唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
【唐澤塾】バックナンバー:332~336
【唐澤塾】332:[風象]:赤ひげななちゃんの「ありがとうは光の言葉」

クリスマスまで後2週間となり、あちこちに飾り付けられたツリーの
イルミネーションが見られる季節になりました。
ツリーと言えば、日本ではモミ(樅)の木ですが、実際はウラジロモミ(裏白樅)
の木が使われることが多いようです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/urajiro-momi.html

我が家の庭の樅の木は、3~4年前に、庭師に極端なほどに剪定されてから、
みすぼらしい格好になってしまい、未だに回復していませんので、
昨年、今年とイルミネーションは見合わせています。

アメリカでクリスマスを過ごしたり、出張でクリスマス前に訪れたりしたことが
ありますが、松の木を使って飾り付けている場合も結構ありますね。


樅の木よ元気な姿に戻れと祈る --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、先週金曜日に、代替医療について書きましたところ、
「ネット社会と子どもたち協議会」でお会いした三竹眞知子さんから、

>さて、私は、イトオテルミーの療術師でもあります。
>http://www.ito-thermie.or.jp/
>
>ご紹介の以下のサイトにみあたらなかったので、お知らせまで。

というご指摘を頂きました。

お灸とは違った温灸という治療法で、私の姉もやっているのですが、
それが、ホリスティック医学会の主要な代替医療に入っていなかったのです。
イトオテルミーについて、詳しくは上記サイトをお読み下さい。

三竹眞知子さんは、長くボランティア活動をされていますが、
ボランティア活動は健康に良いということを、立証する研究の
お手伝いもされているそうです。

以下三竹眞知子さんからのメール転載***************

さて、「ありがとう・やってみよう・役に立とう・助けよう・貢献しよう」

ボランティア活動をしていると、このような言葉を使う頻度が高いのです。

ボランティア活動が健康度を高めることを立証しようと研究している
早稲田の心理学専攻の院生がわたしたちのグループのメンバーを対象に
研究しています。

この方によると、他人を思いやる心、相手の立場にたって考える
心の広がりは、単独で健康度を高めることへ寄与していることがすでに
確認されたそうです。

私は、1968年から、ず~っと、ボランティア三昧です。

では。

zzzzzzzzzzzzzzzzz machiko mitake zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz
あおばバリアフリーサロン
http://www.abs21.com/
あおばバリアフリーサロン(MovableType版)
http://www.abs21.com/weblog/
青葉バリアフリーサポート21(ABS21)
http://www.abs21.com/group/
リーチ・ハンズ・ママ(RH-ママ)
e-mail: kisaragi25@fiberbit.net
zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

以上転載終わり*************************


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


何度かご紹介している北海道の赤ひげななちゃんこと獣医師の前野七彦さんから
「ありがとうは光の言葉」というメッセージをお送り頂きました。

下記サイトにもありますが、全文をご紹介致します。
http://www10.plala.or.jp/runrun-nana/newpage590.html

以下転載****************************

  「ありがとうは光の言葉」


  往診中の車の中で・・・
  ORANGERANGE の「花」を繰り返し聞いていました。
  「ありがとうございます」の言葉を唱えながら・・・

  それはふいにやってきました。
  突然目がかすみ・・・
  大粒の涙が・・・
  とめどもなく流れ・・・
  目を真っ赤にして・・・
  大泣きしながら・・・
  車を運転していました。

  心の奥底で氷のように冷たく固まっていた深い悲しみが・・・
  あたたかな歌のお陰で・・・
  ゆっくりと溶けて涙になったんだと思います。
  流れる涙に「ありがとう」と感謝している自分がいました。

  平成10年に・・・
  8歳の最愛の息子の宗一郎を小児ガンで亡くしました。
  深い悲しみの海の中でもがき悲しむ自分がいました。
  子供を亡くすという悲しみに打ちひしがれていました。
  生きる力も失って・・・
  毎日毎日・・・泣いていました。
  多くの涙を流しました。
  いつになったら・・・
  この悲しみが癒されるのか・・・
  本当に辛く悲しい日々でした。
  そんな自分を救ってくれたものが・・・
  「ありがとう」という言葉なんです。

  いつしか・・・
  「ありがとう」を口に出している自分がいました。
  気づいたら・・・「ありがとう」という言葉をカウントしていました。
  この言葉を繰り返すことによって・・・
  深い悲しみの海の中に光が灯りはじめました。
  悲しい出来事のひとつひとつが・・・
  だんだんとだんだんと悲しみではなく大切なことなんだと思える
  ようになりました。
  そして・・・
  宗一郎の最後の言葉・・・
  「人と人は、信じあって・助けあって・解りあって・・・そして分かち合って
  生きていくんだよ」
  「悲しいときや苦しいときほど笑うんだよ」
  「自分を責めることが一番いけないことなんだよ」
  そんな言葉たちが・・・
  私の心に深くしみ込むようになりました。

  そして・・・
  思い出しました。

  光の世界に帰る直前の宗一郎の最後の言葉をです。
  声にならない声で最後の力をふりしぼって言ってくれた言葉をです。
  それが・・・
  「ありがとう」だったことを・・・

  悲しみや苦しみの中で・・・
  自然に口ずさんでいた言葉「ありがとう」は・・・
  光の天使の宗一郎が私を救うために贈ってくれた言葉だということに
  気づきました。

  「ありがとう」を繰り返すうちに・・・
  悲しみがどんどん消えてゆき・・・
  幸せがどんどん舞い込むようになりました。
  素敵なことがたくさん降ってきました。

  いつしか・・・
  「ありがとう」が「ありがとうございます」へと変わり・・・
  今も毎日、車の中で唱えています。

  100万回、500万回、1000万回・・・
  どんどん唱えた数が増えれば増えるほど・・・
  外側にはなにも起こらなくなりました。
  平凡で普通の毎日を過ごせるようになりました。
  そのかわり・・・
  内側の心がどんどん幸せを感じ始めました。
  当たり前なことに幸せを感じる自分がいました。
  平凡で普通の奇跡にも気づくことができました。

  私たちは・・・
  実は・・・
  幸せの海の中に生きていることにも気づけるようになりました。

  深い悲しみは・・・
  いつしか・・・
  深い感謝に変わり始めていました。

  過去の全てに・・・
  「ありがとう」「ありがとうございます」を言えるようになり始めています。

  宗一郎がプレゼントしてくれた「ありがとう」という言葉。
  現在では2200万回を超えました。
  光の世界に帰るときまで・・・
  ず~と「ありがとうございます」を唱えようと思っています。

  自分だけのためじゃなく・・・
  この世界に光として・・・
  「ありがとうございます」という言葉を投げかけてゆこうと思うんです。

  まだまだ・・・
  心の奥には・・・
  氷ったままの悲しみがあると思います。
  でも今日のように・・・
  突然の涙が・・・
  その氷ったままの悲しみを溶かしてくれると思います。
  そのたびにどんどん心が軽くなりあたたかくなってゆく。

  「ありがとう」という言葉。
  「ありがとうございます」という言葉。

  私にとっては・・・
  光の言葉なんです。

  この光の言葉を・・・
  この世界で深い悲しみに沈んでいる人々に届けたい。
  それが・・・
  宗一郎から託されたことなのかもしれませんね。

  人生は・・・
  本当に素晴らしいです!!!

  ルンルン・・・

  ありがとうございます。

以上転載終わり*************************

6年前、最愛のご子息、宗一郎君を亡くされた悲しみを「ありがとう」という
言葉で乗り越えられ、それから前野さんの人生観は大きく変わられたようです。

宗一郎君のご冥福をお祈り致します。

合掌

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】333:[風象]:日本の子どもたちの読解力低下について

クリスマスに欠かせないのが、ポインセチアですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/poinsechia.html

赤いのは、花ではなく、葉の色が変わった(これぞ紅葉?)だけで、
花は中心のところに咲くのですが、余りよく見たことはありませんでした。
上記サイトの写真を見ると、何とも不思議な形をしているものですね。

枯らさないように夏を越して、次の冬を迎えても、頂上の葉先が少し赤くなる
程度で、なかなか真っ赤にはならないものです。


翌年のポインセチアは緑のままで --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、学校で動物を飼うことにより、情操教育に役立つだろうということで、、
その支援をされている獣医師の中川さんに、先日伺った話ですが、
ペットも飼えない家庭も多いわけで、小学校の3~4年生になって
初めて学校でうさぎを抱いた子どもが「スイッチはどこにあるの?」
と聞いたとか、まるで嘘のような本当の話でした。

某電力会社のCMで、秀才君が、トイレ、風呂、台所など、何でも電気
が使われている家で、ペットの犬の背中にスイッチを見つけて
「これも電気だ!」と驚いているのは、どうも架空の話ではなさそうで、
現実にも居そうだということでびっくりしました。

その中川さんのメルマガで、新聞にも掲載されていたので、ご存知の方も
多いと思いますが、“世界の子どもたちの学力調査の結果、日本の子どもたち
の読解力が落ちた”ということについて、それは単に国語の力が落ちたという
ことだけではなく、相手の思いや考えを想像したり、共感するなどの
コミュニケーション力の低下の問題ではないか、その原因は子どもが機器
ばかりを相手にしていて、人との交流が少なくなったからではないか?
と考えている人がいる、ということです。

私は最近、斎藤孝さんの「コミュニケーション力」を読み、続いて門脇厚司さんの
「子どもの社会力」を読んでいますが(どちらも岩波新書)、
子どもが成長する課程では、それぞれの段階で異なるコミュニケーションの方法
を学んでいかないといけないようで、テレビ、ビデオ、ゲーム機器、ヘッドフォン、
携帯電話、パソコンなど、見せる/触れさせる時期を考えていかないと、
まずいようです。

この前、総務省主催のシンポジウムで、ゲーム作家の飯野さんも、
家では自分の子どもにゲームはさせていない、と言っていましたが、
2歳くらいまではテレビやビデオも見せない方がいいようです。
30年前から小児科医の故松田道雄氏は「テレビに子守りをさせるな!」
と繰り返し説いて来たそうですが、聞く耳を持った人は余りいなかったようです。

そういう中で、読売オンラインの「大手小町」という女性向けサイトの「発言小町」
で「子どもとテレビ」という発言への投稿に「親子の対話も大切に」という投稿で、

>少なくとも3歳までは、番組内容を問わずテレビを見せないほうが良いと聞いた
>ことがあります。テレビに子守りをさせるな、ということですね。

と、ちゃんと考えているお母さんもいるんだとホッとする面もあります。
http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200306/2003061100057.htm#0006

唐澤

以下、中川さんのメール転載**********************

お邪魔いたします 

@ 日本の子ども達(調査対象15才)の読解力が世界の14位に下がった

 8日にお会いした教科調査官のお話では
用語としては「読解力」と表しているが 文字を読む力そのものの能力というよ
り、文章を書いた人の考えや意図をつかんだり、それに対してどう考えるかとい
うような自分の考えや意見をもつ力が大きく含まれるのだそうです。そのような
自由記述の質問にたいして 約40%にも上る日本の子ども達が白紙解答だった
問題もあるそうです。
 つまりこれは「読解力」というだけでなく、相手の思いや考えを想像しそれに
共感するなどのコミニケーション能力の低下の問題だと考えるべきだというこ
とです。

 その教科調査官は 1980年代から流行りだしたゲーム機、ヘッドホンステ
レオ、90年代からのケータイやネットなどに成長期の子ども達がはまり、人と
の交流が少なくなったことも強く関係しているのではないかとお考えです。

 私は長い間、学校の子ども達と飼育にかかわっていますが、
飼育を充実して、子どもたちと動物をともに過ごさせることができれば
子ども達のコミニケーションを助けると思っています。
 (ただし、飼育環境が子どもの手に余るときは 子ども同士に軋轢が生まれ、
そのままにしておくと負に廻り出す場合も見られます、適度の手間と喜びが得ら
れるような飼育の方法(用意する環境)と子どもへの導入方法が大事です。また
その体験を与える年齢も大事です)

 つまり実体験をもとに、想像と共感は飼育によっても得られます。また、工夫や
協力などの力も得られます。
 来年 道徳の指定研究校を文部科学省は増やすようですが、それには動物飼育
も視野に入れてくださることをのぞんでいます。

 役に立つ可能性があるなら、何でも試して欲しいです。

**********************************
1月30日 全国学校飼育動物研究会 第一回研究発表大会
  http://www.vets.ne.jp/~school/pets/happyoukai1.htm
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     全国学校飼育動物獣医師連絡協議会 (CAS)
              
      主宰     中 川 美 穂 子
   電話 0422-53-xxxx xxxxxxxx@vet.ne.jp

   「学校飼育動物を考えるページ」
      http://www.vets.ne.jp/~school/pets/
   「学校飼育動物研究会」  
      http://www.vets.ne.jp/~school/pets/siikukenkyukai.html
  お茶の水女子大学 子ども発達教育研究センター 客員研究員 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上転載終わり****************************

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】334:[事象]:韓国と日本のニュースサイトの違いは双方向性

今の時期、ポインセチアと並んで花屋さんにたくさんある花はシクラメンですね。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/sikuramen.html

和名:カガリビバナ(篝火花)、別名:ブタノマンジュウ(豚の饅頭)だそうです。

シクラメンと言えば、小椋佳作詞・作曲の「シクラメンのかほり」を想い出します。

♪ 真綿色した シクラメンほど
  清しいものはない
  出逢いの時の 君のようです
  ・・・・・♪


猛暑ゆえ今年は大株のシクラメン --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、昨日の号で、下記のように書きましたところ、それは私の勘違いと
中川さんに指摘されてしまいました。
ここにお詫びして訂正します。
(このところ、毎回あわてて書いているためか、間違いや勘違いが多くて
済みません。ちょっとボケて来たかなあ?)

【誤】
>ペットも飼えない家庭も多いわけで、小学校の3~4年生になって
>初めて学校でうさぎを抱いた子どもが「スイッチはどこにあるの?」
>と聞いたとか、まるで嘘のような本当の話でした。

【中川さんによる訂正】
小学校1、2年生に「動物って何でできているの?」、「どうして動くの?」、
と聞いてきた子が、複数いた、という話しです。私は仰天しました。

「スイッチはどこにあるの?」と聞いたのは幼稚園児で、
「台風一過だね」などと難しい言葉を知っている子が、
ウサギを抱いて言った言葉です。仰天した園長先生のご報告です。


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


朝日新聞社で「朝日パソコン」誌の立ち上げなど、先進的な仕事をされ、退職して
サイバーリテラシー研究所を設立された矢野さんは明治大学で教鞭を取っておられ、
「ネット社会と若者文化」というシンポジウムを12月10日(金曜日)に開催されました。
http://www.cyber-literacy.com/ja/sympo/04/annai.html

会社から歩いて行けるところなので、私も参加しました。

そこで、面白かったのは、韓国と日本のニュースサイトの違いについて、
韓国生まれで、現在は神田外語大学コミュニケーション学科専任講師の
ペク・ソンスさんが話された内容です。

韓国の主要新聞社のサイトやYahoo Koreaなどのサイトは(日本語版も)双方向
であるということです。
全ての記事には記者の署名、電子メールが記載されており、ブログを持っている
場合はそれも記載してあります。
そして、読者の意見を受け付け、公表するBBS機能があり、投稿者数による
人気ランキングもあります。
時事ニュースのテーマ別の電子会議室も設置されていて、読者も活発に意見を
述べているわけです。
(但し、日本語版は韓国語版にあるこれら機能を全部は実現していません)

朝鮮日報(日本語):http://japanese.chosun.com/
中央日報(日本語):http://japanese.joins.com/
東亜日報(日本語):http://japan.donga.com/

それに対して、日本の主要新聞社のサイトに記者の署名はほとんどなく、
読者投稿を一部掲載している日経BP社のサイトなどありますが、
多くは一方通行です。

また、韓国ではボランティアによるニュース専門サイトOhmy Newsが2000年から
始まっており、現在18000人のボランティア記者がいて、記事を書いていて、
ますます活発になっているということです。

Ohmy News:http://www.ohmynews.com/
Ohmy Newsに関する日本での情報:
http://kusanone.exblog.jp/i22
http://it.nikkei.co.jp/it/column/njh.cfm?i=20040708s2000s2

日本では、JANJANがやっているけれど、うまく行っていないということです。

JANJAN: http://www.janjan.jp/keyword/ohmynews.php


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


韓国では新聞各紙を読んで比較している人が多いということですが、
そのために新聞各紙を購読するのは大変なので、ネットで各社のサイトを
読んでいるということです。
ですから韓国の大学生はほとんど紙媒体の新聞は読まないでニュースはネットで
比較評価しているのに対して、明治大学の学生の半数がまだ紙媒体の新聞を
読んでいる、ということです。
また日本の学生の多くはネットでもニュースを読むということです。

韓国の人たちは政治活動に積極的に参加したり、批評したりする社会性が
ネット以前からあったので、ネット上でも活発なのだろう、ということでした。

米国のブログも基本的には自分の意見を書く個人ジャーナリズムですが、
韓国もそうした色合いが強いようです。
それに対して日本では、ブログは単なる日記というものが圧倒的に多く、
まだまだジャーナリズムの域には程遠い未発達の段階だと思います。

日本での滞在がまだ短い(3~4年?)ぺクさんが「適切な日本語が思い浮かばない」
という状況での発言でしたが、「日本の新聞は卑怯だ」と言ったのが印象的でした。
何が卑怯かと言うと、記事を書いて署名もなく、書きっぱなしで、紙媒体に
小さなコーナーとして「投書欄」があるくらいで、ほとんど一方通行なこと、
それでは国民の情報リテラシー度が上がらないことを指摘されていました。
確かに彼女の言う通りで、韓国の新聞社サイトのように双方向にしていかないと、
国民の情報リテラシーや社会参画性は上がらないと思います。

そうしたマスコミに対して、2チャンネルに代表されるような無責任発言が横行
する匿名性の掲示板しか無い日本は、まだまだ国民全体として情報リテラシー度
は未熟であり、その責任はマスコミにもある、とぺクさんの話を聞いて思いました。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】335:[風象]:「土に埋めると花が咲く携帯電話」など携帯関連2題

しゃこばサボテン(蝦蛄葉サボテン)も今の時期にはおちこちで見かけますね。
http://www.hana300.com/syakob.html

別名をクリスマス・カクタスと呼ぶそうで、
世界的にこの時期に咲く花ということなのでしょう。
この花は栽培が簡単で、毎年きれいに咲いてくれます。


薄紅のしゃこばサボテン年々大きく --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、携帯電話関連の話を2つ。

1) 土に埋めると花が咲く携帯電話

英国のウォリック大学が、内部の電子部品を取り除いて堆肥に埋めると、
バクテリアによって数週間で分解され、花が咲く携帯電話を試作したという、
何とも楽しく夢のある話があります。こうした発想を企業の開発者にも
して貰いたいものですが、使用済み携帯の処理問題を何とかしようと、
生分解性プラスチックを使って実現したとのことです。
さて、どんな花が咲くのかは、下記URLでお読み下さい。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20041209301.html

2) 携帯電話の電磁波の危険性、解明へ向けた調査が本格化

携帯電話や基地局が発する電磁波が健康に及ぼす影響については、以前から
議論されていますが、いまだ科学的根拠が確認されていない状況です。
携帯電話の普及開始から約10年が経過した今、長期使用による影響の調査が
可能になり、また実際に電磁波による頭痛や倦怠感などを訴える人がいることを
背景に、携帯電話の電磁波と健康被害の関連性を突き止めるための研究が
本格化しているということです。
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/20041209303.html

ご参考まで。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【唐澤塾】336:[風象]:ニフティーの2004年検索キーワードランキング

カラスウリ(烏瓜)が葉も実も落ちた柿の木に絡まっていると、
一瞬、熟柿柿かと思ってしまいますが、柿より実は大きいですね。
http://www.hana300.com/karaur.html


カラスウリ枯れ枝にぶらり残りおり --- 照隅燈


♪ ♪ ♪ ♪ ♪


さて、今年も残すところ後2週間ほどになり、2004年度10大○○○などが
発表される時期となりました。

ニフティーが今年の検索キーワードランキングを発表しました。

総合では、

  1位 Yahoo!
  2位 2ちゃんねる
  3位 Google
  4位 フラッシュ倉庫
  5位 オークション 

となっていて、他の検索サイト大手2社が上位に来ているのが、
おいおいニフティーは踏み台かよ?と笑える感じがします。

「フラッシュ倉庫」というのは、全く知りませんでしたが、若者の間では
流行ったということなんですね?皆さんはご存知でしたか?
Googleで検索すると45,100件も出てきました。
人気サイトは1日6万=7万アクセスもあるようですが、
これもコミケという素人漫画の市場があって、
その延長がフラッシュの動画になって来たということでしょうかねえ。
これも日本のコンテンツ文化の底辺を広げているのであれば、
将来の日本のコンテンツ・ビジネスはまだまだ期待できるかも知れません。

著名人(男女総合)は、やはり韓流ブームの今年は予想通りですが、
オレンジレンジって、そんなに今年売れたんでしょうか?
私が知ったのはつい今月になってからです。

  1位 ペ・ヨンジュン
  2位 オレンジレンジ
  3位 浜崎あゆみ
  4位 モーニング娘。
  5位 井上和香

「あゆ」も「モー娘」も「和香」も知ってるぞ!
と今までトレンドには結構自信があると思っていたのですが、
やっぱりもう若者の話題には着いていけない感じですね。

まあ、そろそろ娑婆の動きに惑わされず、竹林に入り、

日本国憲法をどうするか!
教育基本法をどうするか!

など、国家百年の計を考える時なのかも知れません。

良い週末を!

唐澤

以下転載****************************
=================================================================
[お知らせ]
                            2004年12月10日
                            ニフティ株式会社

   検索サービス「@search」2004年キーワードランキングについて

 ニフティ株式会社(社長:古河建純、東京都品川区)は、提供中の検索サー
ビス「@search(アット・サーチ)」にて、2004年1月1日から11月30日までの間
に検索対象となったキーワードの集計結果を「@search」2004年キーワードラ
ンキングとして本日発表します。

 キーワードランキングは、今年一年間に検索サービスの利用者が入力した
キーワードを項目別に集計したものです。「@search」利用者が興味、関心を
持った内容を確認することができます。当社から集計結果をキーワードランキ
ングとして発表するのは初めてです。

 また、「@search」2004年キーワードランキングの発表と連動して、本日か
ら当社の運営するコラム・特集サイト「デイリーポータルZ」にて、
「@search」2004年キーワードランキングに関連した特集記事を掲載します。


      <「@search」2004年キーワードランキング 概要>

1.集計期間
   2004年1月1日(木)から11月30日(火)まで

2.キーワードランキングの内容
   下記の項目別ランキングを発表します

   ○総合  トップ20
   ○著名人(男女総合) トップ10
   ○著名人(女性)   トップ10
   ○著名人(男性)   トップ10
   ○レジャー      トップ10
   ○ショッピング    トップ10
   ○健康        トップ10
   ○スポーツ       トップ10
   ○アニメ/キャラクター トップ10
  
   ※その他、「@search」編集担当者が選んだ
    「今年瞬!だったキーワード」も併せて発表します。

3.「@search」2004年キーワードランキングURL
    http://www.nifty.com/search/ranking.htm


4.「デイリーポータルZ」特集記事概要
   第1回 12月10日(金)
     -ランキングの傾向を「デイリーポータルZ」の担当者が
      対談形式で紹介する
   第2回 12月17日(金)
     -ランキングの中で登場したキーワードを「デイリーポー
      タルZ」の担当者がイラストを交えて紹介する
   第3回 12月24日(金)
     -ランキングの中で登場したキーワードを「デイリーポー
      タルZ」の担当者が実際の街に出て探す

  「デイリーポータルZ」URL
    http://portal.nifty.com/


      <「@search」2004年キーワードランキング結果>

○総合
 検索キーワード トップ20
 順位 検索キーワード       順位 検索キーワード
  1位 Yahoo!           11位 JAL
  2位 2ちゃんねる         12位 NHK
  3位 Google           13位 冬のソナタ
  4位 フラッシュ倉庫       14位 ハローワーク
  5位 オークション        15位 宝くじ
  6位 フジテレビ         16位 ANA
  7位 楽天            17位 地図
  8位 Amazon           18位 JR
  9位 goo             19位 msn
 10位 壁紙            20位 天気予報



○著名人(男女総合)トップ10   ○著名人(女性)トップ10
 順位 検索キーワード       順位 検索キーワード
  1位 ペ・ヨンジュン        1位 浜崎あゆみ
  2位 オレンジレンジ        2位 モーニング娘。
  3位 浜崎あゆみ          3位 井上和香
  4位 モーニング娘。        4位 綾瀬はるか
  5位 井上和香           5位 大塚愛
  6位 綾瀬はるか          6位 細木数子
  7位 GLAY             7位 上戸彩
  8位 大塚愛            8位 熊田曜子
  9位 細木数子           9位 矢田亜希子
 10位 パク・ヨンハ        10位 鈴木えみ


○著名人(男性)トップ10     ○レジャー トップ10
 順位 検索キーワード       順位 検索キーワード
  1位 ペ・ヨンジュン        1位 天気予報
  2位 オレンジレンジ        2位 東京ディズニーランド
  3位 GLAY             3位 パチンコ
  4位 パク・ヨンハ         4位 じゃらん
  5位 ジャニーズ          5位 時刻表
  6位 市原隼人           6位 映画
  7位 イチロー           7位 温泉
  8位 ポルノグラフィティ      8位 旅の窓口
  9位 ゆず             9位 新幹線
 10位 EXILE            10位 グルメ

○ショッピング トップ10     ○健康 トップ10
 順位 検索キーワード       順位 検索キーワード
  1位 ハーブ            1位 ダイエット
  2位 デジタルカメラ        2位 あるある大辞典
  3位 ドラゴンクエスト       3位 スパスパ人間学
  4位 子供服            4位 うつ病
  5位 DVD             5位 インフルエンザ
  6位 パソコン           6位 病院
  7位 フィギュア          7位 家庭の医学
  8位 ホームシアター        8位 にがり
  9位 トレッキング         9位 糖尿病
 10位 マウンテンバイク      10位 薬

○スポーツ トップ10       ○アニメ/キャラクター トップ10
 順位 検索キーワード       順位 検索キーワード
  1位 高校野球           1位 鋼の錬金術師
  2位 アテネオリンピック      2位 ナルト
  3位 サッカー           3位 ポケモン
  4位 阪神タイガース        4位 ドラえもん
  5位 F1              5位 ガンダムSEED
  6位 近鉄             6位 ワンピース
  7位 イチロー           7位 金色のガッシュベル
  8位 プロ野球           8位 テニスの王子様
  9位 ゴルフ            9位 アンパンマン
 10位 バレーボール        10位 遊戯王


※検索キーワードには英大文字・小文字の違いなど、正式名称以外に
 入力されたものも含みます。

                               以 上

●本件に関するプレスからのお問い合わせ先
 ニフティ株式会社 広報室 吉冨
 Tel:03-5471-3526/Fax:03-5471-5393
 E-mail:pr@nifty.com

●@niftyの入会に関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyブロードバンド導入ご相談窓口
 Tel:フリーダイヤル 0120-50-2210

●@niftyに関するお問い合わせ窓口
 ニフティ株式会社 @niftyインフォメーションセンター
 Tel:フリーダイヤル 0120-842-210
 http://www.nifty.com/support/madoguchi/

※ 製品名などは一般に各社の商標または登録商標です。
=================================================================
以上転載****************************
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/96-c71832fe

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    09 | 2017/10 | 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -



    RECENT ENTRIES
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)
  • ブログ「情報通信今昔 / ICT Now & Ago」を始めました(09/20)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (97)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH