唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
福島原発関連情報ログ - その17: ~2011/4/20
福島原発関連情報ログ - その17

緊急上映「100,000年後の安全」@渋谷アップリンク:
http://www.uplink.co.jp/100000/
2011-04-22【イベント】GWに緊急トーク付き上映会を開催!
広河隆一さん、須永昌博さん、舘野淳さん、飯田哲也さん出演


ダライ・ラマ法王による「東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊法要」のお知らせ
http://www.tibethouse.jp/event/2011/110429_houyou.html
(ダライ・ラマ法王による震災犠牲者の49日法要が2011年4月29日、14:00~16:00に大本山 護国寺
で行われる)

報道配布 写真・動画ダウンロード:東京電力:
http://www.tepco.co.jp/tepconews/pressroom/110311/index-j.html

平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」:文部科学省
http://www.atomin.go.jp/support/index.html
(何で文部科学省が税金と人を注ぎ込み原子力教育などをしなければならないのか?
それは洗脳しなければ抵抗がある、と原発推進派が考えているからだろう。)

大間原子力発電所の建設状況:日立GEニュークリア・エナジー株式会社
http://www.hitachi-hgne.co.jp/activities/abwr/domestic/ohma_state/index.html

田坂広志「東日本大震災 いま、あなたに何ができるのか」2011年3月23日に行った講演:
http://www.youtube.com/watch?v=UO9wZZSJd0w

福島みずほ対談1 田中優さん「原発に頼らない社会へ」:@2011/04/10
http://www.youtube.com/watch?v=KhEEwZ7xKyE
原発に出されている助成金5,000億×50年=25兆円。
原発を建てるのにかかる金額 3,000億円(推進派談)×55機=16兆5千万。
つまり、現在までの原発は電力会社ではなく私たちの税金から作られた。

Tweet from 田中優の「持続する志」

Japan nuclear disaster tops scale:CNN World @April 12, 2011
http://www.cnn.com/2011/WORLD/asiapcf/04/12/japan.nuclear.reactors/index.html?hpt=T1

福島原発事故に関する緊急アピール:福島県・宮城県の研究者、医師、弁護士ら@2011年4月15日
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tkonno/genpatsu.pdf

家庭で出来る「放射性物質」予防法:宙八の無為自然@2011年4月15日
http://macrobianchuya.blogspot.com/2011/04/blog-post_15.html

CNIC News 第255回現代史研究会 井野博満氏:2011/4/16
2011/4/16
井野博満・東大名誉教授「福島原発事故は人災」⑤【原子力は最悪のエネルギー】事故の危険性、
放射線被曝・被曝労働を排除できない。廃棄物処理の無理。【事故解説のお粗末】
【これからの技術のあり方】以上9項目。


福島第1原発事故、植物による土壌浄化に関する国内専門家の見解:スゴモリ
http://www.su-gomori.com/2011/04/phytoremediation.html/

perspective @twilog
http://twilog.org/prspctv/
日本の原子力政策には疑問がいっぱい。

perspective @twitpic
http://twitpic.com/photos/prspctv
「原発労働者 2倍近い染色体異常」という1989年の毎日新聞記事や、
「チェルノ以後、西ヨーロッパで見られたヨウ素の濃縮」、
最近削除された副読本など、貴重な画像が多い。

特集ワイド:レベル7の「原発震災」 予想された「想定外」 科学技術過信の果て:
毎日jp@2011年4月18日
http://mainichi.jp/select/science/news/20110418mog00m040025000c.html
石橋克彦・神戸大名誉教授(地震学)「ほとんどの地震学者は無関心を装い、日本列島に原発を造る
ことには口をつぐむ。最近1年ほどは正直、徒労感があった。でも、可能性があることは、
いずれ必ず起きる。こんなにも早く現実になるとは痛恨の極みです」


「命が大切」というのは正論。しかし、その犠牲になるのもここの住民なんです:
 飯舘村・菅野典雄村長(1)~(5):東洋経済@11/04/18
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/538c40ceaf8d80e1d6d39c41de9c208a/

4月18日 東電の甘い見通し 小出裕章:小出裕章(京大助教)非公式まとめ@2011年4月18日
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/04/18/tanemaki-apr18/

泊原発、7町「安全でない」30キロ圏首長アンケート 地元4町村は「安全」:北海道新聞@04/19
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/286950.html

内部を撮影 2号機蒸気漏れか:MHKニュース@4月19日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110419/t10015420051000.html

福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について:
文部科学省@平成23年4月19日
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/04/1305174.htm
児童生徒等が学校等に通える地域においては、1-20mSv/年を学校等の校舎・校庭等の利用判断
における暫定的な目安とし、今後できる限り、児童生徒等の受ける線量を減らしていくことが
適切であると考えられる。

(これは大人の場合であって、子どもたちの基準としては甘過ぎるだろう)

【原発事故】「原発推進」にも「反原発・脱原発」にも、イバラの道が待っている:
アメーバニュース<ガジェット通信@4月19日
http://news.ameba.jp/20110419-338/

〔放射能〕社民党党首がツボを突いた国会質問をおこなった模様:低気温のエクスタシーbyはなゆー
@2011年04月19日
http://alcyone.seesaa.net/article/196604887.html

ロボットが撮影した3号機の原子炉建屋:AFP-BB News@2011年04月19日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2796297/7107797

福島第1原発事故 体育館で防護服を着たまま仮眠など、復旧作業の過酷な実態明らかに:
FNNニュース@04/19
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00197758.html

【社説】原発行政 電力との癒着を断て:東京新聞@2011年4月19日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2011041902000056.html

医師が見た…原発作業員の過酷すぎる現実:ニコニコ動画@4月19日
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14206953

東電、従業員数千人削減へ…給与カットも:YOMIURI ONLINE@2011年4月20日
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110420-OYT1T00018.htm?from=tw

セシウム最高値/放射性物質また検出:My Town 岡山@asahi.com@2011年04月20日
http://mytown.asahi.com/okayama/news.php?k_id=34000001104200003

原発解体(1):NHKスペシャル@2011年4月20日
http://www.dailymotion.com/video/xhphl5_yyyy-1_tech
ドイツで作業員が防護服着てる解体現場、6μSv。今日の福島の小学校の校庭と同じ線量。
Tweet from yuko asanuma

福島のコウナゴ出荷停止 摂取制限も、基準値超え:47NEWS@2011/04/20
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042001000470.html

日本産婦人科学会への抗議文:Shing02@4/20/2011
http://e22.com/atom2/jsog.htm
日本産婦人科学会 (JSOG) 、日本産婦人科医会 (JAOG) が発表した案内文で、
妊婦に対して「100mSv以下では、被害はない」「50mSv以下なら安全」
とする不適切な基準値を発表していることに対し、ここに抗議する。


世界の人はこう考える、原発に賛成? 反対?:Business Media誠@2011/4/20
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1104/20/news052.html
東京電力の福島第1原発事故を受け、原子力発電に賛成している人はどのくらいいるのだろうか。
47カ国(日本を含む)の人に聞いたところ「賛成(やや賛成を含む)」という意見は、
震災前の57%から震災後は49%に減少、「反対(やや反対を含む)」は32%から43%に増加していることが、
日本リサーチセンターの調査で分かった。


母乳から微量の放射性物質 市民団体の独自検査:47NEWS@2011/04/20
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042001001060.html

スリーマイル島周辺で原発事故後に発生した奇形の数々:【ネットEYE】新もりもりの「今」を読むブログ
@2011年4月20日
http://morimori5555.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/208-e38c.html

唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト
提言:鉱物燃焼発電から自然エネルギー発電へ
はじめに

東日本大震災の影響で起きた福島第一原子力発電所(以下、福島原発)事故は世界のエネルギー政策に
多大な影響を与え始めている。
EU諸国、米国、中国で原発の新規設置を見直す、あるいは一時中断している。
ドイツは原子力発電を止め、自然エネルギー発電へのシフトを加速させる方針だ。
ドイツは元々、自然エネルギー発電を積極的に拡大して来たが、福島原発事故から短時間のうちに決断
されたこの急激な政策変更はなぜなのか?ということを日本人もよく考えてみる必要がある。

ドイツが決断した理由(私の想像)

1979年、米国のスリーマイル島原発で起きた事故は対岸の火事と見ていただろうし、世界で日本と並んで
物作りと設備の運用・維持・管理については技術力と自信を持っているだろうから、それらにアバウトな
米国での事故は自分たちには関係ないと思っていたのではないだろうか?

そして1986年のチェルノブイリ原発事故が近隣のヨーロッパ諸国を恐怖に晒したことは衆知のことだが、
ドイツも比較的距離は近いから、かなりの衝撃だっただろう。
その時点で今度のような決断がなされても不思議ではない。しかし、これもロシアという国で起きたことであり、
自分たちは違うと考えていたと私は想像する。

しかし、今回の福島原発事故は、改善を続けながら物作りすることを得意とし、新幹線を5分間隔で運行できる
ような運用・維持・管理が出来る日本で起きたということで、
あの日本ですら起きてしまった事故であれば、原発の制御は人知を超えると判断したのではないかと想像する。

日本の現状

ドイツですら、原発廃止に舵を切ったのだから、ましてや地震や津波が多発する日本では、もう全ての原発は
停止して他の発電方式に変換して行こう、ということになっても当然だろうと思うが、日本では今のところ、
マスコミ各社の世論調査では、原発推進・維持という意見が、削減・廃止を上回っている。

一方、ネットでのアンケート調査では削減・廃止の方が多い。
なぜなのだろうか?

簡単に言えば、情報リテラシーの高い人は様々な情報を収集し、事態を理解しているが、そうでない人は
テレビと新聞というマスコミからの情報に頼り、それらを信じているからだと思われる。

その背景には、財界、政界、官僚・行政、学会などが一体となって原子力は安全だという啓蒙を小学生から
始めて、長年の間続けて来たことが世論形成に役立っているのだろうと思われる。
これらを仮に原子力推進母体と呼ぼう。

また、日本は自然エネルギーによる発電が世界に比べて極端に少ないのも、原子力発電のコストが一番安く、
効率的だから、小規模で出力が不安定なものは管理が面倒だから要らない、ということで、電力会社と
それらが加入する電気事業連合会、電気労連を含め原子力推進母体が自然エネルギーは発電に反対し、
圧力を掛けて来たから、世界の趨勢に反して伸びて来なかったと思われる。

各種の発電方式

旧来の発電方式は石炭火力、石油火力、天然ガス火力と鉱物資源を燃焼させてCO2と熱を大量に排出しながら
蒸気タービンを回して発電している。

原子力発電も基本的にはこれと同じで、ウランという鉱物資源を核分裂という形で燃焼させて蒸気タービン
を回している。

これらを総称して、仮に鉱物燃焼発電と呼ぼう。その特徴は大規模集中型である。
そのため、日本では発電・送電は地域独占の電力会社が行って来た。
このため、問題が発生した場合に、大規模停電が起きる可能性がある。
また、長距離送電が必要となり、送電ロスも大きくなる。
そして、大規模集中型発電の場合は特定企業の雇用だけに留まり、日本全体の、また地域の経済活性化に
貢献するか?というと必ずしもそうではない。

これらとは別に、古くからある水力発電と近年の風力、地熱、太陽光、太陽熱、潮力などの自然エネルギー
を利用する発電方法がある。更に、空気を電子と陽子に分解すれば発電できるということで、空気発電も
超伝導材料の活用と共に研究されていると聞く。

従来の水力発電は大規模だが、最近は、昔あった村の水車のように、小川で落差があるところに発電機を
設置する小規模水力発電も注目されている。

これらを総称して自然エネルギー発電と呼ぼう。循環型発電と言う場合が多いようだが、動力源を循環利用
しているわけではなく、無尽蔵のエネルギーを利用していると私は考えている。これらは大規模化もあるが、
基本的には小規模分散型が適しており、それらをスマート・グリッドで統合・制御するのが最新の発電・送電
技術である。
これらの場合、小規模分散型で数が多いから、地域に根ざした新たな雇用を生み出すことが期待できる。
そして、基本的には地産地消型を考えれば、長距離送電による送電ロスも減らせるだろう。

今回の東日本大震災の時に、固定電話や携帯電話が繋がらない、という問題が発生したが、インターネット
は使えたように、分散とネットワーク化により、問題を一部の地域に極小化することが可能である。

発電方式の比較

原発の推進・維持を唱えている人たちは他の発電方式と比較し、

(1)コストが安いこと、
(2)CO2を出さないので、環境に優しいクリーンな発電であること、
(3)既に相当な割合の電力需要を担っているから停止はできない、

という3点を論拠とし、他の発電方式を批判している。

他の火力発電方式はCO2を大量に排出することと、資源の枯渇という理由で、新規設置は殆どの人は考えて
いないだろう。中期的な繋ぎ目的として、石炭・石油・天然ガスによる発電を再開することはあるだろう。

さて、原発と他の発電方式とを比較した場合、見落とされているのは:

(1)そもそも安全な原発の設計が可能で、施工・運用・管理が可能か?
(2)従来のコスト計算で良いのか?
(3)地球温暖化の観点からして本当にクリーンなのか?
(4)事故が発生した場合の被災範囲と収束期間は?
(5)ウラン燃料の埋蔵量は後何年か?

ということである。

これらをもう少し詳しく掘り下げてみよう。

(1)そもそも安全な原発の設計が可能で、施工・運用・管理が可能か?

現在の原発は沸騰水型と加圧水型が主流であるが、核燃料に接する水がタービンを回すということから、
事故や故障が起きた場合に放射性物質が漏洩する確率は高い設計である。

最近の熱交換器のように、完全に2系統に分けてあれば、その確率は下げられるだろうが、今の設計では
施工面、維持管理面で、地震の多発する日本では難しいだろう。

また、原発の寿命は40年でも長すぎるが、60年などは有り得ない。これは制御系の電子部品の寿命と
供給体制から考えると、長くても30年くらいが妥当である。

(2)従来のコスト計算で良いのか?

従来の原発の発電コストは、数千億円の建設費、燃料費、運転維持管理費から計算していると思われるが、
それ以外に加算すべきものは:

(1)事故対策費
(2)事故補償費
(3)廃炉費用
(4)使用済み核燃料の処理費用
(5)保険費用
(6)普及啓蒙(安全対策)費用

などもある。

これらを合算すると、1基当たりどれくらいになるのか、見当も着かない。最大の問題は「使用済み核燃料
の処理費用」である。10万年も管理し続ける必要があると言われているわけだが、地中深くに施設を作った
として、そんなに長い期間、漏洩や温度上昇を抑えて管理することが可能か?ということが世界中で問題に
なっており、未だに明確な解決方法はない。

ましてや地震が頻発する日本にそういう場所はあるのか?ということで、それを解決せずに先送りして原発
を運転し続けていることはその解決を子孫に先送りしているということで大問題である。

又、これも指摘され始めていることだが、殆どのものは事故のリスクを回避するために保険が掛けられるが、
原発だけは事故のリスクが高すぎて、想定される事故の補償全額を保険で引き受ける会社ががないことも、
原発を稼動してはいけないもうひとつの大きな理由である。

(3)地球温暖化の観点からして本当にクリーンなのか?

原発はCO2を排出しないからクリーンだ、ということで、地球温暖化防止の観点から推進する動きがある。
しかし、核燃料を作る過程ではCO2を排出している、という話と、原子炉では相当な熱を出しており、
それを水で冷却して排水しているから、熱の面から見たら、温暖化防止に貢献しているとは言えない
という面がある。

(4)事故が発生した場合の被災範囲と収束期間は?

原発事故が起きた場合、スリーマイル島、チェルノブイリ、福島の例を見れば明らかなように、被災範囲は
原爆と同様に無差別で広いことである。また、チェルノブイリが事故から25年経った今も収束のために管理
を続け、一定区域は立ち入り禁止となっているが、福島原発の場合も最低で10年と言われているが、それは
余りにも楽観的過ぎるという見方もあり、20年以上必要かも知れないのだ。

これは他の発電方式では有り得ない広範囲と長期間の影響である

(5)ウラン燃料の埋蔵量は後何年か?

私の高校の同窓会で某社で原発事業に従事している先輩の講演を数年前に聞いた時に初めて知ったのだが、
ウラン燃料の埋蔵量は、今のままで堀り続けると数十年で無くなるのだ、ということだった。

大騒ぎをして原発を作っても、そんなものなのだ。再利用すれば永遠に使い続けることができるだろう、
という意見もあるだろうが、それは今の原発よりも、もっと危険な方式であり、今のところ、人間が制御可能
とは思えないものである。

自然エネルギー発電の課題

大規模水力発電所は古いものも多く、耐用年数が課題であろう。寿命までは稼動を続けるとして、
起伏の多い日本では、今後は小規模の水力発電を個人が設置することが可能なように法整備も必要だろう。

鉱物燃焼発電は鉱物資源が有限であること、CO2を排出して地球温暖化を促進すること、
そして原発は前述したような色々な問題があることで、こうしたものに依存し続けることは問題であり、
代替方式が必要である。

そこで自然エネルギー発電が世界中で注目され、積極的に事業展開がなされている。
昨年、2010年には自然エネルギー発電が原子力発電の量を超えたというニュースが最近伝えられた。
またコスト面でも原発よりも安くなったとういう話もある。

太陽光発電パネルは半導体技術を使っており、需要が増え、生産が増えると、コストは大幅に下がると
予想できるから、発電コストはますます下がるだろう。

風力発電も騒音を避けて、海上に浮遊する形のものが研究され実現されるということで、
原発に代わるくらいの発電量は賄えるという試算も研究者や環境省から出ているし、
米国の風力発電の総発電量は大型原発40基分を賄っているという話だ。

だから、自然エネルギー発電が鉱物燃焼発電を代替することは十分可能である。
課題としては発電量の不安定性であり、それを補うのがスマート・グリッドである。
まだ実績は少ないが世界中で検討と導入が始まっているから、その技術はどんどん進むであろう。

また、太陽光、風、水、地熱は太陽と地球が存在する限り無限であり、エネルギー源の枯渇を
心配しなくても良い、理想的なエネルギーである。

結論

自然エネルギー発電はコスト面でもこれから期待できるものであり、スマート・グリッドで制御すれば
これからの時代に合った分散型でネットワーク型の発電方式である。
小規模分散型発電は短期間に実現できるし、地域に根ざした新たな雇用を生み出す。

鉱物燃焼発電は資源の枯渇、地球温暖化を加速すること、原発のように、事故が起きた場合の影響範囲の
広さと収束までの期間の長さといったことから、今後の増設は止めた方が良いだろう。

リスクが高く、保険の引き受け手もいない原発は全て停止し、廃炉にすべきである。

その他の火力発電は自然エネルギー発電で全ての電力需要を賄える迄の間は既存設備を稼動して、
それぞれの耐用年数が来たら停止するべきである。

唐澤豊@唐澤塾(2011/4/27加筆)
福島原発関連情報ログ - その16: ~2011/4/18
福島原発関連情報ログ - その16

原発の危険性@2007/09/09
http://www.youtube.com/watch?v=3gFvgSFumog&feature=youtu.be

Photos For Press:TEPCO (東電の英語版ウェブ)
http://www.tepco.co.jp/en/news/110311/
(海外のプレス向けに詳細な写真などがある)

東京電力 発電供給設備:
http://www.tepco.co.jp/company/corp-com/annai/shiryou/suuhyou/pdf/suh03-j.pdf
(新エネルギーについては本気で取り組んでいる様子は見受けられない)

Atomkraft nach Tschernobyl und Fukushima - Keynote Tetsunari Iida:Internationales Symposium:
http://www.youtube.com/watch?v=LmqBKK8dKIY&feature=youtu.be
「チェルノブイリから25年、そしてフクシマ後の原子力」@ハインリッヒベル財団主催での
飯田哲也さんの基調講演@2011/4/13

【日本版コラム】問われる日本のエネルギー将来像(1):野尻哲也@WSJ@2011年4月15日
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_222891
【日本版コラム】問われる日本のエネルギー将来像(2):野尻哲也@WSJ@2011年4月16日
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_223331
【日本版コラム】問われる日本のエネルギー将来像(3):野尻哲也@WSJ@2011年4月17日
http://jp.wsj.com/Business-Companies/node_223534

「原子力安全委員会」専門委員会委員の武田邦彦さんの告発(驚くべき事実だ):
脱原発の日のブログ@平成23年4月16日
http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10864762035.html

福島第一原発の元女性モニターの証言:カレイドスコープ@2011.04.16
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-444.html
「福島第一原発を造ったのは、技術者ではなく、近隣の農家のおとうさん、普通のおじさんたち。
いい金になった。」


再生エネが10年に原発を逆転 米シンクタンクが報告:47NEWS@2011/04/16
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041601000183.html

再生エネが原発逆転:東京新聞@2011年4月16日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2011041602000186.html
原発が現実的で再生可能エネルギーが非現実的という「風評被害」を流すのは
財界、経産省、御用学者達です
。Tweet from 三浦孝司

福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋:東京電力@平成23年4月17日
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11041702-j.html

原発収束工程表示したが…「東電・政府 信頼できない」:MSN-産経ニュース@2011.4.17
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110417/dst11041720360037-n1.htm

河野太郎×飯田哲也トークライブ「福島後のエネルギー政策」@2011/04/17
http://live.nicovideo.jp/watch/lv46487046#2:53:42

『つくろう!脱原発社会』集会とデモ:主催;原発止めよう!東京ネットワーク@4月24日
http://twitpic.com/4jobsx

放射能はイヤン!! 愛と貧窮の大行進:アースデイあいち・LOVE&ビンボー作戦本部@4/24愛知
http://blog.earthday-aichi.net/

東京電力福島第一原発事故 関連ニュース:NHK@2011/4/17~
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/top/index.html

GE・日立・東芝・三菱重工製品 ボイコット宣言 (台湾)
http://japan.nonukesasiaforum.org/japanese/backno/no26/con11.html

広瀬隆「福島原発事故 -メディア報道のあり方-」:「ニュースの深層」朝日ニュースター
@3月17日(木)20:00~ 放送
http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/109a.htm

ローマ法王、科学技術過信戒める 復活祭前のミサで:47NEWS@2011/04/17
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041701000726.html

放射能汚染された食品の取り扱いについて:厚生労働省@平成23年3月17日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e.html
(下記のドイツ放射線防護協会の提言に比べると如何にゆるいものかが解る)

日本における放射線リスク最小化のための提言:ドイツ放射線防護協会@2011年3月20日
http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a31.pdf

東日本大震災:復興増税、賛成58% 毎日新聞世論調査@2011年4月17日
http://mainichi.jp/select/today/news/20110418k0000m040104000c.html
日本の電力の約3割を原発でまかなう現在のエネルギー政策については
「やむを得ない」が40%。「原発は減らすべきだ」(41%)と「全て廃止すべきだ」(13%)
を合わせると、54%がエネルギー政策の見直しが必要との認識を示した。


内閣の震災対応「評価しない」60% 朝日新聞世論調査@2011年4月18日
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104170326.html

工程表 予定どおり進むか未知数:NHKニュース@4月18日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110418/k10015376921000.html

放射線計測の信頼性について:産総研@2011年04月18日
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/index.html

「計数率 cpm から放射能面密度 Bq/cm2 や線量率 (µSv/h) への換算方法について」:同上
http://www.aist.go.jp/aist_j/rad-accur/pdf/case_study_1.pdf

日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果③
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

原発作業員の幹細胞保管を、大量被ばくに備え=日本人医師団:ロイター@2011年4月18日
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20661720110417

緊急出版!「もっとわかる放射能・放射線」を電子書籍で:北海道大学
科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)@2011/04/18
http://costep.hucc.hokudai.ac.jp/costep/news/article/121/

CNIC News 後藤政志氏 福島原発解説:原子力資料室@2011/04/18
http://www.ustream.tv/recorded/14116053
東京電力が発表した『福島第一原子力発電所・事故の収束に向けた道筋』について

福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解:読売新聞>Yahoo!ニュース@4月18日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000859-yom-sci

【TEPCO 福島第一原子力発電所 プラント関連パラメータ(水位・圧力・温度などのデータ)】@4/18
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/00_04181400.pdf

ああ、原発:塩爺@2011年 4月18日
http://9319.teacup.com/tokaiamananndemo/bbs/6199
ある元東電社員によると「残っているのは孫請けの派遣社員ばかりで東電社員は安全なところにいる。
会見に出てくるのは現場のことをなにも知らない連中だから、質問に答えられるハズがない。」
そうである。この無責任な現場放棄の状況は、チェルノブイリそっくりではないか。


作業員の被ばく線量、さらなる引き上げ検討:日テレNEWS24@ 2011年4月18日
http://www.news24.jp/articles/2011/04/18/06181199.html

原発「減らす・やめる」41% 朝日新聞世論調査@2011年4月18日
http://www.asahi.com/national/update/0417/TKY201104170324.html
原子力発電の利用の賛否は「賛成」50%、「反対」32%。「反対」の層でも、
原子力発電の今後について20%が「現状程度にとどめる」と答えた。
男女別では、男性で「賛成」62%、「反対」27%だったのに対し、
女性では38%対37%でほぼ並んだ。


風知草:浜岡原発を止めよ=山田孝男:毎日新聞 東京朝刊@2011年4月18日
http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/

唐澤豊@唐澤塾

福島原発関連情報ログ - その15: ~2011/4/17
福島原発関連情報ログ - その15

戦争責任者の問題:伊丹万作@『映画春秋』昭和二十一年八月号
http://homepage.mac.com/ehara_gen/jealous_gay/itami_mansaku.html
「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。
いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。」

(福島原発事故と第二次大戦とを照らし合わせて考えると、この文章は非常に興味深い)

ぼくも原発に反対です:手塚治虫
http://www.laputa-jp.com/school/teduka.html
「ぼくは原発に反対です。はっきりそう書いて下さい。
ただ、ぼくは反核であらゆる核エネルギーには反対なんだけど、核融合エネルギーには賛成なの。
核融合はまだ当分できないだろうから(笑) 」


原子力発電所の地震対策:経済産業課・山口聡@国立国会図書館 (MAR.1.2006)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/issue/0515.pdf
これまでのように、専門家が原子力発電所の安全性を国民にわかりやすく説明することにより、
理解してもらうという単一方向のコミュニケーションだけでは、国民の安心感を十分に高める
ことはできない。むしろ、技術の未知性や恐怖感などを総合的に判断する一般の人々のリスク
認知の方が、専門家による定量的なリスク評価よりも広い観点からリスクを捉えているとの
考え方もある。


発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針:原子力安全委員会決定@平成18年9月19日
http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/1/si004.pdf

太陽光発電の「不都合な真実」:日経ビジネスオンライン:小飼 弾@2009年11月05日
http://ht.ly/4AtQ8
同記事の不都合な真実を指摘しておくことにする。

ジュリスト関連記事をアップ:有斐閣
http://www.yuhikaku.co.jp/static/shinsai/jurist.html#j2
原発問題・災害対策・被害者救済・安全政策などでかつてジュリスト誌に掲載し、
今後の復興政策を考える上で参考となる記事をHP上にアップすることといたしました。


科学では駄目な人たち。:てんかん(癲癇)と生きる@2011-03-28
http://ameblo.jp/moonsun3/entry-10843847293.html
現状では、科学的な根拠に基づく説明を受け付けない人(もしくは状態)や、科学的である
というだけで不安になる人(もしくは状態)を対象とする広報を想定しなければなりません。
正しいことを正確に言いさえすればよいのではなく、いかに言うか(伝えるか)を、
これから考えていかなければならないでしょう。

(う~ん、確かにそういう人たちが結構多いのかも)

東北地方太平洋沖地震を踏まえた原子力発電所の安全確保に向けた電力総連の当面の対応について:
全国電力関連産業労働組合総連@平成23年3月31
http://www.denryokusoren.or.jp/20110331.pdf
(従来の路線を継承するような表明のみである)

「雨に放射性物質は入っていない」長崎大教授福島県アドバイザーの安全宣伝に異議あり:
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)@2011/04/07
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/04/post-1587.html

放射線は人体にどう影響するか、放射線による健康被害とは何か:東洋経済@11/04/08
http://www.toyokeizai.net/life/living/detail/AC/e1fd2de63a620224af47b36794ca511a/page/1/

「福島の惨劇は私たちのものでもある 」仏Slate.fr 3月15日付記事全訳:Genpatsu@ 4月10,2011
http://genpatsu.wordpress.com/2011/04/10/fukushima-notre-slate/

福島みずほ対談1 田中優さん「原発に頼らない社会へ」:社民党@YOUTUBE@2011/04/10
http://www.youtube.com/user/shaminparty#p/u/2/KhEEwZ7xKyE

福島には原発が必要だった:夢の中ではうまく歌える@2011-04-11
http://d.hatena.ne.jp/ayua/20110411/1302526954
もちろん、こんな結末が待っていると知っていたら誰も受け入れなかったでしょう。
でも、分からなかった。
福島には原発が必要だったんです。
40年前から、あの日あの時までは。
・・・・・
原発は必要だった。
でも、もういらない。

原発はもういらない。


Map of the Damage From the Japanese Earthquake:New York Times
http://www.nytimes.com/packages/flash/newsgraphics/2011/0311-japan-earthquake-map/
(死者・行方不明者、建物損壊、放射線被曝量などが地図上に描かれている)

小出裕章助教(京大原子炉実験所)@岩上安身オフィシャルサイト@2011年4月11日
http://iwakamiyasumi.com/archives/8211

大島堅一立命館大教授 @岩上安身オフィシャルサイト@2011年4月11日
http://iwakamiyasumi.com/archives/8207

「レベル7は過大評価だ」ロシア専門家:nikkansports.com@2011年4月12日
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110412-760410.html

【オピニオン】福島原発事故の長期的影響:デービッド・ブレナー@WSJ@2011年4月12日
http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_220875

防災拠点で太陽光発電 「エネルギー政策の構想」知事会見:中日新聞@2011年4月12日
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110412/CK2011041202000146.html

福島第1原発:事故賠償補償料足りず 差額、国民負担に:毎日jp @2011年4月13日
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110413k0000m040150000c.html

福島レベル7「最悪」評価はおかしい チェルノブイリとは全く違う:MSN-産経ニュース@2011年4月13日
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110413k0000m040150000c.html

福島原発事故・レベル7の報に接した方の懸念:minazoko@Togetter@2011 4/13
http://togetter.com/li/123195

原発沖 基準2倍超の放射性ヨウ素:NHKニュース@4月13日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110413/k10015274851000.html

余震10年続く恐れ指摘 米地質調査所の研究者:MSN-産経ニュース@2011.4.13
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110413/amr11041301260000-n1.htm
(もし、そうだとすると、復興もかなり困難なものになるだろうし、日々の生活も地震に怯えながら
ということになる。また日本中の原発は停止しないと、福島と同じことになりかねないだろう。)

原発に頼らない安心できる社会へ: 城 南 信 用 金 庫
http://www.jsbank.co.jp/topic/pdf/genpatu.pdf

千葉県における降下物(塵、雨水等)の核種分析結果(平成23年4月分)
http://www.pref.chiba.lg.jp/taiki/h23touhoku/houshasen/list-kekka-dropping1104.html
(雨が降ると、放射性物質がかなり増えている。そして土壌に浸み込んでいるわけだ。)

「原子力からシフトを」 自然エネルギー、50年までに100%に:asahi.com@2011年4月13日
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201104130114.html

河野太郎氏、東電は「札びらでメディアの横っ面を張り倒している」:ニコニコニュース@4月13日
http://news.nicovideo.jp/watch/nw52118

発送電分離に関する田中辰雄准教授の整理:Togetter@2011 4/13
http://togetter.com/li/123385

東芝やパナソニックが家庭用蓄電池 夏の節電向け:日本経済新聞@2011/4/14

「原発必要神話」を打ち崩す-田中優、小出裕章@Peace Philosophy Centre@ April 13, 2011
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/blog-post_13.html

「原発」は「原爆」だったのかもしれない - 鈴木耕@2011年04月13日
http://news.livedoor.com/article/detail/5487742/

福島原発 3度目の水素爆発の危険性 推進派からも「政府は無策」と批判の声:週間朝日
@niftyニュース@2011年4月14日
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20110414-01/2.htm

JAMSTEC福島沖海洋シミュレーションの結果:勝川俊雄 公式サイト@2011-04-14
http://katukawa.com/?p=4247

子供は年間10ミリSvを目安に~安全委:日テレNEWS24@2011年4月14日
http://news24.jp/articles/2011/04/14/07180899.html
(これでは多すぎではないか?)

原発推進方針を強調=事故「謝罪するつもりない」-与謝野経財相:時事ドットコム@2011/04/15
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011041500293

自家発電設備増設に補助金 工場など対象、経産省方針:asahi.com@2011年4月15日
http://www.asahi.com/business/update/0414/TKY201104140491.html
これまでの「クールビズ」以上の軽装となる「節電ビズ」の計画もあたためている。
経産省内ではTシャツに短パンでの勤務なども議論の対象になっている。


社説:震災後 地震国の原発 政策の大転換を図れ:毎日新聞@2011年4月15日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110415k0000m070174000c.html
(毎日新聞がマスコミのトップを切って政策大転換を提言したことは賞賛に値する)

「高リスクの原発を即停止すべき」石橋神戸大名誉教授インタビュー:4月15日付 Le Monde:
フランスからのニュース@14/04/2011
http://www.francemedianews.com/article-71748690.html
「日本には55の原子炉が存在しますが、どうすれば良いのでしょう?」
–間違いは認めなければなりません。原子炉は操業30年を過ぎたら停止すべきです。
もしそうしていれば、福島の事故は起きていなかったでしょう。
さらに、地震史と建設地域を考慮に入れ基準を見直す必要があります。
日本のエネルギー政策は「戦後」のように再考されなければなりません。


心からの叫び!元原発技術者菊地洋一さん中部電力靜岡支店で訴えた:gomizeromirai2@2011/04/15
http://www.youtube.com/watch?v=gNWVljrvl3o&feature=share
(GE型原発の実態を語る貴重な証言ビデオは必見!)

社説:震災後「低エネ」社会 日本モデルは可能だ:毎日新聞@2011年4月16日
http://mainichi.jp/select/opinion/editorial/news/20110416k0000m070168000c.html
ルービン氏は「自然は何かを私たちに語りかけているのではないか」と言う。
「何か」とは「もっとエネルギーを」という人間のあくことなき欲望への警告である。

私たちはエネルギーへの激しい渇望に突き動かされて、自然への畏怖(いふ)を忘れ、
いつの間にか自然の許容限度を踏み外してしまったのかもしれない。


福島第一原発、作業員の健康状態を30年調査へ:YOMIURI ONLINE@2011年4月16日
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110416-OYT1T00423.htm?from=tw

水素爆発「考慮必要なし」 福島原発2報告書:東京新聞@2011年4月17日
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041790070407.html

福島原発事故 原子炉強度に欠陥 開発の元技術者35年前に指摘:西日本新聞@2011年4月17日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/237443

原子力災害専門家グループについて:首相官邸災害対策ページ:
http://www.kantei.go.jp/saigai/senmonka.html
(原発推進者ばかり?)

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その14: ~2011/4/12
福島原発関連情報ログ - その14

IAEAの原発等の事故のスケール INES 0-7(英語):
http://www.iaea.org/Publications/Factsheets/English/ines.pdf

IAEAの事故スケール判定基準を書いたINESユーザーマニュアル2008年版(英語):
http://www-pub.iaea.org/MTCD/publications/PDF/INES-2009_web.pdf

ドイツの電力輸出入量:Germany: Import and Export of Electricity (2007):
http://rwecom.online-report.eu/factbook/en/marketdata/electricity/grid/germanyimportandexportofelectricity.html

太陽光発電のコスト激減 10年で火力並みに 米エネルギー長官:MSN-産経ニュース@2011.3.31
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/amr11033110520005-n1.htm

後藤政志が語る、福島原発事故と安全性:
http://gotomasashi.blogspot.com/
(元原子炉格納容器設計技師、博士(工学)、後藤政志さんのブログ)

年間の被曝限度量、引き上げを検討 原子力安全委:asahi.com @2011年4月5日
http://www.asahi.com/national/update/0405/TKY201104050616.html
放射線量の高い地域の住民の年間被曝(ひばく)限度量について、
現在の1ミリシーベルトから20ミリシーベルトに引き上げるべきか検討を始めた。

(これって、おかしいだろう!基準値上げないと国の補償額が増えるから変えるのか?)

3.11後の原子力・エネルギー政策の方向性:飯田哲也・環境エネルギー政策研究所所長:
サイエンス・メディア・センター@2011年4月8日
http://smc-japan.org/?p=1657

日本人初のノーベル賞受賞者、湯川秀樹さんが昭和23年に書いた詩文「原子と人間」:
昭和23年(1948年)に出版した『原子と人間』より:ITMedia / Smilemedia @2011/04/10
http://blogs.itmedia.co.jp/ten/2011/04/23-b3f3.html

汚染水放出は「国際犯罪」チェルノブイリ関係者らが批判:MSN-産経ニュース@2011.4.11
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110411/erp11041122330008-n1.htm

原子力工学研究者からのメッセージ:nuclear20110311 @2011年4月11日
http://sites.google.com/site/nuclear20110311/
(9人の東京大学大学院工学系研究科教授によるメッセージと事故分析で、冷却系統の詳しい図がある)

東芝が廃炉の工程提案=福島第1原発、10年計画で〔福島原発〕:時事ドットコム@2011/04/11
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011041101079

福島第1原発:政府、レベル7検討…最も深刻:毎日jp@2011年4月12日
http://mainichi.jp/select/today/news/20110412k0000m040162000c.html?inb=ra
内閣府の原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故について、発生当初から数時間、
1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ。1テラベクレルは1兆ベクレル)
の放射性物質を放出していたとの見解を示した。


Japan to raise Fukushima crisis level to worst:NHK WORLD English @April 12, 2011
http://www3.nhk.or.jp/daily/english/12_05.html

原発作業員、体内被曝量「わからない」 検査求める声:asahi.com @2011年4月12日
http://www.asahi.com/national/update/0411/TKY201104110626.html

【水野解説・最悪の評価"レベル7"とは?】:NHK「かぶん」ブログ@2011年04月12日
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/78196.html

東電の悪夢 問われる原発の合理性 吹き飛んだ2兆7千億円弱:産業部編集委員 安西巧
@日本経済新聞@4/12/2011
原発1基あたりの建設費は4~5000億円で初期投資は火力の1.5倍。原発建設には地元対策
として巨額の支援事業など見えないコストがあるほか、事故・トラブルが余りに多すぎる。
今回の事故は最大10兆~11兆円という補償額。
事故さえなければ原発にはまだ合理性が…という議論も揺らいでいる。

(こんな、誰でもわかる総コスト計算を未だに四の五の言う原発推進派やそれを信じる
半数以上の一般大衆が居るということは私にはとても信じられない!)

柏崎刈羽原発:県が災害対策見直しへ、19日に会議 知事「福島事故と乖離」/新潟:毎日jp
@2011年4月12日
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20110412ddlk15040016000c.html

茨城県沖のコウナゴ、再び基準超える放射性ヨウ素:asahi.com @2011年4月12日
http://www.asahi.com/national/update/0412/TKY201104120349.html

東電から「福島原発」分離=公的資金で清算会社-政府・民主案:時事ドットコム@2011/04/12
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011041200942

福島原発「完全解体に30年」日立が廃炉計画提案:日本経済新聞@2011/4/12

International Nuclear and Radiological Event Scale (INES) - 12 April 2011
http://www.slideshare.net/iaea/international-nuclear-and-radiological-event-scale-ines-12-april-2011

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その13: ~2011/4/11
福島原発関連情報ログ - その13

原子力教育を考える会:
http://www.nuketext.org/index.html
(不安を解消することに主眼がおかれているために、原子力の持つ根本的な問題点についての
 充分な記述がなされていない)

脱原発系イベントカレンダー:
http://datugeninfo.web.fc2.com/

福井・敦賀市長:「もんじゅ」下請けが"献金" パーティー券購入@2010/03/03
http://www.youtube.com/watch?v=I6ewzehFiOo

高 速 増 殖 原 型 炉 も ん じ ゅ「燃料交換片付け作業中における炉内中継装置の落下について」:
日本原子力研究開発機構@平成22年10月20
http://www.meti.go.jp/committee/summary/0003809/027_04_00.pdf

不都合な真実:現在の自然エネルギー技術の力。原発なくても大丈夫 田中優さん【動画】:
まいごのブログ@2011-03-20
http://ameblo.jp/maigodai/entry-10836032620.html

福島原発以上に危険性のある高速増殖炉もんじゅで今起きていること:shiba_yu36@2011-03-29
http://d.hatena.ne.jp/shiba_yu36/20110329/1301399251

3 月 28 日と 29 日にかけて飯舘村周辺において実施した放射線サーベイ活動の暫定報告:
飯舘村周辺放射能汚染調査チーム@2011年4月4日
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/iitatereport11-4-4.pdf
(今中哲二、京都大学原子炉実験を代表とするチームによる調査報告書。なかなか素晴らしい)

風力発電フル稼動、被災地支える 三谷商事、地震耐え無傷:福井新聞@2011年4月7日
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/27405.html

原発 小さい疑問 なぜ、原発近くの野菜は買ってはいけないのか?:武田邦彦・中部大学@平成23年4月9日
http://takedanet.com/2011/04/post_b463.html

できるぞ!エネルギーシフト 自然エネルギー革命の時代へ:
NPO法人環境エネルギー政策研究所所長・飯田哲也さん@2010年7月22日:
えこ&ぴーす アクティオ@4月 9th, 2011
http://actio.gr.jp/2011/04/09111104.html

「最悪のシナリオからより軽微な被害まで、あらゆる状況が起こりうる」
独ツァイト・オンライン誌3月18日付記事全訳:Genpatsu 福島原発事故に関する海外メディア報道
@4月 9, 2011
http://genpatsu.wordpress.com/2011/04/09/scenario-zeit/?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

仏TV「日本人はバラエティー番組見て笑い転げてる場合か?」:ayarinz@2011/04/10
http://ayarin841.blog100.fc2.com/blog-entry-263.html

原子力発電という欠陥技術:Rails で行こう!@2011-04-10
http://d.hatena.ne.jp/elm200/20110410/1302423511
4月10日に東京では少なくとも2カ所で反原発デモが行われた。一つは芝公園、もう一つは高円寺で。
私はこれら2つの集会に駆け足で参加してきた。


小出助教インタビュー:kazuto@10th April 2011
http://www.twitlonger.com/show/9otd1g

太陽光発電住宅の普及が加速 計画停電などで節電意識高まる:SankeiBiz@2011.4.11
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110411/bsc1104110558001-n1.htm

福島・飯舘産シイタケから基準26倍セシウム:asahi.com@2011年4月11日
http://www.asahi.com/national/update/0411/TKY201104100330.html?ref=rss

4.10 高円寺・原発やめろデモ!!!!!!【報告】
http://410nonuke.tumblr.com/tagged/%7C%20after%20410

放射線量高い飯館村は全員避難へ 1カ月内めど、政府要請:47NEWS@2011/4/11
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011041101000394.html

米原発業界を守るオバマ大統領の事情:水野 博泰@日経ビジネスONLINE@2011年4月11日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110407/219354/

校庭活動に放射線基準…文科省、福島県に提示へ:YOMIURI ONLINE@2011年4月10日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110409-OYT1T00912.htm
(基準は、児童生徒の年間被曝許容量を20ミリ・シーベルトって、高すぎだろう!)

福島みずほ対談2 飯田哲也さん「中央集権から地方分権型へ」@2011年4月11日
http://www.youtube.com/user/shaminparty#p/u/0/57R64qe1nwI

唐澤豊@唐澤塾

福島原発関連情報ログ - その12: ~2011/4/8
福島原発関連情報ログ - その12

日本原子力産業協会(JAIF)会員名簿:
http://www.jaif.or.jp/ja/organization/kyokai/member_list.html

気候変動と原子力発電:マイケル・シュナイダー@ WWF 温暖化防止キャンペー@2000年4月4日
http://www.wwf.or.jp/activities/lib/pdf/rc2.pdf

上関原発建設計画意見書:日本弁護士連合会@2002(平成14)年5月10日
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/2002_13.html

原発 津波で冷却不能も:吉井議員が質問 衆院予算委員会分科会@2006年3月1日
http://www.youtube.com/watch?v=aP5fAGhDYk8&feature=share

あわやメルトダウン、福島第一原発2号機電源喪失水位低下:風のたよりーいわき市議会議員 佐藤かずよし
@2010年 06月 19日
http://skazuyoshi.exblog.jp/12828796/
(1年前に事故があり、今回のような事故が起きる前兆であった可能性がある!)

東京電力(株)福島第一原子力発電所2号機の原子炉自動停止に関する調査結果を踏まえた
リレー誤動作の周知について(注意喚起):原子力安全・保安院 原子力発電検査課@平成22年7月6日
http://www.meti.go.jp/press/20100706003/20100706003.html
(東電は保安院には「電源切替え用補助リレーに作業員が接触した等、何らかの機械的な力が
補助リレーに加わり、誤動作したため」と報告しているが真偽は定かではない)

Jガバメントonツイナビ(自治体アカウントまとめ 経産省との共同展開サイト)
http://twinavi.jp/gov

平成23年東北地方太平洋沖地震による被害状況即報: 福島県災害対策本部
http://www.pref.fukushima.jp/j/index.htm
(環境放射能測定結果・検査結果関連情報、飲料水測定結果・検査結果関連情報、小中学校等モニタリング、
 各市町村の土壌測定結果、などがある)

東日本大震災・復興関連情報をまとめたツイナビ復興サポートサイト『#HOPEFORNIPPON』@2011-03-15
http://twinavi.jp/news/detail/12459

日本、原子力発電不足分補う石油火力発電の余剰ある=IEA:ロイター @2011年 03月 15日
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20049520110315

原子力発電に関連する記事一覧:科学@岩波書店 @3月16日
http://www.iwanami.co.jp/kagaku/

地震による風車への影響は、ありませんでした。:日本風力発電協会@2011/03/16
http://log.jwpa.jp/content/0000289192.html
国内407発電所、1,742基、2,303,928kW の風力発電所は
地震の影響により運転が不可能になった風力発電設備は、ありませんでした。

(原発推進派はこういう情報を無視している)

東日本大震災:福島原発事故とブラックスワン:ビールを飲みながら考えてみた…@2011年03月17日
http://blog.goo.ne.jp/mailtotaro/e/66bc7bf740ee01ecef72855dd187eba7
一度、暴走したときに人間の英知ではコントロールできないものには「手をださない」
という選択も考慮しなければならないのだろう


【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』:虹のカヤック隊@2011/03/20
http://ameblo.jp/nijinokayaker/entry-10838706537.html

福島原発 ~ 内部告発:@2011/03/26
http://www.youtube.com/watch?v=615dGpVdOco&feature=share

タイマーズから浜田省吾まで、反原発ソングを集めてみた:ビールを飲みながら考えてみた…
@2011年03月27日
http://blog.goo.ne.jp/mailtotaro/e/c9d9731541386498cdfc963f6d46b159
科学的な思考法、合理的な思考法からすれば、それに安全率をかけることくらいがせいぜいで、
結局、どこまで対応すれば安全になるかは語ることができない。不可知の領域は残ることになる。

それを僅かな「リスク」だとして許容できる範囲を、今回の震災~原発事故では超えただろう。
起きてしまった後の影響があまりに大きすぎる。

足りない電力をどのように補うか(何によって代替し、どのように需要をセーブするか)を議論する方が、
よほど妥当な気がするのだ


汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実 1~5:5年前のNHKスペシャル @2011/03/29
http://www.youtube.com/watch?v=Fgx1mcUgHnA
原発から200~400Km離れた町でも(距離ではなく風向き!離れてるからといって安全ではない!)
低放射線量(←ヨウ素、セシウム)でも長期に浴びれば(外部被曝+内部被曝)ガン、白血病になる。


原発関連団体は「天下り」の巣窟だった:日刊ゲンダイ@niftyニュース@2011年3月29日
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-000141119/1.htm

妊娠中の方、小さなお子さんをもっお母さんの放射線へのご心配にお答えします。:
厚生労働省@2011年4月1日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014hcd-img/2r98520000014hdu.pdf
(厚生労働省が作成したパンフだが、数値や基準値がなく、ひたすら「特別なご心配はいりません」、
「安全です」、「安心してください」といった言葉だけを並べたもの)

チェルノブイリ救援・中部の河田昌東氏インタビュー1/2(110402)
http://www.youtube.com/watch?v=Xn0WAJPUv9c

<孫正義>原発問題について熱く語る:@2011/04/03
http://www.youtube.com/watch?v=cqiqkr9JKsE
ソフトバンク孫正義社長が反原発寄りの発言。経済界の要人がこのような発言をすることは
今後大きな意味を持つかもしれません。
2011年04月03日(日)「田原総一朗×孫正義対談~東日本大震災について~」より
左から田中三彦、後藤政志、孫正義


映画 「東京原発」 (03 日/公開0403) 予告編:2008/02/01作成
http://www.youtube.com/watch?v=4FGYy03d3Ko&feature=related&hd=1

上原元佐賀大学長 原子炉冷却方法を国に提案:佐賀新聞 @2011年04月05日
http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1865228.article.html
放射性物質の影響をできるだけ避けるために原子炉から離れた場所に熱交換器を設置し、
海水を使って冷やす構想。伊万里市のメーカーで熱交換器1基が待機状態に入っている。


新神戸電機 夜間に蓄電、日中給電できる電力貯蔵システム事業を強化:環境ビジネス @2011/04/05
http://www.kankyo-business.jp/news2011/20110405a.html

福島第一原発 情報隠しは許されない:東京新聞 @2011年4月6日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2011040602000070.html
「直ちに人体に影響がない」などと語るよりも、正直な数字こそ、安心できる尺度になる。

福島第一原子力発電所事故とエネルギー政策への影響:戒能 一成@経済産業研究所@2011年4月6日
http://www.rieti.go.jp/jp/special/special_report/044.html
今回の事故は他の原子力発電所で防げるか?
筆者はこれ迄述べたように原子力発電所の設備面や運用・管理面での事実関係を比較整理
した結果から見て、「非常用発電機の浸水対策など地震・津波対策の設備投資を惜しまず、
相応の修繕費支出などにより事故時の応急対応能力や被害局限能力を涵養強化していたならば、
今回の事故は回避や大幅な被害局限ができた可能性が高い」と考えている


なぜ太陽光発電か - 書評に代えて - 知っておきたい太陽電池の基礎知識:小飼 弾 @2011年04月06日
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51663839.html
太陽光発電にとっての2011年は、インターネットにとっての1995年になるのではないか。

【オピニオン】福島の事故でも原発は死なず:リチャード・K・レスター@WSJ@2011年 4月 6日
http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_217342

ずっとウソだった:社長ブログ Love & Peace & Money @2011年4月7日
http://shachoublog.net/nyu-su/zuttousodattanndaze.html
(話題になっている、斉藤和義「ずっとウソだった」 youtube動画と歌詞 が掲載されている)

本社ビル照明を全面LED化、東急ファシリティサービス:Nikkei BPnet @2011/04/07
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20110405/546818/
蛍光灯などの照明を使っていた前年と比べて、年間で約60%の消費電力削減ができると見込んでいる。

特集ワイド:東日本大震災 福島第1原発事故 「原子力村」というところ:毎日jp @2011年4月7日
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110407dde012040011000c.html

【コラム】筆洗:東京新聞 @2011年4月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2011040702000024.html
殺人や汚職事件の取材にかける百分の一の労力を、政局の取材に使う百分の一の知恵を、
プロ野球や五輪、サッカーのワールドカップの取材に向ける百分の一の情熱を、国の原発政策の監視に
注いでいれば、この人災は防げたのではないか、と
・・・・・
マスメディアとして、原発の「安全神話」をつくることに加担した責任を自らの手で問い直さなくてはならない。


福島第1原発:「賠償は国が対応を」…経団連会長:毎日jp @2011年4月7日
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110408k0000m020123000c.html

佐々木俊尚の震災キュレーション (4月8日朝刊)
https://www.facebook.com/note.php?created&¬e_id=207283059301782&id=153481388015283

<福島第1原発>「燃料棒除去の着手まで10年」東電顧問:毎日新聞/YAHOO!ニュース @4月8日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110408-00000009-mai-soci
・原子炉内が「冷温停止」と呼ばれる安定な状態になるまでには数カ月かかる
・燃料の回収装置を新たに開発し、燃料回収を始めるまでに10年はかかる


日本からの放射能、「韓国では過剰に反応、休校が相次ぐ」―豪紙:Searchina @ 2011/04/08
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0408&f=national_0408_074.shtml

原発30キロ圏外に高汚染地点 3カ月後も最大400倍:asahi.com @2011年4月8日
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104070577.html

原発事故で日本に制裁を=北朝鮮:時事ドットコム@2011/04/08
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040801030

計画停電で注目されるスマートグリッド:岸本 善一@NikkeiBPnet @2011/04/08
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20110405/359095/?ST=system&P=1

緊急会議 飯田哲也×小林武史 (2) 「なぜ原子力を選んだのか?」:エコレゾ ウェブ@2011.04.08
http://www.eco-reso.jp/feature/love_checkenergy/20110408_5008.php

福島原発関連情報ログ - その11: ~2011/4/7
福島原発関連情報ログ - その11

クロスオーバー研究シンポジウム「放射性物質の環境移行研究の新たな展開」報告集:
1998年11月26日-27日、理化学研究所、和光市
http://www.iaea.org/inis/collection/NCLCollectionStore/_Public/30/031/30031654.pdf

日本とフランスの核人脈:原子力エネルギー問題に関する情報@2010年09月30日
http://blog.goo.ne.jp/kimidoriaoi/e/55706cb98b2ef8b3abbe5ace7d4c873a

出来るだけ早く逃げなさい!:英語日本語ニュース@2011年03月26日
http://eigonihongonews.blog110.fc2.com/blog-entry-291.html
チェルノブイリのクリーンアップ任務の生き残りの日本へのメッセージ『出来るだけ早く逃げなさい。』

東電に天下り年収1860万円の元原発官僚 ただいま雲隠れ中:NEWSポストセブン@2011.04.06
http://www.news-postseven.com/archives/20110406_16750.html

英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事故Q&Aの日本語訳(Part 1~4):Starting Small@April 6, 2011
http://yokofurukawa.wordpress.com/2011/04/06/英語圏の総合科学誌「ネイチャー」の福島原発事/

【プロット更新 仙台市青葉区の放射線量】 2011/04/6 まで。田村さん@東北大の測定。:
http://plixi.com/p/90105005

ボネール島、島国の新エネルギー:ナショナルジオグラフィック ニュース@April 6, 2011
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011040605&expand#title
南米ベネズエラの80キロ沖にあるボネール島では、2004年に島唯一の発電所が全焼した。
復旧に際してはグリーン技術を導入して、電力基盤を構築し直す決断を下す。
カリブ海から沿岸部に吹き付ける強風がエネルギー源に選ばれた。
風力発電のエネルギーシェアは50%にまで達した。


東日本大震災に係るインターネット上の流言飛語への適切な対応に関する電気通信事業者関係団体
に対する要請:総務省@平成23年4月6日
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban08_01000023.html

原発作業員の幹細胞採取は本当に必要ないのか:谷口修一、虎の門病院血液科@JMM@2011年4月7日
http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/report/report22_2352.html

土壌検査で高い値のセシウム:NHKニュース@4月7日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110407/k10015147571000.html

放射能汚染を巡る日本人の誤解と政府の説明責任
~チェルノブイリの惨状を知る被曝治療の権威ロバート・ゲイル博士に聞く~:
DIAMOND online @2011年4月6日
http://diamond.jp/articles/-/11772

ソフトバンク社長・孫正義氏、原発政策の決定に「国民投票」を提案:ニコニコニュース@4月6日
http://news.nicovideo.jp/watch/nw49532

Amid nuclear crisis, Japan’s Tepco planned new reactors: Washington Post@Wednesday, April 6
http://www.washingtonpost.com/world/amid-nuclear-crisis-japans-tepco-planned-new-reactors/2011/04/05/AFtBbfkC_story.html
(東電が7号機、8号機を建設しようという計画を報じている)

官邸HP「ベント」開始時間を書き換え:スポーツ報知@2011年4月7日
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110407-OHT1T00034.htm

政府の25%電力削減案に反対=米倉経団連会長:WSJ@2011年 4月 7日
http://jp.wsj.com/Japan/Companies/node_217932
米倉会長は「東電は甘かったか」との質問に対し、「甘かったということは絶対にない。
要するにあれは国の安全基準というのがあって、それに基づき設計されているはずだ。
恐らく、それよりも何十倍の安全ファクターを入れてやっている」と述べた。
その上で社員2人が死亡するなど東電も犠牲者であるとの認識を示した。


頑張れとか復興とかって、多分、今言うことじゃない。:はてな匿名ダイアリー@2011-04-07
http://anond.hatelabo.jp/20110407001402
(原発事故とは直接関係なく、大震災・大津波に被災した福島の兄と東京の弟の電話によるやりとりで
 何と言ってよいか言葉もない。皆さん是非ご一読を!)

スリーマイルより極めて深刻 国連委員会、福島の事故で:47NEWS@2011/04/07
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040701000136.html

心のストレス、敵は「根拠ない恐怖心」 米が放射能被害ケア「日本語版」:MSN-産経ニュース@2011.4.7
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110407/amr11040708560001-n1.htm

物議も醸している中部電力のCM:
http://channel.pandora.tv/channel/video.ptv?ch_userid=murakamim&prgid=41771016&categid=33930122&page=1

地震被害情報(第79報)(4月7日15時30分現在)及び現地モニタリング情報:経済産業省
http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110407006/20110407006.html

福島原発炉心溶融事故と放射能汚染:世界第817号@岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2011/05/115.html

放射性廃棄物の現実と向き合わなければならない:Nikkei BPnet @2011年4月7日
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110406/106290/

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その10: ~2011/4/6
福島原発関連情報ログ - その10

福島第一原子力発電所6号機の点検停止について:東京電力株式会社 @平成15年4月14日
http://www.tepco.co.jp/cc/press/03041401-j.html  
これにより、当社の保有する原子力発電プラント17基(合計1730.8万キロワット)全てが
停止することとなります。

(東電は2003年に原発を全て止めたが電力供給の問題は無かったことになる)

第8回原子力安全委員会:平成23年2月7日
http://www.nsc.go.jp/anzen/shidai/genan2011/genan008/siryo5.pdf
関村 直人、東京大学大学院工学系研究科副研究科長、原子力国際専攻 教授を主査として
10名の高経年化技術評価WG委員が40年目を迎える福島第一原子力発電所1号炉を、
高経年化対策実施ガイドラインへ適合するものと判断し、東京電力㈱から申請のあった
福島第一原子力発電所1号炉長期保守管理方針(保安規定)について、
原子炉規制法第37条第1項に基づく認可を行った。

ドイツ、「核の時代」終焉へ-再生エネルギーに変遷:INTERNATIONAL BUSINESS TIMES @2011年3月24日
http://jp.ibtimes.com/articles/16479/20110324/240596.htm

福島第一原発に保険がかかっていないという話について調べてみた:とある技術屋の戯言 @2011年03月30日
http://www.sonorilo.net/2011/03/30/2798

福島原発危機 現場ジャーナリストが伝える「生々しい証言」:コラムニュースマガジンT24 
@2011年3月31日
http://t24.in/2011/03/post-410.html

福島第一原発事故:小出裕章 2011.4.4
http://www.youtube.com/watch?v=lKO-Y8C0RqA

1号機で部分的、断続的な臨界の可能性:原発事故を考えてみる― 政府の不審な行動を警戒して:
Arnie Gundersenビデオの和訳@2011-04-04
http://iphonia.exblog.jp/14547525/

「日本の大手メディアと欧米メディア、プルトニウム報道の“温度差”(週刊・上杉隆」:晴耕雨読@2011/4/6
http://sun.ap.teacup.com/souun/4347.html

IAEAからの要請と当庁が作成した資料一覧:気象庁:
http://www.jma.go.jp/jma/kokusai/eer_list.html

福島第一原子力発電所から検出された放射性物質等の核種分析結果について:経済産業省
@平成23年4月5日
http://www.meti.go.jp/press/2011/04/20110405007/20110405007-1.pdf


日本における放射線リスク最小化のための提言:ドイツ放射線防護協会 @2011年3月20日
@2011/4/5日本語訳
http://icbuw-hiroshima.org/wp-content/uploads/2011/04/322838a309529f3382702b3a6c5441a32.pdf

そのとき、記者は......逃げた:Newsweek @2011年04月05日
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2011/04/post-2039.php

日本が隣接国への通知なしに、放射能汚染水を海上投棄―韓国:サーチナ/YAHOO!ニュース@ 4月5日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000027-scn-kr

【福島原発】再臨界してるんじゃないのか!?:小出裕章 @2011/04/05
http://www.youtube.com/watch?v=hiK0dXsENkY&NR=1

日本の電源開発と原発の将来:「死刑廃止と死刑存置の考察」HP管理人@2011/4/5
http://togetter.com/li/120299

京大原子炉・小出裕章「再臨界の可能性」全文聞き起こし(たねまきジャーナル・MBS毎日放送ラジオ)
@2011 年 4 月 06 日
http://www.asyura2.com/11/genpatu8/msg/632

30キロ圏外の飯舘村一部は避難を 研究者「被曝限度1日で超す例」:MSN-産経ニュース@2011.4.6
http://sankei.jp.msn.com/science/news/110406/scn11040612130003-n1.htm

福島第1原発2号機ピットからの漏水に含まれる放射性物質は一日で許容量の9600年分?!:
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)@ 2011-04-05
http://blog.goo.ne.jp/tokyodo-2005/e/72ff843573af33f961e320eefc51b008

日本気象庁による放射性物質拡散予測のアニメーション:
http://atmc.jp/jma/

東電に対する全漁連の抗議文 @平成23年4月5日
http://twitpic.com/4hfsu7

仏、8割が原発依存低下望む=日本の事故受け―世論調査:時事通信/YAHOO!ニュース@4月6日
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000032-jij-int

★福島原発事故・長期化の深刻:田中宇の国際ニュース解説@2011年4月6日
http://tanakanews.com/110406fukushima.htm

上原春男氏共同インタビュー 主催:自由報道協会 @2011/04/06
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45748912
福島第一原子力発電所・3号機の設計者でプレート式冷却装置の開発者でもある上原春男・元佐賀大学学長
への共同インタビューを自由報道協会主催で行ないます。
上原氏は政府と東京電力でつくる事故対策統合連絡本部の会議にも出席。冷却対策を提案しています。


これだけ深刻な被害が出つつ、何故日本では原子発電の在り方に広範囲な議論がない。
4日読売「GE会長、経済産業相と会談。”長年に安全性を保って操業”と発言」
6日WSJ「日立(会長)日本は原子力発電止めれない」等現状維持発言報道続く。
代替の有無、危険性今こそ考える時でないか
 Tweet from 孫崎 享@2011年4月6日

GE会長、原発事故収拾へ技術協力の姿勢:YOMIURI ONLINE @2011年4月4日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404-OYT1T00780.htm

「原発事業は継続」 日立製作所の中西宏明社長の一問一答:MSN-産経ニュース@2011.4.6
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110406/biz11040618580038-n1.htm

原発推進識者16人緊急提言「実はそのまま見過ごすというのもだんだんできなくなってきまして」:
pfj_blog @2011年04月06日
http://blog.livedoor.jp/pfj_blog/archives/50613110.html

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その9: ~2011/4/5
福島原発関連情報ログ - その9

環境基本法 第十三条:最終改正:平成二〇年六月一八日
放射性物質による大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染の防止のための措置については、
原子力基本法 (昭和三十年法律第百八十六号)その他の関係法律で定めるところによる。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H05/H05HO091.html
このために、環境省は放射能が環境に与える影響について、一切語っていませんね?
低レベル放射能汚染水の海への廃棄などに対して、もっと発言すべきでは?
 Tweet from 飯田哲也

浜岡原発の危険を語る。1~5: kakuhaizetsu @2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=DHblqE6vGeI&feature=youtu.be
未だに浜岡原発停止命令を出せない政府の、救いがたい鈍感。
中部電力は休止火力が500万kW以上もあり電力供給は余裕です
。 Tweet from 飯田哲也

海を渡ったサムライ 朝河貫一 日本に警鐘を鳴らした真の国際人:BS朝日 @2010年4月4日
http://www.bs-asahi.co.jp/asakawa/
戦前、日本人初の米国大学教授となった朝河貫一は1873年、福島県二本松市(旧二本松藩)
に生まれた。戦争に突入する日本人を、
「事情がよく知らされていない日本では罪のない忠実な一般の人民が最も気の毒であります。
日本人は愚かな指図や悪い指揮にも簡単に従ってしまう傾向があります。」
と評したそうだ。
故郷福島県の現状を知ったら、何と言うだろうか?

クリーンエネルギー投資が30%増、10年で6倍増の注目分野:ファスニングジャーナル @2011/03/31
http://www.nejinews.co.jp/news/business/archive/eid3742.html

太陽光発電の余剰電力買い取り価格、4月から非住宅用で値上げ:日本経済新聞 @2011/3/31

炉心溶融してしまった福島原発の現状と今後:大前研一:Nikkei BP net @2011年04月04日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110404/265766/

放射性物質の拡散予測、気象庁に公開を指示:YOMIURI ONLINE @2011年4月4日
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110404-OYT1T01078.htm

本州東方沖における本日の潮・海流予測情報:フォーキャスト・オーシャン・プラス
http://www.forecastocean.com/j/index.html

原発 緊急情報(47)汚染・6日に日本全土に拡がる怖れ:武田邦彦・中部大 @平成23年4月4日
http://takedanet.com/2011/04/47_afa2.html

民生用エレクトロニクス、ゴールドマン証は「日本の太陽光発電市場は国内企業の寡占状態が続く」と指摘:
MORNINGSTAR @ 2011/04/04
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=456293

東電の火力発電所増強計画、環境アセス法の適用外に:日経新聞 @2011/4/5

福島県漁連 東京電力に抗議文:NHKニュース @4月5日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110405/k10015101861000.html

周辺の土壌汚染は史上最悪か、日本政府の対応遅れが致命的に―米紙:MSN-産経ニュース 
@2011年4月5日
http://topics.jp.msn.com/wadai/searchina/article.aspx?articleid=550007

トピックス:福島原発事故:ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
http://jp.wsj.com/Japan/node_216000
東京電力福島第1原子力発電所は、3月11日の大地震と津波で炉心冷却機能が停止して以来、
水素爆発による原子炉建屋の崩壊や高濃度の放射能漏れなど、深刻な状況が続いている。
事故の大きさはすでに1979年の米スリーマイル島原発事故(国際原子力事象評価尺度で
「レベル5」)に並んだが、事態の収束はまだ見えていない。関係者による証言や海外の動向など、
これまでのWSJ報道をまとめた。

(ということで、3月11日からの関連情報がまとめられている。)

3.11 後の原子力・エネルギー政策の方向性~二度と悲劇を繰り返さないための6戦略~:
環境エネルギー政策研究所 @ 2011年4月5日
http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_StrategyNo2.pdf

福島第1原発事故 2号機取水口付近の海に流れる水から国の排出基準の1億倍のヨウ素131:
FNNニュース@04/05
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196691.html

僕が『ミツバチの羽音と地球の回転』を観なかった理由:古田雄介のブログ@2011年04月05日
http://ysk-furuta.seesaa.net/article/194262302.html
山口県の島に持ち上がった原発建設計画を巡る、28年来の住民による反対運動を追ったドキュメンタリー映画
を観に行った話で、典型的な原発反対運動家とデータを示さない映画監督についての感想が書かれている。

これからの「放射能」の話をしよう:日経ビジネス:伊東 乾@2011年4月5日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110404/219288/?P=1
テレビで天気予報を見ることに、あらゆる人は「慣れ」ています。でも、どれだけ慣れても、
明日は雨だと言われれば傘を準備するでしょうし、雪だと言われればスノータイヤを装着するとか、
適切な対処の方法を考えるでしょう。
こうした判断能力、あまり見慣れないカタカナ語では「情報リテラシー」などと呼ばれることが
ありますが、この判断する力を限られた数の「専門家」だけでなく、だれも持っている必要がある
と思うわけです。
お天気の判断や交通ルールなどと同様、万人が知っておくべき「核リテラシー」つまり
「1億人の放射線常識」というべきものがあると私は思います。


セシウムの「環境的半減期は180~320年」:WIRED VISION @2011年4月 5日
http://wiredvision.jp/news/201104/2011040521.html
1986年に史上最悪の事故を起こしたチェルノブイリ原子力発電所は、期せずして、
放射能の影響を研究する格好の実験場となった。事故から20年以上たった現在でも、
現場には驚きが隠されている。
[放射性の]セシウム137の半減期(物質が元の量の半分まで崩壊するのにかかる期間)は約30年だが、
チェルノブイリ付近の土壌に含まれるセシウムの量は、およそそんなペースでは減少していなかった。


日本全国の原発の最新情報:
http://genpatsu.net/

【図更新:IAEA 4/5 発表スライドの和訳】福島原発1-6号機の状態を赤黄緑で色分け表示:
http://plixi.com/p/89813376

[連載]世界新エネルギー地図 第1回:ドイツ:欧州最大の消費国 再生可能化を推進:みずほ情報総研
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2010/nikkeiecology11.html
[連載]世界新エネルギー地図 第2回:英国:世界最大の洋上風力発電国 化石燃料依存はピーク超す
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2011/nikkeiecology12.html
[連載]世界新エネルギー地図 第3回:デンマーク:再生可能エネルギー先進国 化石燃料消費ゼロを目指す
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2011/nikkeiecology01.html
[連載]世界新エネルギー地図 第4回:スペイン:風力発電は世界第4位 財政状況が今後を左右
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2011/nikkeiecology02.html
[連載]世界新エネルギー地図 第5回:イタリア:化石燃料は全面的に輸入依存 支援政策で太陽光発電が急進
http://www.mizuho-ir.co.jp/publication/contribution/2011/nikkeiecology03.html

「ゲンパツ」を作り出す「原子力村」の力学とは??:飯田哲也、開沼博、武田徹 @2011/04/05
http://live.nicovideo.jp/watch/lv45223746

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その8@2011/4/4
福島原発関連情報ログ - その8

答辞:気仙沼市立階上(はしかみ)中学校 卒業生代表 梶原裕太さん @2011/03/23
http://www.youtube.com/watch?v=KgxcHcGq7Xg&feature=related
『天が与えた試練というにはむごすぎるものでした。つらくて悔しくてたまりません。
しかし苦境にあっても、天を恨まず運命に耐え助け合って行きて行く事が
これからの私たちの使命です。』

(立派な中学生だ。涙なくしては見られないが、こういう若者たちがいれば大丈夫だろう。)

原子炉は、あなたのすぐ隣にある!:純丘曜彰@INSIGHT NOW! @2011年4月3日
http://www.insightnow.jp/article/6444
(都内や大阪など、身近にある実験用原子炉は廃炉になっていても問題があるという指摘。
 例えば、川崎市麻生区王禅寺の山の上に、武蔵工業大学(現東京都市大学)と、
 日立の実験炉。東大阪市小若江の近畿大学の実験炉、横須賀市長坂にある立教大学の実験炉、
 泉南郡熊取町朝代西にある京都大学の実験炉、川崎市川崎区浮島町にある東芝原子力技術研究所
 の実験炉などだが、皆さんご存知だろうか?私は知らなかった。)

【福島第1原発事故】「カネの切れ目が縁の切れ目」 ”御用学者”らが豪快なちゃぶ台返し:
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ @2011年04月03日
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/9290b1e39d35444e987d736a64f84371

「無計画停電」から「戦略的エネルギーシフト」:環境エネルギー政策研究 Ver.1 2011年4月4日
http://www.isep.or.jp/images/press/ISEP_Strategy110404.pdf

福島第1原発:東電、ベント着手遅れ 首相「おれが話す」:毎日jp @2011年4月4日
http://mainichi.jp/select/today/news/20110404k0000m010149000c.html

東電、原発危機乗り切きれる財務力が焦点に:WSJ @2011年 4月 4日
http://jp.wsj.com/Japan/Companies/node_215640

汚染水拡散防止にフェンス 福島第1原発事故:47NEWS @2011/04/04
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040401000103.html
(こんな馬鹿なこともやったんだという記録のために)

海外分析 政府発表より緻密:MSN-産経ニュース @2011.4.4
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110404/dst11040406590003-n1.htm

福島原発事故についての緊急建言:Peace Philosophy Centre @4月4日
http://peacephilosophy.blogspot.com/p/blog-page_31.html
特に懸念されることは、溶融炉心が時間とともに、圧力容器を溶かし、格納容器に移り、
さらに格納容器の放射能の閉じ込め機能を破壊することや、圧力容器内で生成された
大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染
の可能性を排除できないことである。

(16人の原子力関係の専門家による緊急提言)

「電源喪失で容器破損」東電報告書検討せず:YOMIURI ONLINE @2011年4月4日
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110404-OYT1T00076.htm

魚の暫定基準値 早急に検討へ:NHKニュース @4月4日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110404/k10015097061000.html

魚介類についてのご質問と回答:水産庁 ~4月8日更新~
http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/
セシウムは、カリウム(野菜や果物に多く含まれる)と同じように、魚の口から入り、
えらや尿から出て行きます。このため、たとえ放射性セシウムが魚の体内に入っても蓄積しません。
放射性ヨウ素については、半減期が短く(8日間)、魚への蓄積や魚を通じた人体への移行の程度が
小さいため、暫定規制値が示されていませんでしたが、茨城県北部のイカナゴから
相当程度検出されたことから、厚生労働省は、野菜類と同じく2,000Bq/kgとしたところです

(う~ん、信じていいのかどうか?)

原発 緊急情報(48) なぜ、1ミリシーベルトが妥当か?:武田邦彦(中部大)@平成23年4月4日
http://takedanet.com/2011/04/481_ecc3.html
今、福島市で行われていること、学問的に言えば「人体実験」ということができます。

放射能汚染水、海洋生態系への影響は?:National Geographic News @ April 4, 2011
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110404001&expand#title
海には自然の回復力があるが「大量の放射性物質の流出による海洋生態系への影響はこれまでほとんど
研究されていない」


気象庁が放射性物質の拡散予測 国内では公表せず:asahi.com @2011年4月4日
http://www.asahi.com/national/update/0404/TKY201104040357.html

福島第1原発:GE会長、支援表明…反原発世論抑える狙い:毎日jp @2011年4月4日
http://mainichi.jp/select/today/news/20110405k0000m020094000c.html?inb=tw
(海江田大臣は政府として今回の原発事故についてGEには製造元の責任(損害賠償を含む)
を問うべき立場で、本来なら苦言を呈すべきところを、握手しているのは如何なものか?)

【何やってんだ!!無知と無責任体質の呆れた官僚・政府】:小川和久 @2011年04月04日
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14060086

エネルギー基本計画改訂を1年前倒し策定:MSN-産経ニュース @2011.4.4
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110404/plc11040420390016-n1.htm

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その7 @ ~ 20011/4/3
福島原発関連情報ログ - その7

原子力機構、公金でOB法人“丸抱え”天下り268人、随意契約170億円:イザ!@2010/06/19
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/405375/

前エネ庁長官、東電顧問へ「天下り」退官から4カ月余:asahi.com @2011年1月5日
http://www.asahi.com/politics/update/0104/TKY201101040397.html

福島第一原発周辺の風向きマップ:国立情報学研究所、北本 朝展:
http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/weather/gpv/wind/

放射線量モニターデータまとめページ:約50人の有志によって運営中:
https://sites.google.com/site/radmonitor311/home#11

放射線と私たちの健康との関係」講演会:山下俊一・高村昇 @2011年3月21日
http://ameblo.jp/kaiken-matome/entry-10839525483.html
放射線の影響は、実はニコニコ笑ってる人には来ません。クヨクヨしてる人に来ます。
これは明確な動物実験でわかっています。酒飲みの方が幸か不幸か、放射線の影響少ないんですね。
決して飲めということではありませんよ。

ーーー 長崎大学大学院医歯薬学科薬学総合研究科長 山下俊一
(本当にそうなのか?動物がニコニコしてるか、クヨクヨしてるかなんて解る?)

福島第一原発関連の高精細写真:CRYPTOME @2011/3/24~
http://cryptome.org/eyeball/daiichi-npp/daiichi-photos.htm

東日本大震災で考えること・・・一人の在独邦人として:
オペラ歌手小森輝彦の公式サイト「テューリンゲンの森から」 @2011年3月28日
http://www.teru.de/h/2011/03/post-810.html
「報道で言われている様に、日本人は真実を知らされていないから落ち着いているんだ」と思い、
僕らに真心のこもった警告をする人も増えてきた。


エンジニアから見た原発:Life is beautiful @2011.04.01
エンジニアの眼から見て「今の原発は危険すぎる」というのが私の導き出した結論である。
http://satoshi.blogs.com/life/2011/04/architect.html

Coverage of Japanese citizens''stoic’response to tragedy both accurate, stereotypical
Tom Huang:Poynter. @Apr. 1, 2011
(悲惨な災害に日本国民がストイックだと伝えているのは正しくもあり、紋切型でもあるとの評)

福島原発1~3号機「圧力容器」損傷濃厚 「5重の壁」すべて破損:MSN-産経ニュース @2011.4.1
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110401/dst11040107480012-n1.htm

原発震災からエネルギーシフトへ:飯田哲也、高野研一、水野誠一 @11/04/02
http://www.ustream.tv/recorded/13717781

放射線:1日星条旗新聞:須賀米国海軍病院は非公式に5才以下の子供に離日を勧告、
また2才以下は離日すべしと親に助言。3才児持つ親に病院から離日勧告あり。
但し理由につき説明がなく親は不満。一部の説明は「放射線の長期的影響が不明」)
米軍、児童への長期的影響を真剣に懸念
:Tweet from 孫崎 享 @2011年4月2日

【放射能漏れ】中国、海沿い原発の審査見送り:SankeiBiz @2011.4.2
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110402/mcb1104021937018-n1.htm

福島第1原発、一部炉心は損傷=米エネルギー長官:WSJ @2011年 4月 2日
http://jp.wsj.com/Japan/node_215139

飯田哲也:祝島の激突にみる電力会社の非合理と民主党の失敗:ビデオニュース・ドットコム
@2011年4月2日
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20110402-01-0901.html

原発萌えな私ですら、原発はオワコンと言わざるを得ない理由:
404 Blog Not Found @2011年04月02日
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51662363.html
オワコン=終わったコンストラクション
原発は最も廉価な発電方法:ニュースの社会科学的な裏側 @2011年3月23日:への反論で、
エンジニアから見た原発:に近く、事例や数字で裏づけている

米専門部隊「シーバーフ」が来日 原発対応で日米試行錯誤:MSN-産経ニュース @2011.4.2
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110403/plc11040300000000-n1.htm

高分子素材で止水へ…コンクリ注入効果なし:YOMIURI ONLINE @2011年4月2日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110402-OYT1T00899.htm?from=tw

原発事故、国内の経験総動員を…専門家らが提言:YOMIURI ONLINE @2011年4月2日
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110401-OYT1T00801.htm

“コーンウォールと香港の放射線量は原発事故の恐怖に包まれる東京を上回っている”
米ブルームバーグ記事全訳 4月1日付 @4月 3, 2011
http://genpatsu.wordpress.com/2011/04/03/cornwall-hongkong-tokyo/

2011年3月12日より福島第一原子炉から放出された放射能雲大気中拡散シミュレーション:仏IRSN
http://www.irsn.fr/EN/news/Documents/irsn-simulation-dispersion-jp.pdf

東京電力の改革のために重要なこと、重要でないこと:アゴラ @2011年04月03日
http://agora-web.jp/archives/1297150.html
(東京電力が提出した供給計画に福島第一原発7号機、8号機の増設が盛り込まれていた件の考察)

【放射能漏れ】「造血幹細胞採取は不要」と原子力安全委 作業員の命より政治的配慮か:
SankleiBiz @2011.4.3
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110403/mca1104030131001-n1.htm
復旧作業員の大量被(ひ)曝(ばく)に備えた自家造血幹細胞の事前採取について、
内閣府の原子力安全委員会が「不要」と判断していたことが2日、わかった。


福島県原子力センター:環境放射線推移グラフ:
http://www.atom-moc.pref.fukushima.jp/dynamic/graph_top.html
(3月11日以降、測定結果を出してない)

今いかにしてチェルノブイリに学ぶことができるのかーガーディアン論説記事紹介:
ロンドンから学者難民のつぶやき 小野昌弘のブログ @2011年04月03日
http://masahirono.seesaa.net/article/193901894.html?1301760086
原子力がどれほど政治的な問題であるのか、国連も中立ではないこと、チェルノブイリの現実、
それが国際世論から隠されている現状、原子力における環境主義者の役割などが簡潔に描かれています。


事故前、炉心溶融「考え得る」 安全・保安院長が答弁:47NEWS @2011/04/03
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040301000577.html

福島第1原発:独立の第三者検証機関設置 官房長官が方針:毎日jp @2011年4月3日
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110404k0000m010027000c.html

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その6 @2011/4/2
福島原発関連情報ログ - その6

「福島に必要なのは石棺ではない」チェルノブイリ汚染除去責任者:MSN-産経ニュース @2011.4.1
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110401/erp11040120350010-n1.htm

原発廃止派に知って欲しい新エネルギーの話:はてな匿名ダイアリー @20110401
http://anond.hatelabo.jp/20110401075853
(一見すると、中立的で冷静な感じだが、原発肯定派だろう。こういう論調に一般人は騙される
のではないかと思われる)

福島第一原発、その欠陥が指摘される: サイモン・ブラッドレー, swissinfo.ch @2011-04-01
http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=29904250
核の番人と言われる、国際原子力機関 ( IAEA ) の元副事務局長でスイス人のブルーノ・ペイヨ氏は、
福島第一原発が過去に指摘された欠陥をまったく改善していなかったことに怒りを覚えるという。


「解決法突き詰めず、申し訳ない」=原発推進めぐり元安全委員長:時事ドットコム@2011/04/01
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040101241

米新論文:「意図しない再臨界」が起こっているのか。:Peace Philosophy Centre @ April 01, 2011
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/04/is-unintended-recricality-ocurring.html

既に存在していた原発の代替案。その名は「GENESIS計画」:もとまか日記Z @2011/04/02
http://d.hatena.ne.jp/moto_maka/20110402/1301690333

GENESYS計画と高温超伝導直流ケーブル:SEIテクニカルレビュー @2008年1月
http://www.sei.co.jp/tr/pdf/special/sei10522.pdf

東電事故がアメリカの「核拡散防止戦略」を変えていく可能性とは?:冷泉彰彦 @2011-04-02
http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/report/report3_2348.html

原発解体~世界の現場は警告する~(1/3):NHKスペシャル(2009年10月11日放送)
http://www.dailymotion.com/video/xhphl5_yyyy-1_tech
原発解体~世界の現場は警告する~(2/3):NHKスペシャル(2009年10月11日放送)
http://www.dailymotion.com/video/xhptpl_yyyy-2_tech
原発解体~世界の現場は警告する~(3/3):NHKスペシャル(2009年10月11日放送)
http://www.dailymotion.com/video/xhptqj_yyyy-3_tech

牧野の公開用日誌:
http://grape.mtk.nao.ac.jp/pub/people/makino/journal/journal.html
もう年単位で汚染は減らない、 また風と雨によっては増える
(東大卒の東工大修士?博士?の日記で、地震・原発関係リンクもあるが、原発ではなく
宇宙工学が専門?)
(東大の柏キャンパスでも放射線量を測定しているようで、我が家から近いので、これから参照したいと
 思うが、本郷や駒場に比べると高いのが気になる。)

http://www2.u-tokyo.ac.jp/erc/

ロイターの原発に関する世論調査「エネルギー基本計画は2030年まで14基以上の原発増設」:
今回の事故を受けあなたの望む政策は?計画通り23%、減らす29%、全廃48% @2011/4/9」
http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/japanquake

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その5 @2011/3/31 - 2011/4/2
福島原発関連情報-その5@@2011/3/31 - 2011/4/2(敬称略)

東日本大震災の気分的総括について:切込隊長BLOG@2011.03.31
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2011/03/post-5680.html

日本の原発危機の教訓 ― 世界は原子力から離脱すべきか、いなか:フォーリン・アフェアーズ リポート
@2011/3
http://www.foreignaffairsj.co.jp/essay/201104/Nuclear_Dilemma

長期なら健康被害も=飯舘村の放射性物質-枝野長官:時事ドットコム@2011/03/31
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2011033100394

[事故]なぜ女川原発は無事だった 津波の高さは福島と同程度:弁護士落合洋司の「日々是好日」
@2011-03-31
http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20110331#1301545312

福島原発、収拾に数カ月も 放射性物質拡散で作業難航:日本経済新聞@3月31日

日本原燃社長「プルサーマルは必要」強調:MSN 産経ニュース@2011.3.3
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110331/trd11033113250011-n1.htm

ドイツ気象庁のHPにある「日本の放射能拡散予報」
(UTCなので日本時間はこれに+9時間)

第2の正念場を迎えた福島原発事故:田中 宇@2011年3月31日
http://tanakanews.com/110331japan.htm

焦点:出口見えない福島原発危機、解決には数十年か:ロイター@2011年 03月 31日
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20365420110331

チェルノブイリ:封印の苦闘:WIRED VISION@2011年3月31日
http://wiredvision.jp/news/201103/2011033121.html

福島原発30~45キロ3地点、年間許容量超す:YOMIURI ONLINE@2011年3月31日
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110331-OYT1T00833.htm

ECOAの放射性物質除去能力について:寺岡精工@2011年3月31日
http://www.teraokaseiko.com/news/topics/11_3_30/index.html
(同社の逆浸透膜濾過方式の浄水装置(スーパーの浄水サービスで見かける装置)で、
放射性物質を100%除去できたという調査結果)

放射線に関する政府の規制-信じて良いのか悪いのか:WSJ@2011/3/31
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/03/31/

【安全・保安院 原発状況図解更新】
http://www.nisa.meti.go.jp/earthquake/plant.pdf

福島第1原発、お粗末きわまりない防災対策 米紙報道:AFP BB News@2011年03月31日
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2793520/7024878

原発危機へ総力結集を:水野倫之解説委員@NHKかぶんブログ@2011年03月31日
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/100/76611.html

東電、甘すぎた危機対応策:WSJ@2011年 3月 31日
http://jp.wsj.com/Japan/Companies/node_213703

節電のため企業は必ずしも土日休みの必要なし、と大前研一氏:NEWSポストセブン@2011.04.01
http://www.news-postseven.com/archives/20110401_16405.html

最大180人、線量計持たずに作業 福島第一原発:朝日新聞@2011年4月1日
http://www.asahi.com/national/update/0401/TKY201103310668.html

福島第一原発 内部に残された作業員4人「衝撃の告白」その時、何が!:現代ビジネス@2011年04月01日
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2350

日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果:財団法人日本分析センタ@平成23年4月1日
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/nodo.pdf

米新論文:「意図しない再臨界」が起こっているのか:Peace Philosophy Center@April 01, 2011
http://peacephilosophy.blogspot.com/
1号機のタービン建屋の溜まり水に、塩素38という短命の放射性核種があることにはあまり関心が注がれて
いない。
計測された塩素38の濃度は、自発的な核分裂が唯一の原因であるどころか、主要な原因でさえない可能性が
高いということを示唆する。


日本分析センター測定結果:子核の半減期と崩壊図など:Tweet from ryugo hayano @2011年4月2日
http://plixi.com/p/88703246

福島第一原発30km圏における被ばく:team nakagawa@2011年 04月 02日
http://tnakagawa.exblog.jp/15158073/

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その4 @2011/3/30
福島原発関連情報-その4@2011/3/30(敬称略)

反原発と推進派、二項対立が生んだ巨大リスク:武田徹@日経ビジネス@2011年3月30日
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20110328/219175/?rt=nocnt

東電の安全管理に疑問投げかけ 孫請け作業員が証言:47NEWS@2011/03/30
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033001000035.html

日本の原発をナマケよう!:ナマケモノ倶楽部@2011年3月30日

福島原発の「廃炉」を求める有志の会:
http://fukushimahairo.web.fc2.com/

浜岡原発を止めよう:
http://www.plumfield9905.jp/hamaoka/form/form.php

上関原発建設計画中止:
http://www.antinuke.net/kaminoseki/#

!!緊急署名!!伊方原発を止めよう:
http://genpatsu-sayonara.net/?page_id=2

福島原発放水口でヨウ素濃度上昇 法定限度の3355倍:47NEWS@2011/03/30
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033001000422.html

グリーンピース記者会見@03/29/11
http://www.ustream.tv/recorded/13654029
飯舘村は8~10マイクロ/H。100時間で1年の許容量を超えてしまう。福島市内は1~5マイクロシーベルト/H。
局所的には10時間で1年分の許容量に達してしまう。Tweet from 中野裕之


「大前研一ライブ」:
東日本巨大地震 福島原発半径20km以内の住民に避難指示2011/03/14
http://www.youtube.com/watch?v=U8VHmiM8-AQ&feature=related
福島原発事故1@2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=Z9E4bAQVEfc&feature=related
福島原発事故2@2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=zgAWdy-xOgg&feature=related
福島原発事故3@2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=L895WD6DJ0Q&feature=related
福島原発事故4@2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=e0vddXDqh2A&feature=related
福島原発事故5@2011/03/15
http://www.youtube.com/watch?v=LhWe0uryAEA&feature=related
最悪のシナリオ・メルトダウンしたらどうなる?@2011/03/26
http://www.youtube.com/watch?v=Xcy-gKvQkm8&feature=related
福島第一原発 現状と今後とるべき対応策@2011/03/27
http://www.youtube.com/watch?v=5mBlngPiaSY
福島第一原発 現状と今後とるべき対応策2@2011/03/28
http://www.youtube.com/watch?v=E3x--UfBGrc&feature=related
福島第一原発 現状と今後とるべき対応策3@2011/03/28
http://www.youtube.com/watch?v=rDX4IpIW2Q4&feature=related
福島第一原発 現状と今後とるべき対応策4@2011/03/28
http://www.youtube.com/watch?v=NQmGygD5VCo&feature=related
福島第一原発 現状と今後とるべき対応策5@2011/03/28
http://www.youtube.com/watch?v=jiukLK466bA&feature=related
日本経済メルトダウンの危機!大前研一 家計と個人消費の現状@ 2011/03/29
http://www.youtube.com/watch?v=vDtbsQXrqAE

経産省、全国の原子力発電所に対し1カ月以内に緊急安全対策を講じるよう指示:FNNニュース@03/30
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196305.html

保守派の私が原発に反対してきた理由:中島岳志@2011-3-30
http://www.magazine9.jp/hacham/110330/

特別リポート:地に落ちた安全神話─福島原発危機はなぜ起きたか:ロイター@2011年 03月 30日
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20331720110330
(ロイター取材陣による渾身の力作。必読!)

島根・上関原発の今後 「安全」の抜本見直しを:中国新聞@'11/3/30
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh201103300117.html
中国電力の山下隆社長はおとといの記者会見で「(原発の)建設計画を進める方針に変わりはない」と述べた。

脱原子力と自然エネルギーへの政策転換を求めて菅総理に:福島みずほのどきどき日記@2011 / 03 / 30
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-1782.html#more

福島2号、核燃料が炉外漏出か 英紙で専門家指摘:47NEWS@2011/03/30
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011033001000913.html

岩波書店『世界』2011年1月号特集に飯田哲也の寄稿した「新政権の環境エネルギー政策はなぜ逆噴射したか」
をPDFにて公開@11/03/30
http://www.isep.or.jp/images/press/sekai20110330iida.pdf

低線量率放射線効果の驚くべき健康増進力 ,持病も治る福島県産の農水産物:日本の素晴らしい歴史
@2011/3/30
http://blogs.yahoo.co.jp/mozugoe/2968845.html
放射線医学の専門家であり世界的な権威、稲 恭宏(いな、やすひろ)先生が、講演発表されました。
先生は、放射線治療の長年の研究から、低線量率放射線療法を開発され、実験により証明されたことを元に
発表されています。

ということだが、本当か???

唐澤豊@唐澤塾
福島原発関連情報ログ - その3 @2011/3/29 - 20011/4/2
福島原発関連情報のログ、その3(敬称略)

「無知の知 ・6MCs REVAMP」:STOP ROKKASHO:
kakumakushaka、shing02、hisomi-tnp、mouthpeace、eleven、meiso
http://kakumakushaka.com/bonus/Muchi_No_Chi_6MC_Revamp.html
(六ヶ所村核燃料再処理工場の放射能汚染に反対する歌だが福島原発の現状にも響く歌詞。
是非一読一聴を!)

放射能で首都圏消滅 ~誰も知らない震災対策~:食品と暮らしの安全基金+古長谷 稔:三五館
http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-350-5.html

地震学者の証言①―「浜岡原発は止めるべきです」
「(浜岡のように)巨大地震の発生が最も懸念されているところに原発を設置するのは、世界の常識からすれば
異常です」と元・地震予知連会長の茂木静夫博士。

地震学者の証言②―「地震学的に見ると、いろいろ疑問点がある」
「放射能と震度7の大地震が重なって、住民は避難や救出ができるのか。……各分野の研究者が集まって、
”原発震災’の詳しいシナリオを分析して欲しい」と石橋克彦神戸大教授。


チェルノブイリ事故から14年の現地を訪ねて:渡辺美紀子@『原子力資料情報室通信』312号(2000年5月30日発行)
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/chertour/tushin312.html

土木学会 原子力土木委員会 津波評価部会 第4回 議事@:平成 16 年 6 月 22
http://www.jsce.or.jp/committee/ceofnp/Tsunami/tnm_16_4.pdf

「わが国の米、小麦および土壌における90Srと137Cs濃度の長期モニタリングと変動解析:農環研報
@平成17年9月20日
http://rms1.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/JASI/pdf/JASI/72-4549.pdf

火山に関する知識・情報の伝達と普及 -減災の視点でみた現状と課題-:小山真人、
静岡大学教育学部総合科学教室@2005年
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/onlinepaper/K2005b.html#31
「パニックを恐れて情報を隠蔽することは、社会的増幅を防ぐことにはつながらない。
むしろ、情報を伝えることによってパニックが防げる」


「放射線と健康」:アーネスト・スターングラス博士@2006年
http://fujiwaratoshikazu.com/2011disaster/

玄海原子力周辺で白血病が多い:こんにちは浦田関夫です@2009年09月15日
http://blog.goo.ne.jp/kmjcp/e/93b088957884693635f5faf568a9d0ed

浜岡原発の危険を語る 1/5~5/5:kakuhaizetsu @2009/09/20
http://www.youtube.com/watch?v=DHblqE6vGeI

今だからみんなで考えたいこと。:いしだ壱成@2011-03-04
http://ameblo.jp/isseiishida/entry-10819818986.html
(いしだ壱成さんによる衝撃的かつ先見的なブログの内容が各方面からの話題を呼んでいる。
福島原発の事故が起こる前書いていることが凄い。是非一読を!)

Dancing Buildings in Japan:LiveLeak@3/11/2011
http://www.liveleak.com/view?i=29a_1301215412
(新宿の高層ビル群が揺れている東日本大震災直後の映像)

3/18京大原子炉ゼミ1「もうやめよう、原子力ほんとうに」小出裕章1/2@2011/03/18
http://www.youtube.com/watch?v=a6sVZA1wMRU&feature=related

東大病院放射線治療チームが安全デマを流すので、このページを読んでバランスして下さい。:
埼玉医大元患者の会
http://www.saikan.jp/nakagawa_uso/1#3

【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』@2011/03/21
http://www.youtube.com/watch?v=4gFxKiOGSDk

兵站と局所合理性について:内田樹の研究室@2011年03月24日
http://blog.tatsuru.com/2011/03/24_1029.php
今度の震災と原発事故は、私たちが忘れていたこの列島の「本質的な危うさ」を露呈した。
だから、私はこれは近代史で三度目の、「日本人が賢くふるまうようになる機会」ではないかと思っている


福島第一原発40周年迎える 海水に濃い放射能はどこから?:Astand@2011年03月27日
http://astand.asahi.com/magazine/judiciary/articles/2011032700003.html?iref=chumoku
3月26日、東京電力は事態にどう対処したのか。東京都千代田区内幸町の東京電力本店から報告する。

【中略】

最後に、しんぶん赤旗の女性記者が質問する。質問は二つに分かれている。

 「津波に関しては想定外であったと繰り返し述べておられますが、電源がすべて失われた場合にどうするのか
というのが国会で質問されています。それを想定しなかったのはなぜなのか?ということが一つ」
 「現状、最悪の場合をどのように想定されて、どのような対策を講じていらっしゃるのか、そのあたりのこと
をお聞きしたいんですが」

 これに対して、武藤副社長は、津波に関するこれまでの答弁を繰り返す。

【後略】


原子力監督機関と電力会社は一心同体:WSJ@2011年 3月 28日
http://jp.wsj.com/Japan/node_211377

「暫定規制値」とは:team nakagawa@2011年 03月 29日
http://tnakagawa.exblog.jp/15130051/
WHOの規制値とICRPの緊急時の基準(OILs)と日本の基準値の関係がわかります。

飯田哲也 tetsu iida@ISEP@2011年3月29日
http://www.tweetdeck.com/twitter/iidatetsunari/~E9C1Y

本日夕方の官房長官会見から。復興ビジョンについて「太陽光であるとか、バイオであるとか、
いわゆるクリーンエネルギーを強化していく。今回の震災の被害を乗り越えて、未来に向けて希望の持てる
ビジョンを描いていく1つとして、そのクリーンエネルギーをさらに強力に推進していくということが
1つの大きな柱になりうるのではないかと。こういう検討をしている


資料1:「放射性物質に関する緊急とりまとめ」【議論を踏まえた最終版】:食品安全委員会@2011(平成23)年3月29日
http://www.fsc.go.jp/fsciis/meetingMaterial/show/kai20110329sfc

福島第1原発:汚染水対応 班目氏、「知識持ち合わせず」:毎日JP@2011年3月29日
http://mainichi.jp/select/science/news/20110329k0000m040183000c.html

深刻度6 スリーマイルの14万倍 米研究所「日本の公式見解は幻想」:スポニチ@2011年3月29日
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/29/kiji/K20110329000523950.html

原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差:石弘之@日経BP@2011年3月29日
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20110328/106232/

唐澤豊@唐澤塾

福島原発関連情報ログ - その2 @2011/3/26 - 20011/3/28
福島原発の事故に関連する情報の第二ログ;(敬称略)

原子力資料情報室:
http://cnic.jp/modules/news/article.php?storyid=1056

関東各地の放射能値の可視化:micro sievert
http://microsievert.net/

女川原子力発電所における津波に対する安全評価と防災対策:東北電力株式会社 松本 康
http://www.jnes.go.jp/content/000015486.pdf
(東電より津波対策について、良く検討されている?)

『2002年福島県エネルギー政策検討会』あなたはどう考えますか?~日本のエネルギー政策~:
福島県エネルギー政策検討会会長 福島県知事 佐藤栄佐久@平成14年12月
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/energy_021200torimatome_book.pdf
(佐藤栄佐久前福島県知事が自ら取りまとめたもので「ブルドーザーのように進める国の体質」
など国の問題が浮き彫りに)

原子力施設等の防災対策について:原子力安全委員@ 平成22年8月一部改訂
http://www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf
(防護対策指標,屋内待避の有効性,SPEEDI,安定ヨウ素剤,飲食物摂取制限指標等,H22年8月までに
何が論じられてきたかを知りたい方に)

放射線審議会 委員名簿:文部科学省@平成22年11月
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/meibo/1299544.htm
(被曝限度引き上げた委員名簿に東電福島第一原発副所長が入っているのは驚きです)

福島第一原発で何が起きているのか - 米スリーマイル島原発事故より状況は悪い:大前研一
@NikkeiBPNet@2011年03月15日
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110315/263842/?ST=business&P=1

放射能汚染された食品の取り扱いについて:厚生労働省医薬食品局食品安全部長@平成23年3月17日
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r9852000001559v.pdf
(プルトニュウムもリストに含まれていることに注意:微量でも安全かどうかは不明だから)

米公電が指摘していた危険な日本の原子力(ウィキリークス):フランスからのニュース@3月22日
http://www.francemedianews.com/article-69992043.html

2006年に住民の訴えで行われた裁判で、金沢裁判所は強度地震が起きた際耐震性に
問題があるとして、石川県志賀原子力発電所の原子炉1機の閉鎖を命じた。
しかし、「発電所の事業主である北陸電力は裁判所の決定を不服として上告し、政府の後押しのおかげで
地方裁判所の決定を無視することに成功した」とル・モンド紙は報じている。


緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の試算について:原子力安全委員会
@平成23年3月23日
http://www.nsc.go.jp/info/110323_top_siryo.pdf

「3月23日に内閣府原子力安全委員会よりSPEEDI甲状腺被ばく線量の試算結果発表。大金を費やしてシステムを
つくりながら、まったく生かせず、放射線防護の基本さえ知らない恥ずべき評価を出している」:
高木学校@2011年03月25日
http://takasas.main.jp/

全国の放射線濃度、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能の一覧:
http://atmc.jp/

既に発表されてる数値だけでもこれだけ危険なのだ。何が安全だ!:@2011/03/25
http://www.youtube.com/watch?v=j4vqyEvzOXE&feature=player_embedded
(40km圏の飯舘村 土壌のセシウム16万3千ベクレル、チェルノブイリ並み★政府も安全圏としていた地域が)

世界が震撼!原発ショック 悠長な初動が呼んだ危機的事態 国主導で進む東電解体への序章:
ダイヤモンド・オンライン@2011年3月25日
http://diamond.jp/articles/-/11628

「フクシマ・ダイイチ」を見つめるアメリカ、その原発論議の文脈」:
冷泉彰彦:作家(米国ニュージャージー州在住)@2011年3月26日:発行:JMM
http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/report/report3_2334.html

「日本の原子力のルールは、古い科学に基づいていた」:Mew York Times@March 26, 2011
http://www.nytimes.com/2011/03/27/world/asia/27nuke.html?_r=2&src=twrhp&pagewanted=all

緊急提言3:法人電気料金の見直しで、電力需要の抑制と平準化を:野口悠紀雄@ダイヤモンド・オンライン
@2011年3月26日
http://diamond.jp/articles/-/11632

福島原発「東電の罪」と「原子力ロビー」:フランスからのニュース@3月26日
http://www.francemedianews.com/article-70296514.html

「日本人は原子力災害を意識し始めているものの、未だ事故の重大性には気づいていないようだ」
と冒頭でル・モンド紙の東京特派員は語り「新聞、民放テレビ局、インターネットのブログなどで語られる
原子力専門家の話を聞いていると、この一連の悲劇の背景に「原子力業界のロビー活動」が見え隠れしている」
という。


放射性物質:米東海岸で検出 福島第1原発から放出か:毎日新聞@2011年3月27日
http://mainichi.jp/select/world/news/20110328k0000m030026000c.html

宮台真司さん、ぜひ答えてください。友人の友人って本当ですか?僕も前々から
この平井さんが実在するのか確かめたかったんで。
> 実在します。:Tweet from 宮台真司@2011年3月27日21:53:02


河野太郎メルマガ「原子力政策の分かれ道」@2011年3月27日より;
http://www.taro.org/2011/03/post-964.php
「19兆円の請求書」
http://kakujoho.net/rokkasho/19chou040317.pdf#genpatsu

福島原発、銀座デモに1200人:福島老朽原発を考える会(フクロウの会)@2011/03/27
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/03/post-8506.html

「チェルノブイリ事故による死者の数」:今中哲二、京都大学原子炉実験所 
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/tyt2004/imanaka-2.pdf

恥を知れ!東電09年とスマトラ津波警告の岡村行信氏を二度にわたり無視:
どーんと来い・いじめに負けるな裁判を通して@2011.03.27
http://net-news-jp.jugem.jp/?eid=1432

ドイツで反原発デモ、20万人以上参加:AFP BB News @2011年03月27日
http://www.afpbb.com/article/economy/2792777/7009210

反原発「緑の党」が大躍進=与党、歴史的敗北-独州議選:時事ドットコム@2011/03/28
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201103/2011032800039

タービン建屋地下の水、2号機では10万倍:Searchina@2011/03/28(月)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0327&f=national_0327_177.shtml

【動画更新 全国上水の放射能水準】3/18-25のレベルを地図上に動画で表示:
I-131は;
http://f.hatena.ne.jp/koh-t/20110328010405
Cs-137は;
http://f.hatena.ne.jp/koh-t/20110328010404

炉心溶融を震災当日予測 応急措置まで半日も:47NEWS@2011/03/28
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032701000673.html

原子炉冷却に「3つの難題」 福島原発復旧、長期戦に:日本経済新聞 @3月28日

星条旗新聞@3月25日:Tweet from 孫崎 享@2011年3月28日
自主避難は約1万名、半分実施。横須賀海軍基地極めて静か。
軍艦多く横須賀外へ。4500の家族避難予定。
厚木から2千名、横田から6百名、座間から三百名、土までに出発。
米軍関連の多くの行事中止。米軍学校の欠席率は今、32-36%


東日本大震災:累積放射線、福島・浪江で70時間3.7ミリシーベルト:毎日JP@2011年3月28日
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110328ddm003040089000c.html

【オピニオン】日本が直面する本当の試練とは:WSJ@2011年 3月 25日
http://jp.wsj.com/Opinions/Opinion/node_209400

元米貿易交渉担当者、クライド・プレストウィッツ氏は、
「日本にのしかかる、二つの極めて大きな問題がある」と指摘する。同氏は「ひとつは人口減少で、
長期的に日本はゆっくり自殺に向かっている。二つ目は機能不全な官僚システムだ。
政治家には大きな権力がない。監督当局は、国民のためではなく、自らの引退後のために規制を行っている」
と言う。

(余談:25年くらい前に私はクライド・プレストウィッツ氏にインタビューされたことがある)

原発事故についての重要なメッセージ:中村隆市ブログ「風の便り」@2011/03/27
http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-3104

IAEA Briefing on Fukushima Nuclear Accident @27 March 2011
http://www.facebook.com/note.php?created&¬e_id=205133276183133&id=96699782061

今起きていることの本質は、安斎育郎氏が39年も前に指摘していた:自然の摂理から環境を考える@11/03/29
http://www.sizen-kankyo.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=248165

1)安斎育郎・立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長が1972年12月に行った講演より。
<しばしば、安全性を強調する立場から「原子炉には幾重にも安全装置が施されている」とう解説がなされ
ますが、基本的観点はそうではなく、本来危険なものだからこそ幾重にも安全設備が必要なのであって、
:Tweet from Shoko Egawa

2)最も重要な点は、幾重にも施されているという安全技術が苛酷な事故条件のもとで本当にその性能を発揮
するであろうという実証的保障がどれほどあるのかという点であります。><米国LOFT冷却材喪失実験)計画中
のECCS緊急炉心冷却系欠陥問題はこの間の経緯を極めて象徴的に物語っております:Tweet from Shoko Egawa

3)緊急時には最も頼りとされるその効果が確実に働くものと期待されていた安全装置が実際に働かない可能性
があることが実証されたこと─これほど米国型軽水炉が実証的であるということの中身を暴露した事例は
ありません。> 今起きていることの本質は、39年も前に指摘されていた。:Tweet from Shoko Egawa

4)この時、安斎氏は東京大学医学部放射線健康管理学教室助手。原発の安全性について問題提起し、
国の原発政策を批判していたために、すさまじい嫌がらせを受け、かといって他の大学に転出することも
許されず、17年間も助手のまま東大に幽閉された。こういう中で原発が全国に展開された。:
Tweet from Shoko Egawa


放射線マップ:RDTN.ORG
http://www.rdtn.org/jp/

圧力容器が破壊された老朽原発:WIRED VISION@2011年3月28日
http://wiredvision.jp/news/201103/2011032821.html
[福島第一原子力発電所は、1号機から5号機までがいずれも、1960年代から1970年代に運転を開始している]
「このような老朽化が明らかになったなら、電力会社はすぐに廃炉にすべきだ。原子炉から漏れが発生したら、
すぐに運転を停止すべきだ」


原子炉圧力容器、破損の可能性「大変憂慮」原子力安全委:47NEWS@2011/03/28
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032801001009.html

原発元設計者が米メディアで告白 「原子炉構造に欠陥あり」:@YAHOO!ニュース from 週刊朝日@3月28日
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110328-00000302-sasahi-soci

「福島原発の事故は私たちが想定したシナリオよりもはるかに悪い。このままだと、
何千もの命が失われる可能性がある。それが怖くてたまらない」

「マーク1は大規模事故に耐えうるようには設計されていません。冷却システムがギリギリの容量で設計されて
いるため、電力供給が途絶えて冷却システムが止まると、爆発を起こす危険性がある。使用済み核燃料の貯蔵
プールも最新型のように自然に冷やされるタイプではないため、電気が切れるとすぐに温度が上がってしまう」

「日本の原発には法的な寿命がありません。設計者は耐用年数を40年としてきました。1号機は40年を過ぎて
いますが、日本は米国をまね、90年代に入って最長60年まで使えるとの見解を示しました」

「社員だった当時、上司にマーク1の廃炉を嘆願すると、上司は『そんなことをしたら、わが社の原子炉部門
だけでなく、会社自体がなくなってしまう』と聞き入れられなかった」


唐澤豊@唐澤塾
疑似体験から実体験へ
以下は日本躾の会の広報誌「ふれあい」の2011年4月号に寄稿したものである。

疑似体験から実体験へ

最近は子どもを虐待していた若い親が警察沙汰になると「躾のためにやっていた」と言い訳しているという話が多い。一方でペットの犬猫を子ども以上に扱う人が増えている。そういう人たちは、ペットの扱いが悪い人にはちょとしたことでも虐待防止を叫ぶが、子どもを虐待している親たちに向かって、それ以上に声高に訴えている様子はないように思う。スポーツの練習や相撲の稽古でも虐待と言える程の体罰を与えて死に至ったケースもある。どちらにしても異常なことで、価値観や倫理観を勘違いしていたり、何事にも限度あるということを理解していない人が増えてしまったのだろうと思う。

また、海外旅行や海外留学する日本の若者たちが減っているという。その原因が、金銭的な理由ならまだしも、意識調査の段階で、そうした願望すらないということだ。企業では国際化が叫ばれている時代に困ったものだ。海外旅行も疑似体験で済ませているのだろうか?

更に、電話で話したりすることが苦手だという若者が増えているという。携帯電話を持っていない若者は殆どいないだろうが、彼らは電話で話すのではなく、メール、ブログ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス:ネット上の会員制情報交換・交流の場)、チャット、ツイッターなど文字でやり取りをしている方が圧倒的に多いということだ。この傾向は日本だけでなく、米国でも二十四歳以下には顕著だという。

こうした社会になった原因は何か?と考えてみると、今の若者に限らず、若い親たちも含めて、子どもの頃からテレビ、ゲーム、アニメ、コミックなどが親代わりとなって育ってしまったということではないか?つまり、親や祖父母や近所の人と触れ合う実社会の中で育ったのではなく、何でも疑似体験で済ませて大人になった人が多いということではないか。色々な人と触れ合うと良いことばかりではなく、揉め事・争い・喧嘩も起きて、嫌な思いもせざるを得ないが、実社会で生きて行くにはそれが必要であって、避けては通れない。そうしたことが嫌だからといって疑似体験で済ませてしまい、本来の人生の目的である実体験をしないと、無駄に人生を過ごすことになる。何事においても無意味な疑似体験は止めて実体験をすることを広く社会に訴えたい。


唐澤豊@唐澤塾


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2011/04 | 05
    S M T W T F S
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30



    RECENT ENTRIES
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)
  • 躾啓発の重要性を再認識(02/25)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (96)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。