FC2ブログ
唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:411~415
近くの水辺の公園の桜もほぼ散ってしまいましたが、こげ茶色の地面にピンク
の花びらが、ぎっしり敷き詰める程ではなく、小紋柄のように散っていました。
そんなきれいな花柄じゅうたんの上を、ウグイスの声を聞きながら春風が通り
過ぎる中を散歩するのは、のどかな日曜の朝ならではのひと時でした。


こげ茶地の桜小紋をそっと踏む --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼ ▼


【唐澤塾】411:[風象]:ID窃盗だけではない、個人情報販売の大問題「誤情報」

個人情報保護法が今月から施行されて、皆さんも色々なところで様々な問題
について、お聞きになっていることと思われます。
ある意味では過剰反応をしているような面も見受けられますね。

個人情報についての今までの問題は、IDやパスワードが盗まれて、金銭的な
被害を蒙ることでした。しかし、別の問題が明らかになって来たということです。

米国では、社員採用などに使われる個人情報販売企業(データブローカー)の
データに誤情報が少なくないことが判明し、問題となっているそうです。
たいていのデータブローカーは、ずさんにも同姓同名の人の区別をしていない
ため、赤の他人の犯罪を自分が犯したことになっているケースもあるというこ
とですが、個人情報管理が厳しくなると、一度入力されたデータの修正は容易
ではない、という逆の問題が発生しているということです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/business/story/20050318101.html
http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050322106.html

こうした問題は、本人が気を付けていても、防ぎようもない問題と言えるので、
基本的には各種名簿などの個人情報の売買を禁止するばかりでなく、個人情
報の管理は、米国ならばソーシャル・セキュリティー番号、日本なら住民基本台
帳で名寄せするしかないように思いますが、如何でしょうか?

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

田んぼの土手には、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、タンポポ、ハコベなどが満開
です。ひときわ目に付くのが黄色いタンポポ(蒲公英)ですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tanpopo.html


踏まれても今年の春もタンポポは咲く ---照隅燈


しかし、小さな水色のオオイヌノフグリの花も可憐です。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/ooinunofuguri.html

今年は春が遅かったのですが、2002年の春はもう少し早かったのでしょう、
こんな和歌を3月に詠んでいました。

・春の野にみずいろ小紋を敷きたるかオオイヌノフグリ咲き初めにけり

・薄紅のホトケノザ咲き春風に友禅の袖揺れるが如し

・はこべらの白き花々緑に散れる鹿の子絞りが弥生の土手に

                          --- 照隅燈@3.3.2002

三色の呉服地が揃っているので、ここにタンポポを加えたいと思いましたが、
タンポポを花柄にデザインしてもどうも洋風のイメージになりますね。

・霞む空ヒバリさえずる緑野にタンポポの黄の花柄プリント --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼ ▼


【唐澤塾】412:[風象]:増田俊男の時事直言「日中関係悪化と郵政民営化」

時々ご紹介している増田俊男氏の時事直言に、日中関係悪化と郵政民営化
というタイムリーな2つの話題について、国会議員向けにQ&A形式で書かれ
ており、参考になるかと思います。
今回の号は、「一人でも多くの方に本日の「時事直言」をお伝えください。」と
書かれているので、少し長いですが、全文を転載します。
こういう見方もある、ということで、真偽の程は、時が示してくれるでしょう。

唐澤

以下転載****************************

日中関係悪化の真相:話は簡単

質問: なぜ今、対日デモなのですか?
答え: 中国国内の反政府暴動を人民軍が押さえ切れなくなったからです。

質問: いわゆる「ガス抜き」ですか?
答え: その通り。人民軍は反政府デモは弾圧するが、反日デモは静観、と言う
わけ。

質問: 反政府デモの原因は?
答え: 中国共産党独裁政府は民主政府ではないので、労働者の賃金は日本
の1/30-1/40に固定したまま。だから経済繁栄しても多くの国民は食うや食
わず。一方、王様のような生活をする者はのさばるし、共産党幹部(権力者)の
汚職は横行する。これでは反政府暴動が起きないのが不思議です。

質問: 国内問題のデモが、なぜいきなり反日デモに代わったのですか?
答え: 代わったのではなく変えたのです。国内の反政府デモに対する人民軍の
弾圧がエスカレートせざるを得なくなってきた。これが世界に知れたら、かつて
1000人以上も虐殺した天安門事件のように世界から非難され、北京オリンピッ
クどころではなくなってしまうので、急遽アクティビスト(運動家)を使って反日デ
モに誘導したのです。

質問: なんでも対日抗争に転嫁しさえすれば国内問題は解決できるのでしょう
か?
答え: アメリカもそうですが、中国は多民族国家ですから、根本的に国民の考
えはバラバラなんです。だから下層部では奪い合い、上層部では権力乱用、ビ
ジネス界では権力と癒着。官民が利己主義に陥ってしまうのは、いわば共産中
国の宿命です。ソ連も権力が利己に走り崩壊しました。だから今の中国は、愛
国心を鼓舞し続けないと秩序を保つことができなくなるのです。日本を東洋鬼と
して反日感情を煽り続けることなしに愛国心を鼓舞すること、つまり国体を維持
することはできないのです。

質問: それにしても、報道の自由のない中国がなぜ暴動化したデモの取材を
世界に許したのでしょうか。北京オリンピック開催にとって大変なリスクだと思
われますが?
答え: デモの暴動を見せ、「悪いのは日本だ」と世界に説明するためです。
日中正常化合意で、それが正しかろうと、間違っていようと、とにかく「対中侵略
者はA級戦犯等一部のファッショ(独裁政治)であって、それ以外の日本人はむ
しろ被害者だった」という歴史解釈を日中は決めました。そこで中国は、まとも
に計算したら何十兆円になるかしれない賠償金は不問にするが、その代わり
日本は中国の国民の気持ちを考慮し天皇と国家の謝罪を求められ日本は合
意しました。だから天皇も謝罪に当たる言葉を述べられたし、歴代の首相も、
ある人ははっきりと、またある人は間接的に謝罪を繰り返しているのです。当
時、周恩来首相は国民の猛反対に遭いながらも「日本は心から反省している」
と全国を説得して回っています。小泉首相が何と言おうと、A級戦犯が合祀され
ている靖国神社を参拝すれば、「話が違うではないか」と中国が反発するのは
当然です。今後中国で「ガス抜きデモ」が頻発するし、オリンピックが近くなれば
なおさら対日デモが起きるでしょう。そこで世界が「暴動が頻発するような国に
選手を送れません」となったとき、「日本の首相の靖国参拝は、日本は口先だ
けで少しも反省と謝罪の気持ちがないことの何よりの証拠だ」と主張、さらに
「日本が歴史を正しく認識すればデモは起こらない」と言って、宿命的に起きる
反政府デモの責任を日本に転嫁しようとするでしょう。今回はいわば前哨戦で
すね。

質問: アメリカは今回の事件をどう考えているのでしょうか?
答え: 本音では、すばらしいことだと思っているでしょう。さらに本音では、小泉
首相の靖国参拝を歓迎しているでしょう。日本と中国、日本と韓国、北朝鮮の
関係が悪化することはアメリカの国益だからです。アメリカはいずれ中台戦争
で中国と戦うことになっていますから、アメリカにとっては最大の軍事同盟国日
本が、将来戦う敵と良好な関係になることは許されることではありません。天安
門事件の首謀者を長年保護している国はアメリカであることを忘れないように。
不気味でしょう?

-----------------------------------------------------------------

郵政民営化はどうなるんですか?

答え: 郵政民営化問題について聞かれると憂鬱になります。

質問: なぜですか?
答え: 国会議員、マスコミ、国民がすっかり乗せられているというか、騙されて
いるから。どの船に乗るかを考える間もなく、小泉・竹中コンビが鳴り物入りで
用意した「郵政民営化丸」に乗せられ、そこでどう船を漕ぐか、いつ帆を揚げる
か、いつ作業着に着替えるかの議論ばかりで、すべて「小泉・竹中一家丸」の
話。くだらない!

質問: くだらない! とおっしゃいましたが、では「まともな」ことって何ですか?
答え: まず、今まで乗ってきた船から別の船に乗り換える必要があるかどうか
議論しないと話にならない。

質問: 今までの郵便事業のどこが悪いのですか? 郵政民営化は世紀の大問
題などと騒いでいるからには、何か致命的問題があったからと思いますが?
答え: 郵政事業は、窓口事業、郵便事業、郵便貯金事業、簡易保険事業があ
ります。窓口、郵便事業については、国民から「窓口は不親切だ」とか「一週間
たっても手紙が来ない」という苦情は皆無です。むしろ日本の窓口、郵便事業
は世界に誇れるサービスを提供しています。郵便貯金は国民の虎の子を国が
保証してくれる制度だし、簡易保険は国民の将来を国が保証してくれるので国
民は安心して寝られます。日本の郵政制度は世界に誇ることはあっても非難さ
れるようなことは何一つありません。

質問: では小泉・竹中コンビは、今の制度の何が悪いと言っているのですか。
答え: 「お手伝いさんがしっかりしていないことはご主人が悪いことだ」と言って
いるようなものです。ご主人(郵政)は世界に誇れるすばらしい方です。財投の
運用や投資先が問題だったというなら、有能な資金運用責任者を採用し、民間
のプロにご指導と監視役をお願いしたらいいのです。難しい論理学でいうと、方
法論は基本論の下位にあって下位は上位を支配できないのです。

質問: 一体どういうことですか?
答え: 郵政制度の一機能である資金運用がお粗末だったからといって、郵政
制度そのものを否定することはできないということです。「民でできることは民
で」というキャッチフレーズをまるで真理のごとく宣伝し、「何でも民営化はいい
ことなのだ」とマスコミ、国民が洗脳された時から、日本はくだらなくなったので
す。

質問: 「民でできることは民でやる」は間違いなのですか。
答え: 官でできることは何でも民でできますが、「儲かるサービスは民で、儲か
らないサービスは官で」が正しいキャッチフレーズなのです。利益の出ないサー
ビスがなくなったら国民は生活できません。国民が税金を払っているのは官に
儲からないサービスをしてもらうためです。

質問: 郵便貯金と簡易保険が100%民営化されると、国民にはどんな利益が
あるのですか?
答え: 「百害あって一利なし」です。100%郵便局(国)に保証されていた虎の子
は、1000万円以上はなくなる怖れが生じるし、潰れない郵便局の保険からいつ
潰れるか分からない保険になる。過疎地の郵便事業は赤字が出ることが決
まっているから本来民にはできない仕事。損を民に押し付けておいて持株会社
株(国が株主)の売却代金1兆円で補填するなどごまかしも甚だしい。基本的に
は郵政民営化はせず、国民に対するサービスが向上し、かつ損益補填をしなく
ても「儲かるサービス」だけ民営化すればいい。小泉・竹中の民営化は全く国
民のためではないと断言できる。

質問: いま民間銀行での貸し出し総額が450兆円前後で毎年5%のピッチで
減っている時、なぜわざわざ民間銀行や保険会社を作って350兆円もの超大
資金を投下する必要があるのですか?
答え: 郵貯・簡保の350兆円を日本の資本市場は全く必要としてないし、求めて
もいません。やっと不良債権解消に向かっている民間金融機関を圧迫、阻害
するだけです。これも百害あって一利なしです。

質問: では、日本にとって何一ついいことのない、むしろ害がある郵政民営化
を、なぜ小泉・竹中コンビは断行するのですか?
答え: 小泉さんがブッシュ米大統領のテキサスの私邸で、「構造改革」と「郵政
民営化」の断行を正式に確約したからです。それ以外に何の理由もありませ
ん。

質問: 野党や抵抗勢力は、日本のために郵政民営化にストップは掛けられな
いのでしようか?
答え: 先に述べたとおり、「小泉・竹中丸」に乗せられてしまっているので、今さ
ら「どの船に乗ろうか」(何で郵政民営化なのか)の議論ができなくなってしまっ
たのです。愚かとしか言いようがありません。
すべて手遅れなのです。だから小泉首相は強気なのです。

質問: 増田さんなら日本のためにどうします。
答え: もし私が国会議員だったら、自民党の反対票を過半数まとめます。野党
は当然反対でしょうから、国会で郵政民営化法案は廃案になります。小泉さん
は「自民党をぶっ潰す!」の公約通り解散を宣言するでしょう。そうなれば、
やっと「原点に立って」(振り出しに戻って)郵政民営化の是非が国民の前で論
じられることになります。小泉氏のキャッチフレーズもマンネリ化した今日、自
民党抵抗勢力の方々は解散を恐れることはないでしょう。「真紀子さん」もお国
の一大事ですから「打倒小泉、郵政民営化反対!」と叫んでくれるでしょう。
さらに、選挙戦は郵政民営化是非論であって民営化前提の方法論ではないか
ら、強敵、詭弁家(失礼!理論家)竹中平蔵氏の「郵政民営化実行プログラ
ム」の出る幕はありません。今回の解散・選挙は「郵政民営化選挙」(マスコミ
受け間違いなし)一本に絞ることです。まるで自民党の総裁選が衆院選になっ
たようにすることです。野党は蚊帳の外になり、国民の選択から外れるでしょ
う。持株会社と4社の話ではなく、堂々と「郵政民営化是非論」で自民党総裁選
を国民の前ですればいいのです。竹村健一先生や田原総一郎氏のTV番組で
自民党議員同士が喧嘩をすればいいのです。必ず抵抗勢力は躍進し、数にお
いて自民党の当選者数は増えます。
自民党議員が今すぐ「やるか!」と決意をされることを、日本を愛する一人とし
て望みます。これで「自民党再生」は叶います。

◇           ◇           ◇

「80歳のおばあちゃんが子供や孫名義に分けて郵便局に貯金している虎の子
の1億円のうち、9000万円を国家保証から外してリスク市場に強制する権利が
どこの誰にあるのか」

これを今回の選挙で国民に問うことです。はい、増田の答えは、「衆院解散!」
です。
私の「正論」にご賛同のかたは、一人でも多くの方に本日の「時事直言」をお伝
えください。

P.S. ところで、本日4月18日は私の誕生日です。?歳になりました。肉体は39
歳です。

同誕生日の人:柿本人麿呂(ロマン)、五島慶太(事業欲)

命日:アインシュタイン(理論)

が私の理想です。

以上転載****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

利根川第二堤防の土手には、うす紫のスミレが咲き乱れ、ボケの赤い葉も出ています。
http://www.hana300.com/sumire1.html

もうすぐ他の草が伸び始めるので、そのうちスミレの存在は見えなくなってしま
います。
そういえば、弊社の本社があるフランスのトゥールーズはスミレが名産というこ
とで、スミレの花の砂糖漬けとか、キャンディーとかがありますよ。


色白の女性に似合うスミレ色 --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼ ▼


【唐澤塾】413:[風象]:米国ではブログを悪用したサイバー犯罪が増加中

ブログが流行っていますので、自分で書いている方、あちこちのサイトを訪れて
読んでいる方も多いのではないかと思われます。

米Websenseが米国時間の4月12日に、セキュリティの脅威とブログについて
調査した結果を発表したそうですが、「悪意のあるコードやキーロガーをばらま
く目的でブログを悪用するサイバー犯罪が増えている」ということです。
同社の研究部門が2005年に入ってから、有害なコードの保存あるいは配布に
ブログを使った事例を数百件確認したところ、こうしたブログを悪用した新たな
犯罪が増えているとのことです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/ITPro/USNEWS/20050414/159194/

折角、市民メディアの台頭に、ブログが貢献するのではないかと期待されるの
に、こうした犯罪が増えるようでは、困ったものです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ラクウショウ(落羽松)、別名ヌマスギ(沼杉)が芽吹いています。
柳の芽吹きがいいと以前書きましたが、一番好きなのはカラマツ(落葉松)の
芽吹きですね。落羽松の芽吹きもそれに近い風情があります。

落葉松と言えば、北原白秋の詩が思い浮かびます。

♪ 落葉松の 林を過ぎて
  落葉松を しみじみと見き
  落葉松は 淋しかりけり
  旅行くは 淋しかりけり
  ・・・・・

落葉松は近所では見かけたことがありません。白樺と同じように、やはり寒冷
地でないと、育たないのでしょうか?
軽井沢の別荘地の落葉松林は有名ですね。
http://www.dynax.co.jp/sinsen/gallery/karuizawa/g_98s_karuizawa.html

でも芽が完全に伸びて新緑となってしまうと、他の針葉樹と大差ないと感じます
ので、芽吹いたところがいいのです。下記にはそんな写真がありました。

八ヶ岳高原の落葉松林:
http://shizuka.sakura.ne.jp/tabi/yatugatake/20030501_03.htm

落羽松の新緑:
http://meg.cube.kyushu-u.ac.jp/~miyoshi/shiryo/rakuusho1.html

落羽松:http://www.asahi-net.or.jp/~ir5o-kjmt/kigi/rakuusyo.htm


黄緑に芽吹く沼杉パステル調 --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼ ▼


【唐澤塾】414:[信象]:日本でもやっと禁煙が拡がりそうですね

世界保健機構(WHO)が2月27日に発効した「たばこ規制枠組み条約」の効果
なのか、柏市、我孫子市の駅周辺の路上喫煙が禁止されています。
千代田区で最初に施行された路上喫煙禁止条例が、だんだにに各地に拡がっ
て来たのかと思うと嬉しいですね。

また折り良く、日経BP社のサイトのライフスタイルのコーナーにも、

“煙たがれるご時世に・・・・・。
たばこ規制条約で、喫煙スタイルはどう変わる?”
http://nikkeibp.jp/style/life/topic/trend/050412_tobacco/

という特集があり、最新状況がよくまとめられています。

日本薬剤師会は禁煙運動に取り組んでいるようで、いいパネルがありますね。
http://www.nichiyaku.or.jp/contents/kinen/panel_top.html

こういうものがあることは、まだ余り知られていないのではないでしょうか?

こういうサイトもあります。
http://www.anti-smoke-jp.com/

以下の「タバコ相談室」というのはかなり充実していますね。
具体的に店を全面禁煙にさせた例とか、喫煙者への注意の仕方など、
参考になります。
http://www.kinen.biz/tabacco/index.html

香港の大スター、ジャッキー・チェンは禁煙運動に協力しているそうです。
http://www.synapse.ne.jp/iichiki/index.22.htm

日本の大物芸能人で、そういう人はいないんでしょうかねえ?
去年、今年と、相次いで亡くなった漫才コンビのセント・ルイスのお二人は
ヘビー・スモーカーだったということですね。

それから、下記の久米さんのメルマガで紹介されている神野先生の話など、
経営・健康両面で参考になります。
ついに神野先生の施設では、敷地内前面禁煙になったそうです。

▼病院にデリカサプライセンターの理由+喫煙の怖さ集~神野さん 
http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/RASHINBAN/20030613/103334/

*ここに紹介されているWHOの The Smokers Bodyなど(URLが変わりました)
喫煙者は必見だと思います。
http://www.who.int/tobacco/research/smokers_body/en/

・自分の健康に良くない
・周囲に受動喫煙という迷惑を掛ける
・人より酸素を余分に燃焼し、炭酸ガスを余分に排出する
・吸殻というゴミを撒き散らす

ということでも禁煙しない人は、自己中心的としか言いようがありませんね。
せめて、歩きタバコは日本中で全面的に止めて欲しいものです。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

秋植えの球根の王様はやはりチューリップでしょう。
路地植えのチューリップがあちこちの家の花壇で咲いています。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/tulip.html


チューリップ花も名前も愛らしい --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


【唐澤塾】415:[風象]:サムスンは声でメールが書ける携帯を米国で発売

韓国のサムスン電子社は、声でメールが書ける携帯電話『p207』を米国で発売
したということです。

文章を読み上げるだけで入力でき、キー操作から解放されるわけです。
携帯電話に「口述筆記」機能を搭載したのは世界初ということです。 http://hotwired.goo.ne.jp/news/20050420107.html

こういうのを待っていた、という人もいるでしょうが、口語と文語は違うし、
考えながらじゃべると、え~と、あの~、といった余計な言葉がたくさん出て
きて、あとで消さないといけないかもしれませんね。

皆さんはどう思われます?

良い週末を!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/143-497e2bcf

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    08 | 2018/09 | 10
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • インテル中興の祖「アンディ・グローブの世界」はお勧めです(08/30)
  • 半減期約1570万年のヨウ素129がフクイチからヨウ素131の31倍の量が放出された(08/21)
  • AI(人口知能)は人間を超えるか?(06/27)
  • お陰様とお互い様(11/08)
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2018年08月 (2)
  • 2018年06月 (1)
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (357)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (99)
  • 推薦図書 (34)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH