唐澤塾
唐澤豊が情報通信技術+経営術+人生術+創造性を中心に一期一会を追求する私塾
東電福島第一原発の最大の課題は廃炉の方法
民主党の野田元総理は東電福島第一原発(フクイチ)事故の収束宣言をした。

そして自民党の安倍総理は五輪招致のファイナル・プレゼンで
福島原発事故は完全にコントロールされていると言った。
それには当事者の東電ですら異議を唱えている。

まあ、政治家の言うことなど、信用できないのは、昔からのことだ。

2020年五輪が東京に決まった今、世界中の目が東京を含む東日本の汚染状況や
フクイチ汚染水の太平洋への流出と太平洋の汚染に向けられている。
そもそも、大量の汚染水を生み出す原因である、フクイチの冷却方法は水冷式でいいのか?
フクイチをどうやって廃炉に持って行くのか?
汚染水が漏洩した結果、フクイチの地盤が液状化する可能性が高まっているのではないか?

といったことに世界中の学者、政治家、環境活動家、ジャーナリストなどが注目している。

事故直後から、チェルノブイリのように石棺化すべきだ!という意見もあった。
米軍が原子力潜水艦で事故が起きた場合に準備している冷却剤を投入すべきだ!
という意見もある。

しかし、問題は、核燃料が溶けて、原子炉、格納容器、地下のコンクリートも溶かして
地下深く岩盤を溶かして、地下水脈に近づいているのではないか?
そうなったら、大変なことになる。

そればかりか、4号機の上にあるプールには大量の使用済み核燃料があるが、
それを支える構造物が貧弱で、今度、ある程度の震度の地震が来たら危ない、
いや、それどころか、大量の汚染水があちこちから漏れているため、
フクイチの建物の地盤が液状化する恐れが出てきた!という指摘もある。

また、太平洋に流出した汚染水が、今後どうなるかを、外国の研究所などがシミュレーション
しているが、単純に太平洋をぐるぐる回るだけでなく、日本海にも流入するし、
北米の湾では、海流の関係で、濃縮されるかも知れない、といったことも議論されている。
そうしたシミュレーションを見ると、これから数年後には太平洋沿岸に汚染が広がり、
海産物を中心に、その影響が出て来る可能性が高いようだ。

ドイツのシミュレーションでは福島の汚染水で太平洋は終り:
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2309.html

そうなると、各国から訴訟され、補償しなければならなくなる可能性が出て来るだろう。

また、除染に相当の税金を投入しているが、放射性物質を移動させているだけで、効果が無い、
それに、大手ゼネコンなど特定の業者が利益を得ているだけだ、という指摘もある。

ここで、問題を整理してみると、以下の4つに大別されると思われる。

1.フクイチの廃炉に向けた冷却方法は?
2.汚染水の流出防止方法は?
3.フクイチ地盤の液状化をどう防ぐか?
4.除染方法とその効果は?

それでは、順を追ってこれらについて、最新情報を紹介し、私見を述べる。

1.フクイチの廃炉に向けた冷却方法は?

立命館大学の山田廣成先生は、大量の水で冷却する水冷式は汚染水を出し続けるので問題であり、
鉛の粉末を流し込み、空冷式にすることを提案されている。
空冷式だと、放射線が大量に出ることもあるわけだが、溶けた放射性物質を鉛で覆うので、
それを防ぐこともできる。
これは画期的なアイディアだと思うが、まだアイディア段階であり、原発の構造を基にした
シミュレーションを行い、検証する必要がある。
こうしたプロジェクトを民間福島原発事故収束委員会として推進して行きたい、というのが
山田先生の考えであり、私も微力ながら応援して行きたいと思う。
詳しくは以下の公式サイトで。
http://blog.goo.ne.jp/minnkannjikosyuusokuiinnkai

そして、しばらくしてから石棺化する、ということではないかと思われる。

2.汚染水の流出防止方法は?

政府は、470億円を投入し、鹿島建設が提案した凍土壁方式で遮水することを考えている。
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/130426/130426_02k.pdf

しかし、これには、建設業界からも異議が唱えられており、私も素人ながら、実績の無い、
そして電気を通電し続ける必要のあるこの方式には疑問があり、従来方式のコンクリートの
厚い壁で遮水するのが建設費も安く、妥当だろうと思う。

400億円の凍土壁より数分の1のコストで地下水を止めるという土木屋の言い分:
http://www.asyura2.com/13/genpatu33/msg/286.html

3.フクイチ地盤の液状化をどう防ぐか?

これは結局、フクイチを冷却するのに、水冷式を止めて空冷式にすることと、
かなり広範囲に渡る遮水壁を従来工法で早急に構築することではないだろうか?
その上で石棺化するしかないと思われる。

4.除染方法とその効果は?

現在行われている除染は、水で洗い流すことと、汚染された土壌を削り取り、別の場所で保管する、
ということが殆どのようだ。
農地にはゼオライトなどのイオン交換材料を混ぜて放射性物質を吸着させているだけということだ。

有用微生物(EM菌)や酵素で放射性物質を減らせる、ということで、提案や実験もされているが、
なかなか信用されていないようである。

㈱高嶋開発工学総合研究所:
http://takashima.tidt.fool.jp/

これは、放射性物質がそんなもので無くなるわけがないという固定観念に囚われているからだろう。
しかし、電子の数が1個変われば、放射性物質も非放射性物質に変わるわけだから、無機物に近い
微生物や酵素が、触媒の役目を果たす可能性はあり、効果が無いと決めつけてはいけないだろう。
実際に、福島で実験し、効果があったという情報もある。

まあ、それを信用しない人が多いことも事実だから、新しい方法を考える必要があるが、
既に考案し、実験した先生がいることを「夢の扉」という番組で見た。
愛媛大農学部の逸見彰男教授だ!

「夢の扉」農家を笑顔に!田んぼ除染の新技術:
http://www.youtube.com/watch?v=c10DtuWak-o

これは画期的な方法だ。ゼオライトも吸着するが、それを除去する方法が無かった。
それに磁性材料を組み合わせたことで、田んぼの泥水などから磁石で集めて除去できる。
そして福島で実験して成功している。これは農家には素晴らしい朗報だ!
そればかりか、普通の土地にも応用できそうだ。

磁性化ゼオライト セシウム90%除染 愛媛大、福島で実証実験:
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130418/ehm13041802030000-n1.htm

まだ量産化には少し時間が掛るようだが、来年にはタイで量産化が始まるということだ。

以上、最近の課題とその解決方法について、まとめてみたが、
日本に54基、世界中に400基以上ある原子炉はいずれ廃炉にする必要がある。
日本はフクイチ事故を機に、廃炉技術、除染技術を確立し、原発ではなく、こうした技術を
世界に輸出するチャンスであり、ここに総力を結集すべきである。

唐澤豊@唐澤塾
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/tb.php/990-62b78bf6

PROFILE
唐澤 豊
  • Author:唐澤 豊
  • 還暦を期に長髪から一気に坊主頭にしました。これから20年間、第2の成人を迎えるまではこれでいこうと思います。でもやっぱり冬は寒いし、夏は暑いので、帽子を愛用しています。
    ●情報通信業界の米国系企業を中心に40年間、営業以外の仕事はほとんど経験。技術以外には、マーケティング・ブランディング、組織論、人事評価制度、企業文化なども経験。今まで3つ会社を始めましたが、被買収・売却などの後、4つ目の会社を後任に任せたところで、一昨年、仲間2人ともうひとつ会社を設立し、非言語コミュニケーションのサービスを開発中です。
    ●経営労働管理士。日本躾の会理事。
    ●音楽(ビートルズ、S&G、フォーク、ニューミュージック等)、グラフィックデザイン、水彩画を趣味とするので、マルチメディア技術の活用に大いに期待しています。読書、宇宙の真理探求が最近の趣味。ストレッチ、真向法、西勝造先生の西式健康法を実践中。
    ●故津留晃一さんの著作や講演録(CD)に触れて「人生の目的は体験することである」ということに納得しています。
    ●詳しいプロフィールは「自己紹介」のカテゴリーにあります。
  • RSS


  • CALENDER
    10 | 2017/11 | 12
    S M T W T F S
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -



    RECENT ENTRIES
  • お陰様とお互い様(11/08)
  • 妻の49日(10/18)
  • 躾は能力に勝つ(06/28)
  • 河合弘之弁護士が監督したドキュメンタリー映画「日本と再生」は必見(03/30)
  • かにひら(02/03)
  • コンピューターは人間を超えるか?(10/31)
  • 全ての原発は廃炉にするしかない!(10/27)
  • 躾読本「しあわせに生きる」を冨山房インターナショナルから11月3日発売(10/26)
  • ITのメリット・デメリット(後編)(09/28)
  • ITのメリット・デメリット(全編)(09/22)


  • RECENT COMMENTS
  • 唐澤 豊(08/18)
  • Passer-by(09/12)
  • たけし(05/01)
  • 賀川一枝(10/28)
  • negishi rokurou(11/17)
  • 訪問者(11/17)
  • noga(07/22)
  • 唐澤(04/22)
  • 訪問者(04/22)
  • 唐澤 豊(11/11)


  • RECENT TRACKBACKS
  • 芸スポ総合+:【サッカー/女子】成績不振のなでしこジャパン「真っ白な顔をしてブランドバッグを持って歩いとる」と不安視される(NEWSポストセブン)(07/27)
  • 【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版:イラク兵から悪魔と恐れられたアメリカ最強の狙撃手が狙撃され死亡(02/04)
  • ☆ 魔法の巻き物! ☆:すべてのツイートが保存される。(07/11)
  • JK1CWRのHAM Log:04.10 最近、迷惑に思うモノ・・・(04/10)
  • 論理的な独り言:ホンダのF1事業撤退から考察する自動車企業の在り方(12/15)
  • HPO:機密日誌:ネット通貨の勉強会の報告と人に残された時間(11/09)
  • クチコミブログをピックアップ:「mixi 規約」についてのクチコミブログをピックアップ(03/20)
  • 温暖化防止おひさまファンド ブログ:出資説明会をはじめました。(01/23)
  • めいの部屋:yahoo(12/28)
  • 囲碁の知識:(10/24)


  • ARCHIVES
  • 2017年11月 (1)
  • 2017年10月 (1)
  • 2017年06月 (1)
  • 2017年03月 (1)
  • 2017年02月 (1)
  • 2016年10月 (3)
  • 2016年09月 (3)
  • 2016年07月 (1)
  • 2016年02月 (2)
  • 2014年10月 (1)
  • 2014年08月 (3)
  • 2014年06月 (2)
  • 2014年04月 (2)
  • 2014年02月 (1)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年12月 (1)
  • 2013年11月 (1)
  • 2013年10月 (12)
  • 2013年09月 (8)
  • 2013年06月 (1)
  • 2013年04月 (1)
  • 2013年03月 (1)
  • 2012年11月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (2)
  • 2012年08月 (1)
  • 2012年07月 (3)
  • 2012年06月 (4)
  • 2012年04月 (3)
  • 2012年02月 (1)
  • 2012年01月 (1)
  • 2011年12月 (2)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (3)
  • 2011年08月 (10)
  • 2011年07月 (13)
  • 2011年06月 (10)
  • 2011年05月 (12)
  • 2011年04月 (18)
  • 2011年03月 (5)
  • 2011年02月 (1)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (1)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年10月 (4)
  • 2010年09月 (3)
  • 2010年08月 (2)
  • 2010年07月 (3)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (7)
  • 2010年02月 (5)
  • 2010年01月 (2)
  • 2009年12月 (3)
  • 2009年11月 (3)
  • 2009年10月 (6)
  • 2009年09月 (6)
  • 2009年08月 (12)
  • 2009年07月 (4)
  • 2009年06月 (5)
  • 2009年05月 (5)
  • 2009年04月 (1)
  • 2009年03月 (4)
  • 2009年02月 (4)
  • 2009年01月 (6)
  • 2008年12月 (8)
  • 2008年11月 (9)
  • 2008年10月 (7)
  • 2008年09月 (13)
  • 2008年08月 (7)
  • 2008年07月 (7)
  • 2008年06月 (3)
  • 2008年05月 (11)
  • 2008年04月 (10)
  • 2008年03月 (10)
  • 2008年02月 (11)
  • 2008年01月 (12)
  • 2007年12月 (10)
  • 2007年11月 (7)
  • 2007年10月 (12)
  • 2007年09月 (14)
  • 2007年08月 (17)
  • 2007年07月 (11)
  • 2007年06月 (22)
  • 2007年05月 (18)
  • 2007年04月 (12)
  • 2007年03月 (7)
  • 2007年02月 (8)
  • 2007年01月 (17)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (8)
  • 2006年10月 (5)
  • 2006年09月 (8)
  • 2006年08月 (4)
  • 2006年07月 (7)
  • 2006年06月 (2)
  • 2006年05月 (8)
  • 2006年04月 (19)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (32)
  • 2005年12月 (31)
  • 2005年11月 (30)
  • 2005年10月 (34)
  • 2005年09月 (43)
  • 2005年08月 (40)
  • 2005年07月 (44)
  • 2005年06月 (39)
  • 2005年05月 (27)
  • 2005年04月 (5)
  • 2005年03月 (4)
  • 2005年02月 (4)
  • 2005年01月 (4)
  • 2004年12月 (5)
  • 2004年11月 (4)
  • 2004年10月 (5)
  • 2004年09月 (4)
  • 2004年08月 (4)
  • 2004年07月 (5)
  • 2004年06月 (4)
  • 2004年05月 (4)
  • 2004年04月 (1)
  • 2004年03月 (1)
  • 2004年02月 (1)
  • 2003年11月 (1)
  • 2003年09月 (1)
  • 2003年08月 (3)
  • 2003年07月 (4)
  • 2003年06月 (4)
  • 2003年05月 (5)
  • 2003年04月 (3)
  • 2003年03月 (3)
  • 2003年02月 (2)
  • 2003年01月 (4)
  • 2002年12月 (3)
  • 2002年11月 (5)
  • 2002年10月 (4)
  • 1994年04月 (3)
  • 1901年12月 (1)


  • CATEGORY
  • 計象(百年の計) (10)
  • 神象(神とコンピューター) (32)
  • 信象(思想・信条・所信・哲学) (63)
  • 心象(文化・芸術・民俗・民芸) (61)
  • 天象(自然・環境・天文・気象) (36)
  • 身象(運動・医療・食事・健康) (33)
  • 風象(他者発信情報紹介・論評) (356)
  • 事象(祭事・催事・行事・告知) (104)
  • 智象(学習・教育・教養・倫理) (27)
  • 万象(政治・経済・社会・其他) (41)
  • 業象(組織・人事・経営・起業) (26)
  • 去象(電子郵便誌の配信記録) (98)
  • 法象(知財/教育/商/税/憲法等) (19)
  • 卒象(過去の寄稿・投稿文等) (98)
  • 推薦図書 (33)
  • 自己紹介(詳細版) (1)


  • LINKS
  • もうひとつのブログ「情報通信今昔」
  • もうひとつのブログ:デジタル写真版俳画の「e俳画@浅草」
  • 信奉する「津留晃一の世界」
  • 食事・運動など生活全般に渡る「西式健康法」
  • 日本躾の会:理事
  • アナザーソリューションを提供する「リンフネット」
  • 2011.3.11 福島第一原発切抜帖
  • 管理者


  • SEARCH