唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
ホワイトカラー・エクゼンプションの導入問題
経団連などの経営者側は政治家に働きかけ、日本でもホワイトカラー・エクゼンプション制度を導入しようとして、法改正を急いでいるようですね。
この問題について、米国ニュージャージー在住のジャーナリスト冷泉彰彦さんが、村上龍さんのメルマガJMMで、昨年11月に警告を発しています。

第278回 「アメリカの制度をマネするな」
http://ryumurakami.jmm.co.jp/dynamic/report/report.php?tid=3&rid=957

村上龍さんはJMMで経済専門家にもこの問題について、意見を聞いていますし、それに対する読者投稿も紹介されていました。

そして、今日の日経新聞日曜版の「ニュース入門」でもこの問題を取り上げていました。

結局、安倍政権は参院選のことを考えて労働法の改定は先送りにしましましたが、漸く色々な議論が活発になって来たことは良いことで、拙速に改定してはいけないと思います。

私は米国系企業で長く働いたので、裁量労働制については十分理解し、身をもって体験していますが、多くの議論は机上の空論であり、なおかつ全体的な仕組みを理解せず、またしようとしているのか疑わしいとさえ思います。

マスコミや政治家にしても、日本の外資系企業の経営者と従業員を取材すれば、もうい少し全体像や良い面と悪い面などの実体がわかるはずですが、そういう努力がなされていないように思える報道ばかりで、情けなく思います。

平均的な報道では、経団連を中心とする経営者側は、国際競争力を高めるため、労働賃金を削減する目的で導入を急いでいるのだろう、外資系企業経験者や商社系の人は導入に積極的で、労働組合や学識経験者は反対する人が多い、といった傾向だそうです。

私に言わせればどっちもどっち、もっと勉強したらどうでしょうか?と思います。

一時期、成果報酬制の導入が話題になり、導入したけれどうまく機能しないので、また元に戻した、という話がありますが、もし、今、裁量労働制を導入すれば、同じようなことになるだろうと思います。その理由は、成果報酬制の場合もそうでしたが、ひとつの仕組みだけを導入しても、色々な仕組みと絡み合っているので、それらを全部理解した上で、そのままそっくり導入するのか、一部を日本的制度に合わせながら仕組みを作るのか、どちらかを考えなければならないと思います。それをしようとはしていないので、今のままではうまく機能しないでしょう。

その一例は、年俸で裁量制を適用するかどうか決めようとしていますが、全くもってナンセンスです。本来は、裁量制(エクゼンプト)と非裁量制(ノン・エクゼンプト)の定義として、自分で仕事を計画し、管理できるのが裁量制で、上司から指示された通りの仕事をするのが非裁量制です。年俸には関係ないはずのものです。実際に、私が働いた米国系企業では、エクゼンプトより年俸が高いノン・エクゼンプトもたくさんおりました。給与体系でもそれは明確になっていました。

事ほど左様に、いまの議論は米国の裁量制をよく理解しないで、導入の賛否を議論しているだけ、しかも想像でものを言っている人たちの何と多いことだろうと思います。学識経験者など、経験も無いのに、何を言うか!という感じもします。

裁量制はスマートに働ける人、自立している人にとっては良い制度です。働きすぎになるとか、健康を害する恐れがあるから、それをどう防ぐか?といった議論がありますが、そういうことを言っているようでは、未だ持って自立できていない日本人ですが、更に、健康管理も国が面倒を見なければならないとすれば、何をかいわんや!ですね。

しかし、日本人を自立させるためには導入して、働きすぎになる状態に追い込み、自分でそこから抜け出すようにしないと、いつまでたっても自立できないのかも知れないとも考えてしまいます。

ただ、現在、議論されているような仕組みで導入するのはダメです。裁量制とは、自分で1年間の仕事、四半期の仕事、1ヶ月の仕事、1週間の仕事、そして今日の仕事を計画し、行動し、決定するということです。日本企業で、これができるような環境・仕組みになっているところは余りないのではと思います。

例えば、午前中予定していた仕事が早目に終わったから、11時から昼飯にしようとか、午後に予定していた仕事が4時に終わったから帰ろうとか、そういうことは自由に自分で決められるのが裁量制です。あるいは、昨日は仕事がはかどらず、予定していた仕事が夜中の11時まで掛かってしまったから、翌日の午前中は会議も無いので、午後から出社しよう、といったことができることです。皆さんの会社や周囲の会社で、こうしたことができるところはありますか?

これはまだほんの一旦で、まず、人事権はラインの管理職が持っていること、それに基づき社内の仕事は自分で選べること、成果報酬型の年俸制であること、評価、ひいては昇給・昇進は明瞭な基準に基づき明瞭・公平にされ、文章化され、社員の同意のもとに行われていること、そして、裁量制と非裁量制は個人が選択できるようになっていること、などが全て連動しているのです。そうでなければ、労働組合側の憶測のように、単に残業代ゼロの仕組みを導入するだけの結果になる可能性はあると思います。

もっともっと議論を尽くす必要がありますね。

唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/557-54427118

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    06 | 2017/07 | 08
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH