唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:401~405
近所の家にあるのを観察していると、ハクモクレンよりは少し遅れてモクレン
(木蓮、別名;シモクレン)は咲くように思います。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/mokuren.html

木蓮というと、白い花と紫の花とあるのだと思っていましたが、木蓮が紫色で
白いのはハクモクレンだと上記サイトで初めて知りました。


シモクレン高貴な色でも控え目に見え - - - 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】401:[風象]:コメディアンになれるカラオケマシン登場

皆さんご存知のように、カラオケは日本で発明された独自のものです。
今では世界中、主要な都市にはあるようなまでに普及しています。

そうしたら、サンフランシスコのアート集団が、カラオケの要領でコメディアン
のネタを披露できる『ジョーキーオケ』(Joke-e-oke)を発明したということです。
ジョーク用カラオケマシン、という意味でこういう名前にしたのでしょうね。

カラオケで選曲するように、コメディアンの有名なネタを選び、コメディアンに
なりきって字幕を見ながらしゃべるというものだそうで、結構受けていると
いうことです。舞台の臨場感を出すため、笑い声や野次も用意されている
そうです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050330208.html

西欧人はジョークが好きですが、さて、日本でこれは流行るでしょうか?
今、またお笑いブームではあるようですから、若い人にはカラオケ以上に
受けるかもしれませんね。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

昨日ご紹介したモクレン(木蓮、別名;シモクレン)ですが、花の外側が紫色で
内側は白っぽいトウモクレン(唐木蓮)だったようです。
本物のモクレンは少ないそうで、花が全部紫色だそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/mokuren.htm

このモクレンと同じ科・属にはコブシ(辛夷)もあります。遠目ではハクモクレン
に似ていますが、花は小さめで6枚の花弁が別々に離れて開き、花の下に
1枚の葉があるのがコブシということで、見分けが付くそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/kobusi.htm

コブシの由来もその実が赤ちゃんの拳のようだから、といったことも言われて
いて、拳という字を使っているサイトも結構ありますが、学名がMagnolia kobus
なので、コブス > コブシとしたのではないかとも思われます。

コブシと聞けば、作詞:いではく、作曲:遠藤実、唄:千昌夫の「北国の春」を
思い出しますね。

♪ 白樺 青空 南風
  こぶし咲く あの丘北国の ああ北国の春
  季節が都会では わからないだろと
  届いたおふくろの 小さな包み
  あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな
  ・・・・・

昔はコブシが咲く頃、田圃の土を万鍬という鍬で打ち起して、
田植えの準備を始めたので、田打桜という別名もあるそうです。

我が家の近くの江戸坂という小さな段丘は雑木林になっていますが、
コブシの大木があって、丁度今、真っ白に咲いています。
隣に桜の大木があり、それが咲くと、遠目には白っぽい桜とピンクの桜の
ようにも見えますね。


コブシ咲きいよいよ春かと佇めり - - - 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】402:[風象]:地球温暖化にもメリットはある?

皆さんも地球温暖化の問題は気になっていると思いますし、そうしたことが
色々と報告されています。

ところが、科学者の中には地球温暖化にはプラスの面もあると指摘する声も
あるそうです。

その理由は、寒さによる死者が減少する、農林産物の生育が促進される、
ベーリング海峡の氷が解けて新たな通商路が開かれる、といったことだ
そうです。

当然、環境保護主義者たちは、温暖化の害はこれらのメリットをはるかに
上回ると異論を唱えているわけですが、物事には色々な見方もあるものです。

http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050331305.html

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

レンギョウ(連翹)が咲くと、春だなあと感じます。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/rengyou.htm


レンギョウの黄色い花に誘われ散歩 - - - 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】403:[風象]:コンピュータとヒトの未来を考えてみませんか?

日経BP社のITProというサイトの名物コラムに「記者の眼」があります。
3月29日に、「コンピュータとヒトの未来を考えてみませんか?」とい興味深い
ものがありました。

「コンピューターも夢を見るでしょうか?」というのは「2001年宇宙の旅」
http://www.hayakawa-online.co.jp/2001/

の中でコンピューターのHALが人間を宇宙船から放り出して殺してしまったの
で、HALをシャットダウンして眠らせる時にHALが聞いた言葉です。

最近のロボットも、大原則を破ってヒトと戦うものまで登場していて、そのうち
我々はロボットに支配されてしまうかもしれないという不安を抱く方も多いので
はないかと思われます。

そういう時に、従来の技術者側の答えは、コンピューターもロボットも設計する
のは人間だから、永久に人間以上の知能は持ち得ない、ということでした。

私もそう思っておりましたが、部分的な能力においては、人間よりはるかに
優れたものを開発することは可能なので、そうしたノウハウが蓄積されると、
少なくとも凡人よりは優れたロボットが作られる可能性はあるでしょう。
映画「ロボコップ」シリーズに登場するようなロボットは作ろうとすれば、開発
することができる時代になりつつあるのかと思われます。

そうなると、悪意を持った人間が、世界を支配するために物理的に強力な力
を持ち、優秀な人並みの知能を持ったロボットを開発しないという保証はない
とも思われます。

この問題は、2000年に米サン・マイクロシステムズ社の元チーフ・サイエンティ
ストのビル・ジョイが「未来はなぜ我々を必要としないのか」という論文を米国Wired誌に寄稿したことから議論されているわけですが、彼は、

「人類が一つの種として、何を欲しているのか、どこを目指そうとしているのか、
それはなぜなのかを合意すれば、何を放棄でき、何を放棄すべきかを決める
ことができる」

と述べているそうですが、我々も今からこの問題をよく考えておかないと、
将来、大変なことになる可能性があるのではないかと思われます。

全文は下記でお読み下さい。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/OPINION/20050329/158136/

唐澤

以下抜粋転載**************************

◆記者の眼◆

◇コンピュータとヒトの未来を考えてみませんか?

古い話で恐縮だが,2000年に米Sun Microsystems社の元チーフ・サイエンティ
スト,Bill Joyが「Why the future doesn't need us.」(未来はなぜ我々を必要とし
ないのか)という論文を米Wired誌に寄稿して話題になったのをご存じだろう
か。その論旨は「ナノテクノロジ,ロボット工学,遺伝子技術の発展によって,
やがて人とロボットの主従関係が逆転し人という種が滅亡するかもしれない」
というものだった。簡単に言えば,映画「マトリックス」や「ターミネーター」の世
界が現実になるというのである。

当時,記者はこの記事をざっと読んだ程度で,あまり興味を引かれなかった。
ところが最近になって,Bill Joyが言いたかったことが分かる気がし始めてい
る。きっかけは,記者が属する日経バイトの2月号の特集「センサーネット」,同
4月号の特集「生物指向コンピューティング」の記事執筆だ。

センサーネットの特集では,ビルや街,家などに張り巡らされた無数のセンサ
ーがネットワークで結ばれることで便利になる世界を書いた。ネットワーク化し
たセンサー群という入力手段をコンピュータが持つことで,キーボードとマウス
を使って人間がコンピュータに指示を与えずとも,コンピュータが人間の行動の
意味を理解し,先回りしてサービスを提供するようになるという世界である。

生物指向コンピューティングの記事では,ネットワークにつながるコンピュータ
の増大によって,システム全体の信頼性が保てなくなることを示した上で,その
解決策の一つとして生物的な自律分散システムがあることを述べた。

こういった記事を書きながら考えたのが,センサーネットや生物指向システム
が発達すればどういった世界が実現するのかということだ・・・

(中道理=日経バイト)

以上抜粋転載**************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

レンギョウと似ているのがエニシダですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/enisida.htm

遠目には似たような黄色い花でも、エニシダは豆科特有の形をしていますし、
丸っこい葉が花より先に出ているので、近くで見れば間違うことはないでしょう。

今まで見たのは黄色い花ばかりですが、紅色もあるんですね。


エニシダは黄色い胡蝶の群れ止まるよう - - - 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】404:[事象]:経営情報学会「未来社会エッセイコンテスト」4/27締切

昨日の【唐澤塾】403:[風象]:コンピュータとヒトの未来を考えてみませんか?
を読まれて、経営情報学会会長で、早稲田大学ビジネススクール教授の平野
雅章さんから、経営情報学会が主催する「未来社会エッセイコンテスト」の案内
を頂きました。
締め切りは4月27日ということですから、皆さんも未来の夢を描き、2000字に
まとめて、応募されてみては如何でしょうか?

応募作品はまだ少ないようですから、入賞のチャンスは結構高いのではないか
と予想されます。

夢を形に!(これって、どこかのCMでしたか?)

唐澤

以下転載****************************

唐澤様、こんにちは!
ご無沙汰致しております。

【中略】

さて、

>【唐澤塾】403:[風象]:コンピュータとヒトの未来を考えてみませんか?

に反応しています。全く逆方向からのアプロウチですが、経営情報学会でエッ
セイコンテストを行っております。もしよろしければ、周りにも声を掛けて戴
き、唐澤さんもご応募下さい。

平野雅章

-------------------

経営情報学会エッセイコンテスト
主催:経営情報学会
共催:日経情報ストラテジー

「望ましい社会を実現するために情報通信技術をどのように利活用するか」

応募資格: 問いません

応募方法: 将来あなたが実現したい社会をイメージし、その実現のため
に情報技術に何ができるかを想像力豊かに表現してください。今後、登場する
だろうと予想できる新しい情報技術を駆使していただいても結構です。本文
は、A4用紙2枚以内(タイトルを含め2000字程度)におさめ、冒頭にタイトルを
つけて下さい。書式は自由です。必要に応じて絵や図を付けてください。読み
手の創造力をふくらませるような優れた絵や図は、高く評価します。本文には
個人情報を記載しないよう注意してください。
別紙に郵便番号・住所・氏名・年齢・電話番号・メールアドレスを明記してください。
詳細は、学会サイト をご覧下さい。

締切: 2005年4月27日(水)必着

審査員:
磯村信夫 株式会社 大田花き 代表取締役社長
倉重英樹 日本テレコム株式会社 取締役 代表執行役社長
多田和市 日経情報ストラテジー 編集長
渡辺正太郎 社団法人経済同友会 副代表幹事・専務理事 
平野雅章 経営情報学会 会長

発表: 2005年6月11・12日に早稲田大学で開催される経営情報学会春季全国
研究発表大会にて、入賞作品の発表および入賞者の表彰を行う予定です。

最優秀賞1名(副賞30万円)  優秀賞2名(副賞10万円)

以上転載****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

関東ではいよいよ桜が満開ですね。
日本中に一番多く植えられているのは成長も早く、花の付きも多い
ソメイヨシノ(染井吉野)だそうです。
http://www.asahi-net.or.jp/~db3t-kjmt/kigi/sakurasm.htm

江戸時代に、今の豊島区巣鴨や駒込辺りは染井村という地名で、植木屋が
多かったということで、そこで大島桜と江戸彼岸を交配して作ったのが
「吉野桜」で、1900年に藤野寄命氏が、吉野山の山桜と混同するというので、
「染井吉野」と名付けたのだそうです。

折りしも今日はお釈迦様が生まれた日を祝う花祭りですね。
甘茶を最後に飲んだのはいつのことか、記憶に無いくらいで、
しばらく飲んでいませんねえ。お寺に行けば頂けるものでしょうか?
甘茶や団子もいいですが、やっぱり花見酒がいいですね。

日本三大桜というのは;

三春の滝桜:
http://home.u08.itscom.net/sakura/pic/tohoku/fukushima/miharu/prev.htm

山梨の山高神大桜:
http://home.u08.itscom.net/sakura/pic/chubu/yamanashi/jindai/prev.htm

岐阜の薄墨桜:
http://home.u08.itscom.net/sakura/pic/chubu/gifu/usuzumi/prev.htm

だそうです。
日本画家の中島千波さんの薄墨桜の大きな絵を小布施の美術館で見たこと
がありますが、花びらをひとつづつ描いているということで、見事なものでした。
他の多くの日本画家は、花びらの形をしたハンコを作り、押しているのだそうで
ちょっとびっくりですね。

おぶせミュージアム:
http://www.town.obuse.nagano.jp/bijutsu/chinami/chinami.html

中島千波「樹霊薄墨桜」:
http://www.shibayama-co-ltd.co.jp/nakjima-oyama/nakajima_jyureibig.jpg

中島千波作品(絵画 販売・買取株式会社シバヤマより):
http://www.shibayama-co-ltd.co.jp/nakajima.htm

それにしても、中島さんはあちこちの桜をたくさん描いていますね。

私が今まで観た桜で一番良かったのは、高遠城址公園の小彼岸桜でしたね。
下記は高校の後輩が伊那谷の風景などの写真を掲載しているサイトですが、
昨年の高遠の桜が如何に見事かわかると思います。
私は彼が撮った翌日、無風・快晴の満開の日に観ました。
http://members8.tsukaeru.net/sakamaki3/


杯に花を映して愛でつ飲まん - - - 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】405:[事象]:米Googleが「Gmail」の容量を2Gバイトに倍増

米Googleの無料Webメール「Gmail」は、ひとり1Gバイトの容量ということで、
話題になりました。またフォルダーではなく、検索で過去のメールを取り出す
ということも新しいもので、私も昨年秋からベータ版を使っていますが、
なかなか便利です。

何が便利かといって、パソコンを変えても、過去のメールを新しいパソコンに
移すといった面倒なことをやらなくていいわけですし、どこからでも、誰のパソ
コンからでも、インターネットに繋がっていれば、自分のメールが使えるし、
過去の全てのメールが読めるのがいいですね。

そしてこの度、容量が2Gバイトに倍増されました。実際には2Gバイトが上限で
はなく、使う人の使用量に応じて増えるということです。
私の容量は現在2069Mバイトで、使っているのはそのうち50Mバイトだけです。
アクセスする度にカルンターが上がって、どこまで増えるのか、楽しみです。

また、リッチ・テキスト形式のメッセージも扱えるようになり、フォントの選択や、
箇条書き、文字強調表示も利用可能になったということですが、まだ私は全て
の機能を確認はしていません。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20050404/158397/

Gmailのアカウントを作るには、まだ紹介ベースですから、
ご希望の方は、私宛にご連絡下さい。招待メールを差し上げます。

さて、今週末は花見に絶好の時期のようです。
皆さん、飲みすぎ・食べすぎには注意して、良い週末をお楽しみください。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/141-a8e5f054

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH