唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |
【唐澤塾】バックナンバー:218~222
【唐澤塾】218:[事象]:海田悠写真展「舞台裏のエトワールたち」

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

花の色も七変化して、長いこと我々の目を楽しませてくれたあじさいですが、
今朝は大きな束にされてゴム収集所に積まれていました。
花の命は短くて忌々しきことのみ多かりき、という水無月でしたが、
梅雨明けはいつかと待たれますね。

色あせたあじさいの花ゴミとなる --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼

経営者・政治家・表現者の肖像や
猿之助歌舞伎の舞台と舞台裏などの
写真で有名な海田悠さんが、
新たな挑戦として「バレエ」の舞台裏を撮り、

「舞台裏のエトワールたち」

という写真展を下記のように銀座松屋で開催されます。


会期: 6月30日(水)~7月6日(火)
時間: 10:00~20:00(1,2,3は21:00まで、最終日は16:00まで)
会場: 銀座松屋 7階 画廊
入場料:無料


撮影されたのは、パリ・オペラ座などの世界のスターダンサー達
ということですから、美しいスタイルの持ち主ばかりだろうと思われます。

今回は、そうした「西洋の芸術であるバレエ」を「手漉き和紙」印刷して
表現されるということで、今までの写真にない何か新しいものが期待されます。

海田さんも毎日会場にいらっしゃるそうなので、
是非一度足をお運び下さい。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】219:[風象]:日米の謝罪感覚の差が不健康な関係を作る?

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

利根川第二堤防の土手には、草の種を蒔いているようで、
牧草のオーチャードグラスが伸びては刈られ、また直ぐに伸びています。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kamogaya.html

何でオーチャードグラスなんかを知っているのかというと、
昔、実家では肉牛を肥育していて、飼料にする牧草として蒔いていたからです。
1種類かと思っていましたが、色々な種類があるようですね。
http://www.nlbc.go.jp/hinshu/shiryo/s3922ocg.htm

オーチャードグラスの中に、今はアカツメクサの花が咲いています。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/akatumekusa.html

子供の頃は、この花の筒になった部分を何本かつまんで抜いては
底の甘い蜜を吸ったものです。
シロツメクサ(クローバー)よりも甘かったと記憶しています。


アカツメクサ蜜を吸えば昔なつかし --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪

2004年6月19日発行の村上龍さんのメルマガJMMは、
米国ニュージャージー州在住の作家冷泉彰彦さんの

『from 911/USAレポート』 第150回 「不健康な日米関係」

でした。

JMM【WEB】: http://ryumurakami.jmm.co.jp/

そこには以下のような興味深いことが書かれていました。

以下抜粋転載**************************

> 今回は全日空のJFK便でしたが、たまたま成田で搭乗開始時刻が8分遅れに
> なりました。
> 「お急ぎのところをご迷惑をお掛けして申し訳ございません」
> 日本語の丁重なアナウンスに続いて、英語のアナウンスがあったのですが、
> 私は耳を疑いました。
>
> 「ウィ・リグレット・トゥー・セイ・・・(誠に申し上げにくいのですが)」
> で始まるメッセージは、本文に至りますと
> 「ウィ・ディープリー・アポロジャイズ・・・(心よりお詫び申し上げます)」
> となっていました。
>
> もしかしたら、日米関係を不健康にしているのは、
> こうしたコミュニケーションのギャップなのかもしれません。
>
> 8分遅れ、しかも搭乗の案内の遅れ(出発時刻の遅れではない)ぐらいのこは、
> 「サンキュー・フォー・ウェイテング(お待たせしております)」とか、
>
> せいぜいが
> 「サンキュー・フォー・ユア・ペイシェンス(ご不便をおかけしております)」
> が自然で、
>
> リグレット(悔恨と共に)とかアポロジャイズ(謝罪する)というような語彙は
> 全く不自然なのです。場合によっては悪印象すら与えます。
>
> 特に後でもっと深刻なことが起きたときに丁重さを欠くと、
> つまらないこと(単なる搭乗の遅れです)をオーバーに詫びたことは、
> 逆効果になると知るべきでしょう。
>
> 私は何も「謝るな」とか「NOと言え」と言っているのではありません。
> 単純に、どうすれば相手の役に立つのか、
> 相手の心を動かすことができるのか、を考えた言動をしようということであり、
> 何よりも互いの友情を深めることになるのは、
> 失敗覚悟(や失敗)ではなく、
> 成果を生み出す前向きの話だけだいうことなのです。

以上抜粋転載終わり************************

これを読んだ日の帰りの千代田線で、車掌が各駅を出発する度に、
明確な理由は忘れましたが、

「XXのため、△△駅の出発が○分遅れとなっております。
お急ぎの皆様には大変ご迷惑をお掛け致しまして申し訳ございません。
心よりおわび申し上げます。」

といった意味のアナウンスを毎回していたのが、気になりました。
最初は3分遅れで、そのうち2分遅れとアナウンスしていました。

「おいおい、たった2~3分の遅れで、そんなに謝らなくてもいいよ。
帰りの電車なんだから、誰もそこまで気にしていないだろう。
ラッシュ時なんだから次の電車も2~3分後に来るんだしさ。

それより毎回長々とアナウンスする方がうざいんだよ。
こっちは疲れているんだからさ!

じゃあ10倍の遅れで20分になったらどう謝ってくれるんだ。
社長を呼んで来て土下座でもさせるのか?

100倍の200分遅れになったらどう落とし前を着けてくれるんだ!
運賃払い戻した上で、乗客全員に500円の図書券でもくれるのか?!」

と心の中でつぶやいていました。

♪ ♪ ♪ ♪

この辺りの日米の対応の違いは、どちらがいいとか悪いとかいうよりも
文化的な違いなのかも知れません。

インテルにいた頃、日米間での電話会議がどうもうまく行かないというので、
米国本社の上層部が来日した時に、
実際の電話会議に同席してその様子をモニターしたことがあります。
結論としては、問題は日本人社員の英会話能力ではなく、
日本人社員が米国文化を理解していないからだ!
ということになりました。

それ以来、インテル・ジャパンの英会話の中上級クラスは、
米国文化を学ぶことに焦点を当てたものになりました。

全日空のフライトアテンダントも英会話の能力は高いのでしょうが、
欧米の文化も学ばないといけないようですね。

また、東京メトロの場合は、古いマニュアルを見直して、
最新の日本文化に常に合わせていくことが必要なのかと思います。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】220:[心象]:照隅燈平成16年水無月句集

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

水無月はツバメのひなを案じつつ --- 照隅燈

これが今月の心境です。

我が家の軒下に新しい巣を作ったツバメのつがいの
子育てが終わるまでをそっと見守ろうと思っていたわけです。
糞が落ちないように、板を買ってきて、柱や梁の色と同じ色に塗装して
親ツバメが留守の間を見計らって打ち付けたのですが、
巣に戻ったツバメは、新居ができて嬉しかったのか、
2羽で楽しそうにささやき合って鳴いていました。
それがとても可愛らしかったものです。

ところが、このところ毎年のことですが、
巣立って行った子ツバメは少ないのです。
それは、信じられないことでしょうが、
猛禽類のオナガが卵やヒナを襲った場合もあり、
カラスが襲ったのかと思われるフシもありました。

今年はどうかと心配していましたが、
もう少しで、というところで、現場は見ていませんが
どちらかに襲われたようです。

弱肉強食の自然界のことではあっても、
可哀想で、我が家は少し落ち込んでいました。
親ツバメはそれ以来、巣には戻ってきません。
そろそろ第二回目の夏子の繁殖期ですが、
今年は戻って来ないでしょうね。

♪ ♪ ♪ ♪

「照隅燈平成16年水無月句集」 (c)Yutaka Karasawa 2004

水無月はツバメのひなを案じつつ

水無月のツバメ編

ツバメには眩しかろうと外灯つけず
玄関を開ければひなたち大口を開け
せわしなくツバメ鳴き飛ぶ下に猫
あとすこし、早く育てよツバメの子
またしてもオナガが襲うか子ツバメを
親鳥はひなを失いなげき鳴くかや

水無月の花々編

曇天に墨田の花火楚々と咲く
白く清楚な墨田の花火つゆに濡れ咲く
南国の海より青きツユクサの花
朝つゆに濡れて輝くツユクサの花
風に乗り栗の花の香鼻をつく
栗の花息をひそめて急いで通る
月明かり泰山木の花ぼんやり白く
風そよぎほのかに香る泰山木
シラサギが止まるが如き泰山木の花
葉の海に浮かぶが如き太白の花
ジャスミンの香りかすかなマダガスカル種
鉢よりも大輪咲けりハイビスカス
アカツメクサ蜜を吸えば昔なつかし

水無月の鳥編

春過ぎて梅雨に入りてもウグイスの鳴く
目の前をキジが横切る初夏の土手
悠然とキジの歩く朝のあぜ
のどかさやキジのつがいが住まいおる
目の周り赤くしてキジ何なげく
赤面で何を思うかキジ立ちつくす
田のあぜをキジが歩くのどかさよ
アシ茂りオオヨシキリが機を織る
ヨシキリの鳴き声渡る利根河原
細長い首をもたげてシラサギ田に立つ
シラサギが首をS字にゆるり舞い
カルガモが早苗倒して田に着水
雨上がりヒバリさえずる水無月なれど
今朝もまたヒバリさえずる五月晴れ
ウグイスの谷渡り聞く平地林
カワラヒワ黄色の羽見せ蝶の舞
ムクドリがジャージャーと鳴き起こされる
ムクドリの声も姿も名前負け
さっそうと水田を低くツバメ飛ぶ

水無月の自然編

風吹けば緑の稲田に白き波立つ
夏の夜のカエルの合唱ここち良くさえ
梅雨寒の次はいきなり真夏日か
静かなる湖面に遠く夜明けのカラス
しずかさや小魚跳ねた波紋が広がる
おぼろ月遠回りして家路をたどる
カモガヤのわかば光る風に波打ち
やわらかなカモガヤ緑の風となり

水無月の昆虫編

台風一過シオカラトンボが早くも飛ぶよ
ひらひらとジャノメチョウが日陰に浮かぶ
アカトンボ梅雨の晴れ間に羽を広げる

水無月のうなぎ屋編

川えびのから揚げうまいおかわりしよう
白焼きも蒲焼もいいふっくらうなぎ
白焼きにわさびを付ければうなぎ絶品
柳川はダシのしみたゴボウがうまい

照隅燈

@ @ @ @ @

【唐澤塾】221:[風象]:環境関連ニュース4題

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

我孫子駅に向かう途中の保育園の前の電柱に
次のような小さな看板がありました。

犬の糞害にはみんなが憤慨!

我が家の入り口には電柱があるのですが、
流石に糞は滅多にありませんが、犬に小便させて平気な飼主がいて
困っています。

♪ ♪ ♪ ♪

31歳の堀江君がやっているライブドア(旧社名はオン・ザ・エッジ)が
近鉄バッファローズ買収を提案したことに対して、
近鉄の社長は「もう合併は決まったことだから」と言い、
ナベツネは「金さえあればいいってもんじゃない、プロ野球には伝統があるんだ」
とコメントしていました。

自分では金にもの言わせて高い年俸で4番バッターばかり集めているのに
このせりふには呆れてしましました。

こういう老人達が球団経営をしていては、ジリ貧になるのも無理はないですね。
本来、大企業の経営者や資本家は若いベンチャー経営者を支援し、育てる
エンジェルにならなければいけないのに、
足を引っ張ったり、正面に立ちはだかるようではいけません。

最もナベツネのエンジェル姿なんて想像するのも気持ち悪いですが・・・。

若い経営者のパワーと智恵を生かさないと日本の経済は良くならないのに、
全くわかってないですね。
我々団塊の世代も若者たちからはそういう目で見られているようなので、
気をつけなければいけないですが・・・。

今では日本の経済界を代表するオリックスの宮内さんが、
これにどう対応するのかが見ものです。
対応の仕方次第で、彼が本物なのか、偽者なのかがわかるだろうと思います。


ナベツネの老害にはみんなが憤慨! --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪


さて、今日は環境関連ニュースを4題。
地球規模の環境は悪化する一方で、なかなか改善されませんね。
地域では地道な努力で少しづつ改善しているという話もありますが。


1. ミサイル燃料の成分が米国各州の飲料水や牛乳を汚染
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040624303.html

ミサイル燃料に使われる爆発性成分である過塩素酸塩が、
コロラド川などの水源のほか20以上の州の飲料水から検出されている。
このほど、カリフォルニア州の乳牛から採取された牛乳に安全とされる
レベルを超える濃度で含まれていることが、環境団体の調査で明らかになった。
軍や防衛産業、宇宙開発事業などと大きな関係があると考えられている。

2. 地球温暖化による海面上昇は12メートルに及ぶ?
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040624304.html

地球温暖化に伴い北極海の氷などが大規模に融け始めている。
海水面は2100年までにさらに100センチ上昇する可能性があり、
そうなると、マンハッタンの大半やバングラデシュなど広範な地域が
水に沈むことになると予測されている。
さらに、グリーンランドや南極西部の氷床がもし融解すれば、
海水面は12メートル以上上昇する恐れがあるという。

3. プランクトンの中にもプラスチック――深刻化する海洋汚染
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040623304.html

プラスチックごみの海洋への影響が懸念されている。
毎年100万羽以上の海鳥と10万匹にのぼる哺乳動物やウミガメが、
プラスチックなどをエサと間違えて食べたために死んでいるほか、
プラスチック自体から環境ホルモンが溶け出す危険性もある。
分解されずにどんどん微細化していくため、
海洋の食物連鎖の要となるプランクトンからもプラスチックが検出されている。

4. イルカの大量死、絶滅に瀕するタラ――海洋生物が直面する危機
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040623305.html

西アフリカのモーリタニアの海岸に、
3年連続で6月に海洋生物の死骸が漂着している。
今年はイルカ139頭など、数がとくに多い。原因は不明だ。
一方、世界自然保護基金(WWF)は、
このままいくと15年以内に北大西洋のタラが絶滅すると警告している。

以上。

@ @ @ @ @

【唐澤塾】222:[風象]:混迷する米国の著作権問題

******************************************************
このメールは、私がお会いして、名刺交換をさせて頂いた方々を
中心に、不定期でお送りしております。内容は以下の3通りです。
[心象]:私が感じたことを自由律俳句形式で。
《心象は(c)Yutaka Karasawa 2004です。無断転載はご遠慮願います》
[事象]:セミナー、イベント、展覧会、コンサートなどの情報
[風象]:マスコミに載っていないWebやメールからの参考情報
《事象・風象の原文のままの転載はご自由に》
このメールがご不要の方は、遠慮なくご連絡下さい。
またご意見・ご感想などもご自由にお寄せ下さい。
******************************************************

昨日、幕張で開催されているネットワーク関係の展示会/会議である
"NETWORLD+INTEROP 2004 TOKYO" に行ってきました。
いつもながら国際会議場の冷房は利きすぎで寒かった!
電車の冷房も利きすぎですし、電気の無駄使いが多いですね。

展示会は幕張のあの広い展示会場の1号棟から8号棟まで、
全部使っていたのには少し驚きました。
来場者も低迷していた昨年までに比べて多い感じがしました。
そんな中でも昔の会社の人間やお客さんにバッタリということがありました。

そう言えば、貰った名札入れには、無線ICタグが入っていたようで、
帰社してから部下にそのことを指摘されました。
やはり何か知らないうちに情報が取られていたようで、
気持ち悪い感じがしますね。

そのICカードには、
”IC Chip PASSPORT” ”触わる” から ”通る” 時代へ。
と印刷されています。

6月30日から7月2日の3日間の来場者数は15万人を超える見込みで、
世界最大規模の実証実験となるようです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NCC/NEWS/20040701/1/

4時頃、早目に帰って来たのですが、
暑い中をその時間から会場に向かう海浜幕張駅からの人の群れは
かなり多い印象を受けました。
IT業界の景気は回復し始めたようです。

日銀短観も予想以上ということで、
日本全体の景気回復も本物なのかと感じました。

▼ ▼ ▼ ▼

それにしても、ライブドアの近鉄買収提案に対する球団関係者の
そっけない対応にはあきれ果ててしましますね。
財界を代表していろいろな委員などをやっているオリックスの宮内さんも、
これから偉そうなことは言えなくなるのではないでしょうか?

少なくとも老人達は青雲の志ある青年に会って話を聞くくらいのことをやらないと、
若い人たちだけでなく、誰が見てもやっぱり老害が問題と感じるだろうと思います。

また、サラ金やパチンコ屋でも一部上場できる世の中というのは
やっぱりどこかおかしいのではないかと思います。
小さな子供をパチンコ屋や居酒屋に連れて行く親も
増えているとも聞きます。
そうした世相を見ている子供たちが簡単に人を殺したりすることを
責める資格が大人にあるとは思えません。

倫理観の欠如した大人たちの再教育はなかなか難しいので、
今から手を打ってもまともになるには半世紀から1世紀は必要でしょう。

今こそ大人の躾が必要!というのが、
日本躾の会の合言葉となりつつあります。


上場でみそぎができる変な国 --- 照隅燈


▼ ▼ ▼ ▼

さて、アップル社の音楽プレーヤー『iPod』は、
有名ブランドのデザイナーまでが興味をそそるほど
「クール(カッコいい)」なもののようですが、
それすらも著作権法上は違法になるかもしれないという話です。

それは、米連邦議会に、著作権侵害に対する罰則を強化する法案や、
著作権侵害を誘発した企業を処罰できるようにする法案などが、
相次いで提出されたり、可決されたりしているからです。
著作権侵害を「誘発」しただけで責任を問われるとすれば、
『iPod』のような製品でさえ違法ということになりかねないということで、
議論が沸騰しているようです。

詳しくは下記Webでお読み下さい。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20040629103.html

▼ ▼ ▼ ▼

また、NTTコムウェアの「コムジン」の最新の対談には、
元NTTアメリカの社長で、慶應大学の教授の後、
新たに今年設立された大学の副学長に就任した
林紘一郎さんが登場されています。

この大学は、情報セキュリティ大学院大学というもので、
その設立の経緯から、IT時代の著作権に至るまで
なかなか面白いお話です。

Part2「個人のための『情報基本権』を提唱」というところには
「マスメディアはもっと付加価値を」というマスコミに対する注文もあり、
以前から林さんとは意見が合うことが多いと思っていましたが、
今回の対談内容もほぼ納得できるものです。

詳しくは下記Webでお読み下さい。

コム人対談:
『デジタル時代の新しい法体系を「情報メディア法」で構築 林紘一郎さん』
http://www.nttcom.co.jp/comzine/new/talk/index.html

よい週末を!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/72-a5855ab9

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    07 | 2017/08 | 09
    S M T W T F S
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -



    RECENT ENTRIES
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)
  • 浅草に引っ越しました(07/05)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (62)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。