唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見
28日に、ある技術士会で、この映画を観ました。
ちょっと長いのが玉に傷ですが、素晴らしいドキュメンタリー映画です。

「日本と再生」 光と風のギガワット作戦 映画チラシ:
日本と再生チラシ表LR

日本と再生チラシ裏LR

河合弘之弁護士監督 映画『日本と原発』『日本と再生』公式サイト:
https://t.co/Jf486YQHcN

この映画は世界各国での取材をまとめたもので、大変参考になる情報が満載ですが、それらの中で、感銘を受けたことがふたつありました。

ひとつは、中国ではこれから80基以上の原発を作るんだよ、エネルギー資源の無い日本も再稼働はもちろん、新設もしなくてはいけない、という意見を言う人がいます。しかし、この映画の中でインタビューされた中国のエネルギー関係の役人は

「日本での事故の教訓から、風力を中心とした自然エネルギーによる発電に中国はシフトしており、原発依存はもう昔の話だ」

という回答でした。

原発はコストが安いということを言う人がいますが、それもフクイチ事故が起きる前の話で、廃炉コストや事故対応費用への積立金を入れると、原発による電力コストは何よりも高くなっているのが現状ですから、この中国の最新事情は、納得させられるもので、非常に心強く感じました。

また、インドの政府関係者へのインタビューでも

「インドは原発導入を考えていない。自然エネルギー活用に積極的に取り組んでいる」

ということで、行政府やマスゴミが報道していることとは違うようです。

もうひとつは、この映画で

「米国の国防省は自然エネルギを増やして将来は25%くらいまでにしたいと言っているが、それは殺人のための米国軍隊の経費削減策であって、世界最大の米国軍を継続させるためである訳だから、世界平和という観点からはどうなのか?」

というインタビュアーの質問に対する回答が

「世界の紛争の殆どは石油資源の争奪戦であるから、石油を使わないで自然エネルギーにシフトすることになれば、紛争・戦争は無くなるでしょ?」

という回答にも大変感銘を受け、そうなって欲しいと思いました。

やはり、日本の資源エネルギー庁が考えている、原発はベースロードであり、将来にわたって、総発電量の25%を確保すべきというのは、世界のエネルギー動向からすれば、全く的外れで遅れているということが、この映画から理解できました。

そして、原子力発電を継続するためには核燃料サイクルは必須であるという考えは、人間が制御できないことが明確になった今は、これも的外れであり、同意するのは世界でもフランスくらいだろうと思われ、日本原子力ムラの最後の悪あがきであり、そのトバッチリを受けるのは、東芝、日立、三菱等、原子力産業を維持しようとするこれら大企業の社員たちであることは、東芝の惨状からも明らかでしょう。

皆さんご存知かどうか、電気、電気通信などの事業に関わる人たちの中には

「原発は停止中も稼働中もコストは大して変わらないから再稼働すれば、発電コストも下がるからいいんだよ!」

とプライベートの場では暴言を吐く人たちが結構います。この議論は間違っていて、過去のコストで比較しているんであって、現在は、廃炉コスト、事故対応経費を加えたら、そもそも原発による発電コストは他の発電方法に比べて最も高くなっていることを無視した、あるいは隠蔽した議論です。

また、こうした意見は、築地市場の豊洲移転問題でも似たような議論として、

「もう豊洲に作ってしまって莫大な費用を注ぎ込んだんだし、維持費が掛かっているんだから、早く移転すればいいんだよ!」

という人がいますが、生鮮食品を扱う場として安心できるか?ということと、使い勝手が誠に悪く、安全が確保できるか不安だという業者や建築家の意見にどう対応するのか?が重要な訳で、フクイチで事故を起こして、その事故対応も廃炉も目途が立たない原発を再稼働して安心・安全は確保できるのか?ということを無視した意見であり、再稼働をしてはいけない状況であるのは明白でしょう。

河合監督は「日本と原発」というドキュメンタリー映画も制作されており、私は映画館で観ようと思っていながら、結局機会を逃したので、「日本と原発 4年後」というDVDが2月25日に発売されているから、観てみたいと思っています。

日本と原発:
http://www.nihontogenpatsu.com/nihontogenpatsu

DVD『日本と原発 4年後』発売決定!
http://www.nihontogenpatsu.com/news/dvd_4yearslater.html

ところで、水力、火力、原子力に替わるエネルギーとして「再生可能エネルギー」という言葉と「自然エネルギー」という言葉があり、どちらかと言うと「再生可能エネルギー」の方がより多く使われている感じがしますね。
しかし、私は「自然エネルギー」を使うべきだと考えています。

なぜかと言うと「再生可能エネルギー」と言うと、原子力ムラの人たちが同調して

「そうだそうだ、原子力はCO2も出さないクリーンな再生可能エネルギーだ。だから核燃料サイクルも必要だ」

という議論に繋がってしまうので、この後に及んでも、人間がコントロールできない核燃料サイクルのフランスとの共同研究・開発や実験炉建設を阻止するためにも、

水力、太陽光、風力、地熱、波力による発電は「再生可能エネルギー」ではなく「自然エネルギー」発電

と呼ぶべきだと思います。
実際にこれらのエネルギー源をリサイクルして再利用している訳でもないですよね?

また「原子力発電はCO2を出さないクリーンな発電方式だ」というのも間違いで、ウラン鉱石の掘削・採取から始まり、核燃料に精製するまでに使われるエネルギーはCO2を出している訳であり、また原発稼働中も停止中も原子炉と使用済核燃料を冷やすために冷却水を循環させ、排水される水は高温になったまま海水に放出されるため、周辺の海水温度を上げて、生態系に影響を与えている訳で、決してクリーンはエネルギーではない訳です。
実際、原発が止まった若狭湾など日本海側では、今まで消えていた魚介類が湾に戻って来たという報告もあるようです。

唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト


PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    02 | 2017/03 | 04
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -



    RECENT ENTRIES
  • お陰様とお互い様(11/08)
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (98)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH