FC2ブログ
唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:130~133
【唐澤塾】130: 夏至の夜の百万人の環 その後

夏至の日の夜、8時から10時に消灯してキャンドル・ナイトをというキャンペーンについて
124号でお知らせしましたが、その実施状況を現在わかっている範囲でお知らせします。

推進した環境省の外郭団体である「環の国くらし会議」によると、全国で2,218箇所が賛同
し、協力したとのことです(H15.6.23現在)。
http://www.wanokurashi.ne.jp/index.html

東京電力の関係者に聞いたところでは、当日の東京電力管内の電力需要は、19時を
ピークに22時に掛けて徐々に減って、ピーク時の約8%低下したということですが、この
キャンペーンによってどれだけ減少したかは不明ということです。これくらいは時間帯、
温度、湿度などにより、変動しているからということです。

でも、かなりの企業や個人が参加したのですから、節電効果があったと信じましょう。

また、124号について、読者のひとりからは、以下のようなメールがありました。

以下転載********************************

唐澤さんの夏至の日の提案。賛成です。

実際私が住んでいるメルボルンの家では、奥さんがキャンドル好きで毎晩キャンドルの
灯がともされています。夕食時は部屋の電気を一部消して薄暗い中で食事しています。
なかなか良いものですよ。

またお風呂に入る時もバスタブにつかっている時は明かりは必要ないわけですから、
キャンドルの明かりだけで十分です。またリラックス効果もあっていいですよ。私はそれ
に加えて音楽も聴きながら2時間リラックスタイムを楽しみました。

一度キャンドルの明かりの素晴らしさを知ると癖になりますよ。それから私は買い物に
行くと、ついついキャンドルグッズに目がいってしまいます。
ぜひ「夏至の日のキャンドル・ナイト」を楽しみましょう。

以上転載終わり*****************************

また、ジュエリーデザインをされている大学の先輩からは、以下のようなメールを頂き
ました。

以下転載********************************

唐澤くんの「唐澤塾」、いつも興味深く読んでいます。
難しそうな記事は右から左へ抜けていきますが・・・(苦笑)
先日の夏至の夜2時間の「百万人のキャンドル・ナイト」には
カレンダーに印をつけて、参加してみました。

キャンドルの灯りでのんびりお風呂に入り、
湯上りにストレッチをしてから、ビール片手に
2匹の犬&4匹の猫と戯れていたら、あっという間に
2時間が過ぎました。
キャンドルの灯りの明るさや、やさしさを再認識。
これからは、お風呂はキャンドルにしようと思っています。

以上転載終わり*****************************

皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

我が家でも当日の夜は、キャンドルを灯し、赤ワインでイタリアンのコースを娘と妻と3人
でという豪華ディナー(?)でした。
3人でボトル2本も空けてしまったので、10時過ぎには夢の中でしたが、時々は電灯を
消してキャンドルでディナーもいいなと思いました。

ロウソク1本では暗いと思われる方がいたら、それは間違いです。アメリカのレストラン
に行くと、テーブルにキャンドル1つという店がありますが、それは高級レストランです。
夏時間の今ごろは、夕方8時~9時でも明るいので、外から入ると、最初は殆ど顔も見
えない状態ですが、目が慣れると、それで十分です。雰囲気がありますね。
但し、私のように老眼になると、メニューの字が読めなくて困りますけど・・・。

それと、そういう店でご馳走になるのは良いのですが、支払う側であると、請求書が気
になるかも知れませんので、覚悟して行った方がいいでしょう。思っていたよりも店の照
明が暗い場合には、高価ということが予想されます。予算が心配という時は、店頭でメ
ニューだけ見せて貰って「ちょっとイメージと違うから、また今度にするよ!」と帰って来
ればいいのです。接待の場合は、そうも行きませんが・・・。

レストランで思い出しましたが、ステーキの焼き方やワインの味については、アメリカの高
級(中級も?)レストランはプライドを持っていますので、注文したものを食べてみて、期待
と違う場合、「これはミディアムレアではない!」と言えば、「承知しました、新しいのをお持
ちします」と取り替えてくれます。
シリコンバレーに一緒に出張した時、私の先輩で、ステーキ大好きの人は、最初の1皿
をほぼ食べ終わってからボーイを呼んで、「これじゃウェルダンだ」と文句を付け、もう一
皿持って来させた上に、勧めてくれたワインがまずいと言って別のワインを飲むという猛
者でした。こういう時は、堂々としていなければいけませんけど、日本人ではなかなかここ
まで出来る人は少ないですね。

空港やホテルのチェックインやチェックアウトの時に、こちらが急いでいるのに、前の人が
長々と話している姿を目にしてイライラした経験があるかと思いますが、そういうのは大抵
がアメリカ人で、何でも文句を付けてみて、相手が譲歩したら儲けもの、という考え方をす
るからのようです。その点、日本人は言われた通りに従いますから、彼らに取ってはいい
お客さんなので、いつも笑顔で応対してくれますね。

キャンドルから話が逸れて来ましたので、この辺でまた。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】131: 「夏至の夜の百万人の環」についての小林さんのコメント

昨日、「百万人の環 その後」をお知らせしましたところ、日本テレマティークの取締役
で、国際大学・グローコム・フェローの小林寛三さんから、コメントを頂きました。許可を
頂いて、ご紹介致します。

小林さんのご提案のように、時々は蛍光灯ではなく、やさしいキャンドルの光で目を癒し、
星空や月を眺めることが我々には必要ですね。

高村光太郎の時代ですら「千恵子は東京には空がないという」と書かれているわけです
が、天の川の見えない夜空しか見たことのない人たちがどんどん増え続けてもいいので
しょうか?

昔のような漆黒と静寂の夜を少しづつでも取り戻したいものです。

唐澤

以下転載*******************************

この問題に関するコメント:

1.もともと東電の原発不祥事に端緒があるとはいえ、結果として、節電のキ
ャンペーンが広がることは非常によいことだと思います。おそらく将来は、脱
原発するのか、あるいは停電を我慢するかの選択を迫られることが確実だと思
われるからです。

2.また、個人的体験から言っても、都会生活、しかもインターネット常時接
続環境や深夜までのTVなどの環境下にいると、時間の認識もさることながら、
視覚を含めた感覚全体が鈍化していく状態を、ときどきは反省して原点に振り
返る必要があります。ろうそくや夜空の星の観望には、癒しやリラックス効果
以上のものがあります。なにせPCやTV画面は、近距離・狭角・強い光源・早い
動きの4悪の環境を長時間続けると視覚が麻痺してしまいます。目は大脳の最
大のG/Wですから、それは大脳自身が麻痺してしまうことになると思います。
これに比べて夜空の観望は、その光源は遠距離・広角・弱い光源・遅い動きの
4良の環境と言えます。

3.以前にオーロラの観望にアラスカに行った時を思い出します。
この時のことを自分のHPに旅行記として書きました。
http://www.nti.co.jp/~kobakan/contents/alaska.html
あまりにも淡い光源が見えるようになるためには、しばらく夜空を眺めて、目
をリラックスさせて感度を上げないとよく見えないのです。目=大脳の一部の
感度を上げることで、むしろ感覚は研ぎ澄まされてくるのだと思います。天文
学は、そのほとんどすべての情報が光によって伝達される情報を分析・解釈す
ることで成立している最も古くて新しい学問分野ですが、我々を感覚をさらに
さらに感度を上げて、ほんのわずかな変化や揺らぎを見つけることが観測にと
って重要なことなのだと思います。

4.東京では、プラネタリウムが次々となくなり、まして本物の星空を眺める
ことはほとんどできなくなりました。昼夜を分かたずまばゆい人口的な光輝く
町を美しいと思うか、あるいは、生命が何十億年もかけて進化してきた日没後
には漆黒の闇が支配する環境とはあまりにも異質です。漆黒の夜をPRする村
おこしももっと進めてもらいたいと思っています。

5.キャンドル・ナイト・キャンペーンは、さらに省エネルギーとなり、夜の
漆黒と静寂を取り戻す運動に広がることを期待しています。そのためには、深
夜のTVや24時間サービスの店を限定していくことも大事だと思います。いず
れ石油の枯渇か二酸化炭素の増大か、核廃棄物の増大か、あるいは環境ホルモ
ンなどの影響による人口減か、あるいは経済の混乱による価値観の変化かな
ど、これら複数の要因の組合せによって、現在の米国・日本を始めとする先進
国のライフスタイルは変更せざるを得なくなることは確実ですから...我々
の次の世代か、次の次の世代は、毎日がキャンドル・ナイトで子育てをしなけ
ればならないのかも知れませんから...

小林寛三
□━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━□
KANZO KOBAYASHI (小林寛三)
 日本テレマティーク株式会社 新規事業開発室
Director & GM, New Business & Technologies Div.,
Nippon Telematique Inc. (NTI)
Tel: 03-5351-xxxx..............Fax: 03-5351-xxxx
Email: mailto:xxxxxx@nti.co.jp
URL: http://www.nti.co.jp/~kobakan/
□━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━□

以上転載終わり****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】132: 顔を良くする13ヶ条

以前にもご紹介したことのある、NTTコムウェアのウェブマガジン「コムジン」ですが、
7月号の案内メールが下記のように来ました。

そのトップに「顔を良くする13ヶ条を伝授します」という注目される記事があったので、
早速アクセスしてみました。

予想通り、東大の原島博教授のインタビューでした。

原島先生と初めてお会いしたのは、90年の初め頃だったと思いますが、業界新聞の
鼎談か討論会だったと思います。
その時の印象は、非常にユニークな発想をされる方だということです。その頃から顔
の研究をされていて、今ではその道の権威になられています。

是非下記案内にあるURLをクリックして読んでみて下さい。
そして皆さんも日々、この13ヶ条を実行されて、良い顔を目指されては如何でしょうか?

唐澤

以下一部転載****************************

■■■‥‥‥・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━COMZINE INFO
┼ かしこい生き方を考える『COMZINE』7月号発刊!        ┼
┼ あなたはもう読みましたか? より充実した人生を送るための ┼
┼ クオリティ・ライフマガジンです。            ┼
┼                      2003.6.25号 ┼┼
──────────────────────────────────

 ■ TOPICS
 ┣ 顔を良くする13ヶ条を伝授します
 ┣ 「うちの社長、今年からCEOになったよ」--意味を説明できますか?
 ┣ メールでの呼びかけ方、迷うところです
 ┣ 肩こりは今や女性だけの悩みではありません
 ┣ 「IT社会に巣立つ女性の必修シンポ」開催のお知らせ
 ┗ COMZINE第2号の発刊です!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆■顔を良くする13ヶ条を伝授します
──────────────────────────────────

6月号で好評をいただいた『かしこい生き方』。ユーモアがビジネスに
役立つという点を豊富な実例をもとにご紹介いただきましたが
7月号では「顔学」の原島博先生に登場していただきました。
「『顔学』とは耳慣れない学問」と思われる方も多いのでは?
原島先生は、テレビ電話の研究を機にコミュニケーションにおける顔という
角度で様々なアプローチをしている学会設立者のおひとりです。
先生の研究の中でも興味深いのが「平均顔」。その職業の方、たとえば
プロレスラーやアナウンサーなどの顔を10人分混ぜ合わせて、その平均の
顔を作るというものです。
これがびっくり。実にその職業っぽい顔ができあがるから不思議です。
先生によると、顔は人との関係性でどうにでも変わるからだ、とのこと。
先生には顔とコミュニケーションの関係についてお話いただくとともに
原島流・顔を良くする13ヶ条も伝授いただきました。
これを読めば、1ヶ月後には皆さんも美男美女。

かしこい生き方のススメ
「第2回 顔は見る人と見られる人との関係性の中にあるものです」
東京大学教授、コミュニケーション工学者 原島博氏
 → http://www.nttcom.co.jp/comzine/no002/wise/index.html

【以下省略】

以上転載終わり****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】133: 前野七彦さんの「人生の卒業式」

***********************************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々に不定期にお送りして
おります。テーマは特定しておらず、これは皆さんにお知らせしたいと思ったこと、私の
意見など、雑多な内容です。ご不要の方は、その旨ご連絡下さい。
***********************************************************************

以前にもご紹介しました、赤ひげななちゃんこと前野七彦さんのWebは下記のURL
にあります。
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/

この中に「メッセージ集」というページがあり、今までこ紹介した内容は、こちらにあり
ます。その104番目に、「人生の卒業式」というお話があり、読まれるとちょっと暗くなる
方もいるかも知れませんし、賛否両論に分かれる内容かも知れませんが、私はこの話
を信じたいと思います。

もしガンになったら、ガンと戦うという意見もありますが、戦うのではなくそうなったのも
全ては必然であり、それを感謝すればガンは消える、ということです。

ガンと戦うのだと言って頑張っておりましたが急逝した友人もおりました。少し良くなった
時に、身辺整理がしたいと言い、周囲が止めるのを聞かずに実家に帰り、様態が悪化し
てあの世の人となった若い女性の部下もおりました。

頑なさも良くないようです。
病気、怪我、災難に会わないで、無病息災に生きるには;

「ありがとう」は毎日30回以上言うと良い
いつも明るく笑顔でいると良い

と言われる方がおります。

更に、究極の生き方としては;

自分に強く、自然の摂理に従い正しく、常に明るく、我を折り、
小欲を捨て、皆仲良く相和して、何事にも感謝する

という生活をしていれば、楽しく、いつまでも長生きができるという大先輩がおられます。

唐澤 豊、日々精進!

以下転載*******************************

メッセージ 104

「人生の卒業式」

 くら~~~い話をします。
人生の卒業式のお話です。しぃ~~~んとしてしまうかもしれません。
心を大きくし寛大な心でお読みくださいね。

 日本人の死因のトップは「ガン」ですよね。30%を少し越えるそうです。
死にいく人の3人に1人が、ガンで亡くなります。そして、脳疾患と心臓疾患で
亡くなる方がそれぞれ5~6人に1人。ガンと脳疾患と心臓疾患で、60~70
%になります。死にいく人の10人に6~7人がこれらの病気で亡くなります。
次に肺炎、不慮の事故、自殺、老衰、その他です。

 みなさんならどのような死因で亡くなりたいですか? 老衰がいいかもしれま
せんが、確率はとても低いです。
 脳疾患、心臓疾患、不慮の事故、自殺は・・・・そのほとんどあっという間に
亡くなることが多いです。そして、自殺以外は、いつ訪れるか分かりません。

 しかし・・・
ガンの場合は、その多くが余命が与えられます。突然ガンで亡くなることは、
そんなに多くないと思います。余命がどれくらいかは、人それぞれですが・・・
考え方を少し変えると、その余命の間に、いろいろなことができるかもしれませ
ん。やり残したこととか、今までやりたくてできなかったこととか・・・
他の死因で亡くなるときは、そういうことができません。あっという間ですから
・・・

 ある方が末期ガンを宣告されました。余命3ヶ月と・・・
その方はどうせ3ヶ月で死んでしまうのなら、自分のやりたいことをやって死の
うと思いました。そして、会社を退職して当面の生活費を家族に渡し、自分が亡
くなったらその生命保険で、その後の生活をしてくれと言い残して、オーストラ
リアへ旅たちました。そして、オーストラリアで別荘を購入して、くる日もくる
日もオーストラリア中を旅行して、遊びまくったそうです。
ガンのことはすっかり忘れて1年間もオーストラリアに滞在していました。
本人は3ヶ月たっても6ヶ月たっても1年たっても死なないので、これはなんか
変だということで、日本に帰り再度精密検査を受けたそうです。すると・・・
ガン細胞が跡形もなく消えてしまっていたそうです。

 こんなことを言う人がいます。
ガン細胞は嫌われて、なんとかガンと戦おうとすると、がぜん元気に増殖する
けど、逆にガンをそのまま受け入れられると、元気がなくなるそうです。
 ガン細胞は、ストレス(不安・恐れ・怒り・絶望など)が好きみたいです。
逆に・・・ガン細胞は、笑いや感謝や受容や忘れられることが嫌いみたいです。

 もしも・・・ガンになり、余命を宣告されたら・・・あなたは、どんな生き方
を始められますか? 他の死因で死ぬより、ガンがいいか~~~とこの瞬間思わ
れた方は、今日からガンからどんどん遠ざかります。受け入れられると、ガン細
胞は縮小し始めるからです。

 ぜったいガンで死にたくないという人は、ガンで死ぬ確立が上がります。
拒絶されると、ガン細胞は元気ずくみたいです。
みなさんならどうします?????

 末期ガンの500人に1人の人が、治療もなにもせずにガン細胞が自然消滅し
て元気になられているそうです。
その方たちの共通点は・・・「ガンになる前よりガンになってからの方が幸せで
す。」と思われることなんです。

 くどいですがもう一度言わせてください。
ガン細胞は、感謝されるとどんどん弱くなるみたいなんです。

 わたしたちは・・・必ず光の世界に帰る日が来ます。どんな死に方であろうが
・・・一日一日を大切に生きていけば・・・いつ帰ってもいいですよね。
神さまはかぎりないやさしさで、わたしたちに最もふさわしい人生の卒業式をし
てくれます。だから・・・今をとことん大切にして楽しみましょうね!!!
そして、どんな卒業式であろうと、最後は感謝して旅たちましょうね!!!
 まだまだ、地球学校の授業は続きます。おおいに勉強しましょうね!!!
では今日は・・・これ・・・くら~~~いの話にしときます。
ありがとうございます。

 無限の無限の・・・素直で明るくあたたかく・・・
うれしい・たのしい・しあわせ・だいすき・あいしてる・ついてる・ありがとう
ありがとう ルンルン ありがとう ルンルン ありがとうございます
みなさまの大切な人生の卒業式に感謝いたします
無限の無限のありがとうございます    

前野 七彦 拝  合掌

以上転載終わり***************************
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/118-bf5b2d25

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    03 | 2019/04 | 05
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -



    RECENT ENTRIES
  • メルボルン滞在記(03/27)
  • ソフトバンクの通信障害の教訓(03/07)
  • 大人の躾とネチケットー後編(02/25)
  • 大人の躾とネチケットー前篇(02/25)
  • 日本社会の弱点(02/25)
  • マイナンバーカードのその後(02/25)
  • インテル中興の祖「アンディ・グローブの世界」はお勧めです(08/30)
  • 半減期約1570万年のヨウ素129がフクイチからヨウ素131の31倍の量が放出された(08/21)
  • AI(人口知能)は人間を超えるか?(06/27)
  • お陰様とお互い様(11/08)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2019年03月 (2)
  • 2019年02月 (4)
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年06月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (11)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (7)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (357)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (105)
  • 推薦図書 (32)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH