授が研究しているブタやウシの臓器を無細胞化し、それを拒絶反応の無い人工臓器として再生し、臓器・血管・皮膚などとして使うというものは素晴らしいと思う。
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/blog-entry-819.html

唐澤豊@唐澤塾

クラリネットとパントマイムのコラボ@伊那市@10月30日
ツイッターで知り合ったクラリネット奏者の橋爪恵一さん@carnivalcompanyは
芸大出身なのにフリーランスとして様々な人たちとのコラボを実践されているようで、
10月30日には郷里の伊那市でパントマイムでは知る人ぞ知る
ヨネヤマママコさんとコラボしてコンサートを開催するとのこと。

その前に東京の代官山で22日から3日間、日替わりで、
22日:パントマイム、23日:歌、24日:クラシック~ジャズ
という多彩なコラボでコンサートを開催するとのことだ。

http://www1.whi.m-net.ne.jp/carnival/contents.html

同じ伊那谷出身者として応援したい。

唐澤豊@唐澤塾
人生の目的は体験することである~都留晃一
以下は日本躾の会の広報誌「ふれあい」の2010年10月号に寄稿したものである。

人生の目的は体験することである ~ 都留晃一

誰でも「私は何のために生まれて来たのだろう?」と思ったことは何度もあると思うが、なかなか明確な答えは見つからなかった、あるいは今でも見つからない、という人が多いのではないかと思う。それに答えて来たのが様々な宗教である。それらの中には、特に今の日本に蔓延している考え方で「神は存在しない、人生は一度きり、太く短く楽しく生きなければ損だ」という無宗教も含まれる。

今の世の中は実体験よりも仮想体験の世界が広がり、特に子どもたちはテレビ、ゲーム、マンガ、アニメ、そしてインターネットといったことに費やす時間が増えて、屋外で友達と遊ぶとか、自然の中で遊ぶといった実体験よりも、仮想体験だけで成長してしまうことが増えていて、大変危険な状況であると思う。つい最近もあったが、学校で他の生徒を刺し殺したといったような、世の中を騒がす問題が頻繁に起きている。こうした問題を起こした子どもたちの考え方の一端が報道されているが、それらを聞くと、「人生はゲームのようにリセットできると思った」、「人を殺す感覚がどういうものか体験してみたかった」など仮想体験だけで育ったとしか思えない考え方だと思われる。もっとびっくりしたのは、初めて動物を抱いた幼稚園の子どもたちの中に、「スイッチはどこ?」と生きた動物を動くぬいぐるみだと思っていた子どもがいた、という話を聞いた時だ。

こうしたことの原因としては、親たちの日本版無宗教の行き着いた結果ではないかと思っている。今では親たちも仮想体験で育って実体験が乏しい中で、「人生は一度きり、面白おかしく、楽しく生きなきゃ損」ということからお金が全てであるということと、自分さえ良ければという自己中心的な考えで、子どもよりもまず自分が大事という親が現れ、その行き着く先が「自己実現」のためには結婚もしない、あるいは結婚しても子どもは持たない、といった考え方が広がっていると私は考えている。そして人生の勝ち組と負け組みという考え方も蔓延して来た。そこに様々な新興宗教が入り込む余地もあるわけだが、お布施や寄進を要求する今までの宗教は全て間違っている。本来、人を救うのが目的であるはずの宗教がお金を出せば救われると言っているのはおかしな話だ、と思っている人は皆さんの中にも結構多いのではないだろうか?

そんな中で「人生の目的は体験すること」、「今を生きるために私たちはここに居る」という都留さんの考え方は目から鱗であり、納得できるものである。小説、テレビドラマ、映画などは全て他人の体験であるか、空想である。そうしたもので仮想体験しても人生の目的からすると意味の無いことである。また平々凡々と静かに生きるという考え方も結構あるわけだが、それよりも波乱万丈の生き方こそが人生の目的に合致している、ということである。嫌な思い、つらいこと、苦しいこと、悲しいことも全て必要な体験であり、そうしたことが起きる自分の人生を、それこそ映画を観るような感覚で体験して行ければ、それらも楽しく、次は何が起きるのだろうか?とワクワク・ドキドキしながら生きられる、ということになりますよ、と都留さんは述べている。こうして考えれば人生は楽しくなるということで、私は今、この考えで残りの人生を生きて行きたいものだと思っている。


唐澤豊@唐澤塾


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2010/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。